【主なWORKS】
■高橋みなみ 「瞳の扉」 作曲  【タイアップ】スマーフ2日本語版主題歌
■AKB48 「次のseason」 作曲  【タイアップ】GREE『AKB48 ステージファイター』CMソング
■山下智久 「Dance Jam」 作曲
■BRIGHT 「Missin' U」 作曲
■パスラボ山形ワイヴァンズ アンセム 「Enter The Wyverns」 作曲
  • 17 Jul
    • 高橋みなみの2ndシングルに「瞳の扉」がC/Wで収録されます。

      久しぶりにうれしい知らせが届きました。 9/26発売の高橋みなみの次のシングルに作曲させていただいた 「瞳の扉」がC/Wで収録されるようです。   ■リリース内容詳細 http://www.universal-music.co.jp/takahashi-minami/products/uoch-89361/   配信のみのリリースだったので、CD化されてとても嬉しいです。 7/15からは全国ツアーがはじまるようで、 彼女のますますの活躍を楽しみにしています!

      3
      テーマ:
  • 04 Jul
    • エリックカールさんの絵を飾る

      玄関に飾る絵を求めること約6年。やっと理想的な絵が見つかりました。エリックカールさんの「はらぺこあおむし」。我が家のインテリアともマッチしてるし、幼いこどもが2人いるという環境にもマッチしてるし。今の我が家を表現する最高の1枚 !うん。良い感じ^ ^

      2
      テーマ:
  • 03 Jul
    • 新作ツインピークスにハマる

      25年ぶりに新作の放送が開始されて、すっかり新作ツインピークスにハマってしまいました。ツインピークス好きの先輩も言ってますが、この作品は謎解きできると思って観てはいけないと。僕もツインピークスに対しては同じような感覚を持っていて、そのシュールレアリズムな世界観を前衛アートでも観るように、デビッドリンチの作り出す映像と音にただ身を委ねれば良いんだと思う。考えるな、感じろ、と(笑)僕はツインピークスから連想する音楽として、どうしても奇才フランクザッパと90年代米オルタナブームで活躍してたジーザスリザードのこの2組を思い出しちゃう(笑)90年代に僕が一生懸命聴いた音楽だからリンクしちゃうんだろうけど、何というか、言語化できない得体の知れない魅力と言ったら良いんだろうか。。そういう魅力ですよね。この作品は。ポップなんだけど、難解という感じ。よく「ツインピークス、意味不明…」なんて言う人が多いんだけど、そういう人に言いたいのはツインピークスを理解しようなんて思っちゃいけなくて、ダリの絵でも観てると思えば良いと。そうすればいくらか気がラクになって作品を楽しめると思いますけどねー。まぁとにかくオススメの作品です^ ^

      2
      テーマ:
  • 16 Jun
    • ホントに梅雨??

      今日はランチタイムにオフィスから赤坂まで歩いたんですが LAを思わせる爽やかさでしたねー。(行ったことないけどw) マジで気持ち良くて、オフィスから歩き出して1分後くらいからメロディーが溢れてきて、5分後には1曲頭の中で出来ちゃいました。 ホントに梅雨なんですかね??  

