Hello! Welcome to my studio.

どうぞご贔屓にニコニコ


Only One を Only You !!












  • 26 Feb
    • サカモゲ・サカムケ・ササクレ!?

      お絵かきの時間 ストレスが溜まってるかどうか、自分では感じていないストレス でも体は知ってるというストレス? 私もストレスを感じないタイプ 鈍感で行け行けどんどん、ケセラセラタイプです。   どこかで知ったそのストレスの見分け方~   手の指を見てサカモゲ・サカムケ・ササクレなど呼び方いろいろですが これができるとストレスが溜まってるサインだそうです。   痛いので手を見ると剥けてるー、ムケテル~ 野暮用続きで忙しかったからでしょう?   時々、こんな時はお絵かきでリラックスタイム 訳の分からん絵を描くのがストレス解消法 案外早く治してます。              

      5
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 楽焼の窯造らねば~!

      掛け声ばかりで進まない~ 小さな窯でも安全確保のために場所を選ばないと。 狭い庭のどこかと思いながら、旧の窯がありまだ健在なので 両方使い分けたり、同時に焼いたりと欲張ってます。   楽焼のソフトな感触が好きで、時々自作の器を撫でてます。   気兼ねしないで焼きたいなーと思いながらもままならず。 解決策は資金か~、やっぱり いや待て、そんな資金があれば体力のあるうちに海外放浪の旅が先だ!    

      8
      2
      テーマ:
  • 22 Feb
    • お遊びで!?

      動物をモティーフにして~ 写真と実物かなり違います。撮り方が悪いからだと思いますが お菓子のかりんとうのようで、食べたくなる~       普段水中にいるので水に浮かせて撮ると面白そう 早速試してみます。 一応使い道は筆休めです。筆がコロコロしないようにはなってます。 絵や書で作業中に筆をちょっと置く時ってありますよね。 そんなときに真面目なものより、緊張?をちょこっとほぐしてくれる ようなものが欲しくて~。 もう少し仲間を増やします。                

      6
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 若いってそれだけで財産!?

      TRANSNATIONAL ART展終わりました   寒い季節・雨もありの短い期間でしたが、多くのみなさんに来ていただき ありがとうございました。   交流会に初めて参加、作品と作家さんの顔が結びつくいい機会でした。 希望者だけの食べ放題の飲み放題の2時間が、あっという間に終わりました。 創作活動仲間の集まりは、初対面でもすぐに打ち解ける。   現代アートなので当然若い作家さんばかり、そんな中には入りずらいので 敬遠してきましたが、逆だなーと思えてきました。エネルギーや発想・技術など 新しい時代に活きてる若者から学ばせてもらえることが多く、その財産の おすそ分けをもらえるいい顔合わせでした。   そのうち、そこのおばあさん 邪魔~っていわれそう                

      11
      2
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 友と語らい!!!

      TRANSNATIONAL ART 2017   友人たちと会場で待ち合わせ。 久しぶりの顔合わせで談笑。 女○人寄れば~ 見てすぐ私の作品とわかったとか~。 寒い時期は出る機会が少ないので、来てよかったと言ってもらえ嬉しいです。   分厚いパンフレットがもらえますので、作品と作家を確認しながら観ている方が 多かったですね。明日と明後日までです、お出かけください。    

      7
      2
      テーマ:
  • 14 Feb
    • この子たちに会いに来て~!!!

      全体写真はまだ撮ってませんので個々の写真で   それぞれの表情からどんなメッセージが~。 五つの形が一つの画面に舞ってます。   寒い時期ですが現代アート満載の会場、アートで温まりにお越しください。 週末は会場のどかにいる予定ですので、見かけたら声をかけてください。   大阪府立江之子島文化芸術創造センター4F 2月14日~19日(日)                  

      6
      テーマ:
  • 12 Feb
    • TRANSNATIONAL ART 2017 2月14日~19日開催!

