事務所のご案内はこちらです → 「梅田総合会計事務所


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

社会人としてのチカラ を高めるには

2017年02月18日 テーマ:その他 しましまのしっぽ

その組織でしか通用しないチカラじゃ、世の中生きていけないこともある

まして、社会人としての場数がないOR浅いとなおさら

 

自分が20代の頃、社会人経験豊富な方から言われたことが、当時の私の行動指針になりました。全部覚えていませんが、だいだいは。

 

 

森クンねぇぇ、

まあ、まだ森クンは20代だし社会人経験ないからアレやねんけど、・・・

 

まぁ、

スキル磨こうとおもったら 自分が持っている100%の枠で、110%くらいの仕事を自分から手を挙げて取っていくことを続けるといいよ。

そうすると、30代40代になったころには周囲とは確実にスキル差がついてくるから。

周囲から頼られる存在になるし、なにより自信がついて困難な事案にも対処できるようになるよ。

思ったより簡単にね。

 

逆に100%の枠あるけど、「何も言われないからいいや~」って思って、指示された80%くらいの仕事だけやってると カ・ク・ジ・ツ に能力落ちるから。ほんとだよ。

その80%の枠が、近い将来のジブン上限になっちゃう。そうすると

1年目 100*0.8=80

2年目 80*0.8=64

3年目 64*0.8=51.2

・・・

自分に甘い人間は自分のことをけっして甘いとは認めない。

「ワタシは悪くないっ」てね。

周囲のせいにして自己肯定に走るから。

そして辞める。

はっきり言ってこういう奴はイタい。イタすぎる。

 

それとね、

ちょっとミスしたからといって凹んだり、自分で仕事の枠を決めちゃって、他の仕事断るなんてことやるのはしないこと。

一度でも「そんな仕事はしません」なんてNOを言うと、絶対評価されないし、誰も助けてくれなくなるし、誰からも頼られなくなる。

仕事させてもらえずに干されることになるからね。

「お前、もういいよ」って。

 

 

まずは経験少ないうちは素直に「ハイ!」とだけ言えばいい。

素直な気持ちが大事なんだ、これを覚えておくこと。

 

まず、まねる。やってみる。

先輩の仕事を盗む。

そして工夫する。

 

出来ない理由なんて考えるなよ。

そんな理由、並べ立てたらいくらでも出てくるだろうけど。

経験少ないんだから周囲も「カンペキ」なんて思っちゃいないから。

自分のできる110%を最大限アウトプットして、周囲に認めてもらうくらいでちょうどいい。

 

それだけで成長のステップを踏み出せる。

 

 

 

社会人スタートするうえで、経験豊かな人の生声を聴くというのは重要ですネ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

税務署さんから「関与先法人A社さんの会計・税務処理内容を訊きたいので来署して欲しい」と連絡あり

2017年02月14日 テーマ:ブログ

税務署さんが、納税者の皆様に税務調査する場合、税理士関与であれば

 

1)税務署さんが、いろいろな納税者の申告書を見る

2)ちょっとハナシ訊きたいな~、と思う納税者の関与税理士に連絡を入れる

3)いろいろ前打ち合わせしたあと、日程調整して納税者事務所に臨場で何日か税務調査を実施

・・・

という流れになります。普通は。

 

 

 

ウチの事務所は、普段の会計税務や経営助言の際、税務申告の際など、さまざまなシーンでいろいろやってるので

 

1)税務署さんが、いろいろな納税者の申告書を見る
2)ちょっとハナシ訊きたいな~、と思う納税者の関与税理士に【まず】連絡を入れる
3)実際の税務調査する前に、税理士と税務署さん【だけ】でお話しする

4)そのお話しの結果を税務署さん内部で吟味

5)その後は・・・

・・・税務署サン 「やっぱり、税務調査するネ」というケース

・・・税務署サン 「よし、よく税理士さん仕事してるネ、税務調査省略するネ」というケース

 

こんな感じ。

 

 

つまり、いきなり税務調査になるどころか、税務調査が省略!!になることもある!!ということ。

 

