2011-04-20

牛たちの運命

テーマ:福島

昨夜 遅くに東京に戻りました



今回は私の友人2人と一緒に行動しました


彼らは 今 福島で何が起きているか


この目で見て確認したいということと


取り残されている牛のために なんとか力になりたいと


申し出てくれたのです




天気は生憎 一日中の雨


しかも時々は土砂降りに近いものでした


われわれ3人


滋賀県から牛の餌を2トン運んできてくださったボランティア団体さん2人


千葉から餌を運ぶ2トントラックを運転して来てくれた若者


その若者に協力を申し出た浦安にお住まいの女性


そして なんとまたまた埼玉から車を走らせて来てくださった


先日一緒に活動させていただいた 南相馬にご実家がある三上さん


総勢8人のチームです




20km圏内に入るときに 検問があるのですが


いつもより厳しくなっていることを感じ


知っていた抜け道を通ろうとしました


ところが今まで通れていた道が完全に封鎖されていて


もうひとつあった抜け道も封鎖


私たち4台の車は右往左往


細い道でUターンを繰り返し


もう二度と同じ道を通れないんじゃないかと思うほどの


複雑な道を通り なんとか20km圏内に入りました




やっとの思いで現場の牛舎に到着


さっそく手始めの1トンの餌を中に運び込み


皆で手分けして動きました



牛たちに変わりが無いか見ていたら


数が少し減っていました


へたり込んでいた6頭の牛は まだなんとか生きていましたが


動けていた牛がいない



3頭の側溝に落ちて上がれなくなっていた牛を確認しに行くと


前回 倒れ苦しんでいた1頭は すでに息を引き取っていました


そして


生きている子は2頭のはず・・・


いや 3頭います


悲しいことに また新たに1頭落ちていたのです









うちのとらまる




強い冷たい雨が彼らに降り注ぎます


彼らの体力は限界に達しているように思いました



友人と私は 


現場にあるもので 彼らをなんとか上に引き上げる


方法を探り トライしてみましたがダメでした


痩せているとはいえ 牛はあまりにも大きく重かった



ならばせめて


彼らが足が水に漬かりっぱなしが辛いのではないかと思い


木製のパレットと板を組み合わせ底上げして


なんとか3頭 上に乗れるものをおいてやりました



冷たかったろう


足はふやけて変色していました


側溝の回りの草は殆ど食べつくして


水はあるものの 食べ物が何も無い状態


バケツに餌を入れそれぞれに与えました





写真の奥のほうに 息絶えた子がいます


その手前


この側溝に水が流れ込む支流があります


その上流に


1頭の牛が挟まって死んでいました


ここに注がれる水は


その牛の死体を通ってきます


死体が痛めば水も痛みます


あとは・・・


どこまで彼らを苦しめたら気が済むのか





少なくとも 





少なくともここには


神様はいません





神様などは いないのです






AD
いいね!(4)  |  コメント(62)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

62 ■日本は冷酷か?

リアルタイムで衰弱してゆく家畜たちをなんとか救いたくて、動物愛護団体、自衛隊、政府・首相官邸、菅直人ブログ、環境省、原子力安全保安院、WWF、東京電力、各テレビ局…などに連絡して意見を述べたが手ごたえ無し(><)
本当に力になれなくて悔しさでいっぱいです。
原発20キロ圏内の家畜の殺処分とのこと。
なんで?なんでなの?
地震でなく、津波でなく、人災によって死んでいくなんて…
人間は酷すぎるよ。国民の意見も聞かずにそうなるわけ?
一部、栃木県知事や宮崎県知事が受け入れ体制をしているが、
なんでもっと早く全ての避難ができなかったのか…?
食品としての価値が無くなっても『大切な命』には変わりない。
人間が起こした事故だから命ある限りは責任持たないとと思うんだが…。
特別にこの家畜たちにパークを作ってあげたかったなぁ。

61 ■Re:辛いです。

>meriさん

私もダッシュ村、見て同じ思いでした
10年以上もお世話になった浪江町
なぜダッシュ村の動物たちを安全な場所へ避難させることができて
浪江町の家畜を救済する方法はなかったのか。
救済しようと努力したのか見捨てたのか知りたい。
テレビの力があれば、きっと何か救済できる方法があったのではないか
せめて浪江町の家畜だけでも救ってあげて欲しかった

60 ■泣けてきます

昨日の報道によると、20キロ圏内は立ち入り禁止になったとか…。みんな死んじゃうよ(泣)

