umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。
 

2月18・19日に 【 帝国ホテル大阪 】 で 【 大丸・松坂屋ザ・ロイヤル 】 が催され、その

催しの中に、京都西陣の伝統工芸士である箔工芸作家 裕人礫翔(ひろとらくしょう)氏が

参加されました。

裕人氏は梅垣の38年来の友人で、裕人氏のご実家の亡くなられたお父様も弊社先代より

お付き合いさせて頂いている【 箔屋 】さんです。 

箔工芸作家 裕人礫翔氏のルーツとして、弊社もこの催しに参加させて頂きました。

その時の様子を少しだけ紹介させて頂きます。
 

       

  

          

 

この作品は、フランス人のフォトグラファJoanna Lorenzo と裕人礫翔氏の

コラボレーションの作品です

彼女が撮り下ろした作品に 『 箔で衣を纏わせる 』 という斬新な表現スタイルです

 

     

 

     

      

     

 

来る3月17日(金)→19日(日)まで、東京国際フォーラム で

裕人礫翔氏が、日本最大のアートフェア、Art Fair Tokyoに作品を出展されます

 

           

 

           


最先端のアート作品が集結する3日間の中で 『 箔+アート 裕人礫翔の世界 』 を

楽しみにしています

 

裕人礫翔氏プロフィール

 

    

 

             裕人礫翔氏に共催させて頂いた時の様子

  

    

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、唐織や刺繍を原本とする意匠を、帯地に制作しました。
刺繍に負けない立体感のある 「 桜 」 を “ 道長取り ” にしました。
  
     
 
                       ≪ 道長取桜文 ≫
 
     
 
           
 
   技法としては < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )を用いています

   < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )という弊社独自の技法は、弊社独自の 
   ≪ 有職錦 ≫( ゆうそくにしき ) をベースにした技法です。
 
     
 
西陣織を代表する織物組織には、畦( 綴 )・綾( 錦 )・朱子( 緞子 )の三大組織が
あります。各組織にはそれぞれ特徴があります。

【 綴 】 は、緯糸( 横糸 )をつめる緯組織なので生地がしまり力強い生地になります。
     しかし、「 つや 」 がなく、地風はやや硬くなります。

【 緞子 】 は、細い経糸( 縦糸 )を数多く使用し経を多く出す経組織の為に「 絹本来
      のつや 」 は出ますが、生地が重くなります。

【 錦 】 は、それらの中間組織である為、使い勝手がよく、一般的に用いられやすい
     のですが特徴がありません。 

そこで弊社では、緞子地に匹敵する細かく数多い経糸 ( たていと ) に、綴 ( つづれ )
以上に極細の緯糸( よこいと )を使用して織る事で生地の組織率を高め、生糸の
つやを残しつつ、軽くしなやかでこしのある生地としました。
このように各組織の基本をふまえ、それらの長所を重ねる為には、素材の良さが大切で
製織技術も重要となってきます。それらを統合したものが弊社技法 < 有職錦 > です。
 
           
 
その【 生地 】をベースにして、≪ 道長取桜文 ≫ のようなボリューム感を表現する為に
土台となる生地を通常の倍の組織にして“ 引き箔 ” を用いなくても、品格のある生地に
仕上げるとともに、柄を表現する緯糸(横糸)も異なった色を倍越することで立体感を
だしています。
それが弊社独自の < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )という技法です。
 
     
 
配色は淡彩ですが “ 一つの桜に三色の濃淡をかけ ” 加えて、その濃淡を被せるように
組織することにより “ 立体感 ” を出しています。
 
     
 
 上の写真の下半分程を隠して頂くと、お腹の場所にくるイメージになります         
 
           
 
             【 色無地 】【 付け下げ 】にも合せて頂けます
 
     
 
色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい。≪ 道長取桜文 ≫ ( 白・草 )
 
難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
 
 
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、江戸中期の “ 寛文小袖 ” より取材しました。

“ 寛文小袖 ” は、肩から右身頃にかけて大柄な文様を配し左身頃は無地とする
大胆な構図を特徴とします。

≪ 疋田菊文 ≫の金糸は 「 駒縫い 」 の表現を意識した織技法を用いています。

 

 

    

 

                  ≪ 疋田菊文 ≫ ひったきくもん
 

    

