rxtypeのブログ since 2012

日本経済の一番の問題はデフレ予想です。

NEW !
テーマ:


 何の価値もない過去の栄光である「学歴」などに縋り、現実とかけ離れたデタラメな言論を繰り返す、経済学者、経済評論家の過去の言論を晒し、彼ら彼女らのデタラメっぷりを白日の下に晒すことが、このブログの一つの使命だと思っています。
 何回も何回も間違いを繰り返す似非エリートを斬ることにより、まともな社会ができればと考えていますが、中途半端な高学歴の愚者(笑)は自らの失敗からも一生、学ばないような気がします。

 さて、デタラメな経済学者と言えばこの方、早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授の野口悠紀雄サンです。彼は2013年はじめにこんな書籍を出しています。
金融緩和で日本は破綻する/ダイヤモンド社

¥1,620
Amazon.co.jp

 タイトルを見ただけで爆笑ものですが、中身も一応見てみましょう。


【オビコピー】
安倍政権の政策では、制御不能なインフレが起きる!
安易な緩和策は、問題を先送りする「麻薬」。
金融政策の限界を検証し、真の改革を断行せよ。
日本経済論の第一人者が通説の誤りを正す。


 安倍政権の政策で制御不能なインフレが起きると予言していたようです。(笑)
↓結果 当然、制御不能なインフレは起きませんでした(笑)
インフレ率推移



【カバー折り返し】
従来方式の金融緩和が続くかぎり、いかに「追加緩和」がなされようと、経済の実体には何の変化も生じない。
しかし、日銀による国債の直接引き受けを認めれば、事態は一変する。
なぜなら、政府は、税制改正なしに、そして市場の制約なしに、
いくらでも財源を調達できるからである。
これは、政府にとっては究極の錬金術であり、
国民から見れば法律によらずに財産を没収される手段なのである。


 制御不能なインフレが起きる!と書いたそばから、何の変化も生じない
恥ずかしげもなく矛盾したことを書いています。
 頭大丈夫なんでしょうか?(笑)



【はじめに】
 インフレが生じたとき、多くの国民はそれから逃れることはできない。しかし、高額資産保有者はできる。(略)
 円安になると日本の輸出が増えると思っている人が多いのだが、国内のインフレを反映した円安は円の実質価値を下げることにはならないので、輸出は増えない。したがって、円安とインフレの悪循環だけが生じて、日本経済が急速に破壊される恐れがある。(ⅲ)
 (略)
 いま日本の家電産業は、巨額の赤字に直面している。事態は何も解決に向かっていないのだが、金融緩和の「麻薬効果」によって、多くの人がそれを一時的に忘れてしまったようだ。(ⅳ)
 (略)
 2013年1月 野口悠紀雄


 2012年に1ドル83円だった為替は、2014年12月には119円にまで円安になっています。(その後は横ばい)
為替

↓結果 : 輸出は増えました(笑)
財務省貿易統計  年別輸出入総額(確定値)

↓結果 : 家電メーカーも売上が増えました(笑)
電機メーカー大手8社の2013年度決算

ホント、野口悠紀雄氏の予言は全くあたりませんね(笑)
常に現実社会から外れる経済学者に何の価値があるんでしょうか?


第9章 財政赤字と金融緩和で国家は破綻する
 政府は無限の財源を獲得し、インフレが起きる

  (略)
  いま、日銀引受け国債で得た資金で、公共事業を行うとしよう。これによって経済全体の総需要が拡大する。需要が増加したときに何が起こるかは、供給面での制約があるかないかで異なる。
  しかし、さらに支出を拡大すれば、供給能力の限界に突き当たる。まず輸入が増え、円安を引き起こして国内物価を上昇させるだろう。また、クラウディングアウトが起きる。これは、物価や金利の上昇をもたらす。
  (略)
  財政規律は弛緩し、支出はとめどもなく増加するだろう。そして無駄な支出が増加し、インフレになる危険が十分にある。(p224)
 家計が「インフレ税」の負担を負う
  インフレが進行すれば、国債残高の実質価値は下落する。他方で、家計が保有する定期預金の実質価値は下落する。このようなメカニズムを通じて、家計から政府への所得移転が起こる。(p225)


