umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は 【 Karaori Nouveau 】 ~ 新しい唐織 ~ です。
( 説明が重複しますが、お許し下さい )

『 唐織 』 とは、本来中国から渡来した織物やそれを真似て日本で織った織物の
事ですが、一般には能衣装に用いられる花鳥や花菱などの模様を表した “ 刺繍 ”
のように見える織物の事です。

『 唐織 』 の特徴は生地の組織密度を高くし、柄を表現する緯糸( よこいと )を
経糸( たていと )で綴じないでボリューム感を出す事です。
しかし、その特徴である組織故に、緯糸 ( よこいと ) の「 けばだち 」 や
「 糸浮き 」 ができ易いのが欠点です。

弊社では、、唐織ではありませんが、従来の 『 唐織 』 の立体的な表現力を保ちつつ
意匠的には近世西洋の装飾デザインを参考にして “ 日本の伝統 ” に ” 西洋の風 ”
を取り入れた新しい感覚の帯を考案しました。

   

            ≪ 西洋献上丸文 ≫ せいようけんじょうまるもん

   

           

   モダンなデザインの中にも基本を押さえた“ 梅垣らしい帯 ”で、良質の絹糸と
   極細の箔を使用し、織物のボリューム感を強調した新しい感覚の帯です

           

   

           

   

                        【 参考本 】

    

           

      “ 大胆 ” なものから “ シンプル ” なものまで製織していますので
       若い方からご年配の方にもお締め頂ける帯になっています

   

“ 絹 ” 本来の光沢が、カジュアルの中にも “ 品のある帯 ” に仕上がっています

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい  ≪ 西洋献上丸文 ≫ ( 白・紫 )

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

先日、今はなき京都の名割烹『 桜田 』さんのお弟子さんがなさってるお店へ
食事に出かけました。【 和ごころ 泉 】さんです。

床の間のお軸やお花、器、旬の食材から季節感があふれ、その彩とともに
食事を堪能させていただきました。

           

《 食前酒 》

   

《 先付 》      くみ上げ湯葉と雲丹

   

《 椀物 》      鱧しんじょう

           

《 向付 》 

   

《 八寸 》                                ( 二人分 )

   

《 鉢肴 》       鮎の焼き物                     ( 四人分 )

   

   
 
《 強肴 》      とり貝とアスパラの黄身酢のせ
 
           

《 止め肴 》      加茂ナスの白味噌仕立て

   

《 食事 》       新生姜の土鍋炊きごはん香の物と赤出し

   

《 水菓子 》 

           

《 甘味 》      お抹茶と黒豆の水羊羹

   

   

           

こだわりの旬の食材が、器とともに目で楽しむ事ができました。
鮎の焼き物はじっくりと長時間にわたり焼き上げたもので、頭から全ていただく事ができ
とても香ばしく美味しかったです。
八寸に入っていた卵焼きもお手間いりで、チーズケーキのような味わいで美味しかったです。

    【 和ごころ 泉 】

    住所 : 京都市下京区四条新町下る四条町366 四条敷島ビル 1F
    電話番号 : 075-351-39171

    営業時間 : ( Lunch ) 12:00~14:30  13:00迄入店可/14:30迄営業
          ( Dinner )18:00~21:30  19:30迄入店可/21:00迄営業
    定休日 : 月曜定休  

    ACCESS : 阪急京都本線 烏丸駅 徒歩5分
         京都市営地下鉄烏丸線 四条駅 徒歩5分

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、江戸前期、寛文小袖である「 白綸子地櫓波文様
絞縫小袖 」をモチーフに考案したものです。

寛文小袖は旧来の武家階級と新興の町人階級の好尚が交差した意匠であり
その大胆なデザインが特徴となっています。

「 鬘帯競集文 」は、原本にみられる「 櫓 」を「 鬘帯 」にアレンジし
デザインも原本の草花文様に加え七宝などの割り付け文様を用いる事で帯地と
しての格式を持たせています。

   

             ≪ 鬘帯競集文 ≫ かつらおびきょうしゅうもん

   

技法は弊社独自の「 有職唐織 」を用いています

この技法の組織は、唐織や刺繍を原本とする意匠の帯地を制作するに当たり、その
ボリューム感を表現するために、土台となる生地を通常の倍の組織にする事で
引箔を用いなくても品格のある生地にしています。

   

           

このように意匠、表現力ともに原本のセンスを踏襲しつつ、現代の解釈と技術を
持って製作した帯地です

   

< 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )という弊社独自の技法は、 弊社独自の
≪ 有職錦 ≫( ゆうそくにしき ) をベースにした技法です

