沖縄県の仲井真弘多知事は8日午後、菅直人首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を明記した日米共同声明の履行を表明していることに関し、「(履行は)簡単ではない」と述べ、移設受け入れは困難との認識を重ねて示した。県庁内で記者団に語った。
 知事は名護市の稲嶺進市長が受け入れ拒否を明言していることを念頭に、「基本的なことを決めるのは自由だが、それを実現するのにどのくらいの手間と暇と丁寧さでやっていくかという、実現可能性を見ないと意味がない」と指摘。地元の同意を得ずに、日米両政府が辺野古移設を共同声明に盛り込んだことに、改めて不快感を表明した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相退陣までのてん末~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~

<子ども手当>「理解してもらえる」満額見送りに首相(毎日新聞)
ゲームプラットフォームの未来、「セルフィちゃんねる」の挑戦(Business Media 誠)
民主副幹事長、小沢氏側近の青木愛氏ら退任(読売新聞)
「私のしごと館」を研究施設に 国際戦略特区で京都府(産経新聞)
引っとらえびせん、どうぞ=振り込め電話「お菓子いぞ」―警視庁(時事通信)
AD