なにができるのかしら-ちょこっと考えてみませんか?-

命を助けたいという想い

高齢猫家族の健康メモ
(※2012・4・2、高齢による腎不全のため永眠)

適応障害発症のことなど

どうか知ってください 動物達の問題は、私たち人間の問題です


他種の命を粗末にする社会は ひとの命も粗末にする社会を作ります

他種の命を大切にする社会を作れば ひとの命も大切にする社会ができるのではないでしょうか


一度だけで忘れないでください ずっと関心を持ち続けてください


そして・・・ ほんの少し行動してみてください


難しいことではないはずです

例えば、傍らにいる誰かに・・・何かに・・・そっと触れること それを守ろうと思うこと


  まずは、そこから始めませんか



〇●〇●〇●〇●〇


ペタをつけた記事は、元記事内に特別な記載が無ければ、

特にお断りせずにツイッターやこちらのなう、ブログへの転載などで拡散させて頂いております。

もし、失礼等あった場合にはご一報頂ければ幸いです。

細い糸でもどこかで繋がって1つでも多くの命が幸福になれますように祈り応援を送り続けます。


〇●〇●〇●〇●〇

最期の最期のその瞬間まで生きることを諦めない


娘娘が教えてくれた大切なこと


生きていれば 苦しいこと 辛いこと 悲しいことは 沢山あります

それでも 生き続けることをあきらめなければ

生きていて良かったと思える瞬間が

諦めなくて良かったと思える瞬間が

きっときっとあるはず


〇●〇●〇


娘娘が 亡くなった後で後悔したこと、後悔しないように準備したこと

過去記事にまとめてあります ご参考まで

http://ameblo.jp/utanyan/entry-11214541891.html


〇●〇●〇

【神河町ねこと人プロジェクト】


置き去りにされた沢山の猫たちと2人の人間

そのうち高齢だった母親が亡くなり、

ひとり病弱な身で必死に守ってくださっている命たち


ネットに上げられたSOSを見て

プロジェクトを立ち上げてくださった わしもふさんのブログは↓

http://ameblo.jp/norwid-diamond/

※こちらは一時的なもので、現在プロジェクト用のHPを製作予定だそうです

 最新情報は、わしもふさんのツイッターやアメンバーのなうでご確認ください


現在、雌の避妊手術は全頭済み雄も順次進めるとのことです


活動資金(避妊・去勢手術や治療費など)も

お世話の手も

何より猫たちの新しいご家族も

あなたから差し伸べられる手を、愛情を、待っています


猫の数も多く、人間にも事故などがないように

プロジェクトは慎重に慎重に進めておられるので時間が掛るようですが

関わる方々にも猫たちにも

少しの危険でもあってはならないとの強い意志が感じられます


どうか息の長いご支援をお願い致します

(私自身もささやかながら情報拡散と応援と祈りを送り続けます)


