鳩山由紀夫首相は13日午後、奈良市内のホテルで開かれた各種団体との意見交換会であいさつし、「(政治の)信頼が回復されれば、国民に、例えばつらい税金の議論なども『政治がしっかり頑張っているなら信頼する』との気持ちを示してもらえる時が来ると思う」と述べ、将来の増税に含みを持たせた。具体的な税目には触れなかった。
 首相の発言は、財政規律を重視する姿勢を打ち出すことで、子ども手当や高校授業料の実質無償化などへの「ばらまき」批判をかわす狙いがあるとみられる。ただ、景気低迷が続く中で増税に言及したことで、有権者の反発を招く可能性もある。
 首相はこの後、同ホテルで記者団に「消費税(率引き上げ)に関しては私が政権を担っている間はしない。そこに変わりはない」と改めて強調。同時に、「無駄遣い天国の中で増税などといくら言っても心に響かない。政治に対する信頼も必要だ。そのことが確保された時、税金に対して国民に素直に聞く耳を持ってもらえる」と語った。 

【関連ニュース】
消費税争点に衆院選も=行政刷新相
消費税、社会保障目的に=首相「税率極めて低い」
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
外国たばこ、値上げ認可=財務省
外国たばこ、20円値上げ申請=2社が全銘柄一斉に

不祥事続き大阪市環境局、校則並み「ご法度」(読売新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で-艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
サリドマイド奇形 メカニズムを解明 東工大など(産経新聞)
非核三原則見直しを タブーなき議論必要(産経新聞)
<阿久根市長>予算特別委員会の出席を再び拒否(毎日新聞)
AD