2011-06-24 12:28:12

落日

テーマ:福島



私が 初めて牛舎を訪れたのが 4月9日


震災から 約1ヶ月 経っていました












うちのとらまる



原発の水素爆発などの事故で


立ち入りが制限された20km圏内にある 浪江町の牛舎




約50頭ほどいた 肥育用ホルスタイン雄牛たちは


事故以降 飲まず食わず状態になってしまいました









うちのとらまる



この時すでに3分の1は餓死


残った牛たちが死ぬのも時間の問題














うちのとらまる



しかし この惨状を知った


ボランティア団体さんや個人の方々が動いてくださいました



皆で協力し情報交換しながら


給餌給水をして


なんとか生きながらえさせようとする活動が始まりました


牛の餌 数百キロを南相馬に送りつけた 滋賀県のボランティア団体


そしてその餌を2トントラックで牛舎まで運んでくれた千葉の若者


実家が南相馬だということで協力してくれた埼玉の主婦


皆がそれぞれの役目を果たし活動したのでした


みんな牛たちを助けたい一心で活動しました


もちろん他の方々で世話をされた方は絶対いらっしゃったと思います


が・・・


全頭の 牛たちのお腹を継続して満たすには


餌も水も 圧倒的に足りなかったのでした















うちのとらまる




少しずつ数を減らしながらも


なんとかぎりぎり生き延びている牛たちがいました


生きていれば必ずチャンスが来る


それを信じて・・・

 











うちのとらまる



5月に入ってから


私が訪れた時に見た光景



誰かが牛舎の柵を開放してくれたのです



これで牛たちは自由に草を食み 水のあるところにも行ける


私は喜びました















うちのとらまる




しかし このことによって悲惨な状態も引き起こしました


用水路に水を求めた牛たちが落下し


出られなくなっていたのでした



これを心配くださった個人の方が


神奈川県からわざわざいらっしゃって


重機で救出してくださったり















うちのとらまる



またある方は用水路の水門を閉めて


水位を上げて水を飲みやすいようにしてくださいましたが



渇ききった牛たちには こちらの思いなど通じるはずもなく


どんどんと用水路に落下していきました














うちのとらまる



結局


家畜という種類の生き物たちは


犬や猫と違い


あまりにも大きく


1箇所に あまりにもたくさんいて


私たち個人では


どうにもならなかったのでした















うちのとらまる




このやせ細った牛


この子 一匹すら助けることはできませんでした



餓死という 一番辛い死に方をさせてしまった


本当にかわいそうな事をしてしまいました












うちのとらまる



6月19日



4月22日に警戒区域に指定されてから


なかなか訪れることができなかった牛舎に


やっと来ることができました


前回から1ヵ月半も間が開いています



時間は夕方6時半













うちのとらまる




中を覗くと


生きているものは何もいません



前回 大量発生していた蛆さえもすでにいなくなっています



夕日に照らし出されているのは毛と骨のみ


あれだけ必死に鳴いていた牛たちは


こんな姿になってしまいました














うちのとらまる




牛舎の裏にある用水路にも白骨化した牛たちがいました


食べるものがいなくなった 用水路のふちの草が生い茂って


ここに落ちてしまった牛たちが もう生きていないことを物語っています
















うちのとらまる






この牛舎を見つめた3ヶ月間



牛たちの悲劇の責任を


私たち人間は とらなくてはいけないと思い


必死で写真に記録しました



こんな牛たちがいたことを


皆さんに知って頂きたかったのです






山に日が落ちて


私はここを去ることにしました







AD
いいね!した人  |  コメント(183)  |  リブログ(0)

もうーすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

183 ■はじめまして。


私は今神奈川県に住んでいる中学生です。
演劇部に所属していて、今度顧問が作った劇を
公演するに当たって、震災について調べていたらここに辿り着きました。
主人公のお父さんが家畜をやっていて、同じようにたくさんの牛を亡くしたというのと重なって、とても悲しいです。

