パッションリーダーズ

アントレプレナー 初代学長

植木より将来の起業家へ メッセージです。




ueki


ユーチューブ 起業家応援メッセージアップ



$起業家育成スクールマナビバ ~日本で唯一の実践ビジネススクール~


近藤社長の主催する会です。


「雇われない生き方」 今からの時代は





個人でも生き抜く力を身につけることが





必要です。

世の中


[雇われる方]と[雇う方]


どちらしかないのに、どうして悩んでるの??


その「一言」の教えから起業 年商60億円の

人材派遣会社を創業、㈱アパユアーズ


その後、東証一部派遣会社に売却と同時に


役員を3年務め、現在の若者に起業スピリットを

教えるべく、「マナビバ 起業スクール」を開校

現在も、実践トレーニングで起業家の育成に

従事しています。




マナビバ起業家スクールはこちら


起業するならマナビバへGO!


月刊マナビバ


読者登録募集中!

ソーシャルセミナー 随時開催


渋谷 教室

サンクチュアリ研修 研修費




お一人様98、000円



場所は変更があります。


【その他の交流会・セミナー情報はコ

チラ】


ココ



$起業家育成スクールマナビバ ~日本で唯一の実践ビジネススクール~


スタッフ ブログ こちら

新規 受講生

新宿起業スクール

横浜薬科大学 起業スクール

自然学校を起業する スクール生のブログ

湘南 起業スクール


熊本 起業スクール

青山起業スクール

NEW法政大学起業スクール


NEW新橋起業スクール

NEW池袋東口起業スクール

NEW吉祥寺起業スクール


NEW横浜西口起業スクール

NEW備前焼を世界に広げる起業人のブログ


  • 02 Dec
    • 和やかな職場環境

      こんにちは! 日常会話でのユーモアといえばどんなことを思い浮かべますか? 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より    たおえば「ダジャレ」です。その職場にも一人や二人は名人がいるもので、何故か男性に多いようです。 職場を和ませるダジャレの効用に着目しているのは 「日本だじゃれ活用協会」代表の鈴木ひでちかさんです。  「日頃楽しい雰囲気がいざという時に力を発揮する」 「行き詰った会議を打開させる」 とだじゃれの効用を語ります。   どのような仕事でも緊張状態が続くことは好ましいとは言えません。  時に笑いが起きることで気持ちが切り替わったり、集中力を取り戻せたりします。 なによりだじゃれが言える職場環境であることはその会社の魅力の一つだと言えるでしょう。 とはいえ、あまりにダジャレを連発すると 「オヤジギャグ」ですねと言われ、煙たがられるかもしれません。 鈴木さんは若い人から「昭和ですか?」と言われたら 平静(平成)を装って指南しています。  和やかな職場環境にしていきたいですね    

      NEW!

      テーマ:
  • 01 Dec
    • ある方の就職活動

      おはようございます。今日は就職活動というテーマです 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より   Kさんは定年間近になって自分がこの職場にいるわけを思い返してみました。 入社のきっかけは、Kさんが小学生のころ、父の経営していた町工場にこの会社の営業マンが出入りしていたことでした。 ときどき見かけるだけでしたが、明るくはきはきしていて、扱う商品に誇りを持っていることが良くわかりました。 いつしかこういうひとになりたいと憧れるようになりました。 就職活動を始めるころ、Kさんの頭に浮かんだのはその営業マンです。 今どうしているだろうと尋ねてみると、その人は人事課長になっていました。  課長はKさんのことをよく覚えていて自分を一人前の営業マンとして信頼してくれていたので 期待にこたえようと頑張った、楽しく仕事ができた、と思いで話をしてくれました。 やがてその会社に就職したKさんはその先輩と同じ道を歩んできたのです。 人の繋がりの不思議さをしみじみと噛みしめたようです。 人の縁が道を拓くことになるのですね!!  

      1
      テーマ:
  • 30 Nov
    • Newtonの四年分の原稿ストック

      こんにちは!雑誌Newtonについて  東京大学名誉教授の故・竹内均氏は、科学雑誌「Newton」の初代編集長としても知られています。 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より 竹内氏は当時「Newton]に毎月2本の原稿を書いていました。 それぞれ400字詰めの原稿用紙で20枚と15枚のシリーズでした。 彼はこの2本の連載原稿のストックを4年分持っていたそうです。 『「ストック」とは「仕事の先取り」である。「仕事の下準備」と言ってもいい』 と竹内氏は著書で述べています。  私達は目先の事で手いっぱいになりがちです。 しかし生涯数百冊の著書を下記、多忙を極めた彼を思えば できないことはないでしょう。  まずは何か「これだけは」と決めて、早め早めに先取りする習慣をつけることです。 一つのその習慣ができればそれが自信になり、他の事柄にも良い影響を及ぼしそうですね!!    

