相続が起こった場合、この国では「一応」、自分で財産をとりまとめて、いろいろな決め事にのっとって税金計算をして、自分で整理して10か月以内に申告書を税務署に出して納税してね・・・

っていう制度になっております。

 

 

代理として、税理士さんに頼んでもいいけどね というわけです。

 

 

簡素な税制とは程遠い複雑さを誇るのが相続税。

ワタシはこういった分野を若い頃から深く深く掘り下げて業務にあたるべく、国家試験の選択科目は相続税法を選びましたし、深く実務にも携わってきた。

相続税の税務調査における、「アヤ」みたいなものもカラダにしみついております。

 

 

振り返ると、ン億円クラスの案件をこれまでに多数やってまいりました。1件1件丹念に、時間をかけて。

事務所の書架にずらーっと並ぶ、これまで手掛けてきた相続税申告書・検討資料集の控えを見ると、それぞれのストーリーが思い浮かぶ。

 

 

これら1件1件について、相続税法以外にも、建築関係法規や道路関係の行政資料、判例や鑑定、その他もろもろを駆使して納税額圧縮を図る。

 

 

実に多様な観点からの検討と、課税対象額圧縮のノウハウを駆使しまくるシチュエーションなわけです。相続税申告って。

 

 

こうした実態なのに、国は「いちおう、相続人の皆様が自分で処理する制度になっているので・・・」と言う。

実態は税務の専門家が関与しないと、国民一般の皆様では到底処理不可能な状況。

 

 

 

税とは国家なり といったものですが、それにしても知見がない一般国民には相続税っていうのは処理ハードルが高すぎるんですよね。

 

コレ見てください。

今度の月曜に税務署に相続税申告書を提出に行きます。

コレで1案件の相続税申告ですよ。。。

 

 

なんと厚さ6センチ弱。

制度上は、コレを一般国民の皆様がすることになっているわけです。

国民はこうして真面目に納税義務を果たしています。

 

 

 

なのに・・・

資料は破棄した!と強弁するSAGAWAさんというお偉い役人さんがおりますけど、ホント国民をバカにしていると思いますネ。

AD

ワタシ、マズローの5段階欲求っていうのを、時々会話に出すことがございます。

 

第一段階 ゴハン食べたい!寝たい!

第二段階 危険じゃないとこ住みたい! 安全でいたい!

第三段階 集団に属したい! 仲間が欲しい! 孤独じゃないようになりたい!

--------------ここまでが低位の欲求-----------------

第四段階 認められたい! 尊敬されたい!

第五段階 己の能力で創造的活動がしたい! 

(その上の段階) 自己を超越して使命に没頭したい!

 

 

 

 

組織社会でシゴトしている人が、よく口にするのが

「評価されたい!」

「認められたい!」

「昇進して上に行きたい!」

・・・

などが定番。

昨今では、昇進希望しない人達も相応数いるようですけど・・・ね。

ま、コレは余談。

 

 

 

で。

 

 

自分で事業を切り盛りしている人は、こうした話題については、上記とは

違った世界観・価値観を持つかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

すなわち、

組織とはいっても自分で差配するわけだし・・・

認められたい!っていっても、上司とかいないし・・・

 

当然ではありますが、自分の切り盛りする組織でエラーが生じた場合には

広----く、深-----く、自分自身でその責任を取らねばならぬ。

言うまでもないことですが・・・ね。

 

 

 

自分で事業を切り盛りしよう!と思うまでには、相応の組織社会人経験を積む

わけですけど、その時代とは180度見え方が変わるわけです。

 

 

例えが変かも知れませんが、

結婚して子供が生まれるまでは、子を持つ親の感情は真から理解できなかった

ものが、実際にそういう立場になると身を持って実感することになる視野を持つ

ようになる・・・・

に近いレベルでのコペルニクス的転回。

 

大衆演劇のお芝居では、喜劇系に振った芝居のほかに、親子愛や家族愛をテーマ

にした人情もの芝居がよく取り上げられます。

こうした芝居、社会に出たての頃に見てもジーンとこなかったかも知れませんが、

いま観劇すると、深く心に入ってきます。

 

状況が変わってくると、このように見方や考え方は変わるものですね。

 

 

 

 

話しを戻して。

 

自分で事業を切り盛りしよう!

そういうレベルで視野・感じ方が変わったとき、

マズローのいう第四段階欲求についてはどうなるんだろう・・・

 

開業してもう13年目。

そんなことをふと思う。

 

解決が難しい根源的な悩みなのか

はたまた、取るにたらぬしょーもない悩みなのか

ゼータクな悩みなのか

・・・わからぬ

・・・皆目わからぬ

 

モチベーションや、メンタルのバランス維持、5年後10年後・・・

そういった諸々なことを思い、じっと手を見る。

 

AD

まぁ、一言でいうと「儲け損ねましたね~」っていうところでしょうかねぇ・・・。

昨年後半の狂乱を見てて・・・ね。

 

 

 

で、昨日お客様とお話ししていて

「センセーは、(ビットコイン)どうですぅ?やられちゃいましたぁ?」

と聞かれて、ワタシが発したのが冒頭の弁。

 

「ま、遊びカネ20万円~30万円をホールドしてほっとくくらいの遊び方でいいん

じゃないでしょうかね~」ともお話ししておきました。

ま、あんまりヤル気ないけど(苦笑)

 

 

で、ふと思い立ってビットフライヤーの18.2.5時点価格を見てると、

1BTC=約890,000JPY

 

ふーん、一時200万超えやったのにずいぶんこの頃の騒ぎなどで下落したねぇぇ

と眺めてました。

 

で、本日18.2.6時点の価格を見てると、

1BTC=約690,000JPY

 

ウホホー!

こりゃすごい。

相変わらずスゴイ値動きですね。

2/6は材料的にいろいろあったってのもあるけど。

 

 

 

ワタシ思うんですけど・・・

人生100年時代。

結局のところ、10代~20代は自己投資して、30代以降の長期間でガーンと稼げるように

人生計画するのが一番確実な投資なんじゃないかなぁと確信するわけです。

流行り廃りをじっくりと吟味しながら・・・ね。

 

そうすることで

ステップ0:学生時代~20代 中高年期を見据えた、自分への自己投資

ステップ1:20代 就労による所得獲得スタート 

ステップ2:30代 就労による所得増加 上位クラスへのジョブチェンジ・クラスチェンジ 自己投資効果の具体化開始!

ステップ3:30代~40代 増加した就労所得によるストック増加(タネ銭造り)

ステップ4:40代以降 増加した就労所得による確実なフローと、タネ銭を働かせる投資収益の二本立て

ステップ5:投資収益の増大 

 

40代以降は、フローの増加とストックの増加の二方面作戦を継続していけばよろしいということで。

そのためには20代までの自己投資がキモになるんじゃないかなぁぁ、と思うわけです。

 

ビットコインで人生バラ色なぞ、相応の勉強と度胸と手間暇がないと長期永続的に勝てない。

1億勝っても、税金で5000万持っていかれて、残るは5000万。中長期の人生活動資金としては心もとない。

 

それとも利確しないで・・・。いやいや、仮想通貨の税務を斟酌すると、打てる手法は・・・。

おおっと、無料で良い情報聞き出そうったって、その手は桑名の焼きハマグリよォ!

 

 

 

 

人生100年時代を生きるためには、乱高下相場に動じることなく、中長期での人生戦略を俯瞰しておくことが重要ですね。

 

 

 

 

 

AD