よもよも

気になった文・言葉/覚書


テーマ:

24の人格を持つビリーミリガン。

本も読んだが

実際の映像を世界仰天ニュースで放送していた。


多重人格者の頭の中がどんな風になっているのか。


ビリーミリガンの(中の1人格の)証言によると

真ん中にスポットライトが当たっていて

周りにそれそれの人格が立っていてる。


その中で統率をとる人格が1人いる。

(ビリーミリガンの場合はアーサーという人格。

ただし刑務所のようなところではレイゲンが仕切るらしい)


ビリー本人(基本人格)は

ほかの人格はあまり理解してないようだった。

自殺願望があり、17歳からずっと眠らされていたようだ。

本人は「箱に入れられていた」ということを言っている。


最終的には

教師とよばれる人格が

ほかの人格を1人づつ説得し

眠らせることで

1つの人格(教師)のみ残したことで

治癒ができたという判断。

13年後に釈放。

現在は名前を変え

アメリカのどこかで暮らしていると。


ビリーミリガンのその後というタイトルだったので

今の状況を伝えるものと思っていたのに。。。

保護プログラムが適用されているのなら

その後は伝えられないか。


多重人格の人の過去は

虐待など耐え難い経験が多い。

新しい人格をつくるのは

自分を守るための心の手段だと思うと

人間の不思議さとともに

ほかの人格をつくらねばならないほどの

悲痛な思いというものを考える。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2004年のクマ問題

クマが射殺される様子を何度も見た。

里山問題なども取りざたされた。


最後のいっぴき物語というTV番組の中で

クマと人の共存について

さまざまな人々の取り組みが描かれていた。


カナダのチャーチルという町では

町に下りてきたクマを

人とクマの生活圏の境界かを教え込む工夫をしたり

町に下りてきたクマを氷が張る時期まで

クマ刑務所に拘留したり。


日本でも

ブナとクマの関係から

どういう時期にクマが出没しうるかを

予測するクマダス予報を検討し

住民に知らせることで

共存の一助にしようという試みをしている人たちがいたり。


人が自分の立場しか考えなければ

結局は自分たちの首を絞めることに。

地球は相互関係で成り立っているのだから。

もし、自分が○○だったら。

そんな視点を入れるだけで

対処方法は大きく変わる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

”気になるあの言葉”のブログにあったコメント。


オウム真理教に関連して、

いくつかの条件が重なれば人は

信念の奴隷になるだろうと「日本経済新聞」本日朝刊。

米国の社会学者パトリシア・スタインホフ氏の指摘


信念があると

自分の中の芯ができる

そうなると気持ちがぶれない

ぶれなければ強くなれる。


一度そうした芯を作ってしまうと

その芯に依存し

芯はますます硬く強くなる。

そんな芯をとると

自分自身が崩れてしまう

恐怖感がうまれてくる。


自分が支柱としているものが

どういうものなのか

客観的に見る余裕があるかないか。

そこの差は大きいのだろう。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラジオでしゃべるとき、よく笑う。

何となく笑ったほうが収まりがつくかな、と笑うことが多いからだ。

そんなときの笑いは

客観的に聞くと、不自然かもしれない。


演劇をしている友人のブログにこんな言葉が。


”笑いは一種の防御”


なるほど。防御か。

というわけで、少し"笑い”について調べてみた。


笑いの心理学として

いろいろ研究している人がいる。


自己防衛の笑いだけでなく

他社防衛の笑い


社交的笑い

本能的笑い


有対象笑

無対象笑


いろんな分類の仕方があるようだ。


それにしても

防衛なしのオープンマインド。

自然体のおしゃべりを

目指したいものだ。


・・と今日もひとりごと。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人間の脳の働きは、民族や母語によって異なるといわれている。

先天的には脳の機能に差はないと言われ

後天的な話し言葉などの環境から変化していくらしい。

(by 東京医科歯科大学名誉教授 角田忠信)


そこで たとえば計算するときはどうなのか?


中国語を母語とする人たちと

英語を母語とする人たちの

計算するときの脳の働きの違いを

調べてみた。


 ↓

結果

 ↓


中国語圏の人:視覚に関する部位が活発に動く

英語圏の人:言語中枢が活発に動く


さらに血中酸素濃度から

中国語を母語とする人の方が計算時の負荷が小さい


すなわち

視覚的に計算を処理する中国人の方が

頭の中で言語に置き換える英語圏の人より

計算のスピードが速い可能性がある。

違いが生じる原因として

唐教授(大連履行大学)は表意文字である影響のほか

計算訓練の多さをあげている。


----------------------------------------------------


留学して英語を苦手とする日本人が

数学の時間だけは

おまえはジーザスか!?

と言われたりするなどという

半分冗談のような本当の話をよく聞く。

日本人の脳も計算するとき

視覚的な処理をするのだろうか?

ちょっと興味あり。


さっき出てきた

東京医科歯科大学名誉教授の角田忠信さんの著書に

「日本人の脳」(大修館書店)」というのがあるそうで、

おもしろそうです。。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウメノ青興陶園に行ってみた。

平成元年に作られたという建物は

伝統的な日本家屋を意識して作っており

釘を1本も使ってないそうです。

古くて新しい雰囲気のたたずまいは

なかなかよい感じでした。


壁の絵と書は

道後の作家さんが描かれたそうです。


青陶 ga




b a


私の気に入ったカップ。

形がかわいい。


右はお店の人。

とても明るい2人でした。


cup 2人

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に砥部焼を見に出掛けた。

下は砥部焼伝統産業会館で見かけた

地元窯の作品から、気に入った作品

http://www.town.tobe.ehime.jp/5/30/000068.html


tobe2

tobe


会館の前にはこんなきれいな花が

色とりどりに。


伝統 花


ついでにいえば

伝統産業会館近所の家の庭に突然こんなサボテン?が。

3mくらいの巨大サボテン。


yy


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

time誌からの引用とした上で

朝の番組のコメンテーターが話していたのが印象に残った。


20世紀はアメリカの世紀

この繁栄はいつまで続くのか?

過去の歴史を見ると

スペインもイギリスもモンゴルも大帝国を築きながら衰退する。

栄枯盛衰は必ずある。

1世紀以上も続くアメリカの繁栄

この先どこまで?

time誌の記事が示唆するように

歴史を振り返れば

この911が衰退のはじまりとなるのか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

~NHKプロフェッショナル ・英語教師 田尻さんの話から


教師はエンターテイメントだ。


鏡の前で表情をみる。声を出す練習をした。


カレーライス方式 ねかした方がおいしい。

答えをすぐに教えない。


プロフェッショナルとは
場面場面でベストな選択ができる人
そのためには数々の失敗を経て

消去法で答えを見つけていく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。