Uno,Dos,Tres ~サッカー Intelligence from スペインバルセロナ~

2008年からスペインでサッカー指導者をしています。スペイン3部リーグに所属するU.E コルネジャのユースB第2監督。
PreSoccerTeam Co-founder: グローバルなサッカー指導者の育成事業も行っています。

世界最高の指導者留学
PreSoccerTeam(プレサッカーチーム)
無料留学相談受付中!!
  ホームページはこちら

バルセロナでサッカーのコーチライセンスの取得・スペイン語の習得を同時に行える留学プログラム。
海外でのサッカーのコーチング留学を考えているなら今がチャンス!
日本の『スペイン留学代行センター』にて無料留学カウンセラーを利用し安心して留学プランを立てられます!留学前のビザの手続きのサポートも無料です。
お問い合わせ先 ktsuboi@presoccerteam.com   

テーマ:

こんにちは。

 

前回は福岡滞在の時に感じたグラウンドの問題の思いを書きましたが、今回は同じく福岡でのお話です。12月8日から11日まで滞在していたのですが、大きな目的の一つとしてはプレサッカーチーム福岡のイベントの開催がありました。

 

12月11日に福岡の天神で行われた「スペイン・バルセロナのコーチが行なっている4つの練習方法」と題して開催された講習会には30名を超える方々からお申し込みをいただき、初回のイベントとしては大盛況だったように思います。

 

【動画リンク】

こちらのリンク先から講習会の様子の動画をご覧いただけます。

https://www.facebook.com/PreSoccerTeam/videos/1034949609948898/

 

 

講師の黒沼がスペインで学んできたこと、そして日西の経験を踏まえた実用的なメソッド論を講義してくれて、参加者の方々からも多くの質問を投げかけていただき、お陰様で相互の情報交換による画期的な会になったと私は感じました。

 

 

image

(実際にレアッシ福岡FCでも行なってるトレーニングメニューを紹介した講師の黒沼氏。彼はレアッシ福岡FCではU15のコーチ、クラブのメソッド部門のコーディネーターを兼任している)


 

やってみて思ったことは、学びたいと思っている人はたくさんいるということ。

 

そして、地方に行けば行くほどその思いに応えられる環境はまだまだ足りていない、ということです。

 

近年では、ネットの進化によって海外の情報がたくさん手に入るようになっていますし、スペインだけではなく多くの外国人の指導者が日本でもクリニックなどのイベント行なっています。

 

私は常々思っていますが、まだまだ日本のサッカーの指導理論はブラッシュアップしていかなければなりませんし、特にヨーロッパのサッカーの進化とそれが現場(特に育成に)に落とし込まれるスピード感は日本の何倍も速いのでそれに置いていかれないようにしなければいけないと危機感を感じています。

 

私自身も単発で各地で講習会をやらせてもらっていますが、どうしてもそれでは伝える量に限界があります。

 

スペインでは指導者ライセンスを取得する時には一つのライセンス、例えばレベル1(日本のB級レベル)を取得しようと思ったら300時間を超える授業を受けなければなりません。

 

学問として成り立っていますので科目はテクニック・戦術・フィジカル・心理学・メソッド・チームマネジメントなど、というように体系化されています。

 

私も2010年に平日に毎日4時間の授業を約1年間受講してレベル1と2を取得しました。その量は結構きつかったですが、「学んでるな〜」という感覚はいつもありましたね。

 

ちなみに昨年受講した日本サッカー協会のB級ライセンスでは1週間の合宿が2回でしたから時間数でいうと100時間には満たないボリュームです(プラスオンラインでの受講もありました)。

 

私が約2時間で行なっている講義はこの300時間のうちの2時間でしかなく「たった一部分」であることは数字からすぐにわかることだと思います。

 

 

 

 

 

 

日本にヨーロッパのようなサッカー指導者学校を

 

この度、福岡でスタートするPSTアカデミー福岡は継続的に授業を受けられる環境を作ることで日本でスペインのような「学術的」な指導者の理論を学ぶことができるようになるでしょう。

 

それも、バルセロナでライセンス取得をして現地で長期で学んだ日本人の講師から日本語で学ぶことができますから、日本人独特の感覚や質問もちゃんと理解してコミュニケーションを取ることができより深い学びを得ることができます。

 

 サッカーとはどのようなスポーツなのか?

