ひよこ亭の人形部屋

DDやキャストドールを中心とした、ほのぼの育児系お人形ブログ。


テーマ:
お友達ご一家に招かれて、長女・はーたん(平成一八年生まれ)と、次女・ジョゼちゃん(平成二一年生まれ)がカラオケに行ってきた。
 
長女・はーたんに「何を歌ってきたの?」と訊くと、
「ジョゼと一緒に『神田川』と『仮面舞踏会』歌った!」
 
昭和の子か
 
はーたん、続けて
「あとピンクレディーの『パクチー警部』も歌ってきた!!」
 
ペッパーとパクチーって、同じ香辛料・ハーブ系だけどかなり違うよね
カメムシみたいな臭いの刑事さんから「もしもし君たち帰りなさい」と言われたら嫌だなあ。
 
でも昭和の音楽って、やっぱり豊かさがあったよね。
今夜あたり、CDラックで棚ざらしになっているオフコースとか沢田研二あたりを聴き直してみようか。
 
 
(おまけ)
元ヤン・美唯音(びいね)に好きな音楽を聴いてみた。
 
 
美唯音「♪パラリラリラリラリラー」(訳:『ゴッドファーザー 愛のテーマ』に決まってるわ)
 
AD
コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今さらなのだが私、「ひよこ亭」を名乗ってブログを書いている。
一方、奥様は「ぴよちゃん」の名前でブログを書いていた。
 
そんな両親から生まれた長女・はーたん(春から小五)が嘆いている。
「はーたんってさあ、ひよこ分は足りてるんだけど、
ウズラ分が足りてないんだよね」
 
塩分とか糖分みたいなニュアンスで、ウズラ分という謎成分の不足を訴える、はーたん。
要は、可愛いウズラを飼ってみたい、という要求だった。
 
さっそく調べてみたのだけど、ウズラの飼育ってかなり大変らしい。
意外と大きなケージが必要になるし、早朝五時くらいに大きな声で鳴き出すから、我が家のような集合住宅ではとても無理だ。
「ウズラ分が足りない」とゴネ続ける、はーたんには我慢してもらおう。
 
そんなある日、お友達のユミカちゃんがハムスターを飼い始めた、というニュースが。
さっそく、ユミカちゃんの家でハムスターを見せてもらった、はーたん。
帰ってくるなり、
「やっぱ、はーたんにはハムスター分が足りてない気がする」
 
ウズラ分どこいった
きちんと生き物を飼う覚悟が出来るまで、ウズラもハムスターも当分おあずけにしておくつもりである。
 
(おまけ)
オカルト少女・竹美(19番ヘッド)、怪しい実験を開始したもよう。
 
 
竹美「ペットがダメならホムンクルスを作ればいいタケ」
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

夫婦で最後に映画を観に行ったのは十年以上前、『七人のマッハ!!!!!!!』であった。

ハラハラドキドキの痛快アクションを堪能した私であったが、奥様は不満顔。

「泣けるラブロマンス以外は映画じゃねえがや」だと。

好みの違いと言うより、映画に対する男脳・女脳の差なのだろう。

 

このたび、久々に夫婦で観に行った映画こそ『君の名は。』

さすがにいまだ未見なのはまずい、となかば危機感に背中を押されたのである。

 

泣いた。

『前前前世』が流れた瞬間からガチ泣き。

後はエンドロールまで泣きっぱなしだった。

 

観終わって、タオルを目に押し当てながら「いやあ泣けたねえ」と横を向くと、奥様ケロリとした顔をしておられる。

 

奥様曰く「ハラハラドキドキの展開で面白かったがや。名駅(名古屋駅のこと)や特急ひだが出てきたのも良かったがね」

えっ、そういう感想!? 泣けないの? なんで爽快感しかないの? なんで電車とかディテールに目が行ってるの?

 

『君の名は。』がいかにせつなく泣ける傑作だったかについて力説する私を、奥様は軽く笑い飛ばした。

「泣けるラブロマンスとか、そういうの別にいいがや」

 

奥様も私も、十年前と言い分が正反対になっている。

長く連れ添っていると、夫婦の人格が入れ替わるようになるのだろうか?

 

 

(おまけ)

ひとは(DDアオイ)と、千代子(SDちよ)の人格が入れ替わったとしたら…。

 

 

千代子(身体はひとは)「DDボディってこんなに軽いんですね。ゴムが入ってないって新鮮ですよ」

ひとは(身体は千代子)「S胸から抜け出したと思ったら、SD少女ボディだったわー。グラマーになりたかったわー」

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

わざわざドメインを取得して、

 

「樋口一葉ゆかりの地ガイド」というミニサイトを作りはじめてみた。

 

 

アメブロなどブログサービスは、いつ消えてしまうか分からない心配があるけれど、こうして有料のドメインにしておけば安心だ(更新料払わなきゃいけないが)。

 

ミニサイトを立ち上げたのは他でもない、人生の折り返し地点をとうに過ぎて、何かしら世の中に残しておきたいと思うようになったからである。

どうせ残すなら、少しでも人様のお役に立てるものが良い。

そこで、樋口一葉の「聖地巡礼」をしてみたい方に向け、ガイドを作ることにしたのだ。

 

かういう私もまだ行けてない場所がたくさんある。

機会を見つけて少しずつ訪ね歩き、充実させていきたい。

 

SEO対策でいたずらに文字数を稼ぐような真似はせず、簡潔な表現をこころがけた。

転載については必ず許可を得るようにしている。

おおげさに言えばライフワークなのだから、丁寧に作っていくつもりだ。

 

丁寧に、なんて書いてみたが、ミニサイト作りを始めてから自分のガサツさに呆れている。とにかく抜けが多いのだ。

「法真寺」の記事をアップしたところで、ふと気づく。

肝心の本堂を撮ってない

 

他にも撮り忘れ、チェックし忘れ、書き漏らしが山ほどあるので、完成は当分先になりそうだ。

奥様からは「ミニサイト界のサグラダファミリア」と揶揄されている…。

 

 

ひとは「あたしは手伝わないからー」

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

年が明けてはや半月。一年の二四分の一をもう無為に過ごしてしまった、我が家の出来事をまとめてみよう。

 

その一…シュークリームス

私、シュークリームの皮は絶対にしっとり派である。特にコージーコーナーは至高だと考えている。

だが、奥様と子供達は皮サクサク派。なので、お土産に買わされるのはいつもビアードパパのシュークリームなのだ…。

 

その晩もビアードパパの袋をぶら下げて帰宅した私を出迎えた次女・ジョゼちゃん(七歳)。

「やったー、ビリヤードパパだ!」

ハスラーかな

 

 

その二…ストップ・イン・ザ・ネーム・オブ・ブック

 

次女・ジョゼちゃんに『小公女セーラ』の本を買ってあげた。

お正月に遊びに来ていた義弟に、さっそく自慢するジョゼちゃん。

 

「おとうちゃんに、じょしこうせいセーラー買ってもらった!」

ブルセラかな

 

 

その三…恋はおくれず

 

流行りモノが遅れてやってくる我が家、今頃になってジョゼちゃんは「恋ダンス」に夢中である。

「恋ダンスするから見てて!」と言って、踊り始めたのはいいのだが、

歌っていたのは「♪君の前前前世から~」だった…

 

 

(おまけ)

マスクを外してオシャレさせれば、千代子(SDちよ)だってイケてるんです。

 

 

千代子「ゲフッ、『ドリームガール』って感じに見えますか? ゲフゲフッ」

コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。