〇●〇●〇
昨年の春に数時間違いで虹の橋へ行ってしまった


ホタテちゃんと娘娘

そのご縁で仲良くして頂いている うにゃさん のブログ

うにゃ家のうにゃにゃんな日々

頑張りやさんの心優しい うにゃかあちゃんが

「家族のためならエーンヤコラ

 命を助けるためならエーンヤコラ」と

ご家族の可愛いにゃんこたちの画像をはじめ日々の思い

命を助けるための記事を色々と載せてくださっています

是非、ご一読ください<(=^_ _^=)>

http://ameblo.jp/uni003/


〇●〇●〇●〇●〇


迷子犬&迷子猫情報

お心のある方は、「ご自身の地域 迷子」など検索の上

各案件にご協力頂けます様お願いいたします

多くの迷子たちが無事に帰宅できますように


また、過去記事に迷子動物の捜し方があります。ご参考まで


2012年3月28日記事「拡散希望>「 プロが教える、逃げたペットを探すコツ」

 同年 5月31日記事「犬や猫が迷子になった時には・・・。

 同年 6月 4日記事「効果的な迷子ポスターの貼り方・・・・迷子捜索時に


〇●〇●〇


動物達の問題に注意を向け始めると
残酷な事柄を
これでもか!これでもか!と
突きつけられてしまうひどい現実

知らなければ改善できないけれど
知っている事は それ以上みなくてもいい
知らなかった事だけを無理しすぎない範囲で知ればいい

心が折れて動けなくなるよりは
そのほうがいい

どんなにささやかでも
それぞれが出来ることを行い続ける事が大切

改善や解決に1歩ずつでも近づけるのだから

〇●〇●〇

命を助けるご活動をされている方へ

少しですが手編みのアクリルたわしを無料提供いたします


アクリル100%の毛糸で編んだたわしは

洗剤を使わずに食器を洗える他

洗面所やお風呂など水まわりのお掃除や

パソコンやテレビ、携帯画面を拭くなどホコリ取り

バッグや靴を磨くといった使い方もできるそうです


バラの花や動物の手(肉球つき)を色々取り混ぜます

他にもリクエストがあれば編んでみますのでご相談ください



$なにができるのかしら-ちょこっと考えてみませんか?-

ご活動をされていることがわかるアドレスを添えて

まずはメッセージからお申し込みくださいませ

※アメンバーのメッセージはとても規制が厳しく、また、どういう理由か迷惑メッセージに入ってしまう事もございますので、返信が無い場合にはお手数ですがその旨を再度お知らせ頂けますようお願い致します


なお、1個100円(送料別)でも販売致しております

材料費を差し引いた利益はすべて寄付にまわします

寄付先は私が個人的に応援している個人や団体です

購入方法・送料・寄付先などの詳細は、お問い合わせくださいませ


テーマ:
昨朝、会社に出勤途中の事。
少し大きな通りの横断歩道を3分の1程渡った所で、足元に『ひっくり返ったセミ』を見つけた。

ひっくり返ったセミを見るたびに
「なぜ、ひっくりかえったら自力で起き上がれない形状なのだろう。土の中で何年も耐えてやっと地上に出て最期がこれでは、とても気の毒に」
と思う。
そして、足が動いてまだ息がある様子なら自力で動けるようにひっくり返す。

さて、目の前のセミである。そのままだとほぼ確実に車に轢かれてしまう。
どうしたものかと思ったら、セミの足が僅かに動いた。

それを見た瞬間に心が決まり、掬い上げて両手の空間に閉じ込めたまま歩道を渡った。
少し羽をバタつかせた後、指をシッカリ掴む力が伝わってきた。
よしよし、思った程弱っていないかもしれない。

近くの植木にとまらせた。
帰りに様子見しようと思ったが、電車の時間が差し迫っていてすっかり忘れてしまった。

ひっくり返っていたくらいだから、平均寿命を全うできない確率の方が高いかもしれない。

自己満足ではあるけれど、心がほんのり温かい。
小学校に上がる前からキャンプだの山菜取りだの連れて行ってくれて、セミくらいなら素手で触れるように育ててくれた親に感謝の気持ちが珍しく湧く。

こういう事は、何かからのプレゼントのような気がする。

そして、思いっきり俗っぽい私は
「もし、恩返ししてくれるなら、私はいいから、お外暮らしの猫たちとかコトラくんの、ごきげんさんな時間を少しでも多く頂戴」
などと勝手な事を願ったのだった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新しいご家族を募集していたコトラくん。
噛み癖は何を試しても時々出ており、紐類や布を好んで舐めたり齧ったりもするため、新しいご家族を捜すのをやめて私の家族にしました。

家の事情で1室しかテリトリーがありませんが、コトラくんが快適に過ごせる様に、また、危険が無いように部屋を大きく模様替えしました。

人間用ベッドはじめ、押入れの一番上奥の座布団の上、収納ボックス上に敷いた綿毛布の上、ケージのハンモックと、お気に入りの寝床も複数できました。

得意の「編みボール取って来い遊び」でバタバタ走り回るのも日課です。

 左目は目頭に瞬膜が少し見える程度。左右の目の大きさが違う個性的な顔になりました。
体重は4月20日現在で5.6kgになりました。
4月18日からお留守番を部屋の中フリーにしました。
多少イタズラした形跡は見られましたが、このぶんならケージ留守番に戻さなくても大丈夫そうです。

