天下泰平乃風

世は乱れ日本も世界も荒れている。こんな時代なら必要なことは天下泰平のために英雄豪傑が現れることではないだろうか。しかし同じ目的のために戦う友がいたら、それはどんなに素晴らしいか。きっと毎日、ワクワクするだろう。


NEW !
テーマ:
『日本再生への狼煙』(携帯・iPhone用)
https://1drv.ms/b/s!AtVQEo2__23Oi0V3piUeMy4Yi75E

『日本再生への狼煙』(印刷・iPad用)
https://1drv.ms/b/s!AtVQEo2__23Oi0TXm3uR8UiTT5pF

この小冊子を読めば、日本の惨状が分かります。

実際の日本の年間自殺者は、
おそらく10万人以上・・・。

ジュース代にすらことかく月収14万円、
平均年収168万円の非正規社員は、
労働人口の4割を超えて2000万人に・・・。

ネットカフェで暮らす人も増え続けている・・・。

そして今、日本では臨時国会が開かれて、
TPPの国会承認がされようとしている。

日本人よ、ホントに良いのか。

TPPの真の恐ろしさは、
関税とか、農業の問題ではない。

ISD条項、非関税障壁である。

これによって各国の大企業が政府を訴えて、
「自由貿易の障壁になる」
と見なされたら
法律が変えられてしまうことである。

企業側が出す判事が一人、
国側が出す判事が一人、
裁判所が出す判事が一人、
計3人の判事によって判決が出る。

そして訴える先は、
「国際投資紛争解決センター」であり、
ここに最も強い力を持つのは、
米系の超巨大多国籍企業群である。

だから裁判は最初からヤラセで、
勝敗は決まっている。

隣の韓国では、TPPと同じような
米韓自由貿易協定が結ばれて、
すでに米系多国籍企業が
韓国政府を訴えて、
60以上の法律が変えられてしまう・・・。

韓国の自殺率は世界第2位、
日本は一応、17位、
韓国のネットカフェ難民は
すでに数十万人以上・・・。

TPPによって
米系企業に日本政府が訴えられて、
法律が変えられ、
国民皆保険は無くなり、
盲腸で700万円、
複雑骨折で自己破産といった、
今よりも酷い時代がかならず訪れるだろう。

本当に皆さんはそれで良いのか。


戦争は始まっている。

戦争を軍事衝突だけで行われるもと、
勘違いしてはならない。

元CIA・エコノミックヒットマン(経済暗殺者)
の証言をどうか聞いて欲しい。


エコノミック・ヒットマン
 =経済暗殺者がいるならば、
エコノミック・アグレッション
 =経済侵略も当然ながらあり、
エコノミック・ウォー
 =経済戦争もある。

エコノミック・ウォーは始まっている。

そしてTPPは
エコノミック・ハイドロボム、
つまりは経済水爆である。

北朝鮮の核実験、
中国の尖閣・沖縄からの侵略、
これらだけに目をくらまされてはならない。

政治を国家の枠組みだけでとらえてはならない。

国家を超えた軍産複合体、
医産複合体といった多国籍企業レベルでも、
政治は存在している。

これが見えなければ、
日本人は木の根をかじることになる。

『日月神示』にはこう記されている。

「イシヤの仕組みにかかってまだ目覚めん臣民ばかり」

「ほんの暫(しば)らくぞ
 木の根でも食って居(お)れ
 闇(やみ)の後(あと)には夜明け来る
 神は見通しだから、心配するな」

日本で派遣社員が増え、
ネット難民が増えている現状を目の当たりにして、
「すでに時代の底をついて、
 “木の根を喰らう時代”は始まっていた」
と思っていたが、どうやらそうではないらしい。

この底には、まださらなる下があり、
二重底、三重底になっているのだろうか。

それとも日本は、本当に
TPPというエコノミック・ハイドロボムによって
自滅の道を歩んでしまうのだろうか。





今こそ日本人の底力を見せるべきではないだろうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)