事務所のご案内はこちらです → 「梅田総合会計事務所


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

若い人の癌に思う

2017年06月24日 テーマ:その他 しましまのしっぽ

私は学生時代の同期を癌で見送っております。

あれは2013年、今から4年前の2月でした。40代前半。

 

ガッコを卒業以来あっておりませんでしたが、元気で活躍されているなぁ・・・と見聞きしておりました。

ザ・働き盛りですからね。

 

なのに、大腸がんであっという間に・・・。

言葉を失いました。

報を受け、雪景色の伊吹山の麓へ弔問。

悲しさをこらえて見送ってまいりました。

 

お会いしたお姉さまから私に、「弟の分も生きてください!」と。

忘れられない言葉です。

 

 

働き盛りの世代でのガンや心筋梗塞などで急死、珍しい・・・と思っていました。

以前は。

 

なのに、

アナウンサー 小林麻央さん(34)

アナウンサー 黒木奈々さん(32)

タレント 前田健さん(44)

ジャーナリスト 竹田圭吾さん (51)

力士 時天空さん (37)

サッカー選手 松田直樹さん (34)

などなど

 

ちょっとニュース見ているだけでこんなに?!

若い方々の病死が多いような気がします。

 

 

生き方を説いたお話しとかでは・・・

・いつ死んでもいいようにしておきなさい

・自分が亡くなるという予感がするときになってそれまでの生き方を後悔しないよう、日ごろを過ごしなさい

・自分のためにたくさんの人が集まるのは、結婚式と葬式。葬式のとき、ココロから悲しむ方々に見送られなさい

・あ~、楽しい人生だったと思えるようにしなさい

・笑いの総時間>ネガティブ感情の時間 となるように  怒ってばかりで人生を過ごすのは愚

 

いろいろ言われておりますね。

 

イキルってのは簡単ではないけど、今の一瞬一瞬を大事にしたい。

改めてそう思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「自分の希望のためには、周囲はダメージを受けてもよい」は容認されるのか?

2017年06月19日 テーマ:世の中、ココが変だぞ!

8月のある日、とある遊園地で 着ぐるみさんが

ステージ上で、「暑いから着ぐるみ脱ぎます、夢壊してごめんなさいね 暑いっていう自分の気持ちに嘘はつけないの」 と言って、中からオッサンが出てきたらみなさんはどう思いますか?

 

 

 

普段は芸能グループのあーだこーだなど、まったく興味関心がないのですが・・・。

 

とある芸能グループは恋愛禁止を自主ルールとして、それを売りにしてきたそうで。

で、グループの人気投票では1枚千数百円で1票となるCDがあり、その投票で3万票余りを獲得して上位になったアイドル (ここでは「甲氏」としましょうか) がいたとのこと。

 

で、その甲氏は上位にランクされた際のあいさつで

「ワタシ、結婚します」

「すごく迷惑をかけることもわかっているんですけど、(中略)嘘をつきたくない」

 

という趣旨の発言をしたそう。

ハタチを過ぎた立派な大人ですよ、大人。

 

 

さて・・・

 

この芸能グループに属する人たちは、この自主ルールを遵守。

中にはそのグループに所属するアイドルとして強い誇りを持って、厳格な規範意識でもって活動している方もいらっしゃるとのことです。

まさにプロ。尊敬しますね。夢を売るってのはそれくらいでちょうどいい。

 

自己を応援してもらうようファンに語り掛け、アピールし、ファンはそれに応える。

ファンは1枚千数百円のCDを1枚又は複数枚を購入するため多額の資金を投じ、応援する人に票を投ずる。

甲氏の案件では、本件人気投票のために少なくとも概ね3千万円強の資金がファンから投じられた模様。

そのようなビジネスモデルであることは、その芸能グループおよびファンの間では当然に了解されていた事項です。

 

甲氏と運営側との間に、芸能活動中の恋愛禁止に関する契約までがあったかどうかまでは不明ですが、ファンの間で認知されているルールをそのファンへの思いに応える場にて、なんと公然とルール破棄を公表!

 

自己の希望を優先するためには、ルール無視も厭わぬ!!!

