前回「作詞・作曲した楽曲をJASRACに信託する場合の権利の流れ 」において、JASRACに作詞・作曲により発生した著作権を信託するケースを三つほど挙げました。



今回は、それぞれのケースをもう少し深く解説しようかと思いましたが、そもそもJASRACに権利信託をするということはどういうことなのか、ということが不明瞭ですと話しもわかりづらいかと思いますので、今回はまず権利信託というものについて解説します。







【著作権を管理するために譲り受けること】




「信託」という言葉は、本件のような権利信託のみならず、財産信託や投資信託といった言葉にも含まれているものとなります。この信託とは、わりと簡潔に定義してくれているコトバンクを引用させて頂くと、「他人 (受託者 ) に一定の目的に従って財産の管理または処分を行わせることを目的として,受託者に財産権の移転その他の処分をすること」をいいます。



コトバンク 信託
https://kotobank.jp/word/ 信託-82202




これをJASRACの権利信託に当てはめますと、「JASRACに一定の目的に従って著作権の管理又は処分を行わせることを目的として、JASRACに著作権の移転その他の処分をすること」といえるかと思います。




よって、JASRACに作詞・作曲・編曲の著作権を信託するということは、一定期間とはいえJASRACにそれらの著作権が移転することを意味します。その一定期間はJASRACが著作権者ということになるのです。



JASRACに著作権信託をするためにJASRACと締結する「著作権信託契約約款」においても、その第3条(著作権の信託)において、「委託者は、その有するすべての著作権及び将来取得するすべての著作権を、本契約の期間中、信託財産として受託者に移転し~」とありますので、JASRACと結ぶ信託契約が有効な間は、JASRACに著作権が移転していることが確認できます。



著作権信託契約約款 JASRAC

http://www.jasrac.or.jp/contract/1.pdf





【しかし全ての著作権が移転されるわけではない】



さて、上記のように、JASRACに著作権信託をするということは、JASRACに著作権が移転する事になるのですが、常に全ての著作権が移転するわけではありません。以前「歌詞や曲の著作権 」において書きましたが、そもそも著作権とは複数の権利の集合体です。そうした複数の権利の全てをJASRACに信託する場合もあれば、一部の権利だけをJASRACに信託するという場合もあります。この一部信託のことを部分信託とも呼びます。




権利を全部信託するのか部分信託するのかは、その楽曲ごとに著作権者側が設定することができます。例えばある楽曲については、音楽配信(インタラクティブ配信)とゲームソフトへの録音等の権利はJASRACに信託をしない、というような設定をすることができるわけです。




JASRACのデータベースをみるとそうした楽曲毎の権利信託状況というものを確認することができます。例えばきゃりーぱみゅぱみゅさんの楽曲ですと、およそ全信託になっておりますが、L’Arc~en~Cielさんですと「録音(CD・レコードなどへの録音)」「ビデオ(ビデオグラムなどへの録音)」「映画(映画への録音)」「CM(コマーシャル送信用録音)」「ゲーム(ゲームソフトへの録音)」「配信(インタラクティブ配信)」の権利についてはJASRACに権利信託をしておらず、L’Arc~en~Cielさんが所属しているプロダクションに権利が残ったままとなっている楽曲が多いことが確認できます(但しタイアップの関係等でテレビ局系列の音楽出版社からJASRACに信託をされている場合は、全信託になっている楽曲も多く見受けられます)。



作品データベース検索サービス JASRAC

http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/











ということで、今回はそもそものお話しとして、JASRACに権利信託をするということはどういうことなのか、ということを著作権の所在という観点から確認しました。次回は、こうしたJASRACへの権利信託がなされるケースというものをもう少し深く解説してみたいと思います。



【アーティストやタレント等の権利の取り扱いに関連する記事】


作詞・作曲・編曲により発生する権利の実務上の取り扱い

作詞・作曲した楽曲の著作権をJASRACに信託する場合の権利の流れ

・JASRACに権利信託をするということの意味



【著作権事例Q&A】



ゲーム

言語の著作物(書籍など)

ホームページ・ブログ

肖像権

キャラクター・絵・写真

不正競争防止法

インターネット

その他(コピーライト表記など)



AD



前回の「作詞・作曲・編曲により発生する権利の実務上の取り扱い 」において、プロダクションに所属するアーティストやタレント等が作詞・作曲・編曲をして権利が発生するケースというものをまずはいくつか挙げました。



