umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:
strong>いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は 【 Karaori Nouveau 】 ~ 新しい唐織 ~ です。
( 説明が重複しますが、お許し下さい )

『 唐織 』 とは、本来中国から渡来した織物やそれを真似て日本で織った織物の
事ですが、一般には能衣装に用いられる花鳥や花菱などの模様を表した “ 刺繍 ”
のように見える織物の事です。

『 唐織 』 の特徴は生地の組織密度を高くし、柄を表現する緯糸( よこいと )を
経糸( たていと )で綴じないでボリューム感を出す事です。
しかし、その特徴である組織故に、緯糸 ( よこいと ) の「 けばだち 」 や
「 糸浮き 」 ができ易いのが欠点です。

弊社の帯は唐織ではありませんが、従来の 『 唐織 』 の立体的な表現力を保ちつつ
意匠的には近世西洋の装飾デザインを参考にして “ 日本の伝統 ” に ” 西洋の風 ”
を取り入れた新しい感覚の帯です。

   

            ≪ 西洋蔓唐草文 ≫ せいようつるからくさもん

   

           

   

   モダンなデザインの中にも基本を押さえた“ 梅垣らしい帯 ”で、良質の絹糸と
   極細の箔を使用し、織物のボリューム感を強調した新しい感覚の帯です

   

           

   

           

      “ 大胆 ” なものから “ シンプル ” なものまで製織していますので
       若い方からご年配の方にもお締め頂ける帯になっています

   

“ 絹 ” 本来の光沢が、カジュアルの中にも “ 品のある帯 ” に仕上がっています

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、土台となる生地の組織に特徴のある帯です。

この組織は、弊社独特の羅紋紗( らもんしゃ )に極細の緯糸( たていと )を
被せるように織り込む組織で、単衣用として考案した羅紗無双という生地です。
微かに透ける羅紋紗の文様が特徴です。

   

          ≪ 羅紗無双三霞文 ≫ らしゃむそうさんがすみもん

   

 「 羅 」とは網目状の透けた薄い織物のことで、経糸 ( たて糸 ) が複雑に絡み合って
  編み物に似た外観をして、中国では漢代に多く織られ、正倉院御物にもみられます。

 「 羅 」を織る為には、経糸( たて糸 )を捩( もじ )らせる為の「 振綜 ふるえ 」と
  呼ばれる特殊な装置を必要とします。
  経糸 ( たて糸 ) を捩( もじ )らせる事は、「 紗 」や「 絽 」も同じなのですが
 「 羅 」は捩( もじ )り方が非常に複雑で、高度な技術を必要とすると共に大変な
  手間がかかるので、中国でも漢代以降は織りやすい「 紗 」に移行していきました。

   

「 紗や絽 」と「 羅 」の大きな相違点
 
「 紗や絽 」の「 振綜 ふるえ 」は、帯幅中の経糸( たて糸 )を総て一斉に捩( もじ )り、
同じように一斉に戻します。
それに対して「 羅 」は筬目( おさめ )≪ 糸を制御する道具 ≫ に関係なく、捩( もじ )
られるので非常に変化にとんだ組織となります。

           

したがって「 紗や絽 」は、経糸( たて糸 )の捩( もじ )り方が一定で変化がありません。
それに対して「 羅 」は、経糸( たて糸 )が非常に複雑な捩( もじ )り方をするので
生地に変化があり何ともいえない “ 品 ” があります。

しかし、この技術は古代ですら手間がかかりすぎるので、現代では織りこなす事が非常に
難しく正倉院裂を再現された方は「 重要無形文化財技術保持者 」に認定されています。

   

弊社の「 羅紋紗 」( らもんしゃ ) は、紋織りにより経糸( たて糸 )を一本一本独立に
捩( もじ )らす事で「 紗や絽 」のように規則正しい捩( もじ )るだけではなく、「 羅 」
のような複雑な経糸 ( よこ糸 ) の変化を可能にしました。
変化に富んだ経糸( たて糸 )の動きをお楽しみください。
( 画像でお伝えできないのが残念です )

   

   

           

             【 訪問着 】【 付下げ 】 にも、合わせて頂けます
 
   

非常に難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ
頂けたら嬉しいです。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は 【 Karaori Nouveau 】 ~ 新しい唐織 ~ です。
( 説明が重複しますが、お許し下さい )

『 唐織 』 とは、本来中国から渡来した織物やそれを真似て日本で織った織物の
事ですが、一般には能衣装に用いられる花鳥や花菱などの模様を表した “ 刺繍 ”
のように見える織物の事です。

『 唐織 』 の特徴は生地の組織密度を高くし、柄を表現する緯糸( よこいと )を
経糸( たていと )で綴じないでボリューム感を出す事です。
しかし、その特徴である組織故に、緯糸 ( よこいと ) の「 けばだち 」 や
「 糸浮き 」 ができ易いのが欠点です。

弊社の帯は唐織ではありませんが、従来の 『 唐織 』 の立体的な表現力を保ちつつ
意匠的には近世西洋の装飾デザインを参考にして “ 日本の伝統 ” に ” 西洋の風 ”
を取り入れた新しい感覚の帯です。

   

              ≪ 西洋蔓草文 ≫ せいようつるくさもん

              
   
          

   モダンなデザインの中にも基本を押さえた“ 梅垣らしい帯 ”で、良質の絹糸と
   極細の箔を使用し、織物のボリューム感を強調した新しい感覚の帯です
           
           

   
   
   

                         【 図録 】

           

            詳しくは → ときどき日記 ≪ KATAGAMI Style ≫
                     こばなし 《 アールヌーボーのネタ 》
           
                  