ってのはどうなのか。

 

 

現実のビジネス社会とはそもそも異なる芸能界のハナシなので、経済系のニュースとは違った感覚で推移を見守ってますが。

 

ま、芸能界は、幻想の世界・夢を見させる世界。

とはいえ、現実のビジネス社会とは多少環境が異なるとは言え、ガチガチの契約社会に身を置く社会人としては、こうした「自己の利益のためならルール無視しちゃったけどごめんなさいね」なんてこと言われようものなら、強烈なる嫌悪感を禁じ得ない。ちょっと間違えたら損害賠償モノ。

 

世は契約社会ですから。

そして人と人との調整が常ですから。

他人が迷惑を蒙ろうが、ワタシの幸せのためならルールなぞ関係ない!なんて行動など、性善説に立つ限り予定されていないこと。

 

芸能界でのこうした行動をマネして、現実の契約社会でこうしたことをする人たちが出ないことを祈るばかりですね。ま、いないでしょうけど。

 

とは言え、現実の契約社会でも多かれ少なかれこういう輩はいるものです。

自分の希望のためには、あとがどうなろうと、周りがどう迷惑を蒙ろうと関係ないって態度の人がね。

 

時々聞くのは、入社してそんなに期間がたってない新入社員が突然「本日付で退職します!」とか言ってくるとか・・・。

いやいや、いろいろ調整とかあるから最低でも2週間前に言わなきゃダメでしょ。アルバイトだろうが正社員だろうがね。 「調整?んなもん知らんわ。後は勝手にやってくれ。」とでも言うんでしょうね、そういう人って。

 

他に聞くのは、自分の提案が絶対正しいって思いこんでて、周囲の調整を無視して案件すすめちゃう事案とか・・・。

いやいや、周囲との調整を先にしようよ、なんといっても。関係取引先様の事情ってもんがあるし。

 

こういう人たちはいわゆる超超自己中なので、周囲からは呆れられて放置又は距離を置かれるので、自分から改善できる機会などない。そっと、周囲は離れていく。

組織にこういう人がいると、経営には甚大な影響がある場合もございます。

はっきりいって、社会に出てうまくやっていくのは厳しいタイプの人ですね。

うっかり関わると、損失が大きくなりすぎます。関わらぬのが吉。

 

仕事っていうのは、結局ヒトとヒトとのつながり。

これを大事に大事にすることが、社会人としての基礎。

社会はアナタのために廻っているのではなく、ヒト同士の調整の積み重ねで廻っている。

そういうものです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

国際金融都市・香港から日本に帰ると感じること

2017年06月15日 テーマ:世の中、ココが変だぞ!

海外から日本に帰国すると、日本国内で過ごしている日常が「おいおい、日本大丈夫か?」

と感じることが多々あります。

 

国際金融都市・香港

 

広大とは言いにくい土地に、たくさんの人がいる。

その活力たるや、スゴい!

生きるパワーをそこらじゅうに感じます。

 

20~40代くらいの人たちが、街中やデパートなどでガンガン買い物をし、

多数の子連れファミリーがその活力をみなぎらせてメインストリートを闊歩し、

夜遅くまでやっている激ウマ酒家(大衆的なレストラン)で、実にたくさん

の人が旨い料理に家族みんなで舌鼓を打つ。

消費意欲も旺盛だし、若い人が普通にスポーツタイプのクルマを楽しんでいる。

 

街を縦横に結ぶMTR(地下鉄)には長大且つ高速な車両が行き交い、

沢山の若い人達が最新のスマホを手に取り移動していく。

 

MTRで向かいに座った小さな子供のバッグには【K3-D】 (日本でいうところの

年長のD組の意)との表示。

え? D組?!  そんなに組数あるの?? とか驚いたり。

 

国際都市だけあって、多数の人が老若男女関係なく英語があたりまえ。

結構クセが強い英語発音だけど、それもまた良し。

特に感じたのは、語尾が消えるという点。

例えば、

cold →コォォゥ

Mobile→モバァィ

hotel→ホテェゥ

ま、そういうもんだと思えば慣れますヨ。

 

 

 

総じて街全体にすごいすごいパワーを感じるわけです。

消費意欲とか、活力とかもろもろに。

 

改めて思う。

ニッポンってガラパゴスだなぁぁって。

 

そんなガラパゴスだったことに気づかず、日々を過ごしていると世界から

取り残されちゃうかも・・・ね。

 

ニッポンのあたりまえは、世界標準からすると非あたりまえかも。

 

海外と日本では、人口構成比と消費パワー・活力がだいぶ違うようですね。

 

ふと思ふ。

「ニッポン、どうしてこうなった」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。