貴方様のつらさを、2年たっても忘れないように
多くの人に伝えようと思います。

182 ■無題

現実を伝えくださりありがとうございます

181 ■初めまして

これ読んで涙出ました。
みんなが読まなければいけない記事だと思います。
ブログに載せてもかまいませんか?
都合悪ければ、おっしゃってくださいm_m

180 ■家畜の最期を写真に撮るのは、勇気が要りますね。

すべてのコメントを読んではいませんが、
ホルスタインですから、酪農家の牛ですよね。

基本、搾乳のため、1日中、牛舎で、縛られている牛さんですので、用水路が危ないとか、牛は、知らないですし、都会から来たボランティアさんも、放牧すれば、全頭生き延びると、思ったのでしょうね。

スイスは、チェウノブイリのとき、かなり汚染されましたが、牛は1頭も殺しませんでした。

政府の援助で、いち早く、尾根の裏側の放射線の少ない場所へ移動させ、放牧地を作って、放牧しました。
搾乳は、必要なので、したようですが、生物学的半減期までは、原乳は、捨てたようです。

餓死と言う選択肢しか、選ばせなかった、農水省は、とても頭が悪いと言うか、現場を知らな過ぎなのが、気になります。酪農農家さんと肉牛肥育農家さんは、違います。

口蹄疫事件と同じ構図ですね。

何年も毎日、搾乳してれば、ペット同様、情が移るのは、当たり前です。

また、安楽死も、獣医でしかできない法律なので、農家では、何もできないのです。

こういう緊急時に、どう対応するか、平常、考えておいて、行動する仕組みを、作っておかないと、同じことは、繰り返します。

179 ■無題

どうにもならないけど痛ましい。だけど牛さんたちを育てていた方の気持ちが又痛ましいです。
起こらなければ動かない日本の体質。。
あまりにも悲しいです。
何でも揃う今の世の中に撥が当たっている。。
原発に頼りその先の現実を見ないふりをして
東電の上層部達今まで何をして来たのですか?本当に腹立たしいです。
やはりブログを読ませて頂きこの事態を知る事が出来て勇気ある方だと思っています。
東北の方々どうか前を向いて下さい。
今 会社でいじめに会って落ち込む私がとても
小さいです。

178 ■不思議なこと

>>生きていれば必ずチャンスが来る

チャンスってなんですか?

177 ■この記事

衝撃的なシーンだったけどあれから牛が骨になるほど時間がたっていたなんて忘れてる自分がいた。この痛さをなるべく覚えていたい。
このブログに関してはここで肯定派も否定派も様々な意見が飛び交ってることに意味があると思う。

176 ■無題

辛く悲しいです。私達人間のせいで…。

175 ■初めまして

事後報告で申し訳ありませんが『落日』を私のブログに転載させて頂きました。
1人でも多くの方々に知って頂きたくて.....。

もしも、問題があるようでしら削除しますのでお手数ですがコメを頂けたらと思います。

これが、現実。
私達は現実を知るべきですよね。

国も.......。

174 ■(ToT)

ショックです何も知らなかった…
原発さえなければこんなことにはならなかったのに…
人間もこんな風になったらと思うと恐怖で逃げ出したくなります
でも牛も人間も同じ哺乳類の生き物…
私たちが少しばかり豊かになることでこのような悲惨な事態を招いたのだと思います
これからはこのようなことをくり返さない世界を作っていけたらと…願うばかりです

173 ■初めまして☆

記事、見させていただきました。
悲惨な現実に憤りを感じます。
私のブログでも紹介させてください。

悲惨な現実を見ようともしない人も沢山いますが、
この牛さんたちに感情移入して、
泣く日本人もまた沢山いると思います。

牛さんごめんなさい。

172 ■無題

この度の東日本大震災により、被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

現実を知りました。
事実を受け止めました。

3/11地震は今までにない大きな地震でした。
いろんな衝撃がありました。
その中の一部。これは牛のお話。
人もたくさんの方がなくなっている。
たぶん海には腐敗した人がたくさんいるはずです。

そんな中、私たちに出来ることはなんだろうか。
明るい未来はどうすれば見れるだろうか。
死んでしまっては何もできないけど
私たちは、生きています。

夢に向かって頑張る事なのかもしれません。
ボランティアをすることなのかもしれません。
人それぞれが未来に向かって歩くこと。

頑張ろうニッポン!