      3
      テーマ:
  • 11 Jun
    • スティービー・ワンダー「ファースト・フィナーレ」

      平日はフルタイムの会社員、家に帰ったら子育て、その合間を縫った作曲活動・・・ということで息つく間もなく日々が流れているこの頃ですが、この週末久しぶりにゆっくり音楽を聴く時間ができました。   何も考えず、appleで再生した音楽はスティービー・ワンダーの名作「ファーストフィナーレ」です。確かグラミー最優秀アルバムを獲ってるんですよね。これ。 スティービーワンダーの作品に関しては、少し音楽に詳しい人なら誰もが知っているように72年の「トーキングブック」からの4作はまさに神がかっている訳ですが、ブラックミュージックの金字塔といわれる「キーオブライフ(76年)」より前、74年にリリースされたのがこの「ファーストフィナーレ」です。   初めて聞いたのは六本木WAVEでバイトしていた大学生の頃だったと記憶してますが、少し大げさかもしれないけど、未だに聞いた当時の輝きを失っていない素晴らしいアルバムです。   「トーキングブック」以降の4作はどれも素晴らしいですが、特にこの「ファーストフィナーレ」は、スティービーワンダーが何かに導かれるように、何の力みもなく、何にも逆らわず、まるでメロディが本来あるべきところへ自然に導かれていくように美しいラインが描かれていく。。 これはもう神の領域としかいえないレベル。特に僕は1曲目「Smile Please」でそれを強く感じます。2小節の短いイントロからワンダーが優しく歌い始めるだけで・・・昇天!この圧倒的な世界観は一体何なんだろう??さらに3曲目の「Too Shy To Say」のメロディーの美しさといったら!!   ちなみに初めて聞いた時、あまりの楽曲の美しさに僕は全身に鳥肌が立ち、涙腺が緩むのを抑えきれなかったほどです。。   音楽の素晴らしさにただただ浸る、そんな週末のひとときです。  

      2
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 竹芝

      現場仕事で年に2回は必ず来る竹芝。こんなところがあるなんて恥ずかしながらはじめて知りました。お台場からスカイツリーまで一望できるとは。月曜日は湿気もなくてカラッとした良い天気でした。梅雨入り前の最後の晴れ間ですかね。東京湾を眺めながら曲の構想を練る。そんなランチタイム休憩中でした。

      2
      テーマ:
  • 24 May
    • ナベサダさん

      iPhoneの写真を見返していて、1か月くらい前に関西方面へ出張した時、駅の休憩スペースで世界のナベサダさんがNHKに生出演している様子を偶然見たことを思い出した。彼は「僕の音楽を気に入ってくれれば嬉しいし、気に入らないんだったらそれで良い」という趣旨のことを話していました。この話を聞いて、最近の自分の作品は聞き手のことを考え過ぎていたことに気付かされました。もっと自分が好きなものを、好きなように楽しく作れば良いんだとナベサダさんに教えられた気がします。

      1
      テーマ:
  • 19 May
    • 鷺巣さんの本

      鷺巣さんの本が面白い。執筆録1ということは続編を期待できるってことなので楽しみだー。bmrというブラックミュージック好きなら誰しも読んでいた音楽雑誌に連載されていたものをまとめた内容になっていて、僕も御多分に洩れず、bmr愛読者だったので内容は薄っすら覚えているから不思議なもんです(笑)改めて学生時代に一生懸命読んだbmrが今の僕の礎みたいになっているんだと感じました。当時、僕はbmrを舐めるように隅々まで読んでいたので、当然鷺巣さんの連載は読んでました。日本人で本場のブラックミュージックシーンで活躍する姿に正直、何なのこの人?!って思うくらい強烈なインパクトがありました。今改めて読むと、新しい発見や気付きがあります。かつてのbmr愛読者も、若いミュージシャンにも、そうじゃない人にも多くの示唆に富んだオススメの一冊です。

      1
      テーマ:
  • 02 May
    • 洗濯日和

      5月の連休に相応しい天気!クッションやら、何やら干せるものはすべてテラスに出して陽の光を浴びてもらってます^ ^それにしても気持ちE

      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • クレマチス

      いよいよ今日から連休ですねー。概ね天気にも恵まれて、気持ちの良い連休になりそうです。我が家のテラスでもクレマチスやモッコウバラが咲いてます。花は何か良い知らせを届けてくれるんじゃないかというポジティブな気持ちにさせてくれますね。

      2
      テーマ:
  • 28 Apr
    • avex新社屋

      この間、表参道から会社のある青山へ歩いた時に、avexの新社屋がだいぶ出来上がってきてました。今年の秋には完成するらしいです。このビルに来る用事をたくさん作れるよう作家活動頑張りたいと思います^ ^

