「幕末コンクリート」PV 最後に最後の・・・/内田祥文
Amazon.co.jp¥1,050


          坂本龍馬記念館・高杉晋作「東行庵」公認

    

             『幕末コンクリート』

             

            2013年2月11日建国記念日全国リリース!

                   全12曲入り ¥2100(税込み)

                     送料無料にてお届け中!


                ☆お求めは 内田産業株式会社  まで☆

              

              弊社サイトの「お問合せ」からお願い致します。

                 又は、上記タイトルをクリックしてもらえましたら、

                アマゾンにリンクになっております。                                                                
     $内田祥文のKeep Hope Alive♪-幕末コンクリートジャケット

      $内田祥文のKeep Hope Alive♪-幕末コンクリートチラシ



        家族の絆、父への想いを綴ったデビューシングル


           『最後に最後の・・・』

                
                      作詞・作曲/内田祥文

                    絶賛発売中!¥1050(税込み)

                       

               以下ホームページよりお願いします。

            
                 内田産業株式会社

                http://uchida-sangyo.com        

                $Keep Hope Alive♪-『最後に最後の・・・』
        


こちらのショップでも購入できます。


$Keep Hope Alive♪-CDショップ



     毎週金曜日夜8時から「内田祥文のKeep Hope Alive♪」

             

                ☆生配信やってます☆


             番組URLは、http://ustre.am/12Gpv

     $内田祥文のKeep Hope Alive♪-ユーストロゴ





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-01 00:10:23

【繋】第47回「ダンディズムとは?」

テーマ:ブログ企画【繋】
7月に入りましたね、夏ですね。
今年の夏は猛暑との予想ですから、皆さん体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さいね。
なにはともあれ健康第一ですからね、心も体もね♪

今月のブログ企画のお題は、静岡の鈴木さんからです。

「ダンディズム」

とは?

いやいや、これはなかなか考えさせられるお題だなぁと。

そのまま簡単に日本語に訳してしまうと、「伊達男」とか「洒落男」ってなるんでしょうけど、
要するに何においても「粋」な人っていうのかな。

「粋」や「いなせ」という言葉はもう死語になっているかも知れませんが、こういう言葉は我々日本人は
忘れちゃいけないもののひとつだと思います。

「わび・さび」というのもそうです。

こういうものは、年月、年輪というものを重ねてはじめて生まれるんじゃないかと。
なので、ダンディズムも若い人にはちょっと似合わないというか、難しいんじゃないでしょうか。

今回のテーマで思い浮かんだ人が何人かいます。
写真を載せます。
なるべくダンディズムが伝わるようなものを選んでみました。
特に説明とかは書きませんので、写真から何かを感じ取ってもらえたら。

まずは寅さんです。
寅さん

次に健さんこと、高倉健。
高倉健

そして松田優作。
松田優作は若くしてそのダンディズムを確立してたと思う。
松田優作


この人はどうでしょうか?
ハンフリー・ボガートです。
ハンフリー・ボガート

そのハンフリー・ボガートの「カサブランカ」からの
ジュリーこと沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」。

こちらの映像は紅白のもの。
ジュリーからもダンディズムを感じますよね。
こういうアーティストってもう出ないんじゃないかなぁ・・・。



↓ こちらの映像は初めて見たのですが、ジュリーが還暦の時に開催したライブのもの。
このCDは持っているんですけど映像は初めてで新鮮でした。
ちなみに80曲唄ったライブの中で、この「カサブランカ・ダンディ」はナント!70曲目。
70曲目なのに圧倒的な声量。
上の映像とは体格も違いますが、声やダンディズムは年輪を重ねた大人の魅力があると思う。



僕自身、ダンディズムとかそういうのは正直良く分からなくて、確かに自分が40代になったら
黒のトレンチコートとサングラスが似合うような男になりたいと思ったりもしてたけど、
まぁ、松田優作の写真に近いですよね。

けど、フォーマルな場で着物を着るようになったり、服装に関しては違う方向に行ってる気がしますが、
根っこの部分は【人には出来ないような自分だけの生き方】、簡単に言えば、オンリーワンですけど、
それをやっていきたいと思ってはいます。