最後にこのブログを載せてくれてありがとうございました。
つらい現実は見るのも動くのも勇気がいります。
教えてくれてありがとうございました。


171 ■Re:自分と違う意見に反論してる人へ

>岩手万歳さん

別にそろって同じ命だとか何だとか思う必要はないと思いますよ。

それに、被災地にいった募金やボランティアも言い方を変えれば偽善です。
関係ない土地から何とかしたくて、あるいは軽い気持ちで、少しでも力になれるようにと、集まったものではないですか?

私は人間が大嫌いです。
牛の方が大事です。
生きていたら心を、死んでなおお腹も満たしてくれる。

この考えは相入れる事はないと思いますし、
押し付ける気もありません。

私は偽善で募金をしましたし、偽善でこの牛を可哀想と思います。
そして真実を伝えてくださったこのブログに感謝しています。

170 ■無題

>岩手万歳さん

ごめんなさい、そうですね。
身内が津波で流された方々の悲しみを思うと
軽はずみに反論のコメントしてしまったことをお詫びします。

岩手さんがおっしゃるように
うちは今回の震災も放射能も影響ないところのものです。
でも阪神大震災を経験しておりますので
身内をなくしてしまった悲しみは痛いほどわかります。
でも動物を飼っている方にとっては
ペットも身内と同じに感じているんです。
なので人間ばかりを救済する今の政府に怒りを感じてしまっているだけで
否定的な意見をもつ方に反論するのはお門違いですよね。

私のコメントで
気分を害させてしまってごめんなさい。

169 ■自分と違う意見に反論してる人へ

皆揃って可哀想って言わないとダメなの?
地球上の生き物はみな同じ命って思わないといけないの?

私は津波で家を流され1週間以上避難所生活してたけど、身内をなくされた方は夜も眠れないほど泣き声が止まなかったよ。
悲しいとかかわいそうとかそんな軽い言葉では言い表せないほどの状況ってわかります?
百歩譲って人間優先!?
正直家畜や草や虫と一緒にしないでほしい!
今回の津波で亡くなった私の父は私を一生懸命育ててくれて、全身全霊で可愛がってくれた。
そんな尊敬する父と食用肉になる予定だった牛と同じ命とは考えられません!
こんなことを言うと画家さんに言わせれば私も人間失格ですか・・・。

それと浪江町の方が、もしこの記事やコメントを読んでたらなんと思うでしょう。
もし私だったらこんな形で自分の故郷が晒されるのは本当に辛い。
否定的な意見に反論してる人は大抵放射能の影響が殆どない地域の人なんでしょうね。
私がひねくれてるんだろうか、キレイ事や偽善にしか読み取れない。
逆に否定的意見の方に人間味を感じます。

168 ■はじめまして

現状を知ってまたショックです
リンクさせてください
よろしくお願いします「

167 ■無題

>すうさん

前半の
>家畜は苦しむ前に
さっさと処分するか何も見なかったことにするかがいいと思います。
これには一部賛同いたします。
どうせ死ぬんだから死に方なんてどうでもいいじゃんってことは決してないと思います。

人間によってお世話されて愛情をそそいでもらっていたのに
最後は人間も誰もいないところでひっそりと餓死して朽ち果てていくなんて
あまりにもひどく苦しい死に方だと思います。
せめてみんなが見守る中、誰かがそばで悲しんでくれる中、安楽死させてあげたかった。
苦しみの時間を最小限に短くさせてあげたかったです。
そのあと死を痛んで手を合わせてあげたかったのに
周りの仲間達がどんどん弱って死んでいく中
最後まで誰もそばで悲しんでくれない中
ひっそりと朽ち果てていったなんて
あまりにもむごい。

あと「何もなかったことにすればいい」ということに対してはどうしても賛同できません。
この子達の死を無駄にしてはいけないと思うし
これだけの悲惨な現実があったことを
後世にまで伝える義務があると思うし
2度とこういう悲しいことが起きないように
私達も今の若い人たちも精一杯努力していかないといけないと思います。

