rxtypeのブログ since 2012

日本経済の一番の問題はデフレ予想です。

NEW !
テーマ:
 選挙前に鳥越俊太郎氏の知名度を上げるようで恐縮なのですが、鳥越俊太郎氏・・・ネタとして面白すぎます。

 鳥越俊太郎氏の唯一の公約といえば「がん検診100%」ですが、

 「鳥」つながりでしょうか。彼は保険会社のアフラックに登場しています。
アフラックダック



がんの体験談 「生きる」ストーリー 鳥越俊太郎さん

鳥越俊太郎さん
1940年福岡県生まれ。新聞記者、週刊誌編集長をへて、報道番組のキャスターをつとめる"ニュースの職人"鳥越さん。
イラン・イラク戦争をはじめ、さまざまな不条理に対して体を張った取材をつづけてきました。
65才のときに直腸がん、その後、肺、肝臓に転移したがんの手術を受けながら、今も現役最前線で活躍しています。

「告知」ではなく、「目撃」でした。

ご病気の経過を教えてください。

2005年の夏頃に下血があり、約1ヶ月後に内視鏡検査を受けました。
モニターで自分の直腸を見ていると、馬蹄形をした肉が盛り上がって、真ん中がクレーター状で黒くなっている。
「先生、これは良性じゃないですよね?」
「良性じゃないですね。」
「ということは先生、これはがんということですか?」
「がんですね。」
あらたまった「告知」は受けてないんです。がんの「目撃」ですね。

その3日後には自分のテレビ番組に電話出演して闘病宣言し、腹腔鏡手術を受け、約1ヶ月後には番組に復帰しました。イラクにいっしょに行ったことのある若いディレクターに手術の様子をカメラで撮ってもらい、番組で放映もしました。


(略)
がんの体験談 「生きる」ストーリー 鳥越俊太郎さん | アフラックのがん保険がよくわかるサイト


 保険会社に出るということは、アフラックの保険に入ってがんというリスクに対して備えましょうということですか?そーですか・・・(笑)

 リスクと言えば、彼が出ているこの動画が面白いです。




0:18~
鳥越「平和が侵されるというような状況になっているというのを大前提でみんなお話になっていますが、そんなものは虚構です。どこの国が攻めてくるんですか。

8:49ごろ~
鳥越「タンカーを護衛するというのは考えなきゃいけないです」

司会者「やるという方向?」

鳥越「日本は知らないとは言えない。そりゃ当たり前です。」

岡本「素晴らしい。1987年はそれは集団的自衛権だからダメだと法制局が言った。鳥越さんはそれは集団的自衛権から外して認めるべきだったとおっしゃってくださっているわけですね。」

鳥越「それはタンカーの問題はね」

鳥越「タ、タンカー・・・要するにね

鳥越「日本の本当の国益が犯されるときは日本の自衛隊は国民の命、国民の利益を守るためにそりゃ、立って戦う。例えばですね、あり得ないんですけど、中国がもし日本本土に上陸して、ね、本土に上陸して戦争しかけてきたら、誰が何といおうとも、日本の自衛隊はまず立って戦う。これ当たり前じゃないですか。(個別的自衛権ですよね)これは認めているんですよね。それは自分の国を自分の命を守るのは日本の唯一の武力部隊である自衛隊が戦うこれは当たり前」

岩田「攻めてくる国がないとしたならば、個別的自衛権の行使も必要ないんじゃないんですか?」

鳥越「無いですね。」

岩田「じゃあ自衛隊も要らないんじゃないですか。


12:09ごろから
鳥越「岡本さんに基本的に聞きたいんですけど、どこから攻められるんですか?どこが日本の国を攻めてくるんですか?具体的にどっかあります?そんな国

岡本「中国の異常な膨張は何のためですか?
そして、現に南シナ海を制圧しつつある。そして、南シナ海が終わったら東シナ海に来ますよ
日米安保条約があるから彼らは尖閣に手を出していないけれども、南シナ海で彼らがやってきたことを考えれば、大国が引いたところには必ず中国は攻め入ってそこを占領してきているでしょう。ジョンソン海礁も、スプラトリーも、ミスチーフも。
で、こんどは尖閣に日米安保がなかったら、来ますよ中国はね


