出航!…

テーマ:

6月15日

 

今日は、みどり丸さんにお誘い頂き、海上ピクニックにお邪魔しました。

 

みどり丸さんによれば、「ピクニック、屋外に出て自然豊かな場所に出かけて行き、食事をすること。」だそうです。

 

なぜピクニックかと言うと、

キスが釣れていない!

と言うことです。

 

なので、ゆっくり舟を出して、のんびり竿を出して、おしゃべりに花を咲かそう。

 

釣れたら上等!って感じで行って来ました。

 

 

前日、海況確認のため電話でお話したところ、「2人分で、石ゴカイ500円、あみえび1ヶ、Gクリル1ヶで充分」との事だったので、石ゴカイ1000円、あみえび1ヶ、Gクリル1ヶを持参。

 

朝2時半に出発し、ずっと下道で走り

あと5分で到着する場所で確認した気温12度(笑)

6月半ばでこの気温って可笑しすぎますイラッ

 

手前で時間調整して、約束の5時半に駐車場に車を止めるとみどり丸さんも準備中。

挨拶をして、寒いのでカッパの上を来てライジャケを羽織って荷物を持って裏の海岸に。

 

2人で担いで水際まで。

 

船外機を取り付け、荷物を積んでいざ沖へ!

 

と思ったら、そのままななめ左に進んでテトラのすぐ沖にアンカリング。

 

みどり丸さんの心の師匠の言葉で、「朝イチ、大ギスはテトラ周りに居る。」ってことでまずはここでやってみます。

 

そう言えば、朝の挨拶の後にその話を聴いていたので、その続きの話を思いだし天秤の錘をいつもなら8号なんですが5号をチョイス。

 

着水音の関係で、小さい錘の方が音が小さくキスが散り難いと聞いた事があります。

 

早速、釣り開始です。

 

私が沖向きなのですが、まずは聞いた通り右側のテトラを狙いますが底が荒く針が無くならない程度の根がかり連発。

 

みどり丸さんは、左側に投げすぐにアタリがあって今年の初キス。

 

向きが良くないとの事で、アンカーロープを結びなおして前に座っている私が浜を向くように調整してくれました。

 

ようやく、私にもアタリが有り久し振りのキスとご対面。

 

10cmくらいのピンも混ざりますが、20cmまでのサイズが多いかな。

と思っていると、みどり丸さんが26cmをキャッチ。

 

この、握るサイズが釣りたいんですが・・・

 

30分ほどで沖に移動。

 

舟の回り、ぐるっと一周がポイントなので、いろいろ投げ別けて釣れた場所を重点的に探って数を伸ばします。

たまに、一荷もありました。

 

しばらくして、今度はアジと根魚狙いに場所移動。

 

例年なら、この場所で刺身サイズのアジが釣れるそうなので、胴付き仕掛けに刺し餌にオキアミでアミエビを撒きながらやってみますが、釣れるのはチビガシラとササノハベラ。

 

サビキに替えると、5cmくらいの小さなアジが釣れたのでバッカンに活かして根魚狙い。

 

活きの良いアジを入れると、すぐにアタリが有りチビガシラならバンバン釣れますがキーパーサイズは中々釣れません。

 

唯一のお持ち帰り釣果

お久し振りのアコウ様

 

口からアジの尻尾が覗いているのが可愛くないですか照れ

 

 

しばらくして、最後の移動で大ギス狙いの場所に到着。

 

アタリも多く良く釣れるのですが、結局私には大きいのは釣れませんでした。

 

12時過ぎにエサ切れ納竿。

 

ざっと片づけ、挨拶も早々にかつ丼です(笑)

 

いつもの通り、美味しくいただきました。

 

夜に食べるために、光の湯に寄り、かね和さんで干物を買い17時半に帰宅。

 

生簀に入れているので、私が釣ったのかみどり丸さんが釣ったのかも不明。

アコウとカワハギ(貰い物)も、持って帰ったのですが画像が取れてませんでした。

 

最終的には、何匹釣ったのかも不明。

 

全部を持って帰ったのではなく、2人とも必要数だけ持ち帰り、残った元気な魚はリリースしました。

 

左はキスの刺身と糸造り、右はカワハギの薄造り。

 

一番食べたかったキス天!

 

中骨も、カラッと揚げて美味しくいただきました。

 

 

楽しい楽しい1日でした。

 

予想に反して良く釣れたこともですが、梅雨なのに天気にも恵まれ、最近の不釣(ふちょう)をぬぐってくれたようです。

 

 

みどり丸さんには感謝感謝です。

 

次回もまた、よろしくお願いいたします。

 

AD