日本人の3割超が花粉症に悩んでいるとの意識調査の結果を、ウェザーニューズが3月4日発表した。地域別では、関東・東海地方で多く、九州地方では少なかった。

 意識調査は2月20-22日に実施し、ウェザーニューズの携帯サイト利用者5万3946人(男性37.6%、女性62.4%)から有効回答を得た。

 それによると、「周りの人の何割くらいが花粉症か」(「1割未満」から「10割」までの11の選択肢の中から選択)について集計したところ、32.2%が花粉症との結果だった。都道府県別では、静岡(38.2%)が最多で、次いで群馬(38.0%)、山梨(37.3%)、栃木(36.91%)、三重(36.85%)の順。関東・東海では全都県が全国平均を上回った。一方、少ないのは鹿児島(21.3%)、富山(24.8%)、長崎(24.9%)、青森(25.1%)、鳥取(25.2%)で、九州の全県が全国平均を下回った。
 ウェザーニューズでは、「花粉飛散が多いエリアほど、花粉症に悩んでいる方が多い傾向にある」としている。


【関連記事】
花粉症による精神的負担、「10万円以上」が14%
タクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ
花粉症改善に「舌下減感作療法」
来春のスギとヒノキの花粉飛散、例年より少ない傾向
スギ花粉症の6人に1人が「アレグラ」服用

平岡さんを追悼する会に350人が参列 島根女子大生遺棄(産経新聞)
「土地登記ミスで10倍課税」=差額支払い求め、男性提訴-新潟地裁(時事通信)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
介護経営概況調査と処遇状況調査を7月に同時実施へ(医療介護CBニュース)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
AD