はっさくな日々。

日々の暮らし〜育児・介護・パフォーマンス〜×アレクサンダーテクニーク

ご訪問ありがとうございます。
クリックよかったらお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ アレクサンダー・テクニークへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 抱っこ・おんぶへ
にほんブログ村

☆アレクサンダー・テクニークワークショップのお知らせ☆

<アレクサンダーテクニークとは>
F.M.アレクサンダー(1879~1955)が発見し、開発した「自分自身の使い方」の心身訓練法です。
からだ、心、思考も含めた、いつもの自分のあり方、使い方、不必要な緊張に『自分で』きづき、やめていくことを学習します。その学びは、人が持つ、本来の楽さ、自由さを取り戻し,自分が本当にやりたいことを今までとは違う質で行うことを手助けします。教師はその学びをお手伝いします。

ホームページ http://tsuzino-alex.jimdo.com

☆レッスンについて 詳細はこちら 

レッスンお問い合わせ・お申し込みはこちら

◎個人レッスン
<場所>
○京都市北区(最寄り駅 北大路、最寄りバス停 大徳寺)
○京都市中京区(最寄り駅 京都市役所前、最寄りバス停 京都市役所前)
詳細はご連絡後にお知らせします。
受講料 1時間 3000円

◎グループレッスン
お二人以上の方のレッスンです。内容、場所、人数など、ご相談ください。

「アレクサンダー・テクニークを学びたい女性へ」
2016年も9月から開催いたします。師匠新海みどりの講座です。 NEW!!
詳細はこちら
体験説明会2016年8月24日詳細はこちらhttps://www.facebook.com/events/1774375416110360/
私の中にある美しさを知覚する。
自分への信頼を身体をとおして、耕してみたい。
そんな方にこの「アレクサンダーテクニークを学びたい女性へ」はおすすめです。
勢いのある姿の美しさと、しなやかな力強さ。
わたしたち自身のからだには本来、自らを支え、ととのえる勢いがあります。
自分を取りまく環境や状況の中で揺れそうになるとき、
勢いのあるからだ、あたま、こころは、しなやかに力強く、自分を内側から支えてくれます。
アレクサンダー・テクニークは、自分の心身についての感覚と、
姿の勢いと、信頼をとりもどす学習です。

*「アレクサンダーテクニークを学びたい女性へ」のFacebookページもあります。
いろいろな記事が載っています。是非ご覧ください。こちら

*これは2013年までの「だっこする人のためのアレクサンダー・テクニーク」
「家族とつながる」「子供とつながる」の3つを統合したワークショップでもあります。

◎ワークショップ、クラスの予定、過去の記録写真など、こちらからご覧いただけます。
アレクサンダー・アライアンス・ジャパン京都校facebookページ
アレクサンダー・アライアンス・ジャパン京都校ホームページ

明日1月20日(金曜)地下鉄鞍馬口駅からすぐのcafe seedで

「町家deバザール」あります。

私は15:00〜16:30で

アレクサンダー・テクニーク体験ワークショップをさせてもらいます。
 

スコーン、フランス料理講師の方のお惣菜、

ハーブ講師の方直ブレンドハーブティなどの美味しい物販、

ステンドグラス、果肉植物の物販、

書小物・水彩画のワークショップなど盛りだくさんです。

お時間ある方はのぞいてみてください☆

 

時間11:00〜16:30  入場無料
場所 cafe seed  
京都府京都市北区鞍馬口通烏丸西入ル長乗東町204-5

 

10月からここで、月に一度講座をさせてもらっていますが、

とても気持ちのいい場所です。

きのうも講座のあとに

「ハーブティは苦手だったけど、ここのはおいしいですよねえ」

と受講者の方が、買ってかえっておられました。
詳細は下記のリンクの「町家deバザール」をご覧ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

この1月から3月にかけて、40年あまりの豊富な経験を持つ、
ブルース・ファートマン先生のワークショップがいろいろなところで開催されます。https://peacefulbodyschool.com/日本/2016年11月〜2017年3月%E3%80%80ワークショップ/
京都では2月18日、19日に「からだとこころをつなぐアレクサンダー・テクニーク集中講座withブルース・ファートマン」が開催されます。詳細はこちら

 

ブルース先生は自分にとってどんな先生か、現在はアレクサンダー・テクニーク教師

である野川房美さんに,聞いてみました。 
野川さんは、初めてアレクサンダーテクニークを受けた先生がブルースで、

その後もずっと学び続けている方です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「20年あまり前にアレクサンダー・テクニークに初めて出会いました。
その初めての先生がブルース先生でした。

 

当時私は、いろいろなことに煮詰まっていて、
アレクサンダー・テクニークのことも全然知りませんでしたが、

思い切って参加しました。

 

ブルース先生が私にふれると、なぜか涙が出てきました。
その後ずっと2時間ぐらい泣いていました。
それはつらい涙ではなく、とても気持ちのよい涙でした。
どうして泣いているのかはわかりませんでした。

 

でもその経験から「アレクサンダーは私の人生を手助けしてくれるものだ」と、

なぜか感じました。
そしてその後も学び続け、教師になりました。

 