今回は、前回挙げたケースのうち、アーティストやタレント等が作詞・作曲・編曲をした楽曲のCD販売や音楽配信等を目的として、JASRACに権利信託をする場合の権利の流れを解説したいと思います。






【およそほとんどの割合でJASRACに信託される】



アーティストやタレント等が作詞・作曲をすることにより発生する権利は、著作権と著作者人格権の二つあるということを以前「楽曲を作ることで発生する権利 」において解説しました。よって、今回の記事にいう「権利」とはこの二つの権利を指すものとして話しを進めます。




さて、プロダクションに所属するアーティストやタレント等が作詞・作曲をする場合、通常は、そうした作詞・作曲した楽曲をCDに収録して販売し、又は音楽配信等をして販売することになるかと思います。





この場合、作詞・作曲をしたアーティストやタレント等自身が歌い手や演奏者としてCDを販売する場合もあれば(シンガーソングライターやバンド等)、別の歌い手や演奏者に提供をする形で作詞・作曲をするということもあろうかと思います(職業作家やプロデュース等)。





ただ、上記のいずれの場合であっても、最終的には作詞・作曲により発生した著作権については、JASRACに権利信託をするというのが割合としては一般的です。以下の記事によると、「放送番組での音楽利用において,JASRAC管理楽曲が市場に占める割合は99%以上にのぼる」とのことですので、この99%という数字を見るだけでも、一般的にCDや音楽配信等で販売される楽曲というものは、およそJASRACに権利信託されているということが分かります。




ITpro by 日経コンピュータ
「一体我々のどこが悪い」 JASRACが公取委と前面対決へ 2009/5/11
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090423/328993/






【どういった流れでJASRACに権利信託されるのか】



それでは、プロダクションに所属するアーティストやタレント等が作詞・作曲をしたことで発生した著作権が、どのようにしてJASRACに権利信託されるのでしょうか。この場合、大別すると次の3パターンになるように見受けられます。




① アーティストやタレント等が所属するプロダクションに著作権を譲渡して、そのプロダクションからJASRACに権利信託をする。

② 楽曲のタイアップに関連する音楽出版社(フジパシフィック音楽出版等のテレビ局系)に権利を譲渡して、その音楽出版社からJASRACに権利信託をする。

③ アーティストやタレント等が所属するレコード会社又はレコード会社に関連する音楽出版社に著作権を譲渡して、それらからJASRACに権利信託をする。





①のケースは割合としては多く、タイアップが付かない楽曲ですと、およそこのケースになることをよく見受けます。福山雅治さんの楽曲はこのケースのものが多いように見受けられます。福山さんの所属しているプロダクションのアミューズが権利者となってJASRACに権利信託をしている楽曲が多いことが、JASRACのデータベースで確認することができます。尚、このケースの場合、アーティストやタレント等が所属するプロダクションが音楽出版社としてJASRACと信託契約をしている必要があります。




次いで多いのが、②のケースかなと思います。先に例として出した福山雅治さんが作詞・作曲した楽曲で大ヒットしたシングル「HELLO」は、フジテレビのドラマ「最高の片想い」の主題歌ですが、この楽曲はフジテレビ系列の音楽出版社「フジパシフィック音楽出版」と所属プロダクション「アミューズ」の両者に対して福山さんから著作権が譲渡され、その両者でJASRACに権利信託をしていることがJASRACのデータベースで確認できます。





③のケースは、所属プロダクションではなく所属レコード会社又はそのレコード会社の関連音楽出版社に著作権を譲渡してJASRACに権利信託をするものです。これは、JASRACのデータベースを見る限り、例として挙げると、「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんが歌われている楽曲についてはそうなっているものが多いように見受けられます。







どういう場合に上記の①~③のいずれとなるのかは、所属するプロダクションの事情やアーティストのプロモーション戦略等、様々な諸事情があいまって決まってくるため、ここで一概にこういう場合にこうです、とは解説できませんが、可能な範囲で、次回以降、具体的なアーティストを題材にしてもう少し深く解説をしてみます。



次回「JASRACに権利信託をするということの意味 」につづく




【アーティストやタレント等の権利の取り扱いに関連する記事】


作詞・作曲・編曲により発生する権利の実務上の取り扱い

・作詞・作曲した楽曲の著作権をJASRACに信託する場合の権利の流れ

JASRACに権利信託をするということの意味



【著作権事例Q&A】



ゲーム

言語の著作物(書籍など)