      テーマ:
  • 29 Nov
    • 黒田博樹投手の話

      元メジャーリーガーでもあった引退した黒田投手の根底にあったもの  引用著書「職場の教養」 倫理研究所より   日米通算200勝を達成した黒田選手がたゆまぬ努力を続けた根底にあったものは「恐怖心」だったといいます。 「ずっと不安で野球を続けてきた。」やk中を終えるまで不安しかないと思う。」と語った黒田選手。 その恐怖心が並々ならぬ努力につながり、快挙にいたったのです。 わたしたちも仕事で結果を求められたり、大勢の前でプレゼンテーションをするなどプレッシャーを感じることも多いでしょう。 不安や心配を覚えるからこそ、じぜんにしっかりと練習や準備をして本番に臨むものです。 その準備によってさらに自分の才能が磨かれていくのです。 仕事に慣れてくると不安や心配もなく業務に取り組めるようになる半面、 事前準備もおろそかになりがちです。 自分を磨く機会も減っていきます。 何人経っても仕事に対する恐怖心や緊張感を持ち合わせながら 万全の準備をして目の前の仕事に望みたいものですね。  

      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 福沢諭吉の母の教え

      みなさん こんにちは! 職場の教養の引用倫理研究所 偉大な福沢諭吉の偉大な母の教えを載せますね 偉人の背後には偉大な母がいた と言われます。福沢諭吉に母、お順はどのような人にも分け隔てなく接する情の深い優しい女性でした。 お順が時折面倒を見ていたチエという若い女性がいました。 頭にはシラミがたかり、異臭もするので周囲のひとは嫌がって近寄りません。 しかしお順は嫌な顔一つせずチエの頭のシラミをとってあげていました。 シラミとりを手伝わされていた諭吉は嫌で仕方がありません。 ある日とうとう我慢できずに「母上、胸が悪くなりました」と投げ出してしまいました。 お順は「情けない人ね」と諭吉を笑い「わたしだって気持ち良いとは思いませんよ。けれどもチエは自分でそれができないのですよ。出来る人が出来ない人のためにしてやる、それが当たり前だと思うんだけど。」と諭したのです。 我に帰った諭吉は「なんともなくなりました。」と手伝いを続けたのでした。 たとえ小さな事柄でも困っている人や出来ない人に手を差し伸べる思いやりの心を育んでいきたいものですね。

      テーマ:
  • 27 Nov
    • マラソンコースのおじいさん

      皆さん、おはようございます。 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より マラソンコースのおじいさん  「Sさんは仕事上の悩みを抱えています。自分を見つめなおしたいという思いから 地元で行われる「高知龍馬マラソン」への出場を決めました。 練習コースを決めて毎日走っているといつも一人のおじいさんを見かけます。 おじいさんは道端のごみを黙々と拾っているのです。  ある日『僕らのような若いもんがせんといかんもんを、毎日拾ってくれてありがとう。」と声をかけると、 おじいさんは『今日はたばこの吸い殻やごみは少ないき、、だんだんきれいになりゆうが!」と笑顔で答えてくれたのです。  『なんでごみを捨てるんや!』といった文句や愚痴ではなく、待ちが綺麗になってきたことを嬉しそうに語る姿にSさんは胸を打たれました。 それに比べて自分は職場でも愚痴ばかりです。 前回初めて参加した高知龍馬マラソンはほとんど練習もしなかったため完走できませんでした。 地域で黙々とゴミを拾う人がいることにこころ洗われたSさん。 練習で得た気付きを胸に、来年のマラソン大会での感想を誓っています。』 きづきを成長につなげていくのは大切ですね。  今日も一日頑張りましょう 