家の事情による心配事が完全に解消されたわけではありませんが、これからも工夫をして健康と安全の確保に努めます。

情報拡散など、里親探しにご協力くださいました皆様、
良ければ家の子にと里親にお申し出を下さった方、
本当にありがとうございました。深く感謝申し上げます。

-----以下、元記事-----
10月に保護してから前記事でも新しいご家族を募集している 仮称:コトラくん。
赤い糸がまだ繋がりません。

人間大好きで寂しがりの可愛い男の子です。
取って来い遊びもします。

甘える感情が高ぶるあまりに、たまに甘噛み(跡がすぐ消える程度)しちゃう事があります。
※叱ったり、噛まれた手や腕を奥に押し付けたり、噛み返したり、つねったりすると、よけいに強く噛みますし、興奮して納まらなくなりますので絶対にやめてください。
※落ち着いた声で「痛い、ヤメテ」と言うか、しつこい時には猫流の叱り方「カーッ」や「シャーッ」と言うとすぐに止めます。止めた時に、すかさず噛んでも良いぬいぐるみ(ガブガブちゃん)を与えて噛みたい欲求が納まるまで遊ばせています。

健康状況は良好で、保護翌日駆虫済み、伝染病無し、血液検査結果異常無し。
1日1回、目薬(点眼と眼軟膏)をしております。
目の大きさに違いはありますが機能的な問題はありません。

12月12日~14日入院して、去勢手術と3種ワクチン接種を済ませました。
その時の体重(3キロ程)からの推定誕生月は7月頃ということで、7月7日のお誕生日に決まりました。

普段は10時間近くケージの中でお留守番しており、日光浴も出来ない環境です。
そのためか、人間がいる時はベッタリ甘えて、部屋から出ると後追いして脱走防止のパーテーションの上(180センチ程)に登ってしまう程です。
また、動物嫌いの認知症の高齢者がおり事故も心配なため、我が家には迎えられません。

新しいご家族は、愛情を注いでくださる事はもちろんですが
お留守にする事が少ないご家庭を希望します。

里親詐欺(虐待や実験動物、その他、命を奪います)防止のため、
・複数回のやりとり、
・初期費用(1万円程)ご負担
・写真撮影
・お引渡し後の報告
・誓約書の取り交わし
・ご自宅までのお届け
以上をご了承いただける方にお願い致します。
里親ご希望の方は、
kotora20150707#yahoo.co.jp(#を@に変えてください)宛に
「コトラくん里親希望」のタイトルでメールをお願い致します。

以上、どうぞよろしくお願い致します。

 10月25日
 

  12月26日
 保護して1ヵ月程の目の状態です
 
去勢手術跡(糸は1ヵ月程で身体に吸収されるそうです)

動画へのリンク

保護から数日後の遊ぶ様子
https://youtu.be/15Ctha_LXiM

食事風景
https://youtu.be/vyKavRnuxlM


https://youtu.be/OIgUgYGhSao
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
  
本日、10月13日、夕方に茶トラの仔猫(仮称:コトラ)を保護しました。
現在、1ヵ月の期限付きで一時預かりしていただいております。

お家ではトイレで小さい用をたし、乾燥フードを少し食べ、毛づくろいをし、水も飲んだとの事。
ペットボトルの低温湯たんぽも入れて頂いて温かく過ごしているそうです。

数日前に、地域猫のご飯場所に出現、近くの公園に捨てられたのではないかという情報有。
猫カゼらしく、左目が腫れており、クシャミをしているのも一度見かけました。
(健康回復に必要な治療、駆虫、去勢は当方で責任を持ちます。)