      会場: 大阪府江之子島文化芸術センタ-4F 時間: 火曜日~土曜日 11am -7pm  最終日は3pm   出展してますので、お近くの方ぜひお出かけください。 陶土でありながら陶を感じさせないものに挑戦中、どんなものか見てやってください。 新しい試み~、楽しんでやっておりますが、皆さん方はどう感じられるのか お聞きしたいですね。   今夜搬入してきましたが、他の作家さんたち展示作業中のため、写真は遠慮して 帰ってきました。会期中に何度か行く予定ですので、写真はその時に          

      9
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 小さな 楽焼き窯 造ろうかな!?

      経年変化を楽しみにつかってます   カップは楽焼・ソーサーは高温焼成したもの。 毎日いろんな飲み物が入る。コーヒー・紅茶・ココア・しょうが湯 甘酒・緑茶・スープなど、その時の気分しだい。     半年近く使ってますが少しづつ艶が出てきてますので、だんだんと愛着が~ 使う内に古くなるのではなく、成長しているように感じます。   ロンドンからやってくる陶芸家たちも楽焼をやりたいらしい。 今使ってる楽焼窯はそろそろ寿命がやってきている。 煉瓦で試験的に小さなものつくってみようと思ってますが、できるかな? 取り出し口を上から~、前から~ 手持ちの材料をリサイクル、やってみないと何とも                        

      7
      テーマ:
  • 05 Feb
    • キャンバスに刺繍したら?!

      キャンバスに刺繍で描いて油彩も使うとどうなるか? 何か面白い表現はないかと自由気ままにキャンバスに 色塗り中、太めの糸でラインを引いてみた。 糸が落ちないように固定してから、ふと思いついた。 もう少し色を入れたいが、刺繍ですれば~と、試してみたが固ーい 針が通らないので、キャンバスの裏を見ると細めで目が詰まっている。 荒めのキャンバスならうまくいきそう。手持ちがないので今度やってみよう   刺繍や編み物・ミシンを使ってオリジナルな服など良くつくっていた。 こどもの服は4~5歳まで、オリジナルデザインものばかりで育てた。 お出かけ先で 「かわいいー」 と服を褒められ、ときには触りまわしながら 声をかける人もいた。   1~2年後、百貨店などの子ども服売り場で「あれー?!」 そっくりサンが売られてる~。   久しぶりに刺繍がしたくなったけど、目が疲れそう。            

      8
      2
      テーマ:
  • 03 Feb
    • スケジュール調整中!

      3月にロンドンからやってくる3人のために   三人の陶芸家たちの内、二人は日本が初めて 三人で相談して希望のスケジュールを作成、送られてきた。 当然ながら日本地図が頭にないらしく、無茶な日程を組んでいる。 例えば大阪から備前まで半日で見学して帰ってくるとか・・・。   メールをプリントアウトしたらA4サイズ4枚もあった。 1か月弱の滞在で制作・焼成・窯場見学などびっしり~。 多分ネットで調べたのだろう、浮世絵美術館など名前だけで 住所がないので調べることがいっぱい。 まあ、外せない希望だけかなえたら、あとは自由だから~と 言ってくれているが、いい印象で収穫多い旅のお手伝いを してあげたい。     今日はいただきもの巻きずしですが、我が家は丸かじりしませんので 自作の皿に切って盛り付け、おいしくいただきました。   返信も早くしないと~。食べながらも頭の中は可能・不可能・変更などなど ぐるぐるまわってます。 部屋の用意もあるし、頭と体がフル回転中      

      5
      テーマ:
  • 31 Jan
    • カナダ発 ご近所ニュース!?