      テーマ:
  • 26 Nov
    • 心温かに

      おはようございます!  引用著書「職場の教養」 倫理研究所より 「心温か」のお話   「Aさんは気分を変えて仕事をするために昼休みに喫茶店へ行きました。 珈琲を注文して待っていると、1人の男性客が目に入りました。  その男性はコーヒーが運ばれてくるのが待ち遠しい様子です。 嬉しそうに目を細めサイフォンのコーヒーを見つめていました。   その姿を見ていると、Aさんの表情までゆるんできました。 同時に、自分が普段無愛想な表情をしているのかと思ったのです。 特に不機嫌なわけでもないのに無愛想にしている自分がおかしく思えました。  顔の表情は自分では見えません。周りの人のために表情はあると言ってもいいでしょう。 明るい表情の人が多い職場は それだけで活気があるというものです。 表情だけでなく、明るい声も職場に活気を生み出します。  本のひと時の場面でしたが、Aさんは温かい心を持つ人との触れ合いが自分の心まで温かくすることを知りました。 周りの人までしあわせにするような笑顔を目指してAさんは日々を過ごしています。」 明るい職場作りを目指すのは大切ですね。  教も一日頑張りましょう!  

      1
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 着ない服

      おはようございます。 マナビバスタッフです。 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より 着ない服というテーマです ここ数年断捨離という言葉もはやっていますよね。     内容は、職場や家庭にあるものを使う頻度によって分けれみるという事。 1.毎日使う2.時々使う3.年に数回使う4.全く使わない の四分割です 例えば洋服でも「愛着がある」「高い服だから」「痩せたら着る」「捨てるのはもったいない」と 理由をつけては着ない服がタンスに入っているのは 服が服として役割を果たしているとは言えないですよね。 片づけるとスッキリとしてどんな色合いのものや形のものが自分は好きなのかもわかるし、 整理整頓ができる人は仕事もできる人というイメージがつきますね。  それでは今日も一日頑張りましょう!         

      テーマ:
  • 24 Nov
    • 12月14日のマナビバ赤坂交流会のお知らせ

      みなさん、こんにちは。 今日は寒いですね!! さて、12月14日に行われるマナビバ赤坂交流会のお知らせです! 今の仕事がさらに上手くいくためのヒントがたくさんあるためになるお話ですよ! 交流会後には名刺交換時間もあるし、 お食事会もあるのでビジネスチャンスを増やすきっかけにもなりそうですね!   ↓↓↓  https://www.facebook.com/events/420478844743172/

      1
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 思考回路を切り替える

      おはようございます。 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より  『18歳のMさんは今年の夏、森林づくりのボランティアに参加しました。 活動の初日、Mさんは10名の班長に指名されました。 「周りは年上なのに、なぜ自分が?」と不満に思っていました。 その夜Mさんは体調を崩してしまいました。「班長なんてついてない。ボランティアを進めた親が悪い、あの人が悪い。。。」 と憤懣やるかたないMさん。 そのうちふと「両親はこうやって誰かのせいにして甘えているわたしを見て進めたのかもしれない」 というおもいが脳裏をかすめました。 参加の最終決断を下したのは親ではなく自分です。「すべて私が決めたこと。何でも人のせいにする自分とは今日でお別れしよう」と心に決めました。 すると不思議なほどに体調も回復し、 最年少班長は周囲が驚くほどリーダーらしさを身に付け一回り大きくなって活動を終えました。  命じられた仕事ほど人は責任転嫁しがちです。「最終決断したのは私。」と思考回路を切り替えるところに「私の成長」が待っていたのです。 誰かのせいという思考から脱した時、人は本当の意味で大人になるのかもしれませんね。 きょうも一日頑張りましょう!

      テーマ:
  • 22 Nov
    • 人の振りみて。。。

       おはようございます。 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より 人の振りみて… 『「他人の行動を見て自分の振る舞いを省みて改めなさい」 「人の振りみて我がふり直せ」ということわざがあります。 ある人が仕事で失敗して上司に叱責されていました。 取引先に届ける書類の送付が大幅に遅くなったのです。 Aさんはその姿を見て「何故早くできないのか。自分ならこういう失敗はしないぞ」 と、同僚の姿に否定的な思いを抱きました。 一方、同じ場面を見ていたBさんは「自分にも同じようなところがあるかもしれないから気を付けよう」と思ったのです。 AさんとBさんの感じ方は正に正反対。 その違いは相手の姿の中に自分自身の姿を見出しているかどうかです。 仕事上で出会う様々な人を、自分に何かを示してくれる「先生」だと捉えると 日々の働きぶりや人付き合いの仕方も変わってくるのではないでしょうか。 お互いを師と敬い、切磋琢磨しあえる職場を築いていきたいものですね。   

