天候の優れないベルギーですが、ご覧の通り野菜たちも順調に育っています。!!
ナメクジ被害も多いのですが。笑い泣き

カボチャです。いいですね。



エダマメです。冷凍のエダマメがデレーズでも売り始めていますね。ベルギー人の間でもエダマメが知られて来ています。音譜
でもやはり冷凍よりも自然のエダマメは美味しいですよ。



とうもろこしも楽しみ。



キャベツが随分ナメクジの被害に会いましたが、今新たに苗を作っています。



ゴボウです。



ジャガイモの花が咲き始めています。



ではまたの成長を楽しみに。


チュビーズナチュラルファーム

AD

定植始めました

テーマ:
いよいよ、エダマメ、カボチャの定植が始まりました。

ミニハウスの温室育ちから、いきなり雨風吹き荒れる荒波に、お引越しさせるのもかわいそうなので、1~2日、外に出して外気に慣れさせてあげてから、いよいよ定植です。

カボチャです。
移植時に根を傷めてしまったのか、本葉が少々枯れてしまいましたが、新しい葉が出ているので大丈夫でしょう根はしっかりと活着しています。





エダマメです。
定植後も生育は順調です。






キャベツの苗も定植しました。




シソも充分に大きくなっています。大きいのから定植します。






シシトウも順調。去年はミニハウスの中で、さらにマルチを張って定植し、成功しましたので、今年も同じようにしてみます。いくつかは露地マルチでも試してみます。
ベルギーは夏の温度が上がらないので、露地はどうなるか分かりませんが・・・。いろいろ試してみて、露地で成功すれば水の心配がないので、来年からは露地ですね。




大雨があり、一気にトウモロコシが発芽しました。あ~、今年も甘くてジューシーなトウモロコシに乞うご期待


二人仲良く 残念ながら一つは間引きしてしまいます。

ゴボウも大きくなっています。
やはりこれも間引きします。



今週は雨が続きますが、合羽を着て、一気にカボチャ、エダマメの定植を完了します。雨の日はチャンス 水やりの手間が省けました。
でも、ちょっと水が多すぎて「田んぼ状態」です。まるでエダマメの田植えをしている気分です。


チュビーズナチュラルファーム


AD

土の顔

テーマ:
皆さま、「土の顔という言葉を聞かれたことがありますか?
以前、自然栽培技術指導員の方から「土には顔があるんだ。」とお聞きし、「土の顔」って

「きめ細かな柔らかい土が良いんだ」と・・・。
「微粒子」の「微」は「美しい」「美味しい」の「美」に繋がることを。

なるほど、人間も同じでブツブツ、ザラザラしたお肌よりも、きめ細かな瑞々しい柔らかなお肌に憧れます。

当ファームは今年で7年目になり、土壌も年々改善されつつありますが、もともと粘土質で石ころが沢山あり、クワやカマで草刈しても、石にぶつかりキーン、コーン、カーンと鳴り響くことも多く、これではスラ~とした大根や、ゴボウは真っすぐ延びることができないのも無理からぬことと思います。



先日も、ジャガイモの土寄せをしていたら、「ジャガイモ」かと見間違えるような立派な石がゴロゴロあって可哀想になり、とりあえずジャガイモの畝間に転がっている石を取り除いてあげようと、先ずは一列バケツに拾い始めました。
「あ~、これが大判、小判、金銀財宝、いやいやダイヤモンドの原石なら・・・。」と心の中でつぶやきながら、「落穂ひろい」ならぬ「石拾い」を始め、たった一列でこれだけの石がありました。


全体の面積を考えるとキリがなく、気が遠くなる話しですが、少しづつでも少なくなれば一歩良い土に近づける事と思って頑張ります。


それでも毎年、美味しいエダマメやトウモロコシ、カボチャが育ってくれているので感謝です。

ゴボウが成長しています。美味しいゴボウができますように


カボチャの苗も大きくなってきました。今年もフォークとナイフの出番です。水で硬くなった土を優しくほぐし乍ら、草取りも同時に行います。
毎年この時期、ナメクジやヨトウムシに食べられたりするのですが、今のところ被害が少ないです。





エダマメの苗も大きくなってきました。そろそろ移植OKです。





キュウリも本葉が出て逞しいですね。



シシトウも今年は無事発芽。



キャベツもいいですね。そろそろ移植可能です。



これは下仁田ネギの苗です。



ジャガイモも大きさがそれぞれですが、大分揃ってきました。





タマネギです。


この作付け期間はやることが沢山あって、「石拾い」なんてそんな暇なことをやってる時間は無いのが現実ですが、時間を見つけてコツコツ、ジミジミと、いつか「いい土の顔」になることを願いながら・・・。

チュビーズナチュラルファーム


AD