ブルース先生は、人のいいところを見つけるのがうまい人だと思います。
 

その人にしかないダイアモンドを,

みんなと同じく私も持っているのだと教えてくれたのは、

彼だと感じています。

 

「あなたはあなたのままでいいよ」と
言葉ではなくその手が、私に語りかけてくる気がする。
 

今の私がものすごく変わらないといけないのではなく、
「そのままで、ほんの少し質が変わればいい」だけだと。

 

それが私が今も変わらず感じ続ける、彼の手のメッセージです。」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今年最後のクラスは、前半「眼」のことが話題にのぼりました。

 

その際「何かをするとき、どのように力を使うかが重要」
という話がありました。

 

例えば

「人に焦点を当てる」

「かたづけをする」時。

 

「人に焦点を当てる」ということについては、
現在アレクサンダー・テクニーク教師になっておられる
Nさんのエピソードが紹介されました。

 

Nさんは、眼の筋肉を緩める眼鏡をかけるようになり、
かなりゆるんだと感じるようになりました。
(眼鏡は大阪江坂の視覚情報センターにてつくられました)

 

あるとき駅のホームでベンチに座っていたとき、
向こうの方から人が来ました。
目の前まできたとき上司だとわかり、挨拶しました。
特に何事もなくうまくいきました。

 

Mさんは「これでもいいんや。」と思ったそうです。

 

以前は、知り合い、特に上司などはできるだけ
早く見つけたいと思っていました。
駅のホームにあがってきたあたりから相手をみつけ、
その方が来るまでずっと「なんといえばいいか」
を考えてつづけて、目の前にこられた時に挨拶していたそうです。

 

「人に挨拶する」とき

早く見つける必要も、なんといったらよいかを長いこと考える必要もなかった。

 

考えている間は身体が緊張していたそうです。

「目の前にきたときにきがつき、その人に挨拶すればいい」
というきづきはNさんにとっては大きかったとのことでした。

 

「かたずけ」も、ものに対しての目の焦点の当て方が
かなり関わっているとのこと。
できる人、できない人に関わらず、
それをどんな風に力を使ってやっているかが重要とのことでした。

 

「目の焦点が合ってくると、気持ちや考えの焦点が
定まりやすくなった方が何人もおられます」。

 

そのあと、
前回「人前で朗読をする」という課題についてレッスンされた
Tさんが、本番を終えられたので、どうだったか様子を教えていただきました。

 

前回のレッスンでは

 

「自分の台詞のいい方や,声の大きさ、自分がどんな気持ちか」
に注意を向けないで、

1自身の身体に注意を向ける
→足が床についていることを感じることから空間全体を思い出す
2相手のレスポンスに注意を向ける=相手をみる≠自分の評価を考える、見る
3結果はのぼってくるものだから、探しにいかないでいい

といったことをしました。

 

Tさんが本番を通してきづかれたこと。

 

自分自身のからだが、空間に入ったとたん大きさをちゃんと把握し、

それに合った声の大きさも知っていたのだとわかった。
それについては、以前も何となく感じていたということにも気がついた。
でも「大きな声をださないとお客さんに届かない」
といった気持ちがあるときは、その感覚を無視してしまい、
いろんな身体の部分に力が入っていた。
それによって、何を話しているのかがわからなくなっていた。

 

自分のからだの感覚を信じてみると、
自分が何を話しているのか
お客さんのところに届いているのかどうか
お客さんの反応
など前よりもかなりよくわかった、とのことでした。

 

「身体が空間とそこにいる人を把握すると、声の大きさを
自然に調整してくれます。それは、言語的にわかるレベルのことではありません。」
(by 新海みどり 前回の講座にて)

 

同じ「大きな声で人の前で話す」をするにも
いろいろな力の使い方があり、
私たち自身がそれを選ぶことができます。
自分自身の使い方の傾向を知り、別の使い方を選ぶことが、
パフォーマンスの質の違いにつながるのだなあと思いました。

 

「出番の前の緊張」についてもこんな言葉がありました。

 

「身体の筋肉緊張と、やる気の筋肉緊張は同じ質のものです。
人前で何かをする時、緊張します。それは当たり前のこと。
緊張⇔リラックスの二項対立と考えるのではなく、
緊張の解釈が変わることで、緊張していても心地よくいられるといいですね。」

 

 

後半は「歩く」ということについて、
いろいろなことを試しました。

 

歩くときは動いているけれど、
立ち止まるときは身体がとまって安定する。

 

「安定」=「とまる」という考えが
多くの私たちにはあります。

 

「歩くときも立ち止まっているときも、ともに動いています」。

そう思って歩いてみると、
とまってから歩き出すときなどが、
ずいぶんスムーズになりました。

 

「右の足を出す時、左の股関節なども動いています。」

 

聞くと当たり前だなと思います。
でも、ついだす方の足ばかりに気を取られて、
もう一方はとまっている気がしてしまいます。

私たちの身体はいつも全てがつながり、ともに動いている。

 

「私たちの身体は、動くことによって安定するように
できています。免震住宅方式です。
動き続けることで、倒れることを防ぎます。
身体が動けるようになると,安定感がでてくるのです。」

 

「アレクサンダー・テクニークを学びたい女性へ」facebookページ是非ご覧ください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。