      隣り町で弥生時代の人形発掘   カナダのハリファックスに住む、アメリカ人文化人類学者が日本に いた頃、我が家にホームステイしていたカナダ人女性と意気投合 帰国後結婚、現在は彼女の仕事の関係で彼女の家がある ファリファックスに住んでいる。今頃はドアの半分は雪で埋ってるはず、 タイタニック号が沈んだ沖合に近いところで、気候の良い頃はとても 景色のいい観光地です。出店のサンドイッチが美味しかったー。   その彼から興味があるだろうからとメールが来た。 学者では飯が食えないと英語の先生などをしながら世界中をまわり調査、 私も文化人類学を学んだので、彼が日本にいた頃、異国の話を良くしてくれた。    人間なのか動物なのかわかりませんが、2000年も前に今と変わらぬ 創作能力を持っている~、というのは驚きませんが、それを超える 能力がアートの環境で考えると進化してないなーと驚きます。   A handsome clay doll dating from the mid-Yayoi Pottery Culture period (300 B.C.-A.D. 300) was uncovered at the Kori ruin in Ibaraki, Osaka Prefecture (Takashi Yoshikawa) IBARAKI, Osaka Prefecture--A moon-faced clay doll from the mid-Yayoi Pottery Culture period (300 B.C.-A.D. 300) has been unearthed in near perfect condition at an archaeological site here, the first discovery of its kind in the prefecture. The charming doll, of a kind very rarely found intact, was unearthed at the Kori ruins, the Osaka Center for Culture Heritage announced Jan. 26.   紀元前100年〜西暦100年ごろまで続いた弥生時代中期の墓群が見つかったのは、パナソニック茨木工場があった茨木市松下町。市教委と文化財センターは2016年6月から約1万6500㎡に広がる「郡(こおり)遺跡」と「倍賀(へか)遺跡」の発掘調査を続けている。 今回の調査では、深さ1メートル前後の溝で埋葬場所を囲った「方形周溝墓」と呼ばれる墓約140基が見つかった。そのうち、埋葬場所を取り囲む溝の中からは壷や甕(かめ)などの土器と一緒に、人の形をかたどったものも出土している。文化財センターによると、人形は高さ5.9センチほどで、こけしのような形をしていて、目鼻立ちがはっきりわかる。(大阪府文化財    西暦に誤差がありますが、誰もはっきりと言えないことなので気にしない。 車で20分くらいのところで、最近は新しい道ができ、この地を通ることもなくなり 知りませんでした。マイナーなニュースなのでアンテナをはってない限り 入ってきません。   海外から瞬時に情報が入る、嬉しいつながりです。

      9
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 犬猿の仲

      動物写真家の岩合光昭氏   野生動物の写真が好きで岩合さんの写真をよく見る。 TVで撮影現場の様子を見たときは、大変な苦労と工夫の上に あの衝撃的な写真や、微笑ましい写真撮影が可能なんだと驚いた。   今月のJAFメイトは岩合さんの日本猿の写真が何枚か載っている。 表紙の写真、雪を食べているのか、何かをしようとしているのか わかりませんが、この子ザルのしぐさや表情がとてもかわいい。 ちょうどそこにあった自作の子犬を隣に~。   ”犬猿の仲”って仲が悪いときに使いますが、どこからきたのでしょうね。 こどもの頃、犬と猿を飼ってましたが、とても仲が良くいつもいっよに じゃれ合って遊び、ひっついて寝てました。 小さいころからなら異種の動物同士でも、とても仲良くなります。   一枚の写真から懐かしいこどもの頃を思い出しました。                              

      8
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 珊瑚と~!

      本物のサンゴと合体させて~   自然の造形物+粘土の造形でも創作 珊瑚は徳之島に旅行した時に、浜辺を歩き回って洞窟近くで 見つけたもの。くるくる回しながら安定したところで接着した。   珊瑚は拾ってきたままです。   二面の喜笑愛楽   これで決まりとなるかどうか未定ですが、しばらく目に つくところに置いておくと、これ自身が教えてくれます。 ”やめた方がいいでー” or ” このままでいきましょか” さて、どちらに

      6
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 近すぎる~!