そうは言っても、毎日四六時中は出来ないから中途半端なんですよねぇ~。

僕が思う「ダンディズム」をうまく表現してくれている文章を見つけたので、最後にそれを載せたいと思います。
うまく言い当ててくれていて有り難かったので拝借します。


真のダンディズムとは、文学上においても服装上においても、時勢に対して叛逆精神で立ち向かうことを本質としている。
つまり、何かにこだわり、流行に押し流されることなく、頑固に自分の考え方(主義)を貫くことである。
ダンディとは単なる洒落者や伊達者のみならず、外見を超えたところに見える服装と精神の合体であり、
ある種のお洒落哲学のようなものを持っている人達のことを指すのである。



さて、メンバーの「ダンディズム」とはどんなものでしょうか?
以下リンクよりお楽しみ下さい☆

peixe grande take BLOG

江古田マーキー店長
「ありぱんだの徒然日記」


津軽三味線山中信人の朝刊・夕刊~

カズMAXのオフィシャルブログ
「アコギロックだましい♪」


渡部まいこの音楽日記

橘ネロリ
「橘草子 」


鈴木NG秀典(すずきんぐ)
「鈴木NG秀典ーだー。のブログ」


モリミカのブログ

鈴木紀進のnever too late!!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-29 22:58:12

大日本プロレス @ 後楽園ホール

テーマ:プロレス
久し振りのプロレス観戦はダイニチ♪

いやぁ~、お腹いっぱいのいい大会でした。
やっぱりね、いま一番観客を乗せ、ファンサービスのいい団体というのが今回も感じましたよね。




オープニングは登坂社長の軽妙なトークで観客を引きつけます。
登坂社長のプロレスへの情熱、団体愛というのは初めてのお客さんにも伝わると思います。

16.6.29ダイニチ

休憩前の試合にしては豪華過ぎるカード。
これ、メインに持ってきてもいいんじゃない?って思うけど、デスマッチがあるからね。

岡林裕二&佐藤耕平&石川修司 vs 関本大介&浜亮太&神谷英慶

16.6.29ダイニチ

今個人的に一番好きなタッグチーム【ツインタワーズ】の佐藤耕平と石川修司。
日本で一番強いチームだと思うけどなぁ~。

16.6.29ダイニチ

30分を使い果たしドロー。
僕の前に座っていた会社帰りのサラリーマン男女7人プロレス初観戦グループの人たちも
これには大喜びでしたよね~♪
プロレスの魅力が伝わったと思うな。

俺もわざとらしく一緒に行った友人に「このカード、メインでもいいよね~」って、
「そうですよね~」って会話をしてましてね、
それをね、「この試合、メインでもいいんだって」ってヒソヒソ声が聞こえて(笑)

そうやって選手名と魅力を覚えてくれたら嬉しいです♪

16.6.29ダイニチ

そしてメインはダイニチならではのデスマッチです。
蛍光灯&画鋲&ガラスボードのデスマッチです。

蛍光灯や有刺鉄線ボードは何度か見てますが、画鋲とガラスボードは初めて。
週プロで画鋲が刺さったままの写真を見てて、エグイなぁと思ってたけど、実際に見るとホントにエグイです。
16.6.29ダイニチ

蛍光灯で叩き合う瞬間。
16.6.29ダイニチ

コレ、背中に画鋲が刺さってるんんですよー。
どういう感覚なんだろ?って思いますよね。
ひとつずつ取る時、痛いだろーなーとかね。
16.6.29ダイニチ

画鋲が散らばるリング。
頭に刺さったままのレスラーもいてね、いやぁ~、ダイニチならでは光景だなと。
16.6.29ダイニチ

それでもね、大会全体を通してみるととても良かった、素晴らしかったと思います。
ホントにお腹いっぱいっていうね。

ゴツゴツした闘いも見れたし、デスマッチも見れたし、初めての人も多かったようですが、
楽しんで帰った雰囲気でしたしね。

実際に生観戦するとプロレスの良さっていうのが分かるんです。
最近はプロレス女子【プ女子】と呼ばれるファンも多く見に来るんだそうですが、
闘う姿、肉体、いろんなものに惹かれてリピートするんじゃないでしょうか。