それから後半の
>人間が毎年3万人も自殺してる中
それを助けず動物を助ける理由は何でしょうか。
これについてはあまりにもショックで
言葉がでません。
いっぱい人が自殺しているんだから、動物なんて放っておけばいい、あんなむごい死に方したってしょうがないということでしょうか。

百歩ゆずって人間優先なのはわかりますが
だから人間以外はこういう死に方しようが絶滅しようが苦しもうが
どうなってもかまわないってことでしょうか。

人間を助けると同時に、人間とかわらない命をもつ動物を助けるべきだという意見に
理由や説明などいらないと思います。

と、えらそうに反論してしまいましたが
こういう考えの方もいるんだってことがよくわかって
勉強になりました。



166 ■悲しくなりました

人間のためにここまで育てられて、最後は人間のせいで殺される。悲しすぎる。。
もっといろんなことに目を向けて真実を知るべきですね。ブログ主様ありがとうございます。

165 ■家畜に苦痛を与えないこと

大変貴重な記録、拝見しました。
このようなことは二度と起こってほしくないですね。

結果的に、飢え、餓死という大きな苦痛を与えてしまったのかもしれませんが、もうーすさん達の気持ちや行動は尊いものだと思います。

何が最善策なのか分かりませんが、野生動物ではない家畜は、人の世話なしに生きていくことができないのも事実。
肉や乳を食する人が圧倒的多数であり、家畜という生き物が現実に存在する以上、悲しいですが、こういう場合(収束の目途が立たないので一概には言えませんが)は、安楽殺という選択が最も良いのかなとも思った次第です。
考えさせられました。ありがとうございました。

164 ■Re:理解不能ですが?

>画家 津久井万喜(つくいまきさん)
申し訳ありません。すぐに訂正したのですが、一つ間違えてこめんとしてしまったのです。
130、ゆーわさんと言う方に対してのコメントです。
津久井さんに対してではありません。
本当に不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。

163 ■出来ること

27日の報道ステーションを観ました、福島の家畜が餓死している映像としてはショックの強い方だったと思います、沢山の人にこの震災に対して関心と実感をもって欲しい、色んな意見があります。
衝撃を受けて貰うことが重要と思う

私はボランティアをしていますが一人でもこういった事実に身を乗り出してくれる方が増えてくれたらと願う

福島の家畜をこの眼で観て来ます

162 ■私は賛同できません。

家畜は苦しむ前にさっさと処分するか何も見なかったことにするかがいいと思います。人間が毎年3万人も自殺してる中それを助けず動物を助ける理由は何でしょうか。

161 ■はじめまして。

津久井万喜さんのブログより来させていただきました。

まず、報道されていない真実を知る機会を与えてくださって、ありがとうございます。
皆さんのコメントも、読める分はすべて読みました。
賛否両論あるようですが、私の意見を述べさせていただきます。津久井さんのところで述べたコメントと同じになりますが…。

…確かに、牛たちは人間に飼われている以上、いつかは殺されるのでしょう。けれど、だから死んでもいい、のではなく、今まで殺された牛やそのほかの動物の「命」を私たちは「頂いて」代わりに生かされているのです。その牛が食べていた草も、結局は私たちの血肉となり、共に生きているのです。
それが出来ずに、今回の震災で苦しい思いをして死んでいった多くの命。
ただただ「ごめんなさい」としか言えません。

また、その時だけ可哀想と思うのもどうか…という意見の方は、何かの時にだけ騒ぎ立てる「人」という存在に疑問を持っているのかな、とも感じました。

でも、だからこそ私たち生きている命は、生かされていることに感謝して、「頂きます」という言葉を言いたいと思います。

160 ■はじめまして。

こんにちは。数々の痛々しい写真に衝撃を受けました。
日本語の分からない人にも知ってほしいと思い、この記事をスペイン語に翻訳しました。それを私のブログに掲載したいのですが、その際に写真もお借りして掲載してよろしいでしょうか?もちろん、このブログのリンクおよびお借りしているということは明記します。
よろしくお願いいたします。