      犬は喜び庭駆け回る ねこはこたつで丸くなる♪♪~ さくらにはこの歌は関係ないようで・・・・。天気の日は陽だまりで寝そべり、寒くなるとストーブの前で何か反省してるようなしぐさに また、暖まると外の陽だまりへ。教えたわけでもないのにビタミンD吸収してるので、骨粗しょう症の心配はないでしょうね。 さあ、次は食器づくりです。 さくらと話しながらデザイン考えてます。下手に返事がないのでやりやすい、癒しのいいヤツです。       

      7
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 磁器土で~

      焼き物の地を旅して粘土のみやげ 全国の焼き物の地を訪ねて歩きたいのですが、まだまだ行けてないところばかりで~。 ネット旅は簡単ですがやはり実物に触れるのが本物の旅。 その地の組合を訪ね、よそ者でも粘土の購入ができたので少しだけ買ってきた。今回は磁器土ばかりの地でしたが、自分なりの使い方でテスト作品つくってみました。 当然ながらご当地の作家さんたちの作品や、会場の作品とは違うものに~。 海外からは粘土のみやげは許されませんので、作品にして持ち帰るか購入するかですが、年末の掃除でまあーまあー、いろいろ買ってますね。 現在なら居ながらにしてどこの粘土も手に入るのですが、購入不可能な懐かしい粘土があり,いつも頭の片隅にこびりついている。いつか再会できればうれしーい。        

      13
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 手づくりアコーデオンブック!!!「

      嬉しい便りが~昨年カナダのオタワから友達の友達が訪ねてきてくれた。初対面のプリントアーティストがご夫婦で来られ、しばしアート談義。専門分野だけで食べていくのが難しいのは、いずこも同じ。 もう帰国して2か月余りですが、まだ日本の余韻に浸っているそうだ。カルチャーショックが大きかったんですね。そんな便りに、手づくり木版画のかわいい、アコーデオンブックが送られてきた。彼女が午年らしく、2014年の午年をテーマにした作品を送ってくれた。干支のことは彼女の先生(私の友人)に習ったに違いないですが、木版画のアコーデオンブック、写真では全ページ写してませんのでわかりませんが、白黒逆転させた両方のプリントが面白いですね。 カナダではほとんどの人が、馬の目に鳥を見るので目を強調していると説明しているが、目の形がとりに見えるということか。どう訳してもそうとしか読めないし。 目頭が口ばしのように描いているのでそういうことでしょう。馬は大好きなのでよく見ているが、目を鳥とは?機会があればじっくり見てみます。       

      6
      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 病院食と食器!?

      我が人生で入院経験は三度目、今回は大事を取っての一泊なので一泊旅行のようなもの。温泉も美味しい料理もありませんが、読み残してた本を持参して読み終え満足。 ショックだったのは食事、俗にいう病院食、健康管理に適した献立味付けは納得できるのですが、問題は食器でした。 ネットから写真拝借です。眼科入院なので、内臓はいたって元気。食事が運ばれてきて見たとたん食欲減退。美味しいと評判のこの病院食が私にはまずくて~。 家族の入院には数えきれないほど付き合わされ、いろんな病院食を見てきていつもまずそうと思ってました。これで治る病気も長引くなーと。 何がそう感じさせるのか? やはり食器ですね。 メラミンとやらで割れないから安全、洗うのも簡単・配膳し易いなど病院や給食に使われるのは理解できます。料理も食器で美味しそうになったり、まずそうになったり、持論ですが ”器が変われば料理が変わる”。 最近、どこかの個人病院が食器をせとものに変え、歩ける患者は病院内のレストランで食事をするようにしたとか。食欲が増せば回復も早くなります。大病院には必ずと言っていいほど、有名レストランがあり先生方や見舞客が利用しているが、ここではメラミンの食器は出てこない。 食事制限を受けている患者も、カードを見せれば適した食事ができるなど今の時代なら改革可能になると思うですが・・・・。 患者の側に立ったケアーができる病院が当たり前のこと、○○さまと丁寧に呼ばれるより、○○さーんで十分ですから、待ち時間がない、診療時間にゆっくり時間をかけたり・・・、改善の余地ありです。                      

      10
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 復習のつもりが~?!

