天下泰平乃風

世は乱れ日本も世界も荒れている。こんな時代なら必要なことは天下泰平のために英雄豪傑が現れることではないだろうか。しかし同じ目的のために戦う友がいたら、それはどんなに素晴らしいか。きっと毎日、ワクワクするだろう。


テーマ:
 さて、久しぶりに思いついたことを書こう。


 何度も述べているように、米国GHQは日本を戦争に引きずりこんで、そして破ると、日本人を弱体化させるために、武士道を解体して、日本人からサムライ精神を奪い取った。


 そして武士道を解体していくにあたり、なんとも狡猾なことに、武道とスポーツを同じものにしてしまったんだ。


 本当に色々なことを思いつく。


 つまりA級戦犯の正力松太郎を釈放して、日テレを作らせて、スポーツを流行らせることによって、いつしか日本人は武道とスポーツの違いが分からなくなってしまった、というわけである。


 「サムライジャイアンツ」って、おいおい!



 武道というものは、自分を守り、家族や友を守り、そして祖国や世界平和を守るべく、心と、技と体を鍛え上げるものであり、真なる武道には公の心があり、〝天下国家のため〟という武士道精神があった。


 しかしスポーツはあくまでもスポーツであり、武道とは大きく異なる。


 しかも敗戦後の一時期、米国GHQによって、「武道禁止令」が出されて、剣道が全面的に禁止されたこともある。


 そんな中、笹森順造(じゅんぞう)と云う国会議員が、剣道を復活させようとGHQと交渉を重ねた。


 彼自身も剣術家であり、彼はGHQに掛け合い、「剣道は人を殺すことを目的に技を磨くのではなく、その最終目的は、人と人がお互い戦わなくても済むように剣を置くことだ。剣道とは日本の精神的、歴史的な文化である」と説いた。


 しかしGHQは、この申し出を聞き入れず、遂には、「実際に試合をして、お前の云っていることを証明して見せろ」などと言ってきた。


 「剣道が人を殺める手段でなく、平和の道具である証拠を見せろ!」というわけだ。


 そしてGHQは、米海兵隊の中で最強の男を選び出して、日本人との試合を提案した。


 しかしそこはさすが米国、条件を付きつけることを忘れなかった。


 米兵は本物の剣を使い、対戦相手の日本人を殺しても構わないが、しかし日本人は木刀を使い、防具も着けさせない、という何ともメチャクチャなルールだった。


 おそらく米国GHQは、武道を完全に封印する目的であったのだろう。


 笹森というサムライは、このGHQの卑怯な提案を潔く受け入れて、そして國井善弥(くにいぜんや)というサムライを選び出した。


 國井善弥(くにいぜんや)というサムライは、鹿島神流の十八代の宗家で、鹿島神流とは茨城県の鹿島神社に古くから伝わる古武術流派である。


 そしてサムライと米兵との間で、日米の誇りをかけた、しかも剣道の未来をかけた、戦いが行われた。


 体格の大きな米兵は本物の銃剣を手にし、國井は木刀を手にして対峙した。


 國井が礼をして、木刀を中段に構えようとした、その次の瞬間、米兵は銃剣を國井の喉元目がけて突きだした。


 しかし國井は半歩下がってこの攻撃を見事にかわすと、さらに米兵はそのまま突進を続けながら銃剣を回転させて、國井の即頭部めがけて銃底で打とうとした。


 硬い銃底での即頭部殴打、もしも当たれば即死である。


 米兵は殺気に満ちていた。


 しかし次の瞬間、國井は半歩前進して銃底をかわすと、逆に米兵の後頭部に柔らかく木刀を当て、そのまま突進する米兵の力を上手く利用して、相手を床に倒してしまった。


 米兵は四つん這いになって床に手をついた。


 さらに國井は、そのまま米兵の後頭部を木刀で押さえた。


 四つん這いになって、上から頭を体の内側に向けて押さえつけられると、人間は身動きができない。


 「勝負あった!」の声がかかった。


 すべてが一瞬の出来事だった。


 國井善弥(くにいぜんや)というサムライは、圧倒的な実力差で一切相手と剣先を合わすこともなく、しかも相手の米兵を傷つけることもなく、見事に海兵隊最強の米兵を制したのである。


 この事実は、GHQ内部に衝撃を与え、これがきっかけで、「武道禁止令」が解除になった、と云われている。


 ただし、たとえ剣道が解禁されても、武士道精神が失われたままである。


 そのために日本人は、武道とスポーツの違いの区別がつかなくなったままである、というのは歴然ではないだろうか。


 それは、ボクシングを習っていた私もそうであったが、戦わないために心技体を鍛えあげる「武の心」が忘れ去られ、武道よりも格闘技がもてはやされている。


 そして日本人は今、莫大なお金を米国に上納するその代わりに、かつてサムライたちが戦い、そしてサムライたちが殺された米軍および海兵隊に頼って生きているのだから。


 米国の大統領補佐官や国務長官を務めたヘンリー・キッシンジャーの『回顧録(メモワール)』には、沖縄返還に関して佐藤栄作と会う際に、「これから私が会う人間は、自分の国の安全も外交保障も、すべて他人お任せするという国の首相だ」と書かれてある。


 未だに日本は米国の奴隷状態にあり、しかしそうした奴隷状態に日本を置き続けて、日本が二度と、立ち上がることがないように、米国は武士道を解体したのである。


2013年1月13日付けの金融ニュースサイト『ブルームバーグ』の記事には、「安倍首相、バーナンキ米国連銀総裁を支援、5580億ドル(50兆円)の米国債購入の見込み」とある。


 しかしよくよく考えてみて欲しい。


 50兆円を、日本の総人口1億3千万人で割ると、赤ん坊からお年寄りまで、一人当たり約40万円になる。


 夫婦2人ならば、80万円を上納した計算になり、子供が一人いれば120万円の上納、子供が2人ならば160万円も米国に上納した計算になる。


 もしも貴方の家に米国の役人が来て、「一人当たり40万円ずつ支払ってください」と言われたら、絶対に断るはずだ。


 しかし日本人は今、実際にはそれを支払っているようなものなのだ。


 本当にバカバカしいことだ。 


 かつてのサムライの子孫である日本人が隷属状態に置かれながら、しかしそれにまったく気づかず、野球選手を「サムライジャパン」などと呼んでいることは、武士道を解体した者にとっては大爆笑だろう。



 もう一度、言う、我々の国は奴隷であり、我々は奴隷である。


いいね!した人  |  コメント(6)