159 ■いつも見させて頂いてます

もうーすさんの撮られた写真や言葉から、いろんな思いを私なりに噛み締めてます。
現実から目をそむけたくないから、どんな辛く残酷なシーンも目に焼き付けてます。
そして、どうすれば。。。と考えてます。
何が正しいとか、正しくないとか頭で考えるより、ココロで感じた事を大切にしたいです。
ブログで紹介させてください。

158 ■Re:無題

>鈍愚さん 同意します。

157 ■Re:Re:人間ってわからんね。

>パンドラさん

あなたこそ何故そう必死に絡んでくるのですか?
それにパンドラさんだけではありませんが、
私のコメントちゃんと読んでます?
私はブログ主様やこの記事に対して批判はしてませんよ?

それと自分でブログを持ってたら
ちゃんと載せてます。
もってないのでメールアドレスを載せました。
本名も載せました。
ブログがいいというなら作りますか?
とりあえずまだ批判なさるならこちらにお願いします。
harurun1990@excite.co.jp 

156 ■理解不能ですが?

>はなこさんへ
私がいつ命が無駄と言ったでしょうか?全く理解できませんが?ボランティアのかたや 全てのかたが一生懸命したことで この記事に大変共感していますが? なんのことかも わかりません。ここへ出るかたは全て善意です。なんのことでしょう?よく 読んで下さいね。何名か 書いていらっしやいますが この記事の大切さが こんな言い争いのようにしては この記事をかかれた方に失礼ですからこれ以上 書きませんが あなたは 別の方の読まれたのですか?まぁ どうでもいいです。この 記事の重大な 命の記事を汚すことに なります。こんな やりとりをする 場所ではありません、文句があるなら ここを汚さず 私のところへ お越しくださいね。

155 ■Re:無題

>ゆーわさん
大変申し訳ございません。
154のコメントは津久井さんへではありません。
その上のゆーわさん、という方のコメントに対してでした。
大変失礼いたしました。

154 ■Re:Re:他人事ではありません。

>画家 津久井万喜(つくいまき)さん
無駄になってしまった、とは言い過ぎだと思います。
人によって価値観は違います。
善意でしたことなら結果がどうなっても良いと言っているのではありませんが、優先順位も人によって違うし、自分のしたいこと、できることの中でここにボランティアに来た人たちを責めるようなことを言っては失礼だと思います。

153 ■Re:人間ってわからんね。

>はるるんさん

書き込みアルバイトの方もいるようですが
あなたもそうですか?

そこまで必死で絡む意味がわかりません

この写真載せられなきゃ満足?論破で満足?

人のブログきて批判ばかりで、自分のブログ
ありませんよね?載せてください

152 ■泣・・・。

いつもご苦労様です。

写真撮るのもお辛かったですよね。
でも、あえて私はありがとうと言いたいです。
私もこんな事態になったこと、
もう1度改めて考え直し、
ここの写真のことは絶対に忘れません。

一生懸命に生きようとしていた牛たちに、
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

151 ■何度も申し訳ございませんが、

私が最初のコメントにて表示したブログは私のブログではありません。
ゲーム関連のブログでして記事の編集を手伝ってほしいとPWを教えてもらったものです。
うっかりログインしたまま書き込みしてしまいました。
そして数人ほどこちらを読んだ方からメールが届きブログ主に非常に迷惑をかけてしまっております。

まだ私への批判が続いているようですし、
これ以上こちらのブログ主様にもご迷惑をおかけすることはできませんので何かおっしゃりたいことがございましたら逃げも隠れもしません、
私に直接ご批判くださいますようお願い申し上げます。
harurun1990@excite.co.jp 

最後になりましたが、ブログ主様、ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。

150 ■無題

アップされている写真から目をそらしたくなりました。しかし現実としてしっかりと見なければと思い最後まで読ませていただきました。震災以来テレビが見れなくなりました。今もみたくありません。携帯からニュースの記事はみています。屋根があり、布団があり、食べ物がある生活。いつも感謝の気持ちを忘れずに手を合わせております。

