東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のカラダにいいこと

自分自身のカラダを変えていく事に必要な事とは?
運動・食事・・・様々な視点から原因と改善点をお伝えします。

あなたの理想の身体づくりをサポートします!!スタイルトレーナー北村智哉

トレーニング内容のお問い合わせ

〇シェイプアップ・パフォーマンスアップ・機能改善など

★出張美容小顔矯正・トレーニングのお問い合わせ

★その他(出演・帯同など)のお問い合わせ

・・・etc 

下記までご連絡よろしくお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

《活動場所》

セントラルスポーツ ジムスタ飯田橋サクラテラス
※ここでは、都度利用価格にてパーソナルトレーニングを受講が可能です。

ニタイムフィットネス(店舗はお問い合わせください)

個別出張パーソナルトレーニング(東京・埼玉県中心)

駒沢競技場トレーニングルーム


以上の場所にて新規クライアント受付中です。


その他の場所に関しては、応相談となりますので、トレーニングのご相談・仕事のご依頼は、ホームページの「お問い合わせ」ページからお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

Twitterはこちら→@kugayamatomo


テーマ:

おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

 

今日は前回の続きですが、前回のブログを読まれていない方は、こちらからご覧ください。

 

 ふくらはぎのくびれを出すための方法とは?

 

ふくらはぎのくびれを出すための方法とは? その2

 

つま先立ちのポイント

前回の最後でもお伝えしたように、普段歩き方や姿勢、身体の使い方が太くしてしまう原因だとお伝えしました。

 

 

では、ヒラメ筋を太くならないようにするための身体の使い方を今日はお伝えしていきます。

 

 

それには、みなさんに数回つま先立ちをして頂きたいのです。

 

 

つま先立ちをした際に、どこに1番力が入るのか?

 

 

そして、運動中にどこに重心を置いているのかを意識しながら行ってみてください。

どうでしょうか?

 

 

このようなつま先立ちをした際に、力が入ってほしいのは、ふくらはぎの真ん中~上部にかけてです。

 

 

また、重心は踵の上に常に置いてほしいです。

 

 

以前のブログでもお話したとおり、ヒラメ筋でなく腓腹筋を使う場合、膝伸展するということが優位に働く条件になります。

 

 

また、つま先側に大きく体重をのせるような状態になってしまうと、膝が曲がりやすくなってしまい、それだけでヒラメ筋が優位になってしまうのです。

 

 

みなさんは、上手く出来たでしょうか?

 

 

これを意識してつま先立ちのエクササイズを行うだけで、少しずつふくらはぎの太さのバランスが変わってきます。

〇〇と〇〇は必須のエクササイズです!

しかし、これだけでは足りません。

 

 

ふだん足首を単体で動かすことは、あまりないので、やはり日常生活の動きを考えたときに、膝・股関節も同時に動かす運動を行っていくと、なおいいでしょう。

 

 

そのエクササイズとして、スクワットデッドリフトがおすすめです。

この2種目は、下半身の関節を全て活用して行うエクササイズです。

 

 

これらのエクササイズを行うことで、より日常生活に近い身体の動きを行えます。

 

 

現に、これらのエクササイズを取り入れたクライアントの方も、少しずつふくらはぎが細くなっていっているのを実感されています。

 

 

みなさんも是非行ってみてください。

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

 

今日は前回の続きですが、前回のブログを読まれていない方は、こちらからご覧ください。

 

 ふくらはぎのくびれを出すための方法とは?

 

ヒールを履いた時の立ち方を知ってますか?

前回の最後は、何故ふくらはぎのヒラメ筋が太くなってしまうのか?というところで終わりました。

その原因などをお話しする前に、みなさんに思い出して頂きたいのは、ヒラメ筋はどの時に優位に働くのか?ということです。

 

 

それは、膝を曲げている際につま先立ちの動作を行う状況でしたよね。

 

 

しかし、そう言われても、そんな状況は日常生活ないようにも思えますが、実は意外なところであるんです!

 

 

女性の皆さんはヒールを履きますよね?

そして、それを履いて仕事場に出勤すると思うのですが、その出勤時に歩いている際に膝は伸びる瞬間はありますか?

 

 

また、電車などで立っている時に膝は伸びていますか?

 

 

多分、ほとんどの方が膝が曲がっている状況が多いと思います。

膝 屈曲

そういった状況が多くなってしまうと、必然とヒラメ筋を収縮(縮めた)させた状態を作ってしまう為、ヒラメ筋が太くなってしまうことが多いのです。

 

 

また、膝が過伸展(伸びすぎて、横から見たときにくの字になっている)という状態だと、常にヒラメ筋や腓腹筋を収縮させた状態になってしまう為、よりふくらはぎが太くなってしまうのです。

膝 伸展

つまり、普段の歩き方や姿勢がふくらはぎを太くする原因だったのです。

 

 

しかし、ヒールを履くこと自体が悪いわけではありません。

 

 

ヒールを履いても、ふくらはぎは細いままの人もいます。

 

 

その差は、ふくらはぎの差でも、ヒール型の差でもなく、身体の使い方に差があるのです。

 

 

それだけで、ふくらはぎは変わってきます。

 

 

次回は、その使い方についてお話していきますね。

 

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

 

このところ、複数のクライアントの方に同時期にあることを聞かれました。

 

 

それは、「ふくらはぎのくびれは、どうすれば出せるのか?」

たまたまなんでしょうが、数日の間に聞かれたので、少し驚いていますが、今日から数回に分けて、これについてお話していきますね。

 

ふくらはぎには、ヒラメがいる

まず、みなさんには、ふくらはぎの代表的な筋肉を知って頂きます。

腓腹筋は、踵から始まり、足首・膝をまたいで付着していますが、ヒラメ筋は、踵から始まり日足首をまたいで膝関節の手前で付着しています。

 

 

腓腹筋とヒラメ筋は、つま先立ちをする際に使われます。

 

 

しかし、つま先立ちといっても膝を曲げているときはヒラメ筋、膝を伸ばしている時は腓腹筋がメインで働いてくれます。

 

 

このメインで働く時がポイントなんです。

 

 

ふくらはぎのくびれを出すには、ふくらはぎの下半分が細い状態にならないといけませんよね?

 

 

つまり、ヒラメ筋が細い状態でないといけないわけになります。

 

 

しかし、ふくらはぎのくびれがない方は、このヒラメ筋が太くなっている状態が多いのです。

 

 

では、なぜこのヒラメ筋が太くなってしまうのでしょうか?

 

 

次回は、その「なぜ?」をお話しますね。

 

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。