2015-08-16

■台湾東海岸田舎ツアー完了。

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


はやくも最終日
14時の飛行機で帰国である。

朝7時、起床し、
雙連朝市へ。

朝ごはん。

まずは、豆乳




豆乳15元





つづいて、
王記 天祥蚵仔麺線で
カキの麺線
小椀で40元



こぶりのカキが
ごろごろはいってる。

(´ρ`)ぐぅ。


IMG_20150721_151325.jpg

朝ごはんを
おえたら、温泉。

北投の水着ではいる
露天温泉、40元。



北投市場の
腰のまがったばあさんの店

まだまだ、現役。



(´ρ`)ぐぅ。




わずかな残り時間で
雙連で途中下車して、
マンゴーかき氷、アゲイン

今回は、普通のかき氷80元

シンプルにマンゴーの
旨味が味わえる
こっちのほうが旨い。

IMG_20150721_155735.jpg

というわけで、
空港にいき、
CIのラウンジで
シャンパンをがぶ飲みして

【今日のまとめ】
台湾田舎旅、終了
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-08-14

■台湾東海岸をツーリング その3

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)
台湾の東海岸は、山が海に
迫っていて、平地が少ない。

台風の直撃も
うけやすいだろう。

西側にくらべて
開発がすすんでいない。

そんな東海岸を
5時間あまりで、
200km弱、走破。

途中、スコールに
みわれたり

カーブで
正面衝突してる
事故現場に遭遇したり
ねずみとりにもうすこしで
ひっかりそうになったりしたが、

花蓮市街に

道に迷い、
いろんなひとに
道をききまくるが
訛りがつよすぎて
ほとんどききとれない。

方向だけ教えて
もらって、なんとか
駅にたどりついた。

ところで、よく
考えてみたら、
スマホでぐぐマップで
ナビすればよかった
ことに気づく。

(´・ω・`)ナニヤッテンダ


バイクを返して、駅へ。

窓口で、台北までの
チケットを、

えっ(((;゚д゚))))

全席満席。

(´・ω・`)

その次の苔光号、
290元は?

満席。

(´・ω・`)

苔光号の立席でお願いします。

えっ(((;゚д゚))))

苔光号は立席は売れない。

7時の自強号なら
1席だけあいてる。

現在4時。

うーん

次の自強号は停車駅が少なく
2時間半で台北までいけるとな。

で、自強号の立席を選択
440元

小腹すいたので
駅前の食堂で



海老炒飯と
ビール(´ρ`)

100元

で、自強号

満席。

通路にも人が
あふれている。

空き座席
まったくなく

座席のすきまの
荷物をおくスペースで
2時間半。

(´・ω・`)キツイ



台北に戻り宿のやまださんと
いつもの二馬で、かきのふらいで
ぷしゅー。(´ρ`)

【今日のまとめ】
おつかれさました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-12

■東台湾海岸をツーリング その2

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


花蓮の市街をぬけて
11号線へはいる。

がらがら車線の
広い国道。

信号は皆無。

バイク用の路側帯が
あって、走りやすい。

海岸線を潮風を
浴びながら
ひた走る。

やや雲がでているものの
ときおり日もさす
まずまずの天気。

気持ちよい。

IMG_20150809_141557.jpg

芭崎眺望台で
ひとやすみ。

豊濱をすぎて、
石門でお昼。

海鮮を扱う食堂へ。

せっかくなので
海鮮でもと
思ったが、

どれも、一皿
200元近い。

おじさんに、
50元の魚湯ってのと
魚揚なんちゃらってのを
頼んでみる。

おじさん、ちと思案顔の
のち、オーダーをとおす。

でしばらくすると
おかみさんが
メモに全部で
700元になるが
いいのかときいてくる。

あ、そっか、
1両50元

つまりグラムいくらって
表記だったのね。

するとおかみさん
豆鼓魚肝湯ってのを
100元でだしてくれるとな。

で、でてきたの



味噌汁(´・ω・`)

あちゃ、やっちまった

【今日のまとめ】
おとなしく
魚そぼ80元にしとけば
よかった。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-08-11

■台湾東海岸をツーリング その1

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


翌朝、7時起床

宿の近くで朝ごはん。

朝ごはんのあと
宿へ戻り、パッキングして
駅前の通りに並ぶ
バイク屋さんへ

バイクを借りて
海岸線をツーリングである。

1軒目

貸してくれるが
1日、500元

夕方までなので
6時間ぐらいなんだけど

500元

強気

まける気、まったくなし。

他、あたってみる。

2軒目

え、台湾の免許がないの
じゃ、貸せないな。

3軒目

外人、およびでないよ。

4軒目

中国語オンリーで
意志疎通できず。

予想より、かなり難航。

高雄のときは
すんなりきまったのにな。



7軒目で
ようやく交渉成立
125CCで半日で400元

【今日のまとめ】
シュッパーーーツ━(゚∀゚)━!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-09