      テーマ:
  • 21 Nov
    • 秋の七草

      引用著書「職場の教養」 倫理研究所より 「秋の七草」について書かせていただきますね。     『日本の会を代表する花といえばどのような花が思い浮かびますか?    今から1200年以上も前に編纂された「万葉集」に、「秋の七草」の歌が2首収録されています。まず一首目は五七五七七の短歌です。  秋の野に咲く花を 指折り かき数うれば、七種の花  「および」とは指のことで 「秋の野に咲く花を指折って数えてみれば七種類の花」という意味の歌です  続く二首目では七種類の花が、五七七五七七の旋頭歌の形で歌われます。 萩の花 尾花 屑花 なでしこの花 おみなえし また藤袴 朝顔の花  「尾花」はススキの事で「朝顔」はキキョウのこととする説が有力です。 万葉集の時代も現代も日本人の話す気の心は変わらないようですね。 さて、「秋の花を七つあげてください」と言われたら、皆さんは何の花をあげるでしょうか? ビジネスの話だけでなくこのような季節の花のお話ができる方と お付き合いしたいものですよね。    

      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 第111回のサンクチュアリ研修 特別野外授業

      第111回のサンクチュアリ研修では野外授業がありました! イスラエルなどで音楽を通して平和を伝えているheaveneseの音楽ライブへ電車に乗って行きました 抗争が行われてる国で平和を伝える、命をかけた仕事とはという事を直で聴いて学ぶためです 別途お金がかかりましたが 植木代表がみんなの夕ご飯にカレーを用意してくれました! レゲエと日本に関係があったのには驚きでした 音楽を通して気持ちを楽にしてくれたり 世界の歴史を絡めてわかりやすいように教えてくれたり いろんな人に知ってもらいたい世界で活躍する音楽グループです

      テーマ:
  • 19 Nov
    • ありがとうボタン

      本日はこちらの記事を載せますね「ありがとうボタン」 引用著書「職場の教養」 倫理研究所より  「東大阪市何の中小企業で構成する 『東大阪ブランド推進機構』が、市内の小学生を対象に『大切な誰かの為に考えた発明品アイデア』を募集しました。235件の応募の中から、優秀作品の一つに選ばれたのが「ありがとうボタン」です。 同市に住む、小学4年生女子からの応募作品でした。アイデアがひらめいたのは母親が運転する車に乗っている時でした。 道を譲ってもらった際に鳴らすお礼のクラクションの音が大きすぎたり、相手に伝わらなかったりと、「ありがとう」を伝えるのが難しいと感じたことがきっかけでした。 このアイデアは市内の様々な企業によるプロジェクトチームが実際のクラクションにして発案者の女子に贈呈しました。 ボタンを押すと、ぼわーんという柔らかい音と共にピンク色のスマイルマークが車の窓ガラスに光るものです。 東大阪市は町工場が集まる『モノづくりのまち』です。 子供目線から生まれた思いやりを、地域の特性を活かして形にするという取り組みは、これからの企業のあり方としても、大きなメッセージを発信しているようです。」   地域の為にできることを考えることは素晴らしいですね。 「ありがとうボタン」は当事者達だけでなく、それを歩いていて見かけた人も思わず微笑んでしないそうな素敵なアイデアですね。 このようなアイデアがどんどん増えたら日本の未来も明るそうですね。今日も一日頑張りましょう! 

      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 第93回マナビバ赤坂交流会の様子 その2

      第93回マナビバ赤坂交流会のプレデンシャル保険の山本聖さんのお話の続き    営業で大切な事はもし営業などで人気が出たとしてもそれを自分の力と過信しないで『お客様に支えられている』という気持ちが大切である。 お客様に押し売りをするのではなく、お客様に喜んでもらえることを考える。 これを売ったら私は金持ちになれるという考えは、お客様は見抜くものである。 そして自分のキーマンを作ることも大切になる。 キーマンとはキックバックがなくても自分にたくさんのお客様を紹介してくれる人。 お客様は活躍している人から物を買いたいという願望がある。 だから好成績を作り上げることはお客様の為にもなる。例えば、野球のイチローをみんな、応援したくなるのは頑張っているから。 アイドルも応援したくなるけど、アイドルは一方的であるけど、自分が身近なアイドルになればキーマンはどんどん増える。  今回のお話の中で大切な3つのことは、*ブランディング 1つのものにトコトン、マーケットを確立する。*キーマンを作る、育てる。*心を持ってお客様に接する。  人間というのは自分が過去に買ったことのある値段しか売ることができない。 例えば、保険の営業でも、自分が1万円の保険しか入っていなければ1万円の保険しか売れない。あと、毎年数字をあげていく事が大切。 基本的に、商売は右肩上がりじゃないと成り立たない。 ライバルは常に去年の自分であると自覚すること。 そして本業に特化していろいろと手を出しすぎないことも大切である。」   というお話でした。ONLY ONEを目指すことが大切なんですね。自分にしかできないこと、自分が得意なものや、好きな事はなんだろうと今一度振り返って考えてみるのも良いかもしれませんね。 山本聖さん、ありがとうございました!!  

