春はすぐそこまで。

テーマ:
070326_1539~0001-0001.jpg
久々の蝶加です。
おとつい、散歩してたらもう咲いている桜あがあったのでパシャリ\(*^∀^*)/
もう春もすぐそこまで来てますね━
足音がうるさいくらいだよ 笑

春がそこまできてるということは蝶加も引っ越しの準備をしなくてはいけないわけで…(●'д゜`ノ)ノ
取りあえず、親に見つかったらヤヴァイご本達を紙袋につめて友達にあげてかました!!
そりゃもう満面の笑みで

「あげる(b^∀゜*)」

といって逃げてきました。(まじ)

ちなみに中にはアンソロとかアンソロとかアンソロとかエロ本とか…

引っ越しの準備に追われて大変です!!

蝶加は明日、無事に引っ越すことができるのか…!?

引っ越しフルスロットル!!!!!笑
AD

最近、めっきりご無沙汰で、メイクさえすれば以外とポンパドールが似合うことに気が付いた蝶加です。笑


書きたいコトたくさんあるんですが、いかんせん時間がぁー。

時間がぁ。(2回目)

ごめんなさい。

あたしの時間配分ミスでまじでまったく時間がありませぬ。

ホント、あたしってば、おケツに火が付いてからじゃないとダメなタイプです。

まじどうしようもないダメ人間だわさ。

ってなわけで、もうしばらく更新なしが続きそうな予感ですー;;;


足が弱っているところでさらにオープンゥの靴を履いてしまって、足が使い物にならなくなってしまいそうな蝶加でした。(まじ)

AD

不毛な戦い。


ぶっはぁぁぁああぁぁぁぁああぁぁぁあ。(´д`lll) !!!!!!!!!!!!



摂り合えず、驚きを隠しきれません。

なぜかって??

詳しくはココ をクリック。



そうきたかぁー。

そうきちまったかぁー。

あーそうかぁー。

そうなんだぁ…。

まぁ、前々から単行本丸々1冊くらいあなたの話だろうとは予想していたけれどもぉー。

でも、蝶加としては…ね!!

まぁ、前巻にいたので文句は言えませんが。


それはそうと、発売日が昨日にもかかわらず蝶加さんまだGETできてません涙

だって…



田舎なんだもの!!!



本屋さんが置いてくれないんだもの!!!



発売日には店頭に並びません。

でもなぜかワンピースだけは発売日に置いてあります。

しかも、本屋さんは蝶加と因縁のある本屋ときたもんだ。【詳細

明日にはちゃんとお店に並んでるといいんだけどねぇー。

AD

ケロロ軍曹が読みたいです。

ギロロの男気にキュンキュンきてます。

クルルのたまに見せる男気にキュンキュンきてます。(映画のジャイアンみたいな)


すっげぇ、ケロロが読みたい!!


あと、ケロロの映画も観たい!!

でも見になんか絶対行かない!!

だって、堂々とアニメ映画見に行くことなんてできないもの!!(ジブリは例外)

チキンだもの!!



FROGMANの本が欲しい。

FROGMANの劇場版がどうしても見たい!!

絶対に見に行きたい!!

大阪の見に行こうかなぁ~



たぁ~かぁ~のぉ~つぅ~めぇ~(´∀`)



引越しの準備をしないといけないのですが、蝶加の荷物で一番ウエイトをとるであろう、マンガの選別ができませぬ…むんく

絶対に持っていくと決めているのは蝶加が神と崇めるジョージ朝倉・安野モヨコ作品。あと、トッキューは必須だし、ブラックジャックもだし、銀魂、カネコアツシ、羽央作品、DMC、大奥、きせかえユカちゃん、オトメン、ガラス通り診療所、HIGH SCORE、絶望先生etcetcetc…



決まんねぇ…!!!!!!!!!!!!



っていうか向こうにもすでに蝶加所蔵だけでも200以上はマンガあるんだよね!!

蝶加の以外のも合わせたらヤバイです。

小さい本屋さんのマンガコーナー並の規模の本があるよ。たぶん。

そこにさらにマンガを足すとなるとなぁ…

だいたい、X00冊(正しい数がわかんない)の中から選ぶこと自体大変だってのな。







ホント、このブログで一番アクセス数が多いんだよ。

イタキス関連;;

なのに、蝶加さぼってばっかで心ぐるしく思えたりするんです…悔し泣き

ってなワケで21話のメモを無くしてしまったので、22話&23話なんですが…


レビューにも感想にも程遠いような蝶加の【イタズラなKiss~惡作劇之吻~】感想始まり始まりぃ(*゜▽゜ノノ゛☆


まず、22話


入江君が親にだまって医学部に編入したり、琴子のパパに呼び出されて一緒に入江パパについて話してお酒のんだり、琴子が入江君の誕生日のために一生懸命ドールハウスを作ったり…っていう話で、今回の話の重要部分は入江くんが少しづづ琴子に心を開いてきてきているってとこらしいです。


例に漏れず、思ったとことやつっこみどころを箇条書き…


・台湾にバレンタインの習慣はないのか?

原作では琴子がバレンタインに入江くんのマンションに行くけれども、いなくて待ちぼうけくらったあげくに、チョコを置いて帰るのに、何故かドラマはドールハウスっ!!!!!!!!!!!