■花蓮でばんごはん。

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


今夜のお宿”幸福屋”

ダブルの1300元の部屋を
シングルユースで1000元に
まけてもらう。

サイドビジネスで
やっているらしく
奥さん、いささかというか
完全に素人。

英語、ほとんど
しゃべれない。

日本人客、
めずらしいらしく
熱心に話かけてくる。

で、リビング?
で1時間ぐらい
筆談まじえて
おくさんとおしゃべり、

ラブラブの旦那さんとの
行楽のしゃしんを
延々と見せられる(´・ω・`)

で、奥さんに、教えて
もらった小吃の店と
蚵仔煎と店へいってみる。

花蓮の町は鉄道の駅の
近くのホテルからだと
30分ぐらい歩く。

いってみると、
どちらも、ローカルで
長蛇の列ができている。

うーん(´・ω・`)ムリ



小吃の店へ戻ってみて、
良く見ると、並んでいるのは
外帯(持ち帰り)のほうだけ
内用(店内)はすぐにはいれた。

小龍包一粒5元を3個と
餃子1椀30元、酸辛湯10元を
オーダー。



すぐにでてきた。

うーん

ビールが欲しい(´・ω・`)



食後のデザートは
奥さん、おすすめの
西瓜大王へ。



スイカジュース30元を
頼んだが、ローカルの客は
ほぼ全員、スイカの切り身を
頼んでいる。

【今日のまとめ】
オーダーミス( ´_ゝ`)スイカダッタ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-05

■家族旅行( ´_ゝ`)

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)
教会での礼拝が終わると
たくぅ君はカフェのしごとへ出勤

おひるを食べたら
妹さんに、駅までおくってもらことに。

で、お昼。

ステーキハウスに
つれていかれる。

ひとり400元ぐらいかかる。

台湾の物価でいうと
かなり高価。



前菜とかスープとかでてくる。



ステーキ。

もー、心苦しさ
全開である。(´・ω・`)

で、ごはん食べながら
これからどうするか
きかれる。

とりあえず、
新城あたりにいって
太魯閤あたりかなって
言うと

太魯閤なら、みんなで
いこーとなる。(´・ω・`)

お店はいいの?

いいの、いいの

というわけで、太魯閤へ
連れていってもらう。



たくぅ君抜きの
家族旅行w

みんなで記念写真を
いっぱい撮ったり
アイス食べたり
普段のわしなら
絶対にやらないことを
やってる。



途中から、
土砂降りになる。

そこら中に、土石流の
傷痕がある。

残念ながら、
途中で引返すことに。



花蓮に戻ると
雨はやんでおり、
七星譚へ。

ここでも
記念写真をぱちり。

それから、
たくぅ君の働く
カフェへ。

おちゃめなママさんの
発案で、たくぅ君を
驚かそう作戦である。

昼すぎには
花蓮を離れたはずの
わしが、家族と一緒に登場である。w

もういちにち
泊めたそうであるが、
もうこれ以上、
厚意にあまえるわけには
いかないので、花蓮のホテルへ
泊まることにする。

すると、そこら中のホテルに
電話して、部屋を探してくれる。

幸福屋ホテルで、
おわかれである(´・ω・`)

シャイで、寡黙で、でも
ちょっと、おちゃめな
おとうさん

世話焼きで、気つかいで、
やさしいママさん

すなおでまっすぐで
ひたすら元気な妹さん

【今日のまとめ】
すてきなでだいぢな
銅門のわしの家族( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-08-04

■山の朝。

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


翌朝、爽やかな朝の空気と
沢のせせらぎで目覚める。

みんなを起こさないように
寝床を静かにぬけだす。

ティム・オブライアンの
友軍の砲撃(上)を読了

ベトナム戦争もの
たったひとり、軍や
政府にいどむ
息子をころされた夫婦の
闘いを描く、セミドキュメンタリー。

やはり、うまい
ぐいぐいとひきこまれる。

下巻を探さねば。

みんながおきたら
そろって、やまをおりる。



村の朝食屋さんで
朝ごはん。

蛋餅

ごはんを食べたら教会へ
台湾の山間部に住む
原住民のかたがたは
クリスチャンが多い。

たくぅ君一家も
敬虔なクリスチャン

家蔵そろって
すこしパリっとした服に
着替えている。

言葉はわからないが
音楽や、スライドがあるので
大丈夫。

【今日のまとめ】
教会で、日本から来た
タクゥのおともだちですって
みんなに紹介されたよ( ´_ゝ`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-02

