ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

イラストレーターの村上トモミさんが2年ぶりにスタジオに!

 

 

現在、雑貨と喫茶ネイロ堂にて「こけし喫茶」開催中です。

 

イラストや雑貨も含めて約90点の作品を展示しています!

 

 

去年の春に新見市に移ったトモミさん。

新見は食べ物がおいしくて、季節をダイレクトに感じられる場所です、とのこと。

 

「今日あそこにいかなくちゃ!」がないのでお家にこもって制作に没頭しているそうです。

 

会場にきたお客様から「こけしとそっくり!」と言われているのだとか!

村上トモミさん、また来てね(^ω^)

 

雑貨と喫茶ネイロ堂

AD

テーマ:

今日の9時台後半は倉敷芸術科学大学 美術工芸学科4回生 尾上真由さんと・・・
 
 
屏風作家 梅田剛嗣さんにお越しいただきました。
梅田さんからの「紙のお話し」は和紙づくりのシーズンについて
 
画家 森山知己の紹介で梅田さんのところに紙を買いに来たという尾上真由さんは倉敷芸術科学大学2016年度芸術学部卒業制作展で「加計勉優秀賞・買い上げ賞」を受賞。
 
作品「夜の月」は絵の具をご自分で精製した力作です。
月の部分は和紙で表現。実際に作品を見ると波のところが立体的になっているそうですよ!
 
4月からは岡山大学大学院へ進学。
若手の日本画家として羽ばたいてほしいですね!
AD

テーマ:
 
今月のこうゆうさんのコーナーでは、先週のバレンタイン占いで届いたリスナーからのメッセージにお付き合いいただきました。
 
RN「今日も聞いてます」さんからの質問
「夫に手作りチョコを毎年あげているのですが今年は新しいものをつくろうと思います。森田さん何かいいアイディアはありますか?」
 
こ:私、基本的にチョコレートが食べられないんですよ・・・甘酒関係のスイーツが旬だと聞きまして、お寺のお接待でも甘酒のラテやクッキーを配ってるっていうのを聞きまして。手作りで甘酒ものを調べたらいかがですか?発酵モノがいいじゃないですか・・・夫婦ですごいねぇ、うちらはだって、みんなバレンタイン言うけど、2月14日はお釈迦さまが涅槃に入った日で、亡くなった日ね、だから2月14~15日なんで高野山は一睡もせずにお釈迦様の遺徳をしのぶ法要があって、みんなふにゃふにゃになってる(苦笑。
 
RN「だめよ~ダメダメ」さんからの質問
私はチョコを買います。だって手作りで一度つくったら夫に捨てられたんですよ。ショックで今はもう購入しています。森田さんは作る派ですか購入はですか?
 
森:だから、渡す相手がおらんっちゅーねん
 
こ:夫婦って大事ですよ。お世辞でおいしいなんて言ったら一生食べなきゃいけないわけですから。我々修業が長いから自炊ができるからお膳の上げ下げ、ご飯のよそい方、煮炊きも細かいです(苦笑。
 
 
先週は、星供養の祈祷に入っていたこうゆうさん。
星つながりで「オデッセイ」を鑑賞してドハマりしたそうですよ。
本来は宇宙物は苦手なんだとか。
 
(^ω^)今月のメモ(^ω^)
 
「節分の豆まきは「魔を滅する」で「まめ」だから豆は煎ってから投げたほうがよい」
「音楽という言葉の語源は仏教用語らしい」
「お釈迦さまは3000人の前で話したら3000人分の誤解が生じるって言ったらしい」
 
 
来月のテーマは「戒律」!
 
天野こうゆうさん、ご出演の後は名古屋へ行かれました。
 
 
AD

テーマ:

 

高蔵寺の天野こうゆう住職に聞いてほしい話し、人生の迷い、会社、学校での人間関係のお悩みなどがあれば

 

メール fresh@fm-okayama.co.jp

FAX 086-227-2000

P C  コチラ

スマホ コチラ

 

件名に「こうゆうさんへ相談」とご記入の上、

ラジオネーム、年齢、ご職業、質問内容を書いて送ってくださいね。

 

2/9(木)午前9時まで受け付けています!

 
 

テーマ:
久しぶりに円山ステッチを訪ねてみました。
 
明子さんの庭には・・・
足元をよく見ると春待つ息吹が・・・
 
フェンネルや
 
カラスノエンドウ、ミント、ニゲラ
 
ボリジはロゼット状に葉を広げていました!
 
前回、スタジオでお話ししていたイノちゃんのお肉は
2か月たっておいしい生ハムになっていました!
 
これでも二回り縮んだそうです。
水分が出るのでクッキングシートを巻き替えて冷蔵庫で熟成。
食べきれないから保存食にしよう!という発想で、丁寧に下処理と下ごしらえをして出来上がりました。
 
赤身の部分はお肉の繊維がしっかりしているまろやかな塩味(^ω^)
イノシシと言われないとわからないくらい、おいしい生ハムに仕上がっていました!
 
明子さん、2月の「暮らしのおはなし」は、「白いエプロン」
エプロンが大好きな明子さんにとって、白いエプロンは「身につけるものとして特別なモノ」。
”あぁ素敵だなぁ”と思える白いエプロンを身につけているそうです。
「丁寧に作業してたらけっこう汚れないものなんです。せっかく農家の方がつくってくださったお野菜を丁寧に料理して、私は全部は作れないので大事にいただきたいな、と思っています」
 
白いエプロンを身につけることは明子さんにとって「覚悟」のようなもの。
新しい年が始まって、こうありたいなという気持ち、どういうふうに自分が生きていきたいか・・・その気持ちの表れなのだとか。
赤磐市のレース刺繍工場でつくられた総レースのエプロン。
 
香川の織物に岡山産タオル地レースのポケットを付けた手づくりエプロンです。
花びらの部分が浮いていて立体的になっているんです!
 