政府のやつらをボッコボコにしてやりたいです。お前ら東京になんか住んでないで福島で生活しろ!って言いたいです。

59 ■無題

ご活動お疲れ様です。

もう言葉が見つかりません。
絶句です…

近く東北にボランティア活動します。

皆さんの最後の優しさでどうか牛達が報われますようこちらから祈ります。

58 ■ありがとうございます

事実をお伝えくださり、考える機会をありがとうございます。
涙が止まりません。
「肉を食べる」という行為から考え直したほうがいいような気がしています。
ベジミートなどもあるのですから...。

それとは別に、nolanolaさまが コメント欄でおっしゃっていたリンク先に意見を投稿させていただきました。
こういう情報提供の場を与えてくださったことへも、心より感謝しています。

57 ■ありがとうごいます。and牛の救出

このところ、ずっと拝見しております。
貴重な情報発信と、動物のために尽力してくださり、本当にありがとうございます。

コンパネの方法と、階段作って、というのが既出ですが、乾草を積み上げるっていうのもありかもしれませんよ。

今回の警戒区域設定にあたり、に馬を急いで移動された方がブログに、「川に落ちた馬を大量の乾草 で足場を作り上げ、追い上げて川から救出した。」との記述がありました。

餌の乾草があるならば、乾燥を積み上げてスロープ状にして追い上げるというのも一案かもしれません。

すみません、素人なので、うまくいくか保障できません。それに、とうとう22日午前零時過ぎてしまいましたね。

私には何もできることはありませんが、せめて動物保護団体も警戒区域内に入れるように要望書をあちこちに出しています。

56 ■これから

どうなるのか…最悪の事態しか想像することができません。
動物達の気持ち、思うだけではどうにもならないし、泣いたってどうにもならない。
でも、こんなにみんながこの子たちを思っています。どうか、家族のみなさん、ボランティアのみなさん、諦めたら終わりです。
みんなに現状を知ってもらえたらと思い
ツイートさせて頂きました。教えていただきありがとうございます。

55 ■なんてこと…

痛い胸の内 私がどんな言葉を継いでも無念さは晴れないでありましょうが、悲しみの中この事実をブログにあっぷしてくださったことで、知り得ぬ現実を知りました。
国へ、東電へ、怒りを向けるべくこの事実を一人でも多くの方に

合掌

54 ■転載させて頂きました

尊いご活動に心より敬意を表します。
記事、転載させて頂きました。
どうぞ宜しくお願いいたします。

http://plaza.rakuten.co.jp/denreichou/diary/201104210000/

53 ■無題

4/22 0:00になったら20KM圏内の立ち入り禁止になりますね。
守らず立ち入りした場合、罰金20万らしいです。
動物達はどうなってしまうんでしょう。
菅首相も福島にきても決められた被災者の話のみで15分で帰ろうとしたらしいですね。ほかの被災者無視して…。一人一人に挨拶くらいしたらいいのにと思いました。

52 ■無題

私も意見を送りました。転載もしました。取り急ぎですが…。

もうーすさんや皆さんの必死のご活動を讃え、現実を悲観して涙を流してばかりいるより、今すぐ自分でもできる事を一生懸命やっていきます。

こんな状態から更に立入禁止なんて許せない!
ギリギリまで、そして、立入禁止になった後でも、ずっとずっと諦めず声を上げ続けます!
諦めたら本当に終わってしまう。絶対に終わらせない。
がんばります。

51 ■感謝の言葉しかありません。

本当に辛い現実を見て涙が止まりません。
泣いている私に私が、しかっています。
私はお金しか寄付することが出来ませんが、心から感謝の気持でいっぱいです。

50 ■無題

もうーすさまの精力的な活動には
頭があがりません。
今回20km圏内が立ち入り禁止区域に指定されるにあたって、EKさまと同じ文章をブログの記事にアップさせていただきました。
そこで現地の状況が詳しくわかった方が説得力があると思いこちらのブログのリンクを貼らせていただきました。
事後報告で申し訳ありません。
とても助かりました。ありがとうございました。

49 ■底上げパレット

すごく良い案ですね!

パレットの数は少ないのでしょうか?

階段状態にして溝から上がることはできないのでしょうか。
何とかしてやりたいですね(>_<)

48 ■微力ながら

首相官邸 ご意見募集 宛てに
『動物の保護を目的とする入出ゲート』を設けて欲しいと意見を送ってみました。
もちろん身分証明や車の中はチェックされるでしょうが
何度もUターンせず、罰金がかからなくて済む方法がすぐには思いつかなくて…
もっと効率の良い方法があればよいのですが、パニクっていて私の頭では無理そう

47 ■無題

ツイートさせていただきました。

仙台在住です。福島には親戚もおります。
想像以上に辛い現実に、正直言葉が浮かびません…
普通に考えれば分かる筈なのに。動物達の命を、一体なんだと思っているのだろう?

