タイ・チェンマイ帽子屋日記

タイの古都チェンマイで
山岳民族、ネパール、インド、アフリカの生地を使い
Lサイズ(ゆったりサイズ)の帽子を
専門に作っています☆

世界初(たぶん)の4カ国語(日中英泰)ネットショップ
完成しました✩⇒ http://www.jamhat.net/


テーマ:

まいどです!


先週末、いきつけの美容室

HairSalon JAPANの美容室 JINさんが

台湾系タイ人の奥さんと共に

企画された

台湾料理パーティーにお呼ばれしたので

行って来ました!爆笑












美容室の什器をフル活用し

台湾料理と女性参加者が作って

持ち寄った料理が並びました♪おねがい


新しい出逢いもあり、

おおいに盛り上がったあとは

チェンマイで唯一のカラオケ屋さん

「TASAKI」に移動して二次会。口笛





なんとも楽しい夜でした♪照れ


JINさん、素敵な企画を

ありがとうございました!

第2段も楽しみにしております☆チュー



PS ; 北京でも働かれていたこともある

JINさん。彼の音声インタビューが

コチラから聞けます。

ご興味ある方は是非☆









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです!


二年前、チェンマイに来たばかりの時に

こっちで購入したノートパソコン。


そのアダプターが、

内側で断線したのか

線を伸ばしたり、角度を変えたり

微調整を繰り返さないと

充電してくれない事態に。。笑い泣き




新しいアダプターに買い換えようと

このノートPCを購入したお店(Computer Plaza内)に行ったところ

「この型のものは、(非純正品すらも)
    もう取り扱ってない」

「メーカー(ACER)から純正品を
取り寄せるなら少なくとも一週間以上、
値段はたぶん1000バーツ(約3000円)以上
はかかると思うがどうしますか?」

と言われて、一旦保留。。


先ずは他のお店を聞いて回ったところ

返ってくるのは同じ答えばかり。。笑い泣き


諦めて純正品の取り寄せを
お願いしに行こうとしたその時、

あるパソコン修理のお店(⬅現地にはたくさんある。今回はパンティッププラザまで行きました)

の愛想の良いお兄ちゃんから

「どうしましたか?」

…と声をかけられる。


ダメ元で相談したところ

「修理費用で400バーツ(約1200円)、

だいたい三時間ぐらいで直せるよ」

とのこと♪ニヒヒ


ホントにあっさり直してくれました☆


街のパソコン修理屋さん、

こういう付属品まで請け負ってくれるとは

"灯台もと暗し"でした。


もっと早く気付いていれば

以前のケータイのアダプターも、、、

と悔やまれるばかり。。笑い泣き


チェンマイにお住まいの皆さん、

そして似たような修理屋さんが多い

中国にお住まいの皆さんも、

もしPCやケータイの付属品が壊れたら

先ずはこういうところに

相談しに行ってみては如何でしょう?!ウインク



PS ;  ちなみに今回お世話になった修理屋さんはパンティッププラザ内の三階にある、こちらのお店。対応も丁寧で安心感がありました♪



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです!

チェンマイには色んな洞窟があるようですが

その中でも最大級と呼ばれるのが

チェンダオ洞窟。



幸い今回泊まったロッジから

車でわずか5分の距離。


入り口で一人40バーツの入場料を払い

いざ洞窟内へ。





50mほど進むとガイドのおばちゃんが

数人たむろしてる場所があり、

「ここから先は誘導灯のない道を

進んでいくから、(グループで)

ランプ代100バーツと

ガイド代100バーツが別途必要」

…とのこと。。ぶー


まぁ、そんなに高くないし、

「ま、いっか」と素直に応じる。







最初はあまり期待してませんでしたが

奥に進むにつれて

そのスケールのデカさと、

そして悠久の歴史のなかで

石灰岩が作り出した自然の造形美に

息を飲むことしばしば。ガーンあせる







さすが仏教国らしく

洞窟内のいたるところに

仏様が祀られています。



ガイドさんが所々で立ち止まっては

英語で

「これは"象"の形に似てます」

「これは"人の手"の形に似てます」

って説明してくれるのですが

そう言われてみれば、、、って感じのものばかりで。。


完全にこのガイドさんの

主観と匙加減ひとつだろ!的な説明が

途中から妙にツボに入り

笑けてきました♪ウシシ





こういう狭~い穴を潜り抜けて行くときは

ちょっと緊張しますね。

「この瞬間に地震きたらどうしよ。。」って。。おーっ!







誘導灯の付いてない箇所には

コウモリがいっぱい☆おーっ!



ウンコ落ちてこないかドキドキでした。。笑い泣き

皆さんも天井を見上げるときは

口を開けないよう要注意!ウシシ



この洞窟ツアー、

時間で言ったら恐らく(往復で)

一時間弱かかったと思います。

そう考えると結構コスパの高い

観光スポットだったな、と大満足♪ニコ




温泉ついでだったこともあり

自分はサンダルで行ってしまったのですが

洞窟内は湿っている箇所もあり、

また暗くて足場の不安定な

ゴツゴツした岩場を歩くことも多いので

何度か転びそうになったり

足首を捻りそうになりました。。ショック


ここはトレッキング向けの靴を履いて

行かれることをオススメします!



ちなみに広い駐車場には

売店もたくさんあるのですが

あちこちで

"サイズの小さな野菜らしきもの"

を売っていました。


で、今ネットで調べたら

この辺は【薬草】の一大拠点だったらしく

それを売ってたみたいです。。


それと駐車場には

ワンコがゴロゴロしてます。。グラサン



ゆうに30匹以上は居たように思います。。

彼等の寝転がってる間を通っても

吠えて威嚇してきたりすることもない

大人しいやつらのでご安心を。照れ


そんなこんなで

結構、有意義な洞窟探索ツアーでした♪キラキラ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです!