      テーマ:
  • 17 Nov
    • 第93回マナビバ赤坂交流会の様子 その1

      皆さん、こんにちは。 マナビバスタッフです。昨夜は第93回マナビバ赤坂交流会の取材に行ってきました。今回はプレデンシャル保険の山本聖さんのお話でした。    「プレデンシャルの保険の営業マンはどの人も同じ保険を売っているのに億を稼ぐ人もいれば、明日にでも首になるかもしれない人もいる。  その違いは何かと言うと、『お客様に感動してもらえているかどうか』が大切になってくる。 そのためには誰にも負けない得意分野を身に付けることが近道になってくる。 ブルーオーシャンで勝負するという事が大切になる。 プレデンシャルでは営業売り上げの順位のノートが出るのだけどそこでファーストページに載るトップの人は*ドクターマーケット *退職金関係など自分の得意分野を伸ばして、そこに特化して勝負しているから強い。 医者だって眼科や脳外科などに分かれている。 でも税理士は科にわかれていない。 弁護士は税理士になれるし、 公認会計士も税理士になれるし、 税務署で23年間働けば税理士になれる。 中には税理士の中で相続に関する税理士などもいるが ブルーオーシャンでは非常に少ない。   実は、相続税などを収めている人の6割~7割は払い過ぎという事実があり、 3億相続税を支払った人がちゃんと調べてみたところ5千万戻ってきたという話もある。 営業にはそれぞれオンリーワンを磨くこと。 ゴルフで営業する人もいればお酒の場で営業する人もいる。 自分の強み、自分のマーケットを作ること。 『これは誰にも負けないぞ』を1つ持つこと。 このマーケットを掘っていくこと。 例えば、超美食家になるなど、自分の中で磨いていくと『こんな面白い人いるんだけど。。。』と自分の事を紹介してもらいやすくなる。 女性専門等絞り込むことで、そこを絡めた仕事などできる。コンサルをしている人は何かに特化してONLY ONEになる事を目指すべきである。 有名なケーキ屋でリリアンベルと言うお店があるのだけど、並んでいる人で渋滞を起こしている。 話題が話題を呼びさらに有名になってきている。こういう現象が起きるように、話題を呼ぶことが大切である。  続く そしてさらに話題が話題を呼び、どんどん有名になっている。

      テーマ:
  • 16 Nov
    • 寺子屋の座談会でのお話 その2

      A主監のお話の続きです。 自分が「きいてんのか?」が口癖になったのはここ5.6年なんだけど、その意味は「腹で聞いてんのか?」という意味。よく、納得いきませんと言う人がいるけど納得できるかどうかより腑に落ちたかどうかが大切なんだよ。 先は見えないけど腑に落ちたら行動すること後になってその事柄について納得することができるもんだよ。 自分は25,6歳の時に不動産をやってフレンチレストランや下着販売やホテル経営などいろいろしたんだよ。年商が1年で25億、3年で100億になっちゃったもんだから、小学生がお金を持っている感じで遊びに行った先でぱっとホテルを買って帰っちゃうような感じだったよ。 あの頃は本当に何も考えていなかったからあの頃の自分を知っている奴らにはひどい事をしたと思っているよ。今は、いろいろと考えられるようになったからなぁ。牛に鳥になれと言ってたからなぁ。その人の気質や後天的なものが絡み合って才能が開花しているのに、本当は○○で生きなきゃいけない人に○○じゃない!と言って責めてたから。 主観的な悪人は客観的な善人で客観的な悪人は主観的な善人でもあるんだよ。 まぁ、愛されようとするよりも愛することが大切だなぁ。あとは答えを見つけようとしない答えを見つけた事かなぁ。自分の頭の中で「あーでもない。こーっでもない」って自分の頭の中で妄想するのは答えとは言わないんだよ。それはただの妄想だから。 仲間とは意見を言い合って良いんだよ。ビジョンについて話をする。理念については自分が答えを出すのではなく相手を知るために話をしてもらうってことなんだよ。 欲というのは谷に欠けると書く。車が欲しいとか美味しいワインが飲みたいっていうのは思考の世界の妄想だから欲とは言わないんだけど、欲とはどう考えても難しいのに欲しいと願う事なんだよ。 自分の捉え方でいろいろ変わると思うよ、例えば相手が自分に何かを言ってると思ったらむかつくけど、自分の何かが相手にそう言わせると思ったらまた違う捉え方になるしなぁ。』 と、とても勉強になる哲学な事を語ってくださいました。 なかでもマナビバスタッフのわたしがとてもなるほど!と思ったことがあります。 それはA主監が「人間の判断は後味できめろ」と言っていたことでした。 どんなに褒めてくれてその時は嬉しくても、離れた後の後味の悪さが残ったら自分にとってその人は違う。でも、どんなに喧嘩になったとしても後味が良かったらその人は自分にとって良い人なんだよ。 という事でした。