自分にも出来る事を探します。

46 ■こんにちは

私もできたら力になりたいです、少しでも


あまりにも動物達が可哀相です

45 ■Re:この場をお借りすることをご容赦ください

>EKさん
私もたった今、原子量保安員へ嘆願書を送りました。
みんなでぎりぎりまでがんばりましょう!

44 ■この場をお借りすることをご容赦ください

犬猫救済の輪さんより転載させていただきます。

転載歓迎 拡散希望!!

大至急、ご協力をお願いします。

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。


ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールはこちらから
https://wwws.meti.go.jp/nisa/index.html



(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続
徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。
経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、要求を行うことはありません。圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。
2)飼い主自身によるペット救出
ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。

43 ■ありがとうございます

もうーすさん。
動物たちの為に尽力して下さっていること、ほんとうにありがとうございます。
どうぞ無理はなさらず、十分気をつけて活動をなさってください。

20キロ圏内立ち入り禁止決定には、いろんな立場にいる被災者の方々や動物達に対して、国と行政の一方的すぎる非情さを感じます。
自分の国とはいえ情けなく、怒りを覚えます。
個人レベルですが諦めず、いろんな方面に訴え続けます。

ねこのパパさんのアイデア、実用的で凄いですね。感動しました。
いろんなアイデアで、1頭でも多くの動物が救われますように。

42 ■原子力保安院への意見書拡散

>jytjytjさん

原子力保安院へはどのように意見書を送るのか
教えて欲しいです

41 ■ありがとうございます。

本当にありがとうございます。それだけしか言えない私です。  同じ命なのですよね。どうにかならなかったのか、、、と もどかしく思うことしか出来ないのがくやしいです。 この現実を しっかりと見据えて 忘れてはいけないのですね。 
 
知らせてくださった もうすさんたちにただただ感謝しております。どうぞお身体にお気をつけてくださいませ。 

40 ■微力ですが

リンク貼らせていただきました

ご尽力お疲れさまです
心より感謝致します

39 ■無題

福島での活動、お疲れ様です。
この牛達を何とかして救ってあげたいです。
土を盛ってゆるやかなスロープを作れないでしょうか?

38 ■umeさんに同意です

>『ダッシュ村』の動物たちが無事に避難され
テレビで、それを放送されていることに
人間の身勝手さを感じます

私も同じように感じました。
あそこは正に浪江町ですから。
同じ動物なのに、何故こんなに差があるのか。
正に人間の身勝手さですよね・・・

37 ■平等な命へ

みんな命は平等なのに・・・人間ばかり生きる権利があるのかなぁ?動物だって生きたいのに。
助けてあげる命が一杯あるのに、どうして助けてくれないんだろう。どうして政府は知らんふり。
身勝手な人間。
なんだか最近こんな地球一瞬にして消えてしまえばいいのに・・・と考えてしまう。

36 ■無題


もうーすさん・・・苦しい。。
心が苦しいデス・・・。
でも 伝えます。こちらの記事も
転載させて下さい。
ありがとうございました。

35 ■無題

貴重な報告を本当にいつもありがとうございます。
はりさけそうな苦しい思いで写真を撮り活動されていらっしゃるのがよくわかります。
何も具体的な行動が出来ない自分ですが、嘆願書を出しました。

首相官邸 ご意見募集
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

環境省
https://www.env.go.jp/moemail/

農林水産省
https://www.contact.maff.go.jp/voice/sogo.html

自分の出来ることをがんばりましょう!
それしかないです。

34 ■悔しいです。

この事実を多くの人に知って欲しいと思います。
リンクをお許し下さい。
この狭い日本に55基の原子炉があります。
いつどこで福島と同じことが起きても、
不思議ではありません。
「想定外」では済まされません。
そもそも自然を想定すること自体、人間の驕り
だと思います。
悲しく悔しいですが、真実を教えて下さり、
ありがとうございます。

33 ■現実に

このブログを見たとき
なぜ?と思ったのですが
今の福島県(県人)に対する風評被害と同じものがあるんだろうな~と思いました

『ダッシュ村』の動物たちが無事に避難され
テレビで、それを放送されていることに
人間の身勝手さを感じます

この現実を無視して
震災前の生活をすることは無理だと思います

多くの人に、この現実を見てほしいと思いました

32 ■辛いです。

「mommyみやざき」さんのブログで、「原発20km圏内を「警戒区域指定」の事実」とあります。
http://ameblo.jp/mommyfordogs-miyazaki/
封鎖はまえぶれでしょうか・・・。
なんとか止められないでしょうか・・・・。

31 ■Re:あの、だめですかね?