・台湾ではドールハウスがベタな贈り物なのか??

・誕生日にドールハウスって…

・料理があれだけヘタな琴子がうまくドールハウスを作れていたのが以外です。

・相も変わらず、妄想上の入江君はニコニコし過ぎでキモいです。

・ドラマの入江君は原作よりもコミカルだ。

・ドラマの祐樹は原作よりもとても子どもっぽい。

・我らのクールハンサム入江君は絶対にヌードルの音をいかにズルズル音を出して食べるかなんて競ったりはしない!!!!!!


ドールハウスが気になり過ぎて4回も書いてしまった…;;;



続いて23話



23話はテニス部の仮想パーティーに入江君が参加したら、松本(姉)に告られて、金ちゃんが琴子をお店に呼んで初めてのお料理を琴子に出し…っていう琴子と入江くん以外の恋模様がたくさんある回でした。


続いてツッコミ。


・入江君がほとんど出ない。

・須藤先輩は原作より姑息です。

・仮想パーティーでお化けメイクをしているほうがいつもより琴子のことを可愛く思えた。

・丸ちゃん(ドラマオリジナルキャラ)って金ちゃんが好きなのか??

・久々に金ちゃんを見た。

・丸ちゃんが金ちゃんを好きとかみとめません!!

・だって、金ちゃんにはクリスがぁぁぁぁ;;;



って感じ。

23話は他の回に比べて、話の進みがとても悪く、琴子と入江くんの中がまったく進展しないので、ちょっぴり物足りませんでした。

次回予告ではあの謎のアップルがぁぁぁぁぁ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

どうなる次回???


今後の展開で一番楽しみなのは雨の中のプロポーズなんですが、最近オリジナル要素が満載になってきているのではたしてどうなるやら…


やほー で、「小/学/生/の/お/っ/ぱ/い」を / 無しのひらがな検索かけたら…




真っ先にこのブログが出てきます。




すっごい悲しい現実だよー。

だいたい、いつからうちのブログはエロになったんだ??

基本、蝶加という人間は下品だよ。

でも、そんなに毎日毎日エロいことばっか書いてネットの海に垂れ流したりしているわけではないはずなのだよ。

蝶加もさ、エロワード検索よけを心がけて、平仮名で表記したらこれだよ。

いっそ前文カタカナにしましょうか??笑

「スーパードクターK」という漫画がすごく面白いです。


主人公が医者のくせにマントです。
マントの下は常にノースリーブです。
春夏秋冬そのかっこです。
何故か主人公だけ名前がローマ字表記です。


おそらく、とても真剣なオペシーンとかシリアスなシーンもそんないでたちからか、笑えてしょうがない時があります。
そんな感覚はテニプリで当人同士は至って真剣に試合をしているだろうシーンを見て吹き出してしまうのに類似しているんだ。


テニプリをギャグとして好きな人は読んでみたらどうだろう????
きっと楽しめるハズなんだ(*+O∀O*)

2日程前に書いたどぅー人作家さんの記事についてのアクセス数が半端ないです。

うちのブログの検索数トップだったイタキス関連をも抜く勢いであります。


このアクセスの多さで、オフ友とかにブログの存在がバレたら怖いナー。(;°皿°)マジで。

もし見つけたさいには、蝶加にやんわりとブログの存在を聞いてみてやってくださいΣ\( ̄ー ̄;)


最近知り合いになったヲタクさんのお友達もアメブロガーなんですって。

今日、見せられました。はい。

そんなブログサーバー繋がりでこのブログの存在がばれたら怖いね;;

ま、ばれないように神頼みでもしておきましょう。笑




めっちゃ、久々に書いてた文章全消ししてしまいました;;;;;

書き直すハメになちゃったよ;;;;;



いや、ちょっと聞いてもらえます?



蝶加の主張を…!!!!!



今日ね、古本屋さんに行ってきたんですよ。

今日行った古本屋さんは、地元では同人誌取り扱い№1なんですよね。

そこの同人誌&BLコーナーは売り場の一番奥まったところに、大判コミックス&プレミアコミックスと並立して並べてあるのですよ。


蝶加はプレミアコミックスを物色すべく、奥まった売り場コーナーに行ったのですよ。






そ し た ら ね …






少年三人組(推定:小学生高学年~中1)版権物のアンソロジーを見ていたのさ!!!!!!!!!!!!





少年A「何コレ?何?」


少年B「意味わかんねぇって!ヤバイって!!」


少年C「…(傍観)」



…そしてそれを大判コミックスの棚の影から見つめる蝶加 笑



ちなにみ、少年達は10分近くそれを眺めていた…。

ホント、あれは青少年の育成に悪影響だと蝶加は思いますのですよ。

ダメでしょ?

ってか何で君たちみてるのよ!?

ナップサック(家庭科で手作り)を背負ってでかけちゃうようなお子様はそのコーナーに足を踏み入れてはだめなのよ!!


少年達をみて、すっげぇ言い表せないインパクトを受けました。



ちなみに、そこで推定:小学校中学年と思しき少女がBLを読んでいたときもすっごいショックでした。

あぁいう、コーナーは15禁ぐらいにしてはどうだろう?(BLしかり、アンソロしかり…)

蝶加からの提案でした。