大阪市内の高齢者介護施設の入所女性(85)に暴行し、けがをさせたとして、東淀川署は25日、同市東淀川区西淡路、介護福祉士犬伏勇作容疑者(23)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

 「女性の部屋を巡回したら、『出て行け』とどなられ、腹が立ってやった」と認めているという。

 発表では、犬伏容疑者は昨年10月20日午前1時頃、同市淀川区加島の「ニチイのほほえみ大阪加島」で、女性の胸を殴ったり、両腕をつかんだりし、左腕などに約1か月の重傷を負わせた疑い。施設は2階建てで女性がけがをした時間帯は、職員2人が夜勤をし、女性の個室がある2階は犬伏容疑者1人が担当していたという。犬伏容疑者は昨年12月末、自主退職した。

国道2号訴訟 国などに賠償命令 住民騒音被害で広島地裁(毎日新聞)
加藤被告の目に涙? 証人の訴えに顔を紅潮させる(産経新聞)
回転ずしで魚離れ阻止=国産ネタで自給率向上―水産白書(時事通信)
「天下り」「事業独占」にメス=公益法人、20日から仕分け(時事通信)
携帯操作に夢中で気づかず?電車に接触、重傷(読売新聞)
AD