>ねこのパパさん
情報ありがとうございます
すみません、どういうものか想像がつかないのですが、
メールいただけますか?
otacats2@yahoo.co.jp

30 ■やりきれません。。。

はじめまして。牛たちのこと、ネットニュースでも見てから心を痛めていました。

なんの罪もない動物が・・・と思うと全くやしくてやりきれませんが、
それでも何頭かはこうして、ボランティアの方々の尽力によって助かるかもしれないこと・・・悲しさと、わずかに残された希望に涙が出て来ます。

twitterでこの記事紹介させてください。

29 ■悔しいですね

お疲れさまです。

28 ■本当に・・・

本当に本当に御苦労さまでした。

27 ■早急に

原子力安全保安院ですか・・

原子力災害現地対策本部ではなくて?

早急に意見書(嘆願)を出します。

今回の警戒区域指定への意向は放射能云々より盗難などの被害に対してのようです。
また、福島県知事の要請も大きく影響しているようです

26 ■無題

お疲れ様でございます。

他ブログですがリンクを貼らせて頂きますm(__)m

25 ■ついに・・・。

22日の深夜0時に警戒区域指定を行うそうです。声を上げても何も変わらないのでしょうか?悲しいです・・・。

24 ■微力ながら

リンク貼らせていただきました。
情報、ありがとうございます。

23 ■ankunさん?

この方は同行するボランティアよりも、時間をくださいと、原子力安全保安院に求めています。
獣医師会や農水省が動けない以上、単独で地方獣医師会が動くのは困難だそうです。
原子力安全保安院への意見書を拡散します。

22 ■はじめまして

 地震以降、レポートを拝見させていただいてます。そして、真実を知る辛さや大切さを、噛みしめています。病身じゃなかったら、現場にすっ飛んで行きたいとこなのですが。叶わず。せめて、しっかり記憶に留めようと、太田さんのブログの更新を追っかけています。
 鳥インフルエンザでは鶏が。口蹄疫では多くの牛が札処分され、それも辛い物がありましたが。今回の、避難地域の動物達に関しては、特に家畜。完全見殺しですよね。政府は、何か出来たであろうに。
 本当に、事実を発信してくれてありがとうございました。あと、動物達の救出やお水も・・・

21 ■あの、だめですかね?

側溝の幅が分かりませんが、プラスチックパレットのイチイチ(100cm×100cm)を階段状にはめ込んで救い出す事できないでしょうか?

パレット1枚は1㌧程度の重さは大丈夫なはずです。1枚1枚はさほど重くもないし、人の手で自由にセットできますし。。。


毎日ブログ見させていただいてます。可能な様でしたら当方で準備、輸送もできますので、連絡方法をご指定いただければ・・・

20 ■さくらイチゴブリーチさん


原発避難区域のレスキューを行っている犬猫救済の輪さんが一緒に同行してくれる獣医師さんを探しています
紹介してさしあげていただければ幸いです

http://banbihouse.blog69.fc2.com/

19 ■無題

ある獣医の方が書いていたblog 。
安楽死をするために入ることも、治療を行うことも、動物を放してやるために入ることもできない。
環境省も農水省も獣医師会も動けない。..
この方は「自由に現地を動き回らせてほしいとおっしゃっています。 ボランティアの方々と連携すれば、より効率よく多くの動物を救えるはずだと。
動物たちの命は原子力安全保安院の決定に左右されます。どうか時間をくださいと救済を訴えましょう

18 ■無題

転載させていただきました。
事後報告で申し訳ありません。

福島まで来てくださり、本当にありがとうございます。

行政にもいろいろとあたりましたが、砕けるばかりです。
でも神様をちょっとだけ信じて、頑張ってみます。

17 ■無題

この悔しさ・怒り・悲しみは何十年経とうと絶対に忘れません。
絶対に忘れません。

もうーすさん、ありがとうございます。

16 ■神の火

原子力にことを
「人類は神の火を盗んでしまった」と聞いたことがあります…。
神様は愚かな人間たちにお怒りでしょう…。

罪のない動物達をこれ以上苦しめない世の中にしたい、
そんな未来を作れる人達もきっといると信じたいです。

15 ■有難うございました

悪天候の中、本当に有難うございました。
皆さんの心温まる行動に敬意を表します。

罪の無い、何の落ち度も無い動物たちが
どうして、これほどまでに虐げられなければいけないのでしょうか。

こんなに哀しい現実を目のあたりにして
何も出来ない無力な自分が嫌になってきます。

政府の行きあたりばったりの対応には失望し憤りをおぼえます。










14 ■無題

本当に…ほんとうに…ありがとう。

13 ■無題

神様はそこにはいないかもしれません。
でも、天使はいると思います。
遠いところエサをたくさんトラックに積んで牛たちを助けに行ったもうーすさんや他7人のかたたち、そして他の置き去りにされた動物達を懸命に助けようとしているボランティアの方たち、原発で過酷な作業をしてなんとか事態を収拾しようと頑張っている方たち、みんな天使です。
本当にありがとうございます。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。