見開きページの中でまた矛盾したこと書いてます。
(公共事業などで)政府支出がとめどもなく拡大した前提なのに、家計から政府への所得移転???算数ができないアホですか?政府が支出したお金はどこに消えたのでしょうか?
よくこんなんで大学の教授できましたね。野口悠紀雄は鳥越俊太郎ですか?(笑)

こんなアホな本を出せる人の言論が正しいわけがありませんね。
当然、買う価値ゼロです。目が腐ります。


↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月20日(火)・21日(水)に日銀政策決定会合が行われます。
はたして、金融緩和は限界なのでしょうか?(笑)

少なくとも金融緩和は限界だーなどと言っている人は、日銀審議委員になる資格はゼロです。
私は仕事できませんと言っているようなものですから。
おそらく日銀の仕事が(名目)金利の上げ下げだけだと思ってる素人以下の人なのでしょう。
(名目)金利の上げ下げだけなら、コンピュータで自動化すれば済みます。
日本銀行は無人でOK。少なくとも金融政策決定会合など要らないことになる。
日本銀行で働く何百もの銀行員たちは無価値だと言っているのと同じなのです。

恥ずかしい「金融緩和は限界だー」説を唱えている人たちを晒しておきますね。


山田 徹也 :東洋経済 記者
(略)
緩和の限界と、目標に到達できない苦しさを強くにじませる決定だった。
日銀、株価を狙った政策に陥るも結果は不発 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュ




SMBCフレンド証券の岩下真理チーフマーケットエコノミストは「マイナス金利を深掘りしなくて、ありがとう。量の限界も認めた感じだ
「ありがとう」黒田総裁、4発目のバズーカから見え隠れする政策先行き - Bloomberg



佐々木融JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長
日銀が金利も国債購入額も変更せず、株式購入額だけを増やしたことは、日銀自らが、金融政策の限界が近づき、今後、財政政策に頼らざるを得なくなっていることを示している
コラム:日本は財政金融政策の実験場なのか=佐々木融氏 | ロイター



黒田東彦日銀総裁の金融緩和の拡大余地は限界に近づいているー。米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)や榊原英資元財務官ら市場関係者からは、こうした指摘が相次いだ。
国債市場にはびこる高所恐怖症、異次元緩和の限界説が投げ売り誘う - Bloomberg



メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんはこれについて「追加緩和手段が限界に達したことを示すもの」である
(略)
日本社会の構造改革を行わないと景気は、よくなることはないし、物価も上昇しない
体力の限界。アベノミクスが「失敗」を認めることで得られる活路 - まぐまぐニュース!



日銀は信認を失いつつある。多くの投資家は、「日銀の政策運営を安心して見ていられない」と思い始めているかもしれない。この状況は、金融政策の限界、修正といった次元ではなく、金融政策と財政政策が接近し未知の経済政策が進むとの懸念、恐怖、警戒心に影響されているといえる。
日銀の国債買入れによって流動性が低下し、マイナス金利政策が金融機関の収益を圧迫している。さらなる金融緩和は今以上に銀行の経営体力を削ぎ、企業の資金繰り悪化懸念を高める
真壁昭夫/信州大学経法学部教授
日銀、信認崩壊の兆候…理解不能な金融緩和で、企業の資金繰り悪化の恐れ|ニフテ



「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」が限界に達したと考えるのは自然な反応
(略)
真壁昭夫/信州大学経法学部教授
日銀の異次元金融緩和、行き詰まり鮮明…出口なき緩和拡大で未知の領域突入か|ニフティニュース



SG証券・会田氏
(略)
現行の枠組みでの緩和手段が、限界に来ていることを示したと考える。
日銀は緩和効果をより強くする方法に踏み出せるか?前編 | ZUU online