 

 サッカーにおけるテクニック・戦術の要素は何かあるのか?

 

 練習におけるオーガナイズをするにあたって気をつけるべきことは?

 

 チームを率いるにあたって選手とどう向き合うか?親との関わり方は?

 

 プレーモデルとは何か?

 

 ポジション別に求められるテクニック要素の違いは?

 

 トレーニングメニューはどうやって管理する?

 

 

これらのような知識を学び指導者として成長、アカデミーに集まる仲間との出会い、ディスカッションをして違うサッカー感を認めあう、など様々な化学反応が起きることは間違いありません。

 

この講習会の後に行われた懇親会では九州のサッカー環境の事情も色々と聞かせていただきましたし、嬉しいことに九州の他の県の方からも「うちの県でもこのような講習会を開催して欲しい」とお言葉をいただきました。

 

まずはできることを、ということで年が明けたら第2回の講習会を福岡で開催することをPST福岡のスタッフと打ち合わせしています。

 

2017年は本格的にプレサッカーチーム福岡支部として、日本の指導者が学べる場所を作っていきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん明けましておめでとうございます。2017年に入りましたね。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

ここ最近は本当に時間が過ぎるのが早く(特に9月にシーズンが始まるヨーロッパの生活リズムだと余計にそれを感じます)、ついこの前に2016年の新年を迎えたばかりのように思います。今年のスタートは私はバルセロナで過ごしました。友人の家にお邪魔して、カウントダウンの花火を見て2017年がスタートしました。

 

私にとっての昨年はというと、これまで進めてきたことが少しづつ形になってきながらも新しいステップに進むための我慢やジレンマもあるというような混沌とした一年でした。今日は2016年の振り返りを踏まえて2017年の志を綴らせていただこうと思います。

 

 

◆コルネジャユースB

所属するコルネジャユースBの2015-2016シーズンはリーグ戦は優勝争いをして最後は3位。コパカタルーニャは準優勝でクラブ歴代の記録を作るような素晴らしいシーズンを送ることができ、自分自身の指導者として良い経験をさせてもらえました。その過程ではFCバルセロナにも勝利、RCDエスパニョールにも勝利してプロクラブに勝利することの経験を得られたことは大きかったです。これまで8年スペインに住んで指導者として活動していますが、プロクラブに勝利するという壁は非常に高く、それを実現できたことはとても貴重な経験でした。

 

2016-17シーズンは現在リーグ戦首位という結果で、勝ち点数でも現在40ポイント(13勝2敗1分け)で昨年よりも上をいっています。このままのリズムで進み何らかのタイトルが取れたらと思っています。今シーズンは昨シーズンよりもスタッフが増えて任せる部分が多くなっていますので、自分の仕事により集中してチームに貢献していきたいと思っています。特に選手のパフォーマンスを引き出すことも勿論ですが、スタッフがどう機能するか?という部分を勉強するには良い経験を得させてもらっています。人数が少ない時は「自分の仕事が」についてフォーカスして考えていましたがそこから脱皮し、自分と他者との関係性についてチームの中の化学変化という部分などの「目に見えない部分」「全体の機能」の重要性を理解できるようになったのはステップアップした部分だと感じています。

 

 

◆プレサッカーチーム(PreSoccerTeam)

①PSTアカデミー

私が運営するプレサッカーチームも2016年6月には3期生の7名が無事にプログラムを終えて卒業し、ライセンスを取得して未来の指導者としてのキャリアをスタートさせてくれました。と同時に9月には4期生の6名がコーチングスクールをスタート、5期生も5名がバルセロナに到着しています。こうやって見るとPSTアカデミーの活動もかなり進展してきてくれて、こちらの事業も順調に進み、毎年一定数の海外経験を積んだサッカー指導者を輩出できるような流れができてきました。

 

3期生は卒業後にバルセロナに残って指導者をやっている者が2名、5名は日本に帰国(FCバルセロナスクール通訳兼コーチ、地元に戻って指導者など)してサッカー指導者やスペイン語を有効活用してのキャリアをスタートしてくれています。彼らが今後どの様に活躍していくのかも楽しみであると同時に、私自身がOBが活躍できるような環境を整えていくのも個人的なこれからの課題の一つだと思っています。