 

つい先日もこういう税務調査省略で案件を終えることができた事案があり、お客様には喜んでいただきました。

もうこういう平和な決着、何度目だろう。ウチの事務所、このケースがまあまああります。

税務署サンにとっても我々税理士にとっても、そしてお客様にとってもよいことですよね。

 

うん、しっかりと仕事してお客様にお喜びいただくのは、達成感あります。

これからも、お客様のビジネス繁栄のためにいっぱいがんばります!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

世の中、理不尽だけどソレを呑み込めるか否か

2017年02月10日 テーマ:世の中、ココが変だぞ!

ふと、ネットニュースを見てると、子会社プロパー社員や元社員が親会社の理不尽さを愚痴る記事が目に留まりました。

 

・成果は親会社が取っていく

・子会社は親会社に運営負担金を徴収するから子会社の業績は悪化する

・親会社の人より給与が1割ほど少ない

・トップや幹部級は親会社から送り込まれた人で占められ、自分は上に行けない

などなど

これらを理不尽だ~~  って愚痴る記事でした。

 

 

ま、そんなもんですよ。世の中って。

 

株式会社ってのは株主がイチバン強い。

社長や役員がエラいんじゃない、株主が一番強い。

大株主が「キサマなんて解任じゃぁ~」ってなれば、役員のイスは誰かに取られちゃう。

株式の大半OR全株を親会社がもっていれば、そりゃ親会社が重要事項決めますよ。

もっというと親会社の株主がイチバン強い。

といっても上場会社の場合とそうでない会社とでは状況違いますケド。

 

愚痴言ってるそこのアナタ!そういうこと予見できなかったの?

学生んとき、会社の運営に関係するルールとか知識吸収しなかったの?

どこまで呑み込み、どのくらい理想を追求するか?!

すべてあなた自身が判断して行動しなきゃね!

 

って言っちゃうのは厳しいっすかねぇぇ・・・。

 

 

こうした例に限らず、社会人として生きていく世の中は理不尽だらけ。

株式会社という営利組織は営利を追求する団体であって、組織構成員全員が完全納得する環境を追求する団体ではない。

ていうか、そもそも組織全員が全部の経営判断や行動について完全納得する営利団体を作り上げるのって非常に困難。小規模組織を除いて・・・ね。

 

逆に小規模組織は同じ方向で目標持って動きやすいので、そうした理想も追求しやすい。

3人の旅行ならなんとなくまとまるけど、4人の旅行だと観光組とショッピング組に分かれちゃうみたいな。(笑)

 

だから大規模組織になればなるほど、自分の意図しない意思決定に従わざるを得ない状況になることもあるんじゃないかな~と勝手に想像。

 

いくらでかい組織だって、ヘタすりゃ、会社ごとふっとんじゃうから。

今の世の中。

 

ま、

一つの経営判断について賛成の人もいれば反対の人もいる。

でもそれは会社のための判断であって、それ以外の事情など斟酌されぬ。

 

 

まぁ・・・、ね、世の中極めて複雑に利害関係・権利義務関係・債権債務関係等々が入り組んでいるから、自分の考える理想的環境などに身を置ける人は、そう多くない。

 

そういう煩わしさ完全に避けるなら、静かなところでのんびり釣りでもして過ごしてりゃいいんじゃないっすか。

生活していくオカネの問題あるけど。

 

 

まぁ、せっかく生を受けて人生過ごしているんだし、ココロが健康で過ごしたいってのがあります。

愚痴いうヒマがあるなら、そういう環境に出会わないためにはどうするか考えたほうが数段いいと思いますヨ。

そういう思考を持つことと、世の中の事情を研究することは学生の頃からやっておくべきです。

で、それらの事情を自分なりに呑み込んで荒波を乗り越えて生きるすべを磨く。

 

 

少なくともワタシとしては、ワタシの周囲関係ぐらい、ぐるっとみんなみんなココロが健康であってほしいなぁと願います。

そういう気持ちで行動し、日々過ごしていますね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。