東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のカラダにいいこと

自分自身のカラダを変えていく事に必要な事とは?
運動・食事・・・様々な視点から原因と改善点をお伝えします。

あなたの理想の身体づくりをサポートします!!スタイルトレーナー北村智哉

トレーニング内容のお問い合わせ

〇シェイプアップ・パフォーマンスアップ・機能改善など

★出張美容小顔矯正・トレーニングのお問い合わせ

★その他(出演・帯同など)のお問い合わせ

・・・etc 

下記までご連絡よろしくお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

《活動場所》

セントラルスポーツ ジムスタ飯田橋サクラテラス
※ここでは、都度利用価格にてパーソナルトレーニングを受講が可能です。

ニタイムフィットネス(店舗はお問い合わせください)

個別出張パーソナルトレーニング(東京・埼玉県中心)

駒沢競技場トレーニングルーム


以上の場所にて新規クライアント受付中です。


その他の場所に関しては、応相談となりますので、トレーニングのご相談・仕事のご依頼は、ホームページの「お問い合わせ」ページからお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

Twitterはこちら→@kugayamatomo

NEW !
テーマ:
おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。


前回の続きです。
 
 
今日で完結編に入りますので、まだここまでのブログを読まれていない方は、こちらから読んでくださいね。
 

ふくらはぎを細くするには○○をしよう!

 

 

ふくらはぎを細くするには○○をしよう! その2


今回は、ストレッチとエクササイズのコツをお伝えしていきます。


まず、ストレッチからご紹介します。

このようなストレッチを皆さんはしているかと思いますが、その時の後ろの脚の膝の状態で2種類に分けることができます。

 
 
右は膝を曲げたパターンで、左は膝を伸ばしたパターンですね。

この2種類で何が違うかといいますと、伸ばされる筋肉が違います。

 


膝を伸ばしたパターンは、腓腹筋という筋肉が伸ばされ、膝を曲げたパターンは、ヒラメ筋という筋肉です。

この両方のストレッチを行う際のコツは、踵を押し付けることです。

 

 

この2つのストレッチを行う際に、ほとんどの方が踵が浮く様に行ってしまうのですが、これでは上手く上記の2つの筋肉を伸ばせないのです。


これを意識するだけで、伸び方が大きく変わります。


そして、次にエクササイズですが、エクササイズはこちらをご紹介します。

カーフレイズという種目で、このカーフレイズを行う際に注意点があります。

 

1つ目は、前方に体重を乗せすぎない。
2つ目は、膝を曲げない
3つ目は、母趾球・小趾球・趾の腹に体重をのせていく



この3つを意識するだけで、ふくらはぎの筋肉をしっかりトレーニングできますので、15~20回を1セットとして、週に2回2セット程行ってみてください。


ふくらはぎを細くするためには、他の筋肉などもエクササイズしていくとより効果が出やすいので、行ってみたい方は是非パーソナルトレーニングを受けてみてください。


 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。


昨日の続きを書いていきますが、昨日のブログを読まれていない方は、こちらからご覧ください。
 

ふくらはぎを細くするには○○をしよう!


前回は、ふくらはぎの細い人・太い人の差は何なのか?というところで終わりましたよね。
この差は何かといいますと・・・・日常の使われ方です。


皆さんは立っている時に膝は曲がっていますか?



それとも伸びていますか?

 

これを自分の目で確認した時にもし膝が曲がっていたら、それはふくらはぎの筋肉を太くしてしまっている状態です。



また、膝が伸びていても安心できません。

 


膝が伸びすぎていても太くなってしまいます。

 

 

なぜ、そうなってしまうのか?


まず、
膝が曲がっている状態のケースから説明していきますね。

 

 


膝が曲がっている状態で立った時に見て欲しいのが、脛の骨の角度です。



床に対して、前に倒れるように
斜めになっていますよね。

 

 


この状態になってしまうと、これ以上、脛の骨が倒れないようにふくらはぎの筋肉が引っ張り、支えているのです。


そして、
この状態はふくらはぎの筋肉が常に大きな力を出しているので、必然と筋肉がついてきてしまいます。


これが長期間続いてしまえば、結果的にふくらはぎが太くなるという事に繋がってしまうわけです


では、膝が伸びすぎている状態はどうなのか?

 

 

これもまた2枚目の写真の脛の骨の角度を見て欲しいのですが、床に対して垂直よりも若干ですが、後ろへ倒れていますよね?


この状態になると、今度はふくらはぎの筋肉が、常に縮んでいる状態になっているのです。
そうなると、
外見上ふくらはぎが太く見えてしまうのです。


では、
これを解消するにはどうすればいいのか?

 


もちろん、ストレッチも大事ですが、エクササイズも大事になってきますので、次回は、それを書いていきますね。

 

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。
東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉


パーソナルトレーニングを受けて頂いてる女性のクライアントの方で、「二の腕やふくらはぎを細くしたい!」という依頼が、この時期ぐらいから多く出てきます。

やはり、春に向かって少しずつ露出が増えるからなのでしょうか?


ということで、今日は「ふくらはぎの細さを出すにはどうすればいいのか?」を書いていきますね。

ふくらはぎの筋肉は重なっている?


まず、皆さんには、なぜふくらはぎが太くなってしまったのかを知って頂かないといけませんので、そこから始めていきたいと思います。


こちらの画像を見てください。



これは、ふくらはぎに付いている代表的な筋肉です。
 
 
それ以外にも沢山あるのですが、それを紹介していると時間が足らないし、複雑になり過ぎてしまうので、この2つにスポットを当てていきたいと思います。


この2つの筋肉の中でも腓腹筋というのは、ふくらはぎでも表面についていますので、ふくらはぎを触ってもらえたら触れることが出来ます。
 
 
そして、ヒラメ筋というのは、腓腹筋の下にありますので、直接は触れることは、ほぼ出来ません。



これらの筋肉は主に足首を動かしたり、腓腹筋のみですが、膝関節を動かす際に使われるので、日常的によく使われる筋肉でもあります。


しかし、なぜ日常的に使われる筋肉なのにも関わらず、太い人と細い人がいるのか?


今日はここまでで、少し皆さんも考えてみてくださいね。もちろん、使われ方が違うのは当たり前なんですが、どの様に違うのかを考えてみてくださいね。


東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉



 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。