      テーマ:
  • 25 Apr
    • 新緑

      桜も美しいですが、この時期の新緑は本当に美しいなぁと思います。我が家のソファから見える日本女子大の森が桜に気をとられている間に新緑に包まれていました。僕は札幌に二年住んだことがあるんですが、北海道の厳しい冬を越えた春の新緑がとても美しかったことをこの時期になると必ず思い出します。今日は所用で午前休みだったんで、表参道を久しぶりに歩きましたが、アップルストアのリンゴの葉が新緑になってました。粋ですね。楽曲制作は怒涛の3連チャン+1があって、この2週間くらい連日4時起きでさすがに疲れたけど、表参道の空気に癒されました。さて、午後はサラリーマンです。

      テーマ:
  • 16 Apr
    • 怒涛の制作ラッシュ

      少し落ち着いた時間ができたので、久しぶりにブログを更新しようと思います。楽曲コンペっていうのは参加したくなければ見送れば良いので、自分のペースに合わせてやれば良いものですが、参加したい案件が怒涛のように重なることがあります。こんな時は言葉として適切ではないかもしれないけど、まさに心身ともに戦闘態勢に入って制作するわけです。だけど、戦闘態勢に入ったからといって、良いアイデアが浮かぶわけではありません(T-T)「人間は動物、感情の生き物だ」と言われますが、音楽もまた感情に訴えるものなので、作り手のメンタルのコントロールが非常に重要です。楽曲制作のノウハウも、もちろん重要ですが、そのベースとなる作り手のメンタルはさらに重要だと僕は考えていますし、今回改めてその重要性を感じた次第です。

      2
      テーマ:
  • 31 Mar
    • 年度末

       今日31日はサラリーマンとしては年度末です。   12月に年末が来て、その3ヵ月後に年度末といっている間に2017年も4分の1を消化。月日が過ぎるのは早いもんですね。。   4月からはサラリーマンとして勤める会社が新体制となり、新しい船出となります。   先週ビジネスシューズも磨きました。 新たな気持ちで頑張りたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 21 Mar
    • エルメスの手しごと

      会社の昼休みに表参道ヒルズで開催されている「エルメスの手しごと」の展示を見に行ってきました。裏方の職人さんにスポットを当てたイベントで、実際に職人さんの手しごとが見られるという切り口がユニークだと思いました。会場は盛況で関心の高さを感じましたが、肝心の職人さんの手しごとが混み過ぎてほとんど見えなかったのが残念なところ。鏡が職人さんの頭上につけられていて、それを見れば手元が見えるんですが、やっぱり鏡越しじゃなくて直接見たいですよね。だって目の前にいるんだから。スマホでイベントスタッフの方が記念撮影をしてくれるスペースがあって、ここは盛況だったし、気の利いたサービスで良いと思いました。でも結局何も見れなかった感が拭えないですね。。エルメスが多くの人に愛されていることはよくわかりました。

      1
      テーマ:
  • 16 Mar
    • MINDMAP

      トニー・ブザンさんという人が開発した思考法、MINDMAP。ご存知の方も多いと思います。クリエイティブなものに限らず、頭の整理をするのに便利なツールで専用のアプリが出ていたりします。 僕は「XMIND」という無料ツールを作曲活動の中で愛用してます。J-POPの作曲において、どのようにメロディを生み出すかがポイントになりますが、正解はないし方法は人によって様々です。 例えば、ギターを抱えてジャカジャカ弾きながらメロディを生み出す人もいるだろうし、街を歩きながら鼻歌で作ったり、オケを先に作ってからメロディを作る人もいるでしょう。100人いたら100通りあると思います。 もちろんそれはOKなんですが、僕の場合はメロディを作る前にアイデアの基礎となるコンセプトを固めておいた方が、メロディを生み出しやすいということもあって、まずこのMINDMAPで楽曲のコンセプトを決めるようにしてます。 「こういう方向性で行こう」とある程度コンセプトが固まってからメロディを考えると、途中で迷子になることが少ないです。コンセプトを決めてないと、作業の途中で迷うんですよね。これはどっちが良いんだろうか・・・と。 いかに最初のコンセプトを骨太なものにできるか、それだけ曲のことを深く、そして広く考えられたかによって楽曲のクオリティは大きく変わってくると信じています。 「そんなことを考えなくたって曲はできるよ」という人もいると思いますが、もちろんそれはそれでOKだと思いますが、そういう人はおそらく無意識レベルでコンセプトが瞬時に固まっているんだろうと思っています。いちいちコンセプトなんて必要ないってことは意識の有無にかかわらず、普段から楽曲について深く、広く考えられているのではないかと思います。 もし、楽曲制作において、途中でいつも迷ってしまうという人がいたらMINDMAP試してみてください。オススメです。 ※XMINDのURLをご紹介します。「XMIND」http://jp.xmind.net/ 