現行の緩和の枠組みには限界が見えている
(略)
株式会社ニッセイ基礎研究所
経済研究部 シニアエコノミスト
上野 剛志
日銀の苦境は続く~自ら設定した野心的すぎる目標の呪縛:研究員の眼 | ニッセイ基礎



みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは29日のリポートで、日銀は「政府との間合いを優先」したものの、メニューは「小粒」だったと指摘。第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミストも同日付のリポートで、政府の経済対策や円高圧力の板挟みになって、「動ける限界に直面した苦しい日銀の姿が浮き彫りとなっている」と記した。
(略)
BNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは同日付のリポートで、長期国債の買い入れ増額が見送られたことで、「あらためて国債購入が限界に達しつつあることが確認された」と指摘。マイナス金利についても「わずか半年で限界が明らかになった」とみている。
(略)
東海東京調査センターの武藤弘明チーフエコノミストも同日付のリポートで、「市場で評判の悪い『マイナス金利の深掘り』や、市場では期待されていても技術的には継続困難な『長期国債の買い入れ増額』を回避したのは、日銀の苦しい台所事情を反映したものと言えるだろう」と指摘する。
(略)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニアマーケットエコノミストは同日付のリポートで、日銀の国債保有比率が年末に4割に達する見込みで、「国債市場の流動性低下は市場のインフラ面で副作用が大きくなっている」と指摘。マイナス金利導入以降の国債利回りのマイナス化についても「金融機関・家計の運用利回りの圧縮とともに、日銀の国債買い入れオペのコスト増にもつながっている」という。
  その上で、黒田総裁が自身の任期終了(18年4月)をにらみ、「マイナス金利政策の運用の仕組み、あるいは国債買い入れの在り方について、将来の出口を意識した見直しを行うかもしれない」とみる。
日銀:「総括的検証」で枠組み修正か-今回はETF増の「小粒」回答 - Bloomberg



日銀の金融政策は明らかに限界に来ている
2016年8月19日 平野英治 / メットライフ生命副会長・元日銀理事
日銀の金融政策は明らかに限界に来ている | プロが読み解くニッポン経済 | 平野英治 | 毎日新聞「経済プレミア」



この人たちは、未だに天動説を唱えているに等しいです。


↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 選挙前に鳥越俊太郎氏の知名度を上げるようで恐縮なのですが、鳥越俊太郎氏・・・ネタとして面白すぎます。

 鳥越俊太郎氏の唯一の公約といえば「がん検診100%」ですが、

 「鳥」つながりでしょうか。彼は保険会社のアフラックに登場しています。
アフラックダック



がんの体験談 「生きる」ストーリー 鳥越俊太郎さん

鳥越俊太郎さん
1940年福岡県生まれ。新聞記者、週刊誌編集長をへて、報道番組のキャスターをつとめる"ニュースの職人"鳥越さん。
イラン・イラク戦争をはじめ、さまざまな不条理に対して体を張った取材をつづけてきました。
65才のときに直腸がん、その後、肺、肝臓に転移したがんの手術を受けながら、今も現役最前線で活躍しています。

「告知」ではなく、「目撃」でした。

ご病気の経過を教えてください。

2005年の夏頃に下血があり、約1ヶ月後に内視鏡検査を受けました。
モニターで自分の直腸を見ていると、馬蹄形をした肉が盛り上がって、真ん中がクレーター状で黒くなっている。
「先生、これは良性じゃないですよね?」
「良性じゃないですね。」
「ということは先生、これはがんということですか?」
「がんですね。」
あらたまった「告知」は受けてないんです。がんの「目撃」ですね。

その3日後には自分のテレビ番組に電話出演して闘病宣言し、腹腔鏡手術を受け、約1ヶ月後には番組に復帰しました。イラクにいっしょに行ったことのある若いディレクターに手術の様子をカメラで撮ってもらい、番組で放映もしました。