■銅門でほーむすてぃ( ´_ゝ`)

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


晩ごはんは、ままさん、
たくぅ君、妹さんの4人で、
車で花蓮の町まででて
小鎬屋さん。

海鮮なんちゃら

ままさん、
「これも食べなさい」
「ごはんのおかわりは?」
「タレはそこにあるから」と
うるさいぐらい( ´_ゝ`)

食べおえて、お会計
お金をだそうをすると
”家族がお金をだすのは
おかしいでしょ”と言い張って
がんとして受け取ってくれない。

(´・ω・`)

食事をおえたら
銅門へ戻って
部落の集会に参加

台湾政府は、ここを
太魯閤と同じように
観光開発をしたい。
賛成派と反対派がいる。
で、その集会。

以前は、検問をやっていないために
無秩序にやってきた観光客による
環境悪化や、原生林の密伐採が
あったそうな。

老若男女、全員参加である。
まじめなひとたちである。



集会のあと、
町の家へ戻る。

別の用意で
でかけていた
おとうさんや
親戚のわかいこたちが
集まるのをまって
バイクに分乗し、山の家へ

11時。

検問は夜10時をすぎると
地元の人も車やバイクでは
通過できなくなる。

検問を徒歩で通過
しばらく歩いて
トラックに到着

ここから先は
このトラックの荷台

夜空には、信じられない
ぐらいの星々。

真っ暗な崖沿いの道
(((;゚д゚))))

でも、なんか楽しい。

山のおうちについたら
おとうさんの晩ごはん

山のわき水で
シャワーをあびたり
みんなのコーラスの
練習してるのきたりする
うちに夜はふけてゆく。

まんてんの星空と
盛大な虫やら蛙やら
その他、得体のしれない
動物の鳴き声( ´_ゝ`)。

というわけで
今夜の寝床は



食堂のテラス席に
ござをひいて、
みんなで雑魚寝。

なつやすみのわくわく感を
おもいだしたよ。( ´_ゝ`)

【今日のまとめ】
りあるほーむすてい

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2015-07-30

■台湾 銅門探訪

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)


午後のひとときを
タクゥ君のご家族とすごす( ´_ゝ`)

すっかり打ち解けている。

3時半

タクゥ君、帰宅

で、はじめましてw

たくぅ君に、
山の中をバイクで
案内してもらう。

午前300人、午後300人と
入場規制がかかっているそうな。

車もバイクも原住民にのみに
許されている。

だもんで、メインの渓流沿いには、
観光客がいるが、バイクでちょっと
走ると誰もいなくなる。

【今日のまとめ】
30分ほど、山道を走るが
すれちがったひと1人( ´_ゝ`)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-29

■台湾花蓮のおやまの中でお昼ごはん。

テーマ:☆台湾田舎(東海岸編)
駅でピックしてもらい
妹さんの来るまで、
タクゥ君のおうちへ。

ムニさんからは、
タクゥ君は、わしを
山へ案内してくれるっと
もうしているとの
メッセがきてた。

車、ずんずん走る。

妹さんの英語と
わしの中国語
いい勝負である。

なんとか
コミニケーションが
成立するが、話の内容の
伝達されている内容は
正味20%がいいとこだろう。

そのうち、人家がなくなり
のどかな田園風景に、
そのうち、車窓は、
雑木林になり、
そのうち、車は
山の中へ。

渓流沿いの道を
のぼっていく。

妹さん、車を路肩に
よせると、後部座席に
うつれとな( ´_ゝ`)?

警察があるから
親戚のフリをして
通り抜ける。とな。

?(´・ω・`)?

しばらく走ると
ゲートがあり、
検問のようなものを
やってる。

こうゆうことね

急峻な崖の上の
狭路をすすむ。

タクゥ君一家が
営む食堂へ
ようやく到着


ご両親と叔父さんに
出迎えられる。

みなさん
英語は、日本の
中学生レベル。

(´・ω・`)

そうこうするうちに
テーブルに案内され
お昼ごはん。



かぼちゃと冬瓜のスープ



飼育している
地鶏の焼いたの。



タケノコのサラダ



地鶏と山で採れて
野菜の煮物。



バナナとお米の
おこわみたの。

というわけで
2度電話ではなしただけで
本人とはあったこともない
友達の友達の家族と
楽しくごはんを食べているが、

良く考えると。。。

【今日のまとめ】
( ´_ゝ`)ドウナッテンダ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。