チェンダオでは

必ず行ってもらいたい

超お薦めなのが

この土管温泉☆照れ











日本人が作ったと言われてる

この無料の土管温泉。


ご覧の通り、隣に綺麗な川が流れてて

お湯で体が火照ったら

川に入ってクールダウン♪


これを繰り返します☆口笛





硫黄の匂いも、川の中に泳ぐ小魚も

近くを舞ってるアゲハ蝶も

その静寂さも全てが心地よく、

ゆうに一時間以上は楽しめる場所♪チュー








地元民と思われるオジサンが

川で頭や体を洗ってたり

そのオジサンの子供たちとが

服のまま水浴びしてたり、

川下には鴨や鶏や水牛が

ウロチョロしてたり。。爆笑







こんな環境&経験が【無料】って。。


コスト0ですから

「コスパ最高!」って言うのも

なんか変。。てへぺろ



チェンダオ到着して

暗くなる夕方前に一回入って、

次の日の朝にも朝風呂浴びに

一回入りました♪


朝風呂浴びに行ったときは

土管のなかのお湯を替えたり

掃除したりしてる人が

二人いました☆おねがい


だから【無料=管理されてない汚い場所】

ってことでは全然ないのでご安心を!ニヤリ



同行者全員に

「日常生活に戻りたくなくなる」

…とまで言わせしめた

プライスレスな場所♪ラブ


もし車で30分以内にある場所なら

毎週末でも来たいぐらい☆


ただここに

更衣所・トイレ・売店はないので

要注意!


ちなみに我々が行ったのは

雨季でオフシーズンの

人が多くない時期でしたし

アラフォー男4人だったので、

車を取り囲むように各々

素っ裸になって

着替えました♪ニヤニヤ




女性が行くなら

先に水着に着替えてからの方が

良いですね。


そして車のシートが濡れないように

タオルを多目に持っていくなど

工夫されたほうが宜しいかと。


いやー、

ここは今回のチェンダオ旅行で

一番、印象的で

満足度の高いスポットでした♪


気心知れた仲間たちと是非

何度でも訪れたい場所です☆おねがい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まいどです!

先週、京都と広島から

帽子屋仲間がチェンマイへ☆爆笑


お店や工場見学、

帽子業界に関する情報交換、

今後のこと等 、

濃ゅ~いお話ができて

最高に幸せな一時でした♪照れ


仕事の話も一段落ついたところで

地元仲間も合流☆


帽子屋3人+地元仲間1人、

アラフォー男4人で、

チェンマイから車で一時間半の

【チェンダオ】まで

泊まり掛けで行ってみよう!

…いうことに。車グラサン



当日は

私が車の運転を担当。。滝汗


初めて行く場所でしたが

チェンマイからチェンダオまでは

長~い一本道をひたすら北上するだけ。


しかも今は

携帯のGPS機能/カーナビ(音声案内)

もあるので、さほど不安は無かったです。真顔キリッ⬅ウソ


ただ唯一の不安材料は

途中で車が故障すること。。滝汗


日本みたいに気軽に【JAF】を

呼ぶことも出来ないですから。。


念のため事前に修理屋さんで

車の不具合がないかチェックしてもらい

それから出発。


あとは運を天にまかせ、

トラブルが起きたら

身ぶり手振りで地元の方たちに

助けを乞うしかない!ニヤニヤ



ってなことで、いざ出発!


まずチェンダオに行く途中で

寄ったのが【メー・サー滝】


チェンマイ市内から

16キロ北上した「メー・リム」という

地域にある

このメー・サー滝は

緑豊かな渓谷に大小合わせ

10近くの滝が連なっている

観光スポットのひとつ。


入場料は外国人で大人一人【100バーツ】。

それに車での乗り入れ&駐車場代が【30バーツ】。




最初はこんな緩やかな川










案内板に従い川沿いの遊歩道を

歩いていくと段々傾斜がキツくなり

まさに【トレッキングしている感】満載☆


マイナスイオンを浴びまくりながらも

結構、汗かきます。。滝汗





そういう時は所々でこういう

流れの緩やかな場所を見つけて

水浴びすると最高です!爆笑








注意点としては

●足元の不安定な岩場や傾斜を登っていくので、身軽で、汚れてもイイ服、動きやすい格好であること。靴もトレッキング仕様であることがベスト。

●時々スコールがあるので、カッパなども持参してるとベスト。(我々は何も持たず行ってしまいました。途中でスコールにあったときは、たまたま登り始めたばかりで、近くにトイレがあったのでそこで30分ほど雨宿りをしました。ここで水着にも着替えました)

●荷物を極力減らし身軽にするため、最初から水着着用してトレッキングを始めた方がいいように思います。

●当然濡れるでしょうからタオル類の持参も必須。

●滝の一番上に登っていくまで、我々は
だいたい30分ぐらいかかりました。その間(往復で一時間ぐらい)はトイレも売店もないので、その覚悟と準備は必要です。

●足元の悪い箇所も多いので、転んで怪我する人もいるんじゃないかと。。念のため絆創膏や消毒液ぐらいは持っていった方が良いかも。

●この滝トレッキング、舗装されてない箇所も多く、体力やバランス感覚に自信のない方は一番上まで登らず、途中まで行ったら水浴びして引き返したほうが良いような気もします。


参考になりましたでしょうか?


次は無料の土管温泉について

レポートします!(^^)/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。