      テーマ:
  • 15 Nov
    • 寺子屋の座談会でのお話 その1

      こんにちは。マナビバスタッフです。 先日寺子屋の第二回座談会に参加してお話を聞いてきました。 そこでのお話を書かせていただきますね。 N支部長のお話『リハビリテーションから仕事を始め、もっと仕事に命を懸けたかったので子供のアレルギーと整体の仕事をしているうちに、やはり妊婦さんの食事制限から変えなければ。。。!という事に気づきました。 そこで日本妊活教会を作り、ファスティング協会と関わったコアなメンバーが全国から20人集まり、そこのリーダーになりました。 しかし、そのメンバーの中の2人がとても扱いづらく悩んでいました。 しかし、A主監に相談したところ、2人のやりたいように任せて見ろという事でした。そしてそのようにしたところ、今ではその2人なしにしてはこの協会は成り立たないくらいまでに貢献してくれるようになりました。 そして、とあるメンバーの広報担当の人の書き方を本当は直してほしいと思っていたけど、言わずに我慢していました。しかし、A主監にそう思っているならその思いを素直に相手に伝えて見ろと言われて伝えたところ、自分が想像してなかった展開になりました。つまり、相手がすんなりと直してくれたのです。今まで相手に言わずに悶々と過ごしていたのに、心を開いて話をするだけでお互いに分かり合う事が出来たのです。 そこで「素直になる」「改められる人と付き合う」がとても大切だと気が付きました。 そして自分自身も明るく生きるようにしました。すると、今まではどうやったら人を集められるかと悩んでいたのですが、自分を変えたところ、どうやったら自分にリハビリを習う事ができるようになるのかと、向こうから人が集まってくるようになったのです。 そして今、分かったことは人を信じるというのは「任せる」ことではなく「任せられないということ」それが「信じること」であるということでした。』 このお話の後にA主監は『初めて会った時N支部長は右手と右足を同時に出して歩いているようだったよ。人を使おうとしていたけど、人をどう使うかではなく、自分をどう使うかなんだよ。信じることと任せることは違う。任せられないというのは「ここはその人の持ち場ではない」ということ。人それぞれの持ち場は違うから。2対6対2の法則で2の天才、6平凡、2の落ちこぼれ。それはその分野においてはそうで他の分野においては2の落ちこぼれが2の天才になる事もあるから。 何故、N支部長の周りに人が集まるのかと言うと彼が朝から晩まで人の事を考えているから。 と、話されていました。 続く

      テーマ:
    • 人財交流会(至誠塾)に参加した方の感想

      海野翼さんの感想 こういうセミナーを受けたのは今回初めてでした。自分は25才で結婚をして、今は29才ですが、とにかく実際に行動をしていき、どんどん吸収していきたいです。 正直いまの自分は焦っています。次のセミナーもぜひ参加したいと思っています。 社長さんたちがどういう視点で物事を見ているかもっとセミナーで知りたいです。 ありがとうございました!

      テーマ:
  • 14 Nov
    • 人財交流会(至誠塾)に参加した方の感想

      浜岡 竜雅 良い大学に行って良い就職してプライドがある人は聞けないかもだけど、自分は自分の今のタイミングで聞けて良かったと思いました。 気持ち が1番起業する為には大切と学べました。 植木代表の話を聞いていて励みになりました。 自分は広島出身なので、広島関係の飲食を経営していきたいと思っています。 ありがとうございました!

      テーマ:

プロフィール

起業家スクール マナビバ

性別:
男性
誕生日:
1970年3月13日20時頃
血液型:
A型
自己紹介:
将来、起業したい若者は当社に是非 連絡下さい。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。