(略)
がんの体験談 「生きる」ストーリー 鳥越俊太郎さん | アフラックのがん保険がよくわかるサイト


 保険会社に出るということは、アフラックの保険に入ってがんというリスクに対して備えましょうということですか?そーですか・・・(笑)

 リスクと言えば、彼が出ているこの動画が面白いです。




0:18~
鳥越「平和が侵されるというような状況になっているというのを大前提でみんなお話になっていますが、そんなものは虚構です。どこの国が攻めてくるんですか。

8:49ごろ~
鳥越「タンカーを護衛するというのは考えなきゃいけないです」

司会者「やるという方向?」

鳥越「日本は知らないとは言えない。そりゃ当たり前です。」

岡本「素晴らしい。1987年はそれは集団的自衛権だからダメだと法制局が言った。鳥越さんはそれは集団的自衛権から外して認めるべきだったとおっしゃってくださっているわけですね。」

鳥越「それはタンカーの問題はね」

鳥越「タ、タンカー・・・要するにね

鳥越「日本の本当の国益が犯されるときは日本の自衛隊は国民の命、国民の利益を守るためにそりゃ、立って戦う。例えばですね、あり得ないんですけど、中国がもし日本本土に上陸して、ね、本土に上陸して戦争しかけてきたら、誰が何といおうとも、日本の自衛隊はまず立って戦う。これ当たり前じゃないですか。(個別的自衛権ですよね)これは認めているんですよね。それは自分の国を自分の命を守るのは日本の唯一の武力部隊である自衛隊が戦うこれは当たり前」

岩田「攻めてくる国がないとしたならば、個別的自衛権の行使も必要ないんじゃないんですか?」

鳥越「無いですね。」

岩田「じゃあ自衛隊も要らないんじゃないですか。


12:09ごろから
鳥越「岡本さんに基本的に聞きたいんですけど、どこから攻められるんですか?どこが日本の国を攻めてくるんですか?具体的にどっかあります?そんな国

岡本「中国の異常な膨張は何のためですか?
そして、現に南シナ海を制圧しつつある。そして、南シナ海が終わったら東シナ海に来ますよ
日米安保条約があるから彼らは尖閣に手を出していないけれども、南シナ海で彼らがやってきたことを考えれば、大国が引いたところには必ず中国は攻め入ってそこを占領してきているでしょう。ジョンソン海礁も、スプラトリーも、ミスチーフも。
で、こんどは尖閣に日米安保がなかったら、来ますよ中国はね


鳥越「尖閣は誰も人住んでません
しかし、日本の国有領土ということで、じゃ、自衛隊が出動して、あそこで戦争したらいいと思いますか。
どう思います?ねぇ
尖閣諸島を中国軍が攻めてきたら戦争するんですか。」

岡本「守るでしょう。それは。

(略)

岡本「もし、尖閣という無人島から沖縄本島に近づいてきたら、安保条約5条に基いて直接行動するぞと彼ら(米国)は言うでしょうね。」

岡本「非常にもうはっきりと敵味方という区別では日本の味方になります。
だから、中国と対峙しますよ。」

鳥越「それは妄想ですよ

岡本「妄想?」

岡本「じゃあ、岩田さんがさっき言ったように自衛隊も防衛予算も日本には要らないということですよ。祈ってればいいんですよ」

鳥越「いや、自衛隊は必要ですよ
自衛隊は、日本の国、国民の命を守るために必要です!」

岡本「どこが攻めてくるんですか

鳥越「災害に必要でしょ」

岡本「災害のためですか」

鳥越「それから、もし、万一、無いと思うけど、万一、中国なり」

岡本「中国なり」

鳥越「北朝鮮はこないと思いますよ。日本を攻める理由がまったくないので。中国はある、かもしれない」




私からひと言。

癌なんて、どこが癌になるんですか?具体的にどっかあります?そんな臓器?
そんなものは虚構です!妄想です!
アフラックも不要ですね(笑)


↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。