美容・医療ジャーナリスト 海野由利子公式ブログ

美と健康にまつわるさまざまなニュースや注目していること、雑誌に載せきれなかった情報をお伝えします。


テーマ:

紅花の里、山形・白鷹町2日目の早朝。

自称“晴れ女姫”が何人かメンバーにいたせいでしょうか

夜の間降っていた雨も小降りになり、ときどきは降りやむ状態に。ヨカッタ♪

 

だって5:30集合で紅花摘みなのですから!ピンクグラ

 

水蒸気が立ち上る、幻想的な風景。

 

早朝から花を摘むのは、朝露などで花やトゲが軟らかくなるためケガをしにくいから、という理由もあるし、その後の作業をスムーズに進めるため、ということもありそうです。

 

そんなわけで、前夜の食事会でもアルコールは控えめにし、

摘む気満々で紅花畑へハート

 

 

前日撮った紅花。ほら、葉っぱはギザギザ。さらに花の近くの葉? ガクにはトゲトゲが。

天気のいい昼間だと硬くなり、切れ味(?)鋭くなるそうです。

 

 

長靴、日よけの帽子、手を保護する革製の手袋を装着し、雨に備えて雨がっぱを装備。

そして、腰にはかごを結び付けて準備OK!

 

メンバーに掲載許可取ってないのででカバーしてますが、ご許可いただいたら外しますね。

 

紅花生産者で、ここ「紅花(はな)の館」を主宰する今野さん(右)に、紅花摘み体験の平均の収穫量などを聞き、「それを超えるぞー」と意気込むメンバー笑 さて結果は・・・?

 

写真は「やるぞー! おー!」の掛け声でポーズをとったのですが

肘を曲げる人、伸ばす人(私)に分かれますね。

 

・・・なんの差はてなマーク  行動心理学なのか運動機能なのか・・・今になって気になる笑 

 

ひとうねを2人で担当。向かい合ってうねを挟むような体制で、花びらの根元が赤くなっている“摘みどき”の花をどんどん摘んでました。

 

おしゃべりしながらなので、けっこう、いや、かなり楽しいハート パート2

そして、皮手袋のおかげで手の痛みナシ。ただ、雨露をたっぷり吸うので、ときどき手から外して、ぎゅーっと水を絞る作業が必要でした。

 

当然写真が撮れる状態ではないので、写真は主催者側の方からいただきましたはあと010はあと010はあと010

 

この間ずっと、まわりの森からは野鳥のさえずりが。それはそれは美しく、雨上がりの澄んだ空気に響き渡っていましたよ。作業しているのに疲れが抜けていくような、不思議に気持ちのいい時間でした。

 

 

次の予定もあるので、90分でタイムアップベル 時間があるならまだまだ続けたかったくらい。

みんな、かごに半分くらいの量。なんとなく、かごいっぱいにしたかったけれどナカナカの量だと言われ、すでに嬉しい私たち♪

 

摘む前の紅花畑。花びらの根もとが赤いのが見えますか?

摘んだあとの状態はこちら

やじるし

 

摘みどきの紅花は、すべて摘みました!

奥まで続く“うね”は、ここで7本か8本。達成感に浸る私たち。

 

 

 

畑の横の“草むら”に生えていた、シソ、三つ葉・・・と、もう一つは覚えきれず汗

 

食の専門家・Tさんが眺めると、“草むら”も食材の宝庫なのがわかります。

こういう知識って、生きる上で大切ですよね。

個々の植物を見ず“草むら”と、ざっくりした判断をすると見落としが多くなるという気づききら

 

 

さて、作業場に戻って、それぞれが積んだ花びらをネットに入れたところ。

雨に濡れた花びらなので、軽く脱水して水分を飛ばします。

 

そして一旦、朝ご飯を取るためにホテルに戻りました。

 

近隣で紅花を栽培している方たちからも、摘んだ花がここ「紅花(はな)の館」に持ち込まれます。

花びらの重さに応じて買い取り、紅花の加工を行なうのだそうです。

 

ご自身のiPadで、紅花について説明してくださる白鷹マダム。

かっこいいうきゆきハート

 

 

 

* 続く *  

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日本の文化」 の記事

テーマ:

風邪のひき初めに良い漢方薬、といえば葛根湯(かっこんとう)が有名ですが

これは、体力があって汗をかいてない場合に適しているお薬です。

 

疲れている・体力がない・汗をかいている、という場合の風邪のひき初めに合っているのは

桂枝湯(けいしとう)です。

 

漢方薬は、体質や症状によって使い分けるところが、いわゆる“お薬”の西洋薬とは違うのですね。

漢方に詳しい医師、薬剤師さんたちから取材を通じて教えていただきました。

 

そして、漢方薬はそもそも生薬を煎じて飲むもの。

顆粒のものは、煎じたものの水分を飛ばしたものなので

熱いお湯に溶かして飲むのが良いのです。

 

漢方では胃や消化器を冷やすのはNGですし、胃を温めて血流をよくするほうが、体調にもお薬の吸収にもいいですから。

 

そんなわけで、風邪のひき初めの漢方薬は、最低2つ、

桂枝湯と葛根湯を用意して、使い分けるのがおすすめ。

 

私は、出張や旅のときにもこの2種類は持っていきます。

 

ひき初めが肝心ですね。

この3連休も、悪化させずにすみましたチョキ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地方にうかがったときは、農産物の直売店やスーパーマーケットなど、地元の人が利用するようなお店で“その土地ならではのもの”を買うのが好きですハート

 

山形の旅では、フラワー長井線の荒砥駅から車で5分の産直市場「どりいむ」に連れて行ってもらい、“自力で持って帰れる量”を超えぬよう、悩みながら購入がま口財布

 

トマトがいろいろな種類があって迷いましたが、ミニトマトの“アイコ”にハート パート2

ミニ、といっても長さが4~5センチあって、種の周りのゼリーっぽい部分が少ないのが特徴。そして、肉厚です。

 

サラダや料理に使うのではなく、このままテーブルに出しておいて、おやつ感覚で食べてました。さっぱりして、美味でございました。

 

ブルーベリーとさくらんぼ2種(佐藤錦、紅秀峰)は写真撮る間もなく完食。

 

ビタミンC、リコピン、アントシアニンがしっかり摂れた、はずかお

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。