ホームページ・ブログ

肖像権

キャラクター・絵・写真

不正競争防止法

インターネット

その他(コピーライト表記など)



AD



さて、前回の「アーティスト活動や芸能活動により発生する権利の取り扱い 」において、アーティストやタレント等がプロダクションに所属している場合に、そのプロダクションのマネジメントに基づき行ったアーティスト活動や芸能活動により発生する権利にどのようなものがあって、そうした権利がどのように取り扱われるのか、ということを解説しました。




そもそもアーティストやタレント等がプロダクションに所属しないのであれば、そうしたプロダクションに所属しないアーティストやタレント等が行ったアーティスト活動や芸能活動により発生した権利は、おおよそそのアーティストやタレント等自身に帰属することになるでしょう(クライアント等との間で何らかの権利の取り扱いに関する契約等があれば別です)。





しかし、アーティストやタレント等がプロダクションに所属するとなると、そのプロダクションのマネジメントに基づき行ったアーティスト活動や芸能活動により発生した権利は、通常そのプロダクションに帰属することが多いわけです。但し、音楽出版社やレコード会社、JASRAC等のプロダクションとはまた別の第三者との契約等によって、アーティスト活動や芸能活動により発生した権利というものが、プロダクションとは別のそうした第三者に帰属することも割とあったりして、ケースバイケースな部分があります。





よって、今回から何回かに分けて、プロダクションに所属するアーティストやタレント等のアーティスト活動や芸能活動により発生した権利を、ケースに応じてより個別具体的に解説をしていきたいと思います。






【作詞・作曲・編曲による権利帰属のケース分け】



さて、今回はアーティストやタレント等が作詞・作曲・編曲をすることで発生する著作権の取り扱いを解説したいと思います。アーティストやタレントに限らず、人が作詞・作曲・編曲をすれば、通常は著作権が発生します。発生した著作権は、発生した時点、すなわち歌詞や曲が創作された時点においては、その創作者に帰属します。





そしてその後、ケースに応じて権利が移転等しますが、およそ次のようなケース分けができるかと思います。





① 作詞・作曲・編曲をした楽曲のCD販売や音楽配信等を目的として、JASRACに権利信託をする場合。

② 作詞・作曲・編曲をしたアーティストやタレント等自身がJASRAC会員である場合。

③ 作詞・作曲・編曲をした楽曲のCD販売や音楽配信等を目的として、JASRAC以外の著作権管理事業者(ジャパン・ライツ・クリアランスやイーライセンス等)に権利信託をする場合。

④ 作詞・作曲・編曲をした楽曲のCD販売や音楽配信等をするが、JASRAC等の著作権管理事業者には権利信託をしない場合。

⑤ ゲーム会社や市区町村・会社・学校等のクライアントから依頼を受けてゲームミュージックや市歌・社歌・校歌等の作詞・作曲・編曲をした場合。

⑥ 作詞・作曲・編曲をした楽曲のCD販売や音楽配信等をしない場合(ライブのみで演奏されるような楽曲等)。





およそケース分けをするだけでも、上記のように様々なケースがあって、そのケースに応じて権利の所在も変わってきます。上記の①~⑥以外のケースもあるかと思いますが、今これを書いていてぱっと思い付くのが上記の①~⑥でした。他のケースを思い出したら、追記しておくかもしれません。





これから上記のそれぞれのケース毎の権利の取り扱いを解説していこうと思いますが、それをこれから解説していくとかなり長くなってしまいますので、次回以降にさらにケース毎に分割して解説していこうと思います。








ということで、今回は、プロダクションに所属するアーティストやタレント等の作詞・作曲・編曲により発生する著作権の取り扱いについて、様々なケースがあるということでそのケース分けをさせて頂きました。




次回以降、上記の①~⑥のケースにおける著作権の取り扱い等を順に解説していきたいと思います。



次回「作詞・作曲した楽曲の著作権をJASRACに信託する場合の権利の流れ 」につづく




【アーティストやタレント等の権利の取り扱いに関連する記事】


・作詞・作曲・編曲により発生する権利の実務上の取り扱い

作詞・作曲した楽曲の著作権をJASRACに信託する場合の権利の流れ



【著作権事例Q&A】



ゲーム

言語の著作物(書籍など)

ホームページ・ブログ

肖像権

キャラクター・絵・写真

不正競争防止法

インターネット

その他(コピーライト表記など)


AD