鳥越「尖閣は誰も人住んでません
しかし、日本の国有領土ということで、じゃ、自衛隊が出動して、あそこで戦争したらいいと思いますか。
どう思います?ねぇ
尖閣諸島を中国軍が攻めてきたら戦争するんですか。」

岡本「守るでしょう。それは。

(略)

岡本「もし、尖閣という無人島から沖縄本島に近づいてきたら、安保条約5条に基いて直接行動するぞと彼ら(米国)は言うでしょうね。」

岡本「非常にもうはっきりと敵味方という区別では日本の味方になります。
だから、中国と対峙しますよ。」

鳥越「それは妄想ですよ

岡本「妄想?」

岡本「じゃあ、岩田さんがさっき言ったように自衛隊も防衛予算も日本には要らないということですよ。祈ってればいいんですよ」

鳥越「いや、自衛隊は必要ですよ
自衛隊は、日本の国、国民の命を守るために必要です!」

岡本「どこが攻めてくるんですか

鳥越「災害に必要でしょ」

岡本「災害のためですか」

鳥越「それから、もし、万一、無いと思うけど、万一、中国なり」

岡本「中国なり」

鳥越「北朝鮮はこないと思いますよ。日本を攻める理由がまったくないので。中国はある、かもしれない」




私からひと言。

癌なんて、どこが癌になるんですか?具体的にどっかあります?そんな臓器?
そんなものは虚構です!妄想です!
アフラックも不要ですね(笑)


↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 こんにちは。参議院選挙も終わり、もう少しで日銀の金融政策決定会合がありますね。
 私は「市井の日銀ウオッチャー(?)」を名乗っているので、たまには日銀ウオッチャーっぽい記事も書いてみます。

 FRBに物価の安定と完全雇用のデュアルマンデート(2つの使命)が連邦準備法に定められているように、中央銀行の金融政策に大事な指標と言えば失業率などの雇用指数です。

 2016年4月27、28日の日銀金融政策決定会合の議事録(6月21日公開)を見ると、その雇用について一つの大きな変化が見られます。


雇用・所得環境について、委員は、労働需給が着実な改善を続けるもとで、雇用者所得は緩やかに増加しており、先行きも、労働需給の引き締まりが続き、企業収益が高水準で推移するもとで、緩やかな増加を続けるとの見方で一致した。この間、一人の委員は、失業率の低下テンポが弱まっていると指摘し、失業率が3%を切らないと物価上昇率が2%になるのは難しいと考えていると述べた。
政策委員会 金融政策決定会合 議事要旨(2016年4月27、28日開催分)


 この「失業率が3%を切らないと」という発言は、かつて、完全雇用の失業率は2%台だと主張していた岩田副総裁もしくは原田泰審議委員の発言ではないかと思われます。

直近の月次失業率(季節調整値)の推移を見ると、明らかに下げ止まっています。

10月 3.1%
11月 3.3%
12月 3.3%
 1月 3.2%
 2月 3.3%
 3月 3.2%
 4月 3.2%
 5月 3.2%

 これでは永遠にインフレ目標に到達できません。
インフレ目標を達成するのが仕事の中央銀行としては、何か策を打つ必要があります。

 どんな手があるのでしょうか。

 まずは、王道の国債買取額を増やすという追加緩和です。
政府が20兆円規模(真水以外の投資も含む)財政出動することを表明しているので若干やりやすくなったのは間違いありません。

 あとは、個人的には地方債などを買い取るのがいいと思っています。
REITも地価を上げるという意味ではいいでしょう。
 マイナス金利の深掘りや付利撤廃も民間銀行へのプレゼントを減らして国民に公平に分配するというものなのでいい。

