岡田克也外相は5日午前、スタインバーグ米国務副長官と外務省で会談した。両氏は日米安保体制の重要性を確認、北朝鮮とイランの核開発問題に連携して対処していくことで一致した。

 スタインバーグ氏は会談後、ウラン濃縮活動の停止などを求めた国連安保理決議に従わないイランへの対応について、「安保理でも(日米は)重要なパートナーであり、共通のアプローチで対処する」と記者団に語った。会談では、岡田氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について政府の検討状況を説明した。

【関連記事】
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」
米国務副長官が日中歴訪に出発 北朝鮮、イランなど協議
NATOの財政危機脱却へ「改革」を 米国防長官
「消えた日本」と同盟の信頼

<うつぶせ寝>5カ月の女児死亡 託児所元経営者を書類送検(毎日新聞)
現行案断念「伝えてない」=普天間、鳩山首相が強調(時事通信)
<兵庫5歳児虐待死>継母を傷害致死容疑で再逮捕(毎日新聞)
ふんわり春やね 大阪城公園で梅見ごろ (産経新聞)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
AD