149 ■無題

TVでは報道されない真実を伝えてくださり感謝いたします。
実際にご覧になったときはさぞ心を痛めたことと思います。
口蹄疫をはじめ、政府の対応の悪さには本当に腹が立ちます。
原発事故も政府のおかげで不要な被害がさらに拡大しました。
しかしながらその政府を選んだのは国民。
あまりに大きな代償でしたがここで反省しそれを次に生かすことが
犠牲なった者へのせめてもの償いになるのではと思います。
否定的な意見も見られますがそういった意見や感想があってもよいのでは?
人それぞれ違った意見があって当然ですし、時には必要でもあると私は考えます。
人を非難するなら相手の言わんとしてる事をしっかり理解してからではないと
ただの吊し上げになってしまい、かえって自分の評価を下げることになりかねません。

148 ■微力 > 無力

断言してもいいけど
この記事に対して批判的なこと書いてる人は、
全員なにひとつ復興支援になることをしていないでしょう。

こういう人たちの意見がたとえ何千集まっても
0は0ですね。

そろそろ自分たちの無力さと無意味さに気づいたらどうですか?

被災地の人と出会って面と向かってしゃべるような勇気ないからパソコンでだけ吠えてるんですよ。

だから、みなさん無視していいですよ。
かかわるだけ時間の無駄です。

あいつら無視されるのが一番堪えるでしょ。

147 ■ありがとうございました

リツイートされてきて、おそるおそれページを開いてみました。見たくない読みたくない内容でしたが、そう思ったのはこの事実から目を背けたいという自分のエゴだと気付きました。3か月間、牛達を見続けていくのは胸が張り裂ける思いだっただろうなと思います。
最後に、「こんな牛たちがいたことを…」
と書かれていた2行。
その2行の言葉を読み、ただその一心で、綴ってこられたのだと痛感しました。
辛く悲しい事実を知らせて下さり、ありがとうございました。
壮絶に亡くなっていった動物たちのためにも私達はこれからの選択を間違ってはならないと思います。
より良い日本、世界になるために。

146 ■無題

食べられも搾乳もされず、ただ無駄に死んでいった浪江町の牛たちの経過状況を、端的に良くまとめ、事実をしっかりと伝えてくださって、ありがとう。そして、お疲れさまです。
ただ、非常に感情的表現を抑えた、何の含みもない内容にも関わらず、妙な話に繋げたがる輩が沸くのは、ネットの常かも知れません。
もうーす様におかれましては、どうぞ、そんな連中のことはお気になさらず、これからもお体に気をつけて活動なさってくださいね。

145 ■無題

多数派が少数派を叩く。
ある者は自分が正義だと言わんばかりに叩いたあげく
さらに自分のブログにまで話題を引っ張り叩く。
実に面白いw
哀れみの言葉が偽善に思えてしまうから不思議。
そして叩きはしないが少数派に当て付けたような
謝罪や哀れみの言葉を残す奴。
こういった流れは鉄板だなw
まぁ俺から言わせれば誰がどう思おうが勝手w

144 ■あなたもですか

>むうさんへ
はい ずれています。あなたも 空のブログ捨てIDですね。このいくつか後の支援に行かれる方に全く同感です。これ以上肉だのなんだの この記事の伝えたい大切なものが 汚れますから もういいません。

143 ■無題

ずいぶん大胆な問題のすり替えを図ったな…。
誰とは言わないけど。

142 ■。

人間だって生きるのに
必死になるように、
牛たちのように、最終的に
人間食べられてしまう
家畜も必死に生きようとしてる。
現実を目の当たりにしました。
農業高校畜産家として、
何もできない、無力な自分が
嫌になります。

でも、こういった現実を
知ることができて本当に
よかったです。

141 ■かなしい

何もなければ命を全うできて、多くの人に感謝されたのに、放射能のために、こんな事になったのですね。つらい映像までお伝え下さったのには覚悟あってのことだと思います。本当に牛さんゴメンナサイ。原発を日本に造らせてごめんなさい。