 

   技法としては < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )を用いています

   < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )という弊社独自の技法は、弊社独自の 
   ≪ 有職錦 ≫( ゆうそくにしき ) をベースにした技法です。

 

    

   
          

 

    

 

西陣織を代表する織物組織には、畦( 綴 )・綾( 錦 )・朱子( 緞子 )の三大組織が
あります。各組織にはそれぞれ特徴があります。

【 綴 】 は、緯糸( 横糸 )をつめる緯組織なので生地がしまり力強い生地になります。
     しかし、「 つや 」 がなく、地風はやや硬くなります。

【 緞子 】 は、細い経糸( 縦糸 )を数多く使用し経を多く出す経組織の為に「 絹本来
      のつや 」 は出ますが、生地が重くなります。

【 錦 】 は、それらの中間組織である為、使い勝手がよく、一般的に用いられやすい
     のですが特徴がありません。 

そこで弊社では、緞子地に匹敵する細かく数多い経糸 ( たていと ) に、綴 ( つづれ )
以上に極細の緯糸( よこいと )を使用して織る事で生地の組織率を高め、生糸の
つやを残しつつ、軽くしなやかでこしのある生地としました。
このように各組織の基本をふまえ、それらの長所を重ねる為には、素材の良さが大切で
製織技術も重要となってきます。それらを統合したものが弊社技法 < 有職錦 > です。

 

          

 

    


その【 生地 】をベースにして、≪ 疋田菊文 ≫ のようなボリューム感を表現する為に
土台となる生地を通常の倍の組織にして“ 箔 ” を用いなくても品格のある生地に仕上げる
とともに柄を表現する緯糸(横糸)も異なった色を倍越することで立体感をだしています。
それが弊社独自の < 有職唐織 > ( ゆうそくからおり )という技法です。

   $umegakiorimono  ときどき日記
        
                      【 日本の意匠 】 より

           $umegakiorimono  ときどき日記

 

           

 

    

 

                 【 訪問着 】にも合せて頂けます

 

    

 

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい。≪ 疋田菊文 ≫ ( 白・朱 )

                                   ≪ 疋田菊文 ≫ ( 小豆 )

 

難しい説明になってしまいすみません。“ 帯の写真 ”だけでもお楽しみ頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

あけましておめでとうございます

昨年も沢山の皆様に“ とどき日記 ” をご覧頂き心より感謝しております。

       

本年も皆様にお楽しみ頂けるようなブログにしてゆきたいと思っておりますので

どうぞお付き合いのほどよろしくお願い致します。



 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、江戸期の小袖をモチーフにした柄です。

佐賀錦の技法で織り上げています。

 

    

 

                ≪ 竹有職文 ≫ たけゆうそくもん
             実際の変わり結びをご覧頂けないのが残念です  

 

    

 

  【 佐賀錦 】は、約180年前に佐賀鹿島藩、鍋島家の深窓で着想され、当家の
  女性達の手芸として盛行発展したものです。
  金銀漆を貼った特製の和紙を細く裁断した箔を経糸 ( たて糸 )とし
  絹の撚糸を染色したものを緯糸( よこ糸 )として製織されたものです。
  非常に根気のいる手仕事で精密な技術をようするために、1日2 ~ 3センチしか
  織れない物もあり、主に小物等に使用されました。

 

           

 

    

 

  この【 佐賀錦 】を西陣において帯地に応用するようになり、戦後本格的に
  「 佐賀錦帯 」 が登場しました。
  一般的に西陣における佐賀錦帯は、あくまでも本佐賀錦の応用である為に
  経糸 ( たて糸 )に箔を使用すれば図柄表現の手法は問わず、たとえば唐織の
  ような浮き糸による表現技法を用いることもありました。

 

    

 

    

 

                

弊社では、「 本佐賀錦 」の持つ本来の “ 上品さ・繊細さ ” を表現することを目指し
図柄表現に浮糸の技法を使用せず、経糸 ( たて糸 ) ですべておさえる 「 綴技法 」
に似た表現を用いました。
結果的に、「 たまり 」と呼ばれる緯糸 ( よこ糸 ) の 「 ゆるみ 」 ( 下のアップの
写真にある赤い濃い部分で、写真で見ると、柄の左から右へと織り返す時に端が
二重になる箇所 )が生じる事で “ 上品さ・繊細さ ” の中に “ 力強い表現 ” を
する事が出来ました。「 たまり 」はじっくりと丁寧に織らなければできない技術です。