 その他に日銀は日経225のETFの買い取りなどもやっています。しかし、これについては止めたほうがいいと個人的には思っています。

 選挙が終わるまで指摘するのは控えていましたが
理由はこれです。↓
なぜ、海外投資家は日経平均を信用しないか NEWS FILE:PRESIDENT Online - プレジデント

 日経225(日経平均)という指標は、時価総額の比重を考慮しておらず、「値がさ株」(株価の高い株)の影響を受けやすいという致命的な欠点があり、日銀の金融政策は国民のための政策のはずなのに、ファーストリテイリングやソフトバンクなどの一部の企業が不当に恩恵を受けるという不公平があるからです。
 日本中をマイルドなインフレにして国民全員の資産の価値を下げる一方で、ユニクロの柳井やソフトバンクの孫などの超大富豪がさらに莫大な利益を得るという非常に問題のある政策なのです。
 フォーブスによると、孫正義は2013年→2014年の1年で1兆5000億円も資産を増やしています。その殆どは株価の値上がりによるものです。その原因は間違いなく日銀です。

孫正義 資産
2013年   8870億円
2014年 2兆3627億円


 金融政策が格差を生んでいるというのも、この政策についていえば正しい指摘なのです。
 他の中央銀行は、株を買うという政策はやっていない(未確認)はずです。

 一応言っておきますが、格差を生むから金融緩和をやるなということではなく、格差を生まない、まともな金融緩和をやりましょうということです。


 さて、気になるのは、はたして7月に追加緩和があるかどうかです。何となくありそうな気がしますが、黒田総裁は

ヘリコプターマネーについて「必要性も可能性もない」と発言したとか
黒田日銀総裁、ヘリマネ「必要性も可能性もない」 英BBCラジオで  :日本経済新聞

ヘリコプターマネーについて「禁じられている」と発言したとか
ヘリマネ、日銀による国債の直接引き受けなら禁じられている=黒田総裁 | ロイター

 報道されています。

 まあ、これは当たり前の発言なので全く気にする必要はないでしょう。
金融+財政のヘリコプターマネー政策をやるのを決めるのは(金融政策しか扱えない)日銀総裁にはできないですし、言う権限もないですから。
現時点では財政法で禁じられている財政法の改正は政治家の役目です。日銀総裁がヘリコプターマネーをやるなどと言うわけがありません。


 気になるといえば、常に間違うデフレ派が何を言っていたかです。

 私が勝手に注目している間違いだらけの小幡績は、
2015年10月28日「追加緩和は絶対にない」
2015年10月29日「日銀の追加緩和は永遠にないと断言できる 」
などと言っています。

 常に間違う小幡績が絶対にないということは、
日銀の追加緩和が絶対にあるということです。(笑)
いつやるか。今でしょ。(古)

 私が日銀総裁なら追加緩和をやります。



↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 こんにちは。九州から東海にかけて梅雨明けしたそうですね。

 さて、前回の記事
確実にデフレ地獄から抜け出せる方法|rxtypeのブログ since 2012
の影響ではないでしょうが、前FRB議長のバーナンキ氏が安倍首相・黒田総裁と会談するというニュースが流れました。
さらに、本田悦朗内閣参与が4月にバーナンキに会っていて、その際に拙ブログの記事と同様の「永久国債」を発行して日銀に買い取ってもらうという提言をしていたことも判明しました。バーナンキ氏は無利子国債とまでは言ってないようですけど、利子付きであっても実際には国庫納付金で政府返納されるので同じことです。