140 ■大変貴重な報告です。

立ち入り禁止区域での現状。
お伝えいただいてありがとうございます。
大変貴重な報告だと思います。

私も拡散に協力します。

私も4月の上旬、まだ立ち入りできたころに
圏内の取材に向かい、
置き去りの犬や牛を見ました。
そのとき、まだ報道されていなかったので
そこで初めて状況を知りました。

牛を食べることがどうとか
そんな論点であれこれいって、この写真の価値がわからない人に、
この報告に意見する力はありません。
一切気になさらないでくださいね。

福島原発の破損による
被害報告のひとつです。

汚染地域に置き去りにされた
動物たちの現実です。

犬や猫も同様に置き去りにされています。
彼らも同様に野性化し、ほかの弱った動物を食べたりしてるという記事も見ました。

強制避難の際連れて行けずに自分のペットがそういう状況で3ヵ月置いてけぼりになってる
そういう人がたくさんいるんです。

それが自分だったらどうですか。
なんとかしたいと思いませんか。
なんとかしようとした人がこれだけたくさんいて、
それでもこうなったってこと。

こんなことが今後も起こって
いいと思いますか。

どうすればよかったかなんて
みんなすぐ考えつくことでしょうか。

まずこういう事実があったということを
知ることがどれだけ大事なことかと思います。

139 ■無題

私は載せてくれてよかったと思います
批判的な方いますが、
どの写真載せても自由です
一人ひとりに表現の自由があるんですから

普段牛を食べていたとしても、こういうことがあったということを知るだけでもいいんです

いやならみなきゃいいんです
表現を押さえ込むことなんて誰にもできません

138 ■え?

お肉を食べることを悪だと書いてます??
私は牛が解体されるのを見てしまい、それから食べれなくなったってだけで、
食べる事を悪いとは思ってませんよ。
解体作業もかなり残酷ですよ。
普段なにげなく食べてるだろうに、こういう時だけかわいそうって騒ぐのって都合がいいなって思いました。

しかし、日本は未だに平和ボケしてるのでしょうか。
他にもっと目を向けることがあるのでは。
例えば、この飽食な時代にこの日本で人間が餓死してるんですよ。
こちらの方が問題だと思いませんか?
私やあなた方のように普通に暮らせてない人がまだまだ大勢いらっしゃいますよ。
私も津波にさらわれたであろう行方不明の伯父とまだ会えてません。
感情的に物を考えるより、もっと現実的に今を考えませんか?

137 ■ショックだよね

やせ細った牛、CGに見えた。所詮人間だって他の命を食らわなくては生きられない。肉を食らうのと、これを見てショックを受けるのは別問題。
当然あるべき問題に気づかせてもらった事に感謝します。

136 ■落日…

こんな結果になってしまったけれど、命をまっとうさせてあげようとして下さってたんですよね。

被災地で使命感を持って尽力されている方々は、おそらく充実感を得る一方で、辛い場面をたくさん目撃されてることでしょう。
一部でもこうして知ることが出来てよかったです。

私も肉食で菜食です。
今の日本は飽食です。食の欧米化ということもありますが…。

今後「必要な分を必要なだけ」と、見直すキッカケになればいいなと思います。

他の方のコメントでありましたが、気持ちが分からなくもない…。確かにブログの内容とはズレてるけど、私も口蹄疫問題の時、ネットで「牛さん…ブタさん…ゴメンね…」というコメントをたくさん読んで違和感を覚えました。
正しい意見だと思うけど、何でこんな時だけ「さん付け」なんだろうって。
普段「牛さん、ブタさん、ありがとう」って言ってるのかなということです。

私もブログからズレてしまいました。ゴメンなさい。

135 ■無題

Twitterの拡散でみさせていただきました。
私の学校は、農業がある実業学校です。
動物をそだてているので、
見ていて 苦しくなって自然に
涙が溢れました。

辛いですね。

牛は、言葉が話せないから
余計わからないし
行動できる範囲も
限られているし

あー。
なんか悔しいですね

134 ■無題

ここの牛舎だけでなく、他の牛舎にも大きな被害が被ったんだよな
業者さんもこれからが大変そうだ・・・
市場にもしばらく悪影響が出そうだ

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。