西陣織を代表する織物組織には、畦( 綴 )・綾( 錦 )・朱子( 緞子 )の三大組織が
あります。各組織にはそれぞれ特徴があります。

【 綴 】 は、緯( 横糸 )をつめる緯組織なので生地がしまり力強い生地になります
     しかし、「 つや 」 がなく、地風はやや硬くなります

【 緞子 】 は、細い経糸( 縦糸 )を数多く使用し経を多く出す経組織の為に「 絹本来
      のつや 」 は出ますが、生地が重くなります

【 錦 】 は、それらの中間組織である為、使い勝手がよく、一般的に用いられやすい
     のですが特徴がありません

   

そこで弊社では、緞子地に匹敵する細かく数多い経糸 ( たていと ) に、綴 ( つづれ )
以上に極細の緯糸( よこいと )を使用して織る事で、生地の組織率を高め生糸の
つやを残しつつ、軽くしなやかでこしのある生地としました

           

   

このように各組織の基本をふまえ、それらの長所を重ねる為には、素材の良さが大切で
製織技術も重要となってきます。それらを統合したものが弊社技法 < 有職錦 > です
   
   

                       【 参考本 】

   

           

           

              【 付け下げ 】【 色無地 】にも合せて頂けます

   

難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい  ≪ 鬘帯競集文 ≫ (ベージュ地)
          

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、意匠として最もポピュラーな題材の一つである
「 国宝三十六歌仙絵巻 」 にある“ 道長唐草 ” をモチーフにしています。

原本の 「 綺羅刷り 」 ( 雲母粉を用いた版画の刷り ) の感覚をだしています。
永い歴史を超えて、日本の宝として受け継がれたデザインや技法を、現代西陣織の
技術を駆使し織り上げた帯です。

意匠や取り方が一般的なだけに、帯としての質感や表現には一層の拘りを持ちました。
生地は通常の “ 錦地 ” に対して、経糸 ( 縦糸 ) ・ 緯糸 ( 横糸 ) 共に二倍の
組織率にすることで錦織の “ 艶と綴織の力強さ ” を併せ持たせ “ 唐草 ” は箔と
金糸の二重組織で表現し、観る角度により陰影をだす事で立体感を強調しています。

   

             ≪ 道長取唐花文 ≫ みちながどりからはなもん

   

   

技法としては、弊社独自の < 有職錦 > ( ゆうそくにしき )を用いています

西陣織を代表する織物組織には、畦( 綴 )・綾( 錦 )・朱子( 緞子 )の三大組織が
あります。各組織にはそれぞれ特徴があります。

【 綴 】 は、緯( 横糸 )をつめる緯組織なので生地がしまり力強い生地になります。
     しかし、「 つや 」 がなく、地風はやや硬くなります。

【 緞子 】 は、細い経糸( 縦糸 )を数多く使用し経を多く出す経組織の為に「 絹本来
      のつや 」 は出ますが、生地が重くなります。

【 錦 】 は、それらの中間組織である為、使い勝手がよく、一般的に用いられやすい
     のですが特徴がありません。

   

           

   

そこで弊社では、緞子地に匹敵する細かく数多い経糸 ( たていと ) に、綴 ( つづれ )
以上に極細の緯糸( よこいと )を使用して織る事で、生地の組織率を高め生糸のつやを
残しつつ、軽くしなやかでこしのある生地としました。
このように各組織の基本をふまえ、それらの長所を重ねる為には、素材の良さが大切で
製織技術も重要となってきます。それらを統合したものが弊社技法 < 有職錦 > です。

   

   

上の写真は 【 別腹文 】 下を半分程隠して頂いたら、それがお腹の場所にくるイメージです

   $umegakiorimono  ときどき日記

                        【 参考本 】

   $umegakiorimono  ときどき日記

   $umegakiorimono  ときどき日記

   $umegakiorimono  ときどき日記

           

                 【 付け下げ 】にも合せて頂けます

   

難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい  ≪ 道長取唐花文 ≫ (ベージュ地)
色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい  ≪ 道長取唐花文 ≫ (こげ茶地)           

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回は 【 梅垣の手越し帯 】 てごし について、説明させて頂きます

“ 手越し帯 ”てごしおび とは 
≪手機≫ 同様に 『 手引き 』【 手越し 】 の技術を使用し製織した “ 帯 ” の事です

『手引き』 = “ 機 ”(はた) を停止させて箔を織り込むという手仕事です
絹糸の土台に『引箔』(ひきばく)= 糸状に切断された “ 金箔・銀箔 ” を織り込んで
いく技術に加え、異なる種類の『 引箔 』を同時に三枚以上織り込む事は非常に難しく
『 手引き 』をしなくてはいけません。
また、十七色前後の “ 色数 ” に制限されている緯糸(横糸)を【 手越し 】することで
四、五色加えることが出来ます。しかし、これらの作業をするには特に修練された
技術が必要です。