 やはり、分かる人はわかっていますね。
 「国の借金」(笑)問題も解決し、デフレも脱却できるのですから、やらない手はありません。


2016.7.11 21:57
バーナンキ前FRB議長が安倍首相と12日会談 「ヘリマネ」推奨か

来日している米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ前議長が11日、東京都内の日銀を訪問し、黒田東彦総裁と約1時間半、面談した。英国の欧州連合(EU)離脱問題など、世界の経済情勢や、金融政策の行く末について意見交換したとみられる。参院選の与党勝利を受け、12日には安倍晋三首相が経済・財政政策についてバーナンキ氏の意見を聞く
バーナンキ前FRB議長が安倍首相と12日会談 「ヘリマネ」推奨か - 産経ニュース



 無制限の国債発行は財政への信認を損う恐れもあるが、第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストは「償還期限のない永久国債を日銀が引き受ければ、国は借金を返す必要がなくなる。こうしたヘリマネ策が俎上(そじょう)に乗るかもしれない」と指摘した。
バーナンキ前FRB議長が安倍首相と12日会談 「ヘリマネ」推奨か - 産経ニュース



永久国債の発行にバーナンキ氏が言及-本田悦朗氏の4月訪米時に
2016年7月14日 15:51 JST
安倍晋三首相と今週、官邸で会談したベン・バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、今春に訪米した前内閣官房参与の本田悦朗氏との間で、永久国債発行のアイデアを議論していたことが分かった
永久国債の発行にバーナンキ氏が言及-本田悦朗氏の4月訪米時に - Bloomberg



政府が市場性のない永久国債を発行、これを日銀が直接全額引き受ける手法を挙げた。バーナンキ氏は、選択肢の一つとして述べたもので、今すぐ日銀がやるべきだとは言わなかったという。
  本田氏自身は、日銀の国債買い取りによる財政資金の供給は「広い意味でのヘリコプターマネー」だと認識していたものの、バーナンキ氏の考えを聞いて安倍首相に会ってもらいたいと要請したという。
永久国債の発行にバーナンキ氏が言及-本田悦朗氏の4月訪米時に - Bloomberg


 しかし、これに対して発狂して噛み付いている人たちがいます。
そうです。権益を維持しようとポジショントークバレバレの債権ディーラーたちです。
 彼らは日本がどうなろうが、自分達の利益さえ守れればどんなデタラメなことでも言うというスタンスなのでしょう。



ここがヘンだよヘリコプターマネー 永久国債発行で損をする人しない人=久保田博幸
2016年7月15日
(略)
極めて財政ファイナンスに近いような政策を打ち出したのがアベノミクスであり、その結果がまるで出ていない(物価目標からほど遠い)にもかかわらず、さらに財政ファイナンスに拍車を掛けるような政策をとっても物価が上がる保証は極めてないに等しい。
ここがヘンだよヘリコプターマネー 永久国債発行で損をする人しない人=久保田博幸 | マネーボイス



バーナンキ氏が主張していたヘリマネは、見方を変えると物価浮揚効果はある。ただし、それは円や国債の信認を叩き壊した上で、国債とともに円が急落して発生する、劇薬というか国民犠牲の上に成り立つ物価の急騰となる。
ここがヘンだよヘリコプターマネー 永久国債発行で損をする人しない人=久保田博幸 | マネーボイス



市場性のない永久国債だろうが政府の債務に変わりはない。日銀がそれを引き受ければ政府債務ではなくなるなどというのは当たり前だがあり得ない話であり、
ここがヘンだよヘリコプターマネー 永久国債発行で損をする人しない人=久保田博幸 | ページ 2 / 2 | マネーボイス



 ヘリマネは財政ファイナンスだー!!でも物価は上がらない!!!アベノミクスの失敗だー!!
 と言ったそばから
 国債の信認が暴落する!!物価が上昇する!!!と言ってます。(笑)
 どっちなんでしょう?(笑)
 
 おまけに、永久国債だろうが政府の債務に変わりはない!!と言って、国庫納付金のことすら知らない無知であることを露呈。
 
 彼らは「病気」のようなものですから、生暖かい目で見守って上げましょう。



↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。