 

    

 

                  「 たまり 」 → 赤い濃い部分

 

    

 

又、緯糸 ( よこ糸 ) の染色には 「 岩絵具 」といわれる含金染料を用い、非常に 
“ 重みのある色料 ” を出しています。
【 佐賀錦 】本来の “ 繊細さ ” と、「 綴技法 」 による “ 力強さや色の重み ” を
十分に用いた本佐賀に劣らぬ上品な【 佐賀錦 】になっていると思います。

 

    

                    【 弊社盛り上げ図案 】

≪  竹有職文 ≫ は “ 盛り上げ図案 ” を使用しています。

盛り上げ図案は、それ自体に影があるため “ 製紋の段階でも ” それを意識して仕事を
してもらえます。
“ 鉛筆書きの草稿 ” では、こちらの意図することが紋職人さんに伝わりにくいのです。

現在ではコンピューターを用いて “ 製紋する ” のですが、簡単にコピーするように
製紋せず “ 昔のように立体的な影を意識しながら仕事をする事 ” が大切です。
( 画像でお伝えしにくいのが残念です )

紋職人さんへこちらの想いを的確に伝えるために、このような 「 盛り上げ図案 」 が
必要なのです。

 

           

 

    

 

           

 

  $umegakiorimono  ときどき日記

この盛り上げ図案は昭和の図案家故山岡先生のものです。
山岡先生の御父上は山岡陳平氏であり、昭和の染織業界にあって孤高の染織図案家としての地位を確立されていました。
山岡陳平氏は明治三十六年に京都の烏帽子冠司の十六代目として生を受け、幼少の頃より雅楽や有職に学び、美術学校日本画科を出られたのち故実研究に没頭されたそうです。

その画業五十年を記念した画集には当時の国立博物館館長や山口伊太郎氏また羽田登喜男氏など業界の重鎮が寄稿されています。そこには 「 染織の美的遺産を現代そして未来に伝える
ためには、その時代に応じた新しい感性の傾注が大切である 」 とか 「 有職故実などの
基礎的な研究の上に流行を超越した応用が必要である 」 と書かれています。
          
  $umegakiorimono  ときどき日記

 

弊社のモットーである 「 基本の応用 」 はまさにこの寄稿文より生まれたものです。
「  竹有職文 」 は、そのモットーを最も具体化した商品の一つであり、時代を超越した
意匠であると自負しています。  ​

 

               

 

    

 

          【 訪問着 】 【 付下げ 】【 色無地 】にも合せて頂けます

 

    

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

 

2016年も残すところあとわずかとなりました。
 

今年も更新が少なくなってしまいすみませんでした。
ブログの更新が少なくなってしまったにもかかわらず“ とどき日記 ” を沢山の皆様にご覧頂き心より感謝しております。ありがとうございました。

今年を振り返ると、まず熊本地震が思い出されます。被災者の皆様お見舞い申し上げます。今年もまた地震に悩まされた年でした。

 

オバマ大統領の広島訪問・安部総理の真珠湾訪問で、歴史に残る激しい戦争を戦った日本と米国だからこそ、寛容の心がもたらした『 和解の力 』で、全世界もまた争いがなくなる様に願います。

 

天皇陛下の生前退位示唆のお言葉にも驚きましたが、今まで各被災地へのご訪問、その他のご公務は両陛下には大変なご負担だったと思います。ぜひ両陛下にとって良い結果となりますよう願っております。

 

そして、リオオリンピックでは史上最多のメダル41個と素晴らしい成績を選手達が獲得してくれました。その活躍に今年も“ 勇気と感動 ” を “ 将来の希望 ” を感じさせてもらいました。

そして、生理学・医学ノーベル賞に東京工業大学教授である大隅良典先生が受賞された誇らしい年でもありました。

来年こそ日本が元気になれる年になれますように。
そして自然災害等で被害を受けられた“ 全ての皆さんが早く笑顔になれますように ”と
願っております。

来年も皆様にお楽しみ頂けるようなブログにしてゆきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。
皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ          
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです

過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html
 
$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。