男の修行


苦しいこともあるだろう


言いたいこともあるだろう


不満のこともあるだろう


泣きたいこともあるだろう


これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である


      山本五十六


AD