      “ 大胆 ” なものから “ シンプル ” なものまで製織していますので
       若い方からご年配の方にもお締め頂ける帯になっています

    

“ 絹 ” 本来の光沢が、カジュアルの中にも “ 品のある帯 ” に仕上がっています

色違いをご覧くださる場合は、右をクリックして下さい ≪ 西洋蔓草文 ≫ ( ブルー )
                          ≪ 西洋蔓草文 ≫ ( 黄緑 )
                          ≪ 西洋蔓草文 ≫ ( 黒地紫 ) 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回紹介させて頂きます帯は、現代工芸の金工象嵌よりヒントを得て考案しました。

生地は名物裂の中でも、糸目の紗の軽やかさに気品ある明るさが加わった拡張高い
上代紗をイメージして、現代の西陣織の技術を駆使し考案したものです。      

   

              ≪ 象嵌曲線文 ≫ ぞうがんきょくせんもん

   

  この帯は弊社独自の < 上代紗 > ( じょうだいしゃ )という技法を用いています

           

   

   『 名物裂 』 とは、安土桃山時代茶の湯発達に伴い、書画・茶器の名物( 茶道具 )
   といわれるものに付随して珍重された染織品の種類として、金襴・銀襴をはじめ
   緞子・ビロード等数多くあり、総数は400以上と言われいています。
   これらの 『 名物裂 』 は、我国の染織工芸に大きな影響を及ぼしたと言われ
   名物( 茶道具 )を包む布地として発展しました。

           

   

 その 『 名物裂 』 の中にある 『 上代紗 』 といわれる “ 糸目 ” の紗の軽やかさに
 気品のある明るさが加わった格調高い 『 名物裂 』 をイメージし、それに近づけるよう
 畦を変形させながら西陣織の技術を駆使し帯地として表現したものです。

           

           この帯は 【 色無地 】 等のお着物に合せて頂けます

   

色違いをご覧頂く場合は、右をクリックして下さい。 ≪ 象嵌曲線文 ≫ ( 白地 )

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” をご覧くださりありがとうございます。

今回は九寸帯 ( 名古屋帯 )を紹介させて頂きます。

今回紹介させて頂きます柄は、安土桃山から江戸初期の慶長小袖より取材しました。
“ 鹿の子、縫い箔、摺り箔 ” といった慶長小袖の特長を “ 貝合せ ” に取り方し
格を持たせることで、九寸帯ですが色無地など幅広いお着物に合せて頂けます。

   

              ≪ 貝合小袖文 ≫ かいあわせこそでもん

   

   

“ 九寸帯 ”( 名古屋帯 ) について簡単にご説明させて頂きます。
( 説明が重複しますが、お許し下さい )

大正時代に名古屋女学校の創設者が普段着に締められていた帯で、仕立て方の一風
変わった帯が商品化され普及して、この名前( 名古屋帯 )で呼ばれるようになったそうです。

『 名古屋帯 』 には “ 織リ名古屋帯 ” と “ 染め名古屋帯 ” があります。
“ 織り名古屋帯 ” は、糸を先に染め色糸にして柄を織り上げます。
一方、染め名古屋帯は布に織ってから後で文様を染めた帯です。
弊社の九寸帯は “ 織り名古屋帯 ”です。

名古屋帯は、お太鼓結びにしたとき、二重太鼓に結べる袋帯と違って、一重太鼓になる
長さになりますので、袋帯よりはカジュアルな帯になります。
寸法は仕立前の帯幅が九寸 ( 約34cm ) で、仕立前の長さは、一丈二尺二寸
( 約4m63cm ) が標準になっています。
芯を入れて仕立てるため、帯幅を広くしたい時には好みの寸法にできるのも特徴です。

           

この “ 九寸帯 ” の最大の特徴は生地にあります。 
< 釉彩錦 > とうい弊社独自の技法を使用しています。 
< 釉彩錦 > とは、陶磁器のもつ深みある釉調を織物で表現したものです。

【 釉 】とは、素焼の陶磁器にかけて装飾と水分の吸収を防ぐ為に用いる一種のガラス質の
もので、平安期以降の陶磁器に用いられていたものです。
室町・江戸時代を通し釉(うわぐすり)の発展が、陶磁器の進化であったと言われています。

   

このような地組織を表現する為に、圣糸緯糸を通常の綾組織に組まずランダムに組織する事と
緯糸の太細や微妙な濃淡によりにより、通常の織物では表現できない素地を造り出しました。
又、通常の錦組織を組み替えて複雑に変化させている為に、非常に複元力がすぐれいる事も
この素地の特徴です。

   

上の写真は 【 別腹文 】 下を半分程隠して頂いたら、それがお腹の場所にくるイメージです

   

                         【 参考本 】

           

           

    弊社九寸帯 ” の場合、金銀の糸や箔糸を使用している為【 付け下げ 】 や
    【 色無地 】 などセミフォーマルにも合わせて頂けます。

   

色違いをご覧頂く場合は、右をクリックして下さい。 ≪ 貝合小袖文 ≫ ( グリーン地 )
色違いをご覧頂く場合は、右をクリックして下さい。 ≪ 貝合小袖文 ≫ ( 水色地 )
色違いをご覧頂く場合は、右をクリックして下さい。 ≪ 貝合小袖文 ≫ ( 白地 )

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。


2箇所のランキングに参加しています

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(業者)へ
             
2箇所共クリックしてくださると嬉しいです


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると
嬉しいです
 http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記     梅垣織物 公式 Facebook
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。