“ 西陣織 ”を織る手段として大きく分けると
≪ 手機 ≫ てばた = 手で織る作業 
≪ 力織機 ≫ りきしょっき = 機械で織る作業があります

≪ 手機 ≫ の良さは、先程述べた『 手引き 』【 手越し 】が出来る事で箔の枚数や
色数も豊富に対応できます
そして濡れ緯組織( 糸をぬらしながら織る )という特殊な技法などにも対応できます

≪ 力織機 ≫ の良さは、早く織れる事と、均一に綺麗に織れる事です

【 梅垣の手越し帯 】は≪ 手機 ≫で織れる職人さんがいなくなった為、道具としては
≪ 力織機 ≫を使用しますが、弊社専属の伝統工芸士が『 引箔 』を“ 機 ”( はた )を
停止しながら≪ 手機 ≫同様に『 手引き 』【 手越し 】 しています。
動いている機を止める為手間がかかり、箔が裏返らないように等高度な技術が必要に
なります。また時間もかかります。
しかし≪ 力織機 ≫なので、仕上がりは“ とても綺麗 ”です。

このように双方の利点を取り入れたのが【 梅垣の手越し帯 】です   
         
   

             ≪ 正倉院亀甲文 ≫ しょうそういんきっこうもん

   

    この 「 正倉院亀甲文 」 は、染織品のみならず、多くの御物の中に見られる
    「 正倉院文様 」 を帯地にアレンジし、デザイン化したものです

   

           

   日本工芸文化の源泉といわれる 「 正倉院御物 」 は、奈良時代の調度品や
   服飾品等、多彩な品々の総称であり、世界的にも貴重な文化財であります

           

    その厖大な品々の中に( 華文 )と呼ばれる空想上の花や動物などを
    デザインした品々が数多く見られます

   

 ベースの生地は 『 有職綴錦 』 の技法を使用しています。

 『 有職綴錦 』 とは、緯糸 ( 横糸 ) 組織である “ 綴織 ” の表現を、経糸 ( 縦糸 )
  組織である “ 錦地 ” で表現したものです。

 いわゆる “ 綴織 ” は太くて少ない経糸 ( たて糸 ) に、緯糸 ( よこ糸 ) を
 経糸( たて糸 ) が見えない程、つめて織り上げる織物です。

 従って、力強い “ 生地 ” になりますが、重くて硬いものとなってしまいます。 

           

そこで “ 錦地 ” に使用する程 “ 細くて数多い経糸 ( たて糸 ) ” に
“ 極細の緯糸 ( よこ糸 ) ” を “ 綴 ” 以上に組織率を高める( 曲尺一寸の丈に130横 )
事で、軽くて力強い地風を作りました。

この “ 軽くて力強い地風 ” こそが、 “ 有職綴錦 ” の特徴です

   

   $umegakiorimono  ときどき日記

                         【 参考本 】

   $umegakiorimono  ときどき日記

   $umegakiorimono  ときどき日記

   $umegakiorimono  ときどき日記
                 
           

           【 留袖 】【 色留袖 】【 訪問着 】にも合せて頂けます

   

手機にも簡単な技法から難しい技法があるように、力織機にも同様の事が言えます。
手機にしかできない技法もありますが、手越し( 力織機 )の場合も、織物によっては
手機よりきれいに仕上がるものもあります。
手機と力織機の最大の違いは、意匠・材料等全てが同じでも、最後の製織段階の道具である
“ 手機 ”か“ 力織機 ”かだけなのです。

梅垣手越し帯は ≪ 手機 ≫ 同様に 『 手引き 』【 手越し 】の技術を使用している “ 帯 ” です

難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい  ≪ 正倉院亀甲文 ≫(白)           

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


【 お知らせ 】 西陣織アンソロジー HP より 

なんばの大阪高島屋様で、今年二月に引き続き、四月にも再度の西陣織アンソロジー展を
開催いたします。
前回は女将のトークショーでしたが、今回は旦那達のトークショー。さて、どうなりますことやら。

        日程:  2016年4月13日(水)~19日(火)最終日
        場所: 大阪高島屋七階呉服売り場

        ※「旦那達のトークショー」は4月16日(土曜日)午後二時から

詳しくは 【 西陣織アンソロジー 】 HP


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。