Uno,Dos,Tres ~サッカー Intelligence from スペインバルセロナ~

2008年からスペインでサッカー指導者をしています。スペイン3部リーグに所属するU.E コルネジャのユースB第2監督。
PreSoccerTeam Co-founder: グローバルなサッカー指導者の育成事業も行っています。

世界最高の指導者留学
PreSoccerTeam(プレサッカーチーム)
無料留学相談受付中!!
  ホームページはこちら

バルセロナでサッカーのコーチライセンスの取得・スペイン語の習得を同時に行える留学プログラム。
海外でのサッカーのコーチング留学を考えているなら今がチャンス!
日本の『スペイン留学代行センター』にて無料留学カウンセラーを利用し安心して留学プランを立てられます!留学前のビザの手続きのサポートも無料です。
お問い合わせ先 ktsuboi@presoccerteam.com   

テーマ:

こんにちは。

昨日は自分のチームのリーグ戦の第27節がアウェイであり、Molletというチームとの対戦でした。

 

僕らの試合は16時キックオフだったのですが、12時からユースのAがバルサユースAとのゲームがあり気になっていたので、グラウンドへ行く途中のバルでYOUTUBE観戦。

 

さすがバルサTVは最近はyoutubeでも試合を配信しているのですね。

 

外へ出てもネット環境が合えば試合を見ることができるなんて何とも言えないサービスの展開!さすがです。

 

ユースAは1−1で引き分けました。

 

昨年一緒に戦った選手たちがバルサのグラウンドでの引き分けは頼もしい結果です。

 

しかも、昨年は1−2で勝利を収めましたので2年連続でアウェーでバルサ相手に負けなし。

 

さらにさらに、今シーズンは何とホームで勝っていますから勝ち越しています。

 

一緒に戦った身としては嬉しい限りです。

 

さて、ユースの一部リーグは優勝がバルサユースAにこの節をもって決定しました。

 

(携帯でYOUTUBEを見ていた時のスクリーンショットです)

 

そんなニュースを聞きながら試合会場へ向かい、降格争いをしているMolletとのゲームは残念ながら0-0で引き分けとなってしまいました。

 

優勝争いをするためには勝ち点3を取り続けてバルサユースBに喰らい付いて行かなければならないところですが、痛い引き分けです。

 

最近のゲームでは1敗2分けと勝ち点3を得ていない状況ですので、何としてでも次節は勝利をしたいものです。

 

と、少し凹んでいたところでバルサも引き分けるというニュースが飛び込んできて「リーグのラスト3分の1は波乱が起きる」ということを実感しています。

 

残り7試合となったリーガナショナルは佳境に入ります。

 

 

ラストスパートの段階に入ってきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

今回はプレサッカーチームの告知です。

毎年、開催させていただいている春の説明会の日程が決まりましたのでお知らせします。

{3720AD6B-9710-4FB3-9EB2-665222332DB9}

(昨年の説明会より)

今回は新コースとして13ヶ月でライセンスを取れるコースがリリースされます!


----------------------------------------------------
2017-18シーズンのPSTアカデミー6期生の募集の説明会開催します。
日程は以下の通りです。

4月15日(土) 大阪
4月16日(日) 東京・渋谷

当日は、プレサッカーチーム代表の坪井が出向き留学プログラムの内容を現アカデミー生の様子や、バルセロナのサッカー事情を交えながらお話させていただきます。

◆説明会にきたら分かること
-カタルーニャのサッカーの理論を学ぶ
-スペインでライセンスを取得
-海外で指導者として勝負する
-スペイン語を使って仕事する
-サッカー指導者としてキャリアアップする

年に限られた回数の説明会です。
人数も定員がございますので、お早めにお申込みください。

◆お申込み方法◆
以下のリンクからお申込みください。

------------------------------------------------
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の土曜日に行われたリーグ戦のダムとの戦いは1−1で引き分けでした。

 

{A408CCFC-720C-4E99-8109-13FCBD9EBAD0}

 

ダムはコルネジャとは言わずと知れたライバルクラブ。

 

今シーズンはコルネジャは2位、ダムは真ん中という順位でその流れからいくとコルネジャが有利な予想ではあるのでしょうが、この2チームの試合はライバル同士という位置付けから非常に緊張感のある拮抗したゲーム展開になることが多いのです。

 

これはユースカテゴリーのみではなく、育成年代の全カテゴリにおいて「コルネジャvsダム」という対戦カードはバルセロナのサッカー関係者の間では注目されるゲームです。

 

試合前のミーティングでも

 

「ダムはこの順位で上位2チームが戦うカタルーニャカップへの進出も可能性が消えている。しかし、コルネジャに対しては一矢報いようとして来るに違いない。今日はそういうカードのゲームなんだ。

それから、このリーガナショナルのカテゴリーは残りの3分の1の試合は勝ち点をあげるの本当に厳しいリーグだ。今節も上位チームが見事に勝ち点を落としている。」

 

選手にもう一度、簡単なゲームではないことを強調して送り出しました。

 

順位が悪いとはいえ、ダムはとても優秀な選手を揃えているので個人の能力はコルネジャよりも上の選手が多いのです。

 

彼らの哲学としては、ボールを保持したいサッカーを展開しシステムは1433でバルサのようなサッカーを目指して来ます。

 

ですから、私たちはこの1週間はプレッシングに関しての準備をメインに進めてきました。

 

1442の中盤をダイヤモンドにして、ダムのCB2枚とボランチをはめ込んでスタートからリズムを作らせないという目的でプレッシングをかけに前に出ていく作戦をとりました。

 

最初の15分はそれがはまりペースを握りましたが、相手はCBの間にボランチを落とし3枚でビルドアップをスタートします。

 

{D1336291-0DCE-4987-89EF-F8D3653BB1E6}

私たちはそれに対しては、2vs3で外へ誘導して中を切ってパスコースを縦に限定してからボールを奪おうとしますが、前線のポジションチェンジのマークの変換をうまく処理できずに前半はかなり苦しみました。

 

ハーフタイムには守備に関する修正を確認し後半に入ったこと、そしてダムがフィジカル的にかなりガクンとパフォーマンスが落ちたことで、そこまで崩れることなくショートカウンターを発生させることができる展開となりました。

 

しかし、最後の最後のゴールが決まらずという展開の中。。。

 

残り5分でCKからゴール!

 

奇跡の追いつきを見せてくれました。

 

今シーズンの私たちのチームはセットプレーに非常に強く、毎試合1点を取るペースが続いています。

 

入念に準備していること、そして点を取り続けることで「自信」がチームについて特にCKは大きな武器になっていると言えるでしょう。

 

やはり準備されたセットプレーは大きな武器になりますね。

 

今回のゲームはセットプレーに救われた、といえるゲームだったと思います。

 

 

次節はRCDエスパニョールとのゲームでこれまた難しいゲームです。

 

しっかりと準備をして臨みます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。