はっさくな日々。

日々の暮らし〜育児・介護・パフォーマンス〜×アレクサンダーテクニーク

ご訪問ありがとうございます。

クリックよかったらお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 抱っこ・おんぶへ
にほんブログ村

☆アレクサンダー・テクニークワークショップのお知らせ☆

◎ワークショップ、クラスの予定、過去の記録写真など、こちらからご覧いただけます。
アレクサンダー・アライアンス・ジャパン京都校facebookページ

アレクサンダー・アライアンス・ジャパン京都校ホームページ

「アレクサンダー・テクニークを学びたい女性へ」
2015年も9月から開催いたします。  NEW!!
詳細はこちら

私の中にある美しさを知覚する。

自分への信頼を身体をとおして、耕してみたい。
そんな方にこの「アレクサンダーテクニークを学びたい女性へ」はおすすめです。

勢いのある姿の美しさと、しなやかな力強さ。
わたしたち自身のからだには本来、自らを支え、ととのえる勢いがあります。
自分を取りまく環境や状況の中で揺れそうになるとき、
勢いのあるからだ、あたま、こころは、しなやかに力強く、自分を内側から支えてくれます。
アレクサンダー・テクニークは、自分の心身についての感覚と、
姿の勢いと、信頼をとりもどす学習です。 
        

*「アレクサンダーテクニークを学びたい女性へ」のFacebookページもあります。
いろいろな記事が載っています。是非ご覧ください。こちら


*これは2013年までの「だっこする人のためのアレクサンダー・テクニーク」
「家族とつながる」「子供とつながる」の3つを統合したワークショップでもあります。

2015/4/10更新 NEW! 私が初めて講師を務めるアレクサンダーテクニーク講座です。
無事終了しました!
「やらねばならない」から解放されるためのアレクサンダー・テクニーク
(掃除・かたづけ編)

やらねばチラシ

断捨離・収納の仕方などわかって、やる気満々になった。
でも「やらねばならない」と思った瞬間、
やる気がなくなってしまった…
そんな経験はありませんか?

この講座では『「やらねばならない」と思った瞬間の身体』に注目します。
「やらねばならない身体」の時、
あなたの頭や目、胴体、手足はどうなっているでしょう。
少し違った体になると、どんな風に感じるでしょう。
片付けをはじめる前につまずきを感じる方、是非ご参加ください。

テーマ:
姿の勢い2016、師匠新海みどりの年に一度のワークショップが
6月25、26日の土日に梅小路公園「みどりの館」で開催されます。

今回は『アレクサンダー・テクニークの学び方』をテーマに、
1.自分の知覚に気づく  
2.自分の知覚を表現する
3.姿の勢い―身体の中に動きや勢いがあることを経験する
4.新たな言語表現、身体全体を通したコミュニケーションを体感する
といった内容の二日間です。

コミュニケーションときくと、一番に「ことば」や「顔」が
私なんかは思いつく。

「笑顔にしとかんとあかん」
「感じいい言い方で」
「なんていうのが伝わり易いんだろう」  

難しい状況になると、そんなことばかり考えている気がする。

「ことば」は息。「顔」は頭の前の部分で、身体の一部。
どちらもからだとつながっている。

そして、相手に伝わるものは、そのほとんどが
「ことば」ではない体全体の印象。


コミュニケーションを「体全体のもの」ととらえると
笑顔や言い方にばかりとらわれにくくなった。
   
そうすると
頭の中に、また知覚の容量に余裕ができるので

相手が本当は、何をしていて
どんな顔をしているのかがよくみえる。


実はそれが一番よかったかもしれない。

言い方や笑顔にとらわれているときは
自分に必死すぎて、相手が見えない。

本当の相手ではない、自分の脳内劇場の相手に
無駄に笑顔をふりまき、疲れる。


相手によりよく伝えるための、笑顔や言い方であるはず。
どうせやるなら、相手をよく見て有効に使いたい。


梅小路公園「みどりの館」だけに、お庭が素敵です。
機関車の汽笛もきこえてきます。
ご興味ある方は是非。
姿の勢い2016詳細
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「舞台上の自分」と「生活している自分」は全然違う感じがする。
また特別な、違うものにしておきたい気持ちもある。

もちろん、緊張感は全然違う。
でも身体の機能は同じだ。だって身体は一つだから。

舞台上でしている動きやクセは、度合いの違いがあるにしろ、
何らかの形でやっぱり生活の中にもある。

バイトしているとき、友達と話しているとき、
歯を磨いている時なんかのときでも。

そのリンクを認めて実感できたことは、私にはとても役に立った。

1)稽古したくても、他にやることがいっぱいのとき。
2)お金のためのバイトに無駄な力を奪われている気がして、
嫌になるとき。
3)特に先の舞台が決まってないとき。

そんなときは特に役に立った。

自分が、舞台上で苦手な瞬間にどんなことをしているのか、
レッスンで繰り返し発見しているうちに、
生活の中にもその動きを発見するようになった。

逆に、生活の中で少し不便な身体の動きをレッスンでやった。
その中での発見は、表現の時にも役に立つことがわかった。

つまり、いわゆる「稽古時間」がなくても、
日常の中で練習できる。
やろうと思えば、稽古の時と二倍練習できたりもする。

これは、あせりがへるのに本当に役に立った。

「あせる」ってすごく嫌な気持ち。
よく考えると、なににあせっているのかも、わからないし。

自分にとって無駄だと感じる時間が
少し有意義で楽しい時間になるのは
人生がより幸せになる感じがする。
おまけに稽古もできる。

それはすごくうれしかった。

まもなくはじまります。<10回で学ぶ演劇の人のためのアレクサンダー・テクニーク
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はPTAバレーボールの練習でした。
試合形式で練習するとき、少しあがります。
体育館の高い天井、遠くて広いむこうのコート、ああだめだ。のまれてしまう。

この感じ、暗い楽屋から舞台に出るときに
急に世界が広くなるときと似てる。

舞台の、劇場の空間が広い。天井が高い。
お客さんの頭の上の空間も広い。ああやばい。

そんなことなんでもないよ、と思いこもうとしたりもした。
でもそれだと違う緊張を生んでしまうことも多かった。

それより現実にあるもの、床を思い出すのが、私には効果的だ。
今日もそれを使った。

天井は高い。体育館も広い。
でも私、自分のチームの人、
むこうのチームの人たちも同じ床にたっている。
私の足はこのみんなと同じ床についている。
わたしはただ、この地面についている足を動かすだけでいいのだ。

そう思うとまさに「地に足がついて」落ち着いた。
身体が動きやすくなった。

舞台で緊張したときも、その緊張をなくさなくてもいい。
ただ床を思い出してみる。
床は、私たちをどんなときもサポートしてくれているのだ。

<10回で学ぶ演劇の人のためのアレクサンダー・テクニークまもなくはじまります>
https://www.facebook.com/events/1724723097765471/permalink/1755022821402165/
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。