プロレス、いいんですよ~☆












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-28 19:49:52

ゲスト:「滝山狂言」主催の蛭田くん~金曜日夜8時ユーストリーム生配信

テーマ:ブログ
蛭田

今週のユーストリーム生配信は、先週の土曜日に「滝山狂言」を大成功させた蛭田くんがゲストです♪
写真右から二人目ね。

公演前に、大蔵彌太郎千虎さんと一緒に出てくれましたが、今回はその結果報告ということで
また遊びにきてくれることになりました。

ひとつのイベントを成功させるというのは、とても大変なことです。
その大変だったこと、また成功させての充実感、達成感、そして来年に向けての話などを
聞いてみたいと思います。

お時間ある方は是非是非~☆

番組URLは、http://ustre.am/12Gpv
番組アーカイブはこちら








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-26 20:30:30

俺たち最高!

テーマ:野球
野球の試合がありました♪

我がチーム、ここんところ、なかなかメンバーが揃わず不戦敗という悲惨な結果ばかりで、
飲み会やってるチームか野球やってるチームか分からなくなってきたのですが、
メンバーが揃うといいんですよね~。

僕らは勝ち負けよりも、いかに楽しむか、エンジョイベースボールをするかのチームでして。
今日の試合もいろいろあって中身の濃い試合でした。

延長戦で残念ながら負けてしまいましたが、それでも全員で楽しんで、緊迫の場面ではシビレて、
野球楽しいなぁ~って実感しながらやってました。

試合中なのに写真撮ったりね(笑)

この二人とも長い付き合いで、久し振りに一緒にプレーしたんですけど、本当に楽しかったです♪

ホントにね、俺たち最高!って言えるチームです☆

ホープス2016夏






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-25 21:21:59

「滝山狂言」~650年続く大蔵流・大蔵彌太郎千虎

テーマ:ブログ
本日は東久留米市滝山で開催された「滝山狂言」に行って来ました♪

僕も幼少時代はこの東久留米市の滝山地区、前沢地区で育ったのでとても馴染み深いところ。
そんな馴染み深いところでもこのホールに入ったのは今回が初めてでした。
滝山狂言

なかなかこじんまりとして、演劇鑑賞をするには一番いい距離感かも知れません。
ちなみに僕は一番最後列からの写真です。
満席で盛り上がっていましたよ~♪
滝山狂言

会場には、いい雰囲気の案内板が♪
公演始まってからの撮影はもちろんNGなのでその後に、SNS用の撮影時間がありました。
どんどんと「狂言」の良さを発信して下さいということで♪
滝山狂言

彌太郎さんには、ユーストリームにゲスト出演して頂きました。
それはアーカイブに残してありますので、良かったらご覧ください。

で、いざ本番の舞台を観ると、やっぱり「さすがだなぁ~、素晴らしいなぁ~」です。

650年という歴史、世界でも類を見ないほどの長い歴史を誇る演劇はこの能楽なんですね。
能楽とは、能と狂言のことね。
その歴史をしっかりと引き継いで、とても分かりやすく説明をしながら演目をしていく。

我々観客にも一緒に声を出させて、うま~い具合に舞台に引き込んでいくんですね。
そこら辺の進行具合もさすがだなぁと思いましたけど、やっぱりね、根っこにある、
「狂言」を多くの人に広めていくんだ!というパワーが彌太郎さんの全身から出てましたよね。

他の出演者さんもとても素晴らしくてね、良かったですよ~♪

僕の友人に能役者がいますが、この能楽の世界を引き継いでいくというのはとても大変なのを
少しだけ垣間見てきたから、彌太郎さんの情熱には感心するばかりでした。

能楽堂で観るのとはまた違ったものを観れて良かったです。
この舞台を観た人はみんな「良かった~」と思ったんじゃないでしょうかね。

本当に素晴らしい「滝山狂言」でした☆

↓ こちらSNSタイムね。
  息子さんもいずれは代を引き継いで、歴史をつないでいくんですね。


滝山狂言










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。