      1
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 大腸検診

      親からの勧めもあったし、40歳になったというのもあるし、一度ウワサの大腸検診とやらを受けてみようということで先週、近所のクリニックへ早朝から行ってきました。 もう若くはないので、そろそろ日本の死亡原因NO1のガンに対して、可能な限り発症リスクを減らしていこうと思ってます。 ということでまずは大腸から! 経験者から(そうじゃない人もw)かなり脅されていたので、戦々恐々というか、前日はかなりナーバスになってました。(でも前日夜にアゲアゲのパーティーソングを仕上げたんですけどねw) そして!でた!この悪名高き下剤「モビプレップ」!大腸カメラ挿入の前段として、2リットルのモビプレップを約2時間かけて飲み続けるのです。 だいたい1リットルくらいまでは何ともないのですが、1リットルを超えたあたり(コップにすると7杯目)から一気にスパークし始めます。食事中の方、すみません。。 便が透明な水!になるまでひたすら飲み続けるのです。。「透明な水」ってと思われるかもしれませんが、ほぼほぼ透明になります。 そしてこのモビレップ、美味しかったらいいんですけど。梅の味がほのかにしましたが、飲み続けるには苦しい味。。まぁこの手のものは仕方ないですよね。後から知ったのですが、飴を舐めながら飲む人もいるそうですね。良いアイデアです。次回からはそうしよう。。 そして大腸が洗浄されたら、いよいよカメラをお尻から入れて大腸内視鏡検査。僕の場合は幸運にもポリープなしでした。だいたい40%くらいの人でポリープが発見されるそうなんですが、ラッキーでした。 次は5年後で良いよとのことなので、とりあえず安心。 あんまりネガティブな印象を煽るのはよくないと思うので、「大腸ガンで苦しむことを考えれば大したことない検査です!」と言っておきます! 

      2
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 人間万事塞翁が馬

      怪我で侍ジャパンのメンバーから外れた大谷選手に対して、日本代表の権藤コーチが「人間万事塞翁が馬だ」と声をかけたというニュースを見ました。大谷選手はこの一言に「楽になった」と。 華々しい活躍をした前シーズン。そしてWBCでさらに活躍してメジャーにアピールするチャンスだったのに、怪我をしてしまいメンバーから外れたわけですが、おそらく大谷選手に対してかける最高の言葉なんじゃないかと思います。 権藤コーチは大谷にめちゃくちゃ期待していたようですが、こういう言葉をかけられるってホントに素晴らしいと思います。 前にもこのブログで書きましたが、人生って良いことも悪いことも起こる。ある程度事前にリスク回避できる部分もあるにせよ、これはどうしようもないものです。大事なのはそれをどのように受け入れるかということだと思います。 作曲もそうですが、プロフェッショナルな仕事において、感情の起伏が大きすぎると安定したパフォーマンスが発揮できないと思います。イチロー選手を見ていればピンと来ると思います。 良いことがあった時、浮かれずに身構える。悪いことがあったら、少しバカになるくらいに楽観的に考える。こういうメンタルのコントロールが大事なんだろうと。 大谷選手はきっと今回の出来事を機にさらにパワーアップすることでしょう!僕は彼の二刀流に対して、僭越ながら自分を重ねる部分があるので是非とも頑張ってもらいたいです! 頑張れ大谷選手! 