佐野明子さんが代表を務める円山生活の会では恒例の円山マルシェを2月21日(火)に開催されます。詳しくは佐野明子さんのブログでチェックしてくださいね!

テーマ:
星詠み人 對馬有輝子さんの3週目は
12星座別女子にお届けするバレンタイン対策2017でした。
 
運勢を鑑定するときと恋愛系を鑑定するときは参考にする星も変わって来るんですよ。
今回もすっごく細かく占断していくださいました。
 
 

對馬さんは輝(テル)先生としてコチラのサイトで鑑定を受け付けています。

興味のある方はどうぞ!

 

◆Cielo 輝先生の紹介ページ


テーマ:
まにわ鴨の鍋で盛り上がった1月。
 
 
 
今月は「イケてるローカル」というテーマで
代表取締役 辻総一郎さんをスタジオにお招きしました。
 
酒の仕込みシーズン真っ盛りのこの時期。
大吟醸を仕込んでいる職人さんはピリピリしているのだそうです。
 
 
さて、「イケてるローカル」ですが、
田舎だから何も無い、人がいないからできない、と言い訳せずに本当に何が大切なのかを分かっている人を「イケてるローカル」と久保さんは定義づけていて今年流行らせたいそうです。
 
辻総一郎さんは、28年前にお父さまがつくった酒蔵レストラン西蔵をリニューアルさせて2月7日にオープンさせます。
 
「先々代はもともと酒の資料館にしようとしていたのを、先代が”そんな時代遅れな・・・”とレストランにしたい、と。先々代と衝突もあったみたいで・・・」
 
 
そのレストラン西蔵を、地域の暮らしや文化、情報の発信場所としてリニューアル。
 
コンセプトは「日本酒のある暮らし」
日本酒はつい構えてしまう、という方もいる中で”日本酒を日本の発酵文化の一つとして感じてほしい”、”どんな人でも気軽に来てほしい”という総一郎さんやスタッフの気持ちが勝山から生まれる文化と暮らしを伝える場所になるそうです。
 
1階はショップ。2階はお食事スペースです。
 
 
28年前、酒蔵をレストランにした先代は、今ではリノベーションを「修景」と言っていたそうです。先代と同世代の暖簾作家・加納容子さんたちが尽力した勝山の町づくり。子どもの世代で再び盛り上げようと動いています。2月7日のリニューアルオープンには勝山の未来を担う次世代の思いが詰まっています。
 
 

テーマ:
前菜です
メカブ、スナップエンドウ、アボカド、ハマチの炙り(七味塩)
 
明太ポテト
 
まにわ鴨鍋の薬味は青山椒、柚
 
 
お鍋の野菜は、白菜、シイタケ、ゴボウ、れんこん、マイタケ、シラタキも途中でin!
ゴボウの風味がしっかり出ていて鴨肉と合います!
 
アクがある根菜類と鴨肉を一緒にたくのがポイント。
レンコン、ゴボウは大きめに切ると食べ応えも出ます。
 
鴨団子を先に入れて煮るので、団子からしっかりお出汁が出ます。
鍋つゆは、濃いしっかり目です。醤油、味醂、酒で鰹を強め、”かえし”くらいのイメージです。
 
 
これが、久保さんがチキンショップまつおかで業者のように購入した”まにわ鴨”。
スライスではなく、そぎ切りなのでプリップリの鴨肉を味わえます!

テーマ:
 
易学と西洋占星術を駆使して鑑定を行っている
画家の對馬有輝子さん、またの名を輝先生
 
先週に引き続き、今週もフレモニ木曜リスナーのための特別占断。
「12星座別2017年の運勢」の後半、6星座の方へのメッセージでした。
 
2017年が”結婚の年になりそう”とみていた對馬先生ですが、
森田恵子さんの周囲で年明けから既に2組が御入籍・・(((( ;゚д゚))) しゅ、しゅごい
 
来週は12星座別女子にお届けする、2017年バレンタイン攻略法
お楽しみに(・ω<)
 
 

對馬さんは輝(テル)先生としてコチラのサイトで鑑定を受け付けています。

興味のある方はどうぞ!

 

◆Cielo 輝先生の紹介ページ

 

テーマ:
 
 
今週は屏風作家 梅田剛嗣さん登場。
前半は「イマドキ懐紙」のご紹介。
お茶席の必需品のように思われがちですが、要との幅が広い「懐紙」
スタイリッシュな柄や可愛い柄の懐紙もでていて使い勝手もよいものです。
 
 
そして、梅田さんのお友達は矢掛町からお越しいただいた
磨研土器作家 植木智子さん。
 
梅田さん曰はく「ゆるキャラ」だそうです。
 
窯を持っていなかったことから磨研土器作家の道を選んだ植木さん。
磨研土器という言葉は珍しいかもしれませんが実は紀元前から存在する製法です。
 
 
 
表面のツヤは石で磨いてツルッツルにしているそうですよ。
 
「磨きながら寝てしまうことも・・・」
 
お話しのトーンもユルゆるの植木さん、またお越しくださいね!

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。