      陶芸のレッスンに備えて~ 3月にロンドンからやってくる陶芸家たちのために原稿作りを始めた。私ごときに何を習いたいのか~、教えることはないはずで近隣の陶芸スポットやギャラリーめぐりでもしようかと思案をしていると、一人からメールがきた。 日本古来の陶芸の装飾技法を習いたいといってきた。やれやれ目的が決まればやりやすい。自作作品の写真を少し添付して送ってみた。やったことのない技法らしくぜひ習って帰りたいと。 日本古来の技法って何だ?陶芸の歴史を簡単にプリント作成中、復習のつもりであちこちの本を出して来たり、ネットで調べたり~。縄文時代の縄目だけが古来の装飾?。 いろんな技法が伝えられているが、韓国や中国から連れてこられた陶工たちによって伝わった技法が、今日まで受け継がれ進化している。陶の進化には目を見張るものがあり、改めて復習というより勉強になる。 さて、どんな英文参考資料が出来上がるのか、英語の間違いは伝わればOK、不足は言葉で補う。 Yes, I can. Yes, I will.              

      9
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 犬も歩けば~

      さくらもパソコンに興味があるようで 地震予知犬?騒動以来 ストーブやこたつのある部屋で我がもの顔パソコンを始めるとこのありさま マウスが虫に見えるのか動くとにおいながら追いかけるので、鼻紋がべたべた~。 孫と思えば許せるかな~。さくらも犬だとは思ってないような。異常に怖がり・臆病者なので初めての人にはなつくまでしばらく時間がかかる。3月にロンドンからやってくる3人の陶芸家、今心配しているのは彼女たちとさくらのこと、自由にあちこち歩き回ってるので、慣れるまでどうしようか?どこかにつないでおきたいけど、すぐに鳴きだすに違いないし、閉めこむところもない。 すぐに仲良しになってもらう以外方法はないようだけど、難しいだろうな。もっと良い方法はないでしょうか。 

      6
      2
      テーマ:
  • 06 Jan
    • シニアの遊び場 見っつけ!

      そこは書店です 写真はVancouverにある公立図書館です。 図書館の厳しいルールはあるのでしょうが、マナー違反も見かけることなく 居心地のいい場所で一人で時間つぶしには最高の場所でしたので、よく通いました。 お腹がすけばレストランやカフェで~ 。 アートに関するコーナーで床に座り込んで読んだり、コピーも無料だったような、そんなことないか。もう忘れましたが、まだパソコンも使えず携帯すら持ってませんでした。その頃の街の書店では立ち読み自由で、椅子やテーブルに腰かけカフェがあった。 日本では”立ち読み禁止”が常識だったころです。日本もこうならないと時代に取り残されるだろうなと思ってました。 最近、我が家の近くと言っても車で20分ほどのところに、大型書店が誕生。カフェあり、いろんなコーナーに沿った物品販売、例えば旅本の横に旅行用品がおいてあったり、料理本コナーにはキッチン用品が並べてあった。 ギャラリーもあり、アート作品の展示が定期的に交換、イベントもいろいろ集客に知恵を縛ってる。今や老いも若きも一日中楽しめる空間になってます。デートスポットにもなってるようで、お茶している若いカップルを何組も見かけました。 シニアの遊び場に最適、時々は通って新しい風に吹かれて来ようと思ってます。            

      8
      テーマ:

プロフィール

きりきり舞妓

性別:
女性
お住まいの地域:
大阪府
自己紹介:
もっと進化したいなー イギリスの女性陶芸家 Lucie Rie大好き。 原点のPrimi...

続きを見る >

読者になる

AD
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。