 

②パートナークラブとの共同事業(レアッシ福岡FC、HKDスポーツアカデミー)

そして、PSTアカデミーの留学事業の他にスタートしたものとしては昨年はレアッシ福岡FCとの共同プロジェクトの進展もありました。嬉しいことにレアッシのことをメディアでも紹介していただき、これまで世間に知られていなかったレアッシ福岡FCの魅力が発信されるようになってきています。スーパーバイザーとして定期的にスタッフとミーティングを重ねたり、定期的に福岡を訪問する形で関わらせてもらっていますが、今年はクラブスタッフと共に目に見える成果を上げられることが自身としての目標の一つとして私は考えています。

 

そして南のレアッシに続いて昨年は北の北海道にも新しいパートナークラブが誕生し、札幌のHKDスポーツアカデミーとも提携をさせていただきました。都心ではなく地方都市とスペインのバルセロナを繋けて良い化学反応が起きるように仕掛けていきたいと考えています。

 

③プレサッカーチームジャパン福岡支部

福岡にプレサッカーチームの日本支部が立ち上がったことも大きな進展です。起業して5期目に入りますが日本からダイレクトに日本サッカーに影響を与えられる環境ができたのは大きな出来事です。昨年12月には初めて講習会という形でイベントを開催させていただきました。加えて夏には九州の高校チーム向けにサッカークリニックをさせてもらいました。2017年は指導者向けの事業を形にして福岡にコーチングスクールのようなものを目に見える形にしたいというのが、この事業に関しての今の所の目標です。

 

 

◆「サッカー 新しい守備の教科書」の上梓

個人としては自身2冊目の書籍「サッカー 新しい守備の教科書」を上梓させていただいたことは、1冊目に続き多くの方々のお陰で可能になったことで、感謝の念が絶えません。出版社のカンゼン様をはじめ、構成を担当していただいた小澤一郎さん、関わっていただいた全てのみなさんのお力添えがあっての出版でした。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

2016年7月の書籍発売後にはご購入いただいた方々からたくさんのメッセージをいただきました。こうやって日本から遠く離れたスペインにいても皆さんと繋がっていられるということや、応援のメッセージをいただくことができて素晴らしいな、実感しております。中には、「書籍に書かれていたことをチームに落とし込んだら失点が減りました」というような本当に嬉しいお言葉もいただきました。守備の分野が日本サッカーにおける課題点の一つで、その分野に少しでも役に立てる仕事ができたのは2016年の個人的な仕事の中でも大きな出来事の一つでした。2017年も引き続き、ブログなどのSNSをはじめ、雑誌などの媒体でもお世話になるかと思いますが日本の皆さんのためになる情報をお届けできるように努めて参りたいと思います。

 

 

◆愛媛国体プロジェクト

今年は愛媛県で国体が開催されますが、(株)アレナトーレを通じて愛媛県選抜の少年チームの強化プロジェクトに2014年から関わらせていただいています。今年はその集大成の年でこれまでの成果がついに出る時です。これまで毎年の夏には愛媛に伺わせていただきチームの指導、加えて定期的にスタッフの方々とミーティングを行いチームの強化を共に進めてきました。

 

秋に行われる本番でどれだけの成果が出るか楽しみであると共に、これまで存在しなかった形の海外と県サッカー協会のコラボレーションの結果がどのように出るのかがとても楽しみです。残された少ない時間でできることを行い最高の成果が出るように準備を進めたいと思います。

 

 

 

2017年の志としてはこのような感じではありますが、何はともあれ健康な一年を過ごせることが何よりの目標です。体が資本ですからね!

