1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-06-30 09:05:15

ブランディング・パラノイア(385)牛のほほ肉

テーマ:ブログ
true
牛のほほ肉に、初めて挑戦した。

行きつけの肉屋さんにあった。
2時間くらいコトコト煮込めばいいと聞いて、やる気になった。
どうせ今日は一日中本を読んで過ごすつもりだ、ちょうどいい。

煮込み方を考えた。
基本は赤ワイン煮だ。
開栓して数日たったワインが半分残っている。
まず出汁を昆布とくず野菜で取った。
肉には海の出汁を、である。
そこに赤ワインを流し込む。
ほほ肉を入れて、チョロ火で煮込む。
2時間。

取り出して、端を切って食べた。
わわ、柔らかい。

ソースをどうするか。
ハヤシライスのルーがあったので、それを使う。
ルーをタマネギとマイタケで作って、そこにほほ肉を入れて、
30分ほどさらに煮込んだ。

ほほ肉だけ取り出して、ステーキとして食べた。
コラーゲンがブリブリです。
とろける柔らかさ。
うまー。
赤ワインがビッタンコ合う。
さっさと完食。

残りのルーに翌日、豚肉を入れた。
ご飯にかけて食べた。
リッパなハヤシライス。
一回で二度おいしい。
ヒマな週末を幸福な週末に出来ます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-29 15:41:50

ブランディング・パラノイア(384)種明かし

テーマ:ブログ
true
前回の答えです。

見えにくいけど瓶の下にあるのは100円玉。
なぜか100円玉が按配がいい。
それがあれば、瓶は斜めに立ちます。
(前回の話、アムステルダムでは地元のコインを使った)

100円玉は新しくてキザミがくっきりしている方がカンタンに出来る。
100のほうを上にして置き、100のゼロの穴を利用する。

前回言ったように、瓶には半分くらいの液体(水でも酒でも、なんでもいい)が入っていること。
それが条件。
はっきり理由は知らないけど、液体がバランスをとるらしい。
瓶の端が、わずかな窪みを引っ掛かりにして、そのままの形で不動になる。
要は、その引っ掛かりを探すだけである。

一升瓶のように長さのあるものの方が、カンタン。
しかも、インパクトがある。

いたずらをしたことがある。
旅館で女中さんが料理を運んできた。
テーブルの上の傾いた一升瓶に気づいて、料理を取り落とした。
みんなで大笑いしたが、料理を落とすとは思っていなかった。
叱られるかと思ったら、女将さんを連れて来て、もう一度やってくれと言われた。

一番難しいのは丈のないグラス。
タンブラーのようなもの。
それと氷が入っているのは出来ない。
氷が溶けて液体が動くからではないか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-28 16:29:07

ブランディング・パラノイア(383)傾いたまま立っている

テーマ:ブログ
true
この写真は奇妙である。

まん中のボトルは傾いたまま立っている。

振動など刺激を与えなければ、いつまでも傾いたまま立っている。
一升瓶やビール瓶でもできるし、グラスでも出来る。
中に液体がまん中前後まで入っていることが条件だ。

いつどこで誰に教えてもらったのか、覚えていない。
大学生のころだった気がする。
よくこれでいたずらした。

昔アムステルダムに出張したときに、面白半分にこれをバーで見せた。
「お前はジャパンのマジシャンか?」とバーテンダーに聞かれた。
「そうだ、ただしこのマジックしか出来ない」と答えて
ビールをおごってもらったことがある。

誰にでも出来る。
種明かしは、次回。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。