最初は非常に警戒していたものの、慣れると手に頭を何度もこすりつけて甘えました。
それに他の猫に近寄って行くので、フレンドリーな性格だと思います。

近隣は、外猫として生きていくにはあまりに過酷な環境です。(他から猫が来ても、先住の地域猫たちが追い掛け回して追い出してしまいます)
地域猫たちは、仔猫のためご飯を食べるのは許しても近づくと威嚇します。
このため、猫同士くっついて暖かくして寝るなどは無理と判断。

寒空の下、猫カゼもひいているし、放置しては数日しか生きられないと思うと手を伸ばさずにられませんでした。
一時預かり先も、ご家族の全員のご同意が得られないまま、1ヵ月の期限付きということで無理をきいて頂いている状態です。

今後も、健康状態や画像など、ご報告予定です。
まだあどけない仔猫なのに必死に生きているコトラに、終生安心して暮らせるご家族をお願い致します。
---------------------------
10月14日追記 病院へ行った結果。
診断:弱っていて感染症にやられているだけ。黒目がしっかりしているので失明の危険は無。猫エイズや白血病などは無いと断言できる。

処置:抗生物質の注射1本。駆虫経口薬(明後日までには便に沢山出るでしょうとの事)。目薬&軟膏

帰宅後、あまりにもケージから出して欲しいと訴えるため、毛布の上に乗せると、コロリと横たわり、人間の手にスリスリコツンコツン。前足は柔らかい毛布をフミフミ(仔猫が母猫にする最大級に甘えている状態)。

まだ親猫の免疫が残っている程小さい仔猫(人間に換算すると、幼児くらいになるかと思います)。
ひとりで寒空の下に放り出され、ご飯も食べられず、どれほど恐ろしく、どれほど寂しく、心細く辛かった事でしょう。

引き続きよろしくお願い致します。
-----
10月15日追記
朝と夜は仔猫用パウチ1袋ずつ。日中はドライフード大匙2杯程完食。
トイレは、小さい方も大きい方も猫トイレの中に上手にしました。
19時頃、晩御飯の食休み後、少し遊んでから目薬2種類。目薬は少し嫌がったものの引っ掻いたり噛んだりはしませんでした。
-----
10月16日追記
朝、パウチ半分程、ドライフード数粒。トイレ大小。
日中はお留守番で、近所の工事音がかなり大きかったそう。
怖くてトイレも我慢していた様子。撫でてもらって安心してからトイレ小。
パウチ半分。目薬2種類。沢山なでなでしてもらって、ようやく丸くなって寝ました。
-----
10月19日追記
土日は人間がカゼで寝込んでおりました。
コトラは仔猫パワー全開でよく遊んで、食べて、トイレも失敗なしだそうです。
ふさがりかけていた左目も少しずつ良くなってきて半分くらいまで開き、真っ赤だった瞬膜もピンク色になってきております。
1日のほとんどの時間を狭いケージの中で過ごさなければならない事と、日光浴ができない事、預かり期限の1ヵ月のうち、早いものでもう1週間過ぎてしまった事が気がかりです。
引き続き、コトラちゃんに新しいご家族がみつかりますよう。どうかよろしくお願い致します。
-----
これまでの画像を以下にUpします。
-----

10月12日くらい
地域猫のご飯の残りを食べていました。
 人間が怖くてビクビクしながらの食事
-----
10月13日(保護1日目)
 身を小さく固くしています。
-----
10月14日(保護2日目)
 
 
安心しきって寝床からはみ出てのびのび寝ています
  
 
   
 
  
右目はしっかり開きます。
左目は黒目がしっかりしているので少し時間がかかるかもしれませんが治るとの事です。
 -----
11月8日現在
甘えっ子でよく遊ぶのは変わりません。
1日1回の点眼、目軟膏も、嫌がりますが引っ掻いたり噛んだりする事は全くありません。
コトラくんが頑張っているおかげで、ひどかった左目もとても良くなってパッと見にはわからないかも。目頭に少し瞬膜が見える程度です。
引き続き、良縁を探しております。
 
数日前


 膝でこのまま寝てしまいました。

 
つい先程です。寝ていたのにシャッター音で起こされて眠い顔。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。