みなさんの2017年が良い一年になることを願いながら新年の挨拶とさせていただきたいと思います。どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

 

坪井健太郎

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は日本滞在記その1をお届けしましたが、今回はその続編を。

 

12月に入り8日から12日までは福岡に滞在していました。目的は、レアッシ福岡の視察と新しくプレサッカーチームジャパン福岡のイベントのためです。レアッシ福岡とは2015年から提携をしていて共同プロジェクトを進めていますが、とにかく山あり谷ありでいろいろとありますがクラブ自体は日々進化している様子が見れていてとても安心しました。

 

滞在中にはU15のリーグの入れ替え戦(負けたら降格)と、U11のリーグの開幕戦を見させてもらいましたが両方とも勝利と選手たちの良いパフォーマンスを見ることができました。U11は開幕戦勝利、U15は残留が決定と良い結果を残してくれました。

 

{1D0862A3-1AE6-4747-A1DE-A14CA8BFA9B0}
(残留を決めたU15)
 
{DC2D7565-0519-4555-8C71-B06E7F42DE56}
(開幕戦白星を飾ったU11)
 

 

クラブのさらなるアップにはまだまだ時間がかかりますし、新たなリソースが必要とされていてその確保までには何個もハードルがあります。しかし、その過程を楽しめるのがレアッシ福岡との共同プロジェクトの醍醐味だと私は考えているので、長い時間楽しめるプロジェクトだと割り切っています。

 

良質なコーチの確保、自前のピッチの獲得、会員数の増員、優秀な選手の獲得と育成とまだまだやることが多いプロジェクトですが、福岡に行くたびに少しずつ前進している様子が見れるのは関わるみんなが一生懸命になって、ビジョンに共感してくれる人がいるお陰だとひしひしと感じています。

 

私たちはビッククラブでもなく、大金を持ってこれるだけの知名度がある人がオーナーであるわけでもない小さな町クラブですから、下からのイノベーションをフットボールの世界に仕掛けてサッカー界を変えて行く志を持って取り組んでいます。まさにスタートアップのベンチャー企業のような思いです。他がやらないことを積極的に行い、共感してくれる人を巻き込んで行く。これを繰り返すのみなのですが、最近はレアッシ福岡というクラブに興味を持ってくれる人が増えてきているようで一緒に働きたいという方も少しずつ現れてくれています。少しずつですが形になってきてくれて嬉しいですね。

 

 

 

 

■未だにサッカーをプレイする適正な環境は浸透していない 

 

さて、そんな福岡滞在の中で少し日本サッカーの現実を目の当たりにさせられました。

それはU11の試合に行った時の試合前の風景です。

 

 

おそらくこの映像は日本の少年サッカーに関わる方々からすると「日常の当たり前」の風景だと思われます。しかし、私にとっては残念な光景に見えてしまったのです。

 

プレーする選手がゴールを自ら運び、試合を指揮する指導者がボコボコの土のグラウンドに朝早くから石灰でラインを引く

 

これはスペインではありえない光景です。選手はプレーするためにピッチに立ち、指導者はチームを率いて戦うために会場に来るのに。。。少なくともプレーへの集中力は削がれます。

 

バルセロナのサッカーコートは全てが人工芝でラインはもともと引かれていますから大人がピッチを作る必要はありません。選手はゴールを運ぶために早く来る必要はなく、プレーするために試合時間に合わせて到着すれば良いのです。

 

 

「スペインはサッカー大国だからそうなのだ」と思う人もいるでしょうが、実は逆です。このような環境を作る努力をしているからサッカー大国なのです。この光景を見たときに私は「いち早く人工芝のサッカーコートを作らなければならない!」と心底思いました。それが選手が適正な環境でサッカーを楽しみ、指導者がサッカーを教えることに集中できるための方法なのですから。

 

ちなみに私が10年前に日本で指導していたときも少年サッカーで見ていた光景はこれと同じものでした。少なくとも10年経っても状況が改善されていないというものいかがなものかなという思いもあります。関東や関西のような首都圏では少しずつ人工芝のピッチが増えてきていますが、福岡には人工芝のピッチはまだまだ少なくもっともっと増えなければなりません。「グラウンドなんて作れるわけない」で終わらせることなく、サッカーに関わる人たちのために動きたい人間が集まって何とか人工芝のグラウンドを一つでも作りたいものです。

 

東京ではアーセナル市川さんが自前のグラウンドを所有して成功しています。関東でできることが地方で出来ないとは完全に言い切れないはずです。日本のサッカー環境が世界基準に追いつくにはピッチの問題は早急に解決しなければならないものだと感じたのでした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。