京に春の訪れを告げる「都をどり」の芸舞妓(まいこ)の衣装合わせが24日、祇園甲部歌舞練場(京都市東山区)であり、写真撮影に臨んだ。

 今年の演題は「桜花訪京都歴史(はなにきくみやこのれきし)」。NHK大河ドラマ「龍馬伝」にちなんだ幕末の京都も組み込み、お茶屋「一力亭」の江戸時代の座敷も登場する。

 公演は4月1日から。第1景は24人が出演し、総勢112人が優美な舞を披露。舞妓の佳(か)つ幸(ゆき)さんは「華やかな総おどりも楽しんでいただけたら」。

【関連記事】
特大鏡もち抱え男女79人が腕自慢 京都・醍醐寺で恒例の「五大力さん」
廃藩置県のまま変わらぬ日本…「関西州」は必要か 
京都市長が関空-京都のヘリ導入に前向き 森ビル事業を視察
今は書家…あの探偵!ナイト越前屋俵太、ユニークな町おこし
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ

26日に知床の魅力体感イベント(産経新聞)
郵政民営化で解雇不当訴訟の請求棄却 大阪地裁(産経新聞)
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定-警察庁(時事通信)
暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが-法政高(時事通信)
首相動静(2月26日)(時事通信)
AD