      5
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 「違い」を出す

      作曲の世界も、ビジネスの世界も他者、あるいは他社との違いを出すことはとても重要なことだと思います。他にないものを作る、だから顧客から選ばれる。そういうことだと思います。 作曲ツールであるDAW(Digital Audio Workstationの略)のノウハウやテクニックは今やYUOTUBE等で、無料かつ手軽に世界中の親切なクリエイターによる動画をチェックできてしまいます。 誰でもそれなりのサウンドを作ることができるようになった。そうなると真似するだけでは埋もれてしまうだけで、当然ですが「違い」を出すことができません。 自分にしかできないこと、あるいは自分のオリジナリティが何であるかを見つけ、磨くことが「違い」を生み出すうえで重要な要素かと思います。 さらに、みんながやっていることではなくて、誰もやってないことをやってみるという姿勢も大事だなぁとおもいます。オリジナリティを磨くことが「深堀り」だとすると、誰もやってないことをやってみることは可能性を「拡張」していく作業ですね。「深堀」と「拡張」、この2つが「違い」を生み出す上でのキーワードなんだろうと思います。 この間、ネットで「優秀な上司(ビジネスマン)は誰でもできることは人に任せて、誰もやっていないことにチャレンジする」というようなことを書いている記事を見ました。いろんな見方があるし、職種や業種にもよると思いますが、可能性の拡張と言う意味ではその通りだなぁと思います。 先輩方や同士に学びながら、深堀と拡張を続けていく。作曲家としても、サラリーマンとしてもそういう姿勢でいたいなぁと思います。 

      2
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 朝型

      僕は普段サラリーマンなので、平日に作曲作業をする場合、基本的に「朝早く」or「夜遅く」の二択になります。 今までは時と場合によって朝早く起きたり、遅くまで起きていたりしたんですが、最近は夜は可能な限り早く寝て、朝は睡眠時間6時間が確保できる範囲で可能な限り早く起きて作曲作業をしています。 なので22時に寝ることができたら4時に起きるという具合です。ちなみに土日は早く寝ることができるので、先週末は20時に寝て2時に起きて作業してました。でもさすがにこれはやりすぎみたいで(笑)体のバランスが良くなかったので、たぶん4時起きくらいがベストなんだろうと思ってます。 なぜ朝型に変えたかというと、まぁいろいろ家庭的な事情とかもあるんですが、何よりも「朝のほうが冴えている」これに尽きます。しかも夜型だったり朝型だったりするハイブリッドな組み合わせはオススメできません。自分の経験上、こういう状態で朝早く起きても頭の冴えを実感しにくいんじゃないかと思います。 何かの記事でたぶん脳科学の学者さんだったと思うのですが、「人間のパフォーマンスはパラグライダーをイメージすれば良い」という趣旨のことを言っていました。つまり朝が一番パフォーマンスが高く発揮できて、夜になると落ちていくということですね。 本当にその通りだなぁと今、実感しています。朝は脳(クリエイティブな部分)がフル回転する感覚があります。というかトップスピードに入るまでの時間が短いと言った方が良いかもしれない。夜はノッてくる(エンジンがかかる)まで時間がかかります。 あと朝はリミットがありますよね。出社しなきゃいけないからオシリが決まっている。だからそこまで終わらせようとするから作業効率も良いんです。 僕のアウトプットである今年の作品数は去年を上回るペースで来ていて、朝型の良さを実感してます。 まぁこれは個人差があると思いますがオススメです。 ただし、特に冬はまだ暗く寒い中で起きなければならないので、今はじめるとすると厳しいとは思いますが。

      1
      テーマ:

プロフィール

Masanobu Fujita

自己紹介:
「二兎追うものは二兎得る」を証明するために奮闘するサラリーマン作曲家です。 サラリーマンの仕事...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

音楽
3337 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。