ALMA - 元吉庸泰の活動碌 -

演出家・脚本家・演出助手
劇団『エムキチビート』主宰
PUBLIC∴GARDEN!主宰脚本演出
虚構の劇団にも演出部所属


テーマ:

3年ぶりの新作公演となった『赫い月』

初心に戻ってのエムキチビートの最初の路線に近い感じ。

 

アイワズライトでもそうだったのですが、何か社会的なメッセージとかではなく、ただちゃんと物語を描くことを考えました。

 

アイワズライトが女の子のお話だったので、男の子の物語をやりたい、と思いました。

背負ってくれた龍、のじ、晶、山さん、シオン、アベ氏、あかりちゃん、梅、かるぴん、劇団員。本当にありがとう。

 

 

 

これは、追想の物語でした。

 

 

明日佳の追想。

赤い月の下で生き続ける東吾の追想。

赤い月の下で待ち続ける2人(と、仲間たち)の追想。

赫い月。

 

その追想が紡がれ、72年前の8月14日へ事件が織られていく。

そんなイメージの舞台美術でありました。

 

東吾はゴドー。

明日佳の名前は、佳い明日。

 

いちばん最初の祐子はたぶん、祐子ではない皇族の誰か。

でもそこから72年前の世界を旅する妄想がはじまりました。

 

ベケットの『ゴドーを待ちながら』を下敷き。

ウラジミールとエストラゴンが待っていたのは死、という救い。なんだと僕は思い増して。

行き止まりしかなくて、待つしかできないそれこそは何もない場所で待ち続けることしかできないクーデターを起こした後の、宮城そのもの。その結果、永遠の時間をケンジとジロウは待ち続ける。

 

あと4206年伝えなきゃいけないこの物語。

東吾、昇介、明日佳の三世代。(東の空に陽が昇り佳い明日となる)

 

しかし明日佳は子どもを残せない。ここには祈りがありました。

血ではなく、言葉で、物語で。ひとは紡いでいかなければならないということ。

明日佳にたくしたかったのだと思います。

 

パンフレットでも書きましたが。2016年の春。私の祖母が亡くなりました。

祖母は痴呆で、僕の事もよくわからない状態でした。

ただ、僕の妻と、子供の名前は最後まで覚えていました。

その理由を、僕は考え続けなければなりません。

 

 

 

以下、言い訳。

 

 

とにかく書けない書けない。

 

宮城事件という1945年8.15クーデターを題材にしたのですが(もともとはもっと大きなくくりの革命の話をする予定だったのですが、これに絞ったのです)

 

これがまた難題。

 

というのも、この事件、たった72年前のことですが。真実が明らかになってない。

というか、真実が無い。

 

生き残っている人の証言はみんな食い違っているし。(その人の階級でさえ食い違っている)

 

映画『日本のいちばん長い日』は生き残った井田中佐の手記や窪田少佐の手紙などが大きいなもとになっていて、疑わしい記述や事実が多いです(井田さんは戦後、電通に入社しています)。ケンジ(畑中)とジロウ(椎崎)が主犯だったのかさえ疑わしい。

 

陰謀説を唱える『日本のいちばん醜い日』では昭和天皇の弟である三笠宮を黒幕としつつも。その三笠宮は昨年100歳にてご逝去。

 

つまり、真実は人の数ほどあるんです。あたりまえですよね。それが”現代の”歴史なんだろうし。それが妄想であり物語なのだろうなと思うのです。

 

 

軍事指導には『日本のいちばん長い日』や『シン・ゴジラ』を手掛けた越さん長谷部さんに入って頂きました。超絶感謝。

 

 

あDVDとか予約販売中です。期間限定す。(激烈宣伝)

http://emukichibeat.cart.fc2.com/

 

 

 

目撃してくださったすべてのお客様に感謝。

まだまだ言い足りないのは久しぶりの新作だからか。

何かご質問あれば私のTwitterまで(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最早、まったく書いていないblogです。

 

どこぞの誰が見ているということも分からず。ですが垂れ流し気味に徒然と。

 

 

 

10年。

 

エムキチビートが2017年は10周年となります。

1月の18日~22日にその皮切りとして、座・高円寺1にて新作公演

 

『赫い月』

 

を上演します。

 

http://emukichi-beat.com/pg281.html

 

色々と取材を受けて。まぁ語ったは語ったのですが。

 

 

10年やったんだなぁ。と感慨も少し。

 

・・・ええ、少し。

 

 

演劇で子供を養っていけるくらいにご飯食べれてて。

この先スケジュールもぎっしりな幸せな状況で、何を言うかと思われそうですけれど。

 

もともと、高校時代に好きだった娘がでっかい劇団入って高校中退しちゃって。なにくそと思って明治大学の活劇工房に入ってみちゃって。

 

そんで大学もそのうち卒業しちゃって、照明のお仕事とモデルやら俳優やらである程度食ってて。ご縁から師匠に出会って。演出助手をやることになり。

 

その折に師匠に、

 

「キミは将来的に何になりたいんだ?」

 

と問われ

 

「演出家です(演出助手に付くんだし、劇団もやってんだから、そうなんだろう、たぶん)」

 

 

と答えたところから。私の演出家への道がスタートして。

 

そこから演出家になるなら15年かかるだろうなぁ。と思って8年。

演出助手として商業でちゃんとデビューしてまだ4年。

 

で、劇団をやってて。エムキチビートが劇団になって10年。

活劇工房の新入生歓迎公演から派生したユニットから数えると13年、だけど。

 

ようやく紀伊國屋サザンシアターで3000人入れることができて。

公共劇場から提携を組んで頂けるまでになりました。

 

若宮、太田、福井、大沼という所属俳優はどんどん老いていき。若い子は来ず。

何故かスタッフばかり充実していく・・・

 

なんか、たぶんですけれど。

 

 

 

演劇しか自分には無くて。

その自分を確認するのに劇団が必要だった。のだろうな。だからやれているのだろうな。

 

 

 

と考える次第です。

 

 

いや、何が言いたいかというと。今年から事務所に所属となりまして。まさか別所哲也さんを社長とお呼びする日が来るとも思えませんでしたが。そうなりまして。よりしっかり生きていかないといけなくなりました。

 

でも、これからも僕には演劇しかないのですから、演劇をもっと、ちゃんとやっていきたいと思って居る次第でス。

 

 

 

 

という訳で『赫い月』

 

 

 

自分の演劇をぶつけています。

たぶん再演不可能でしょう。

やー、やりましょうよ。お願いです。観に来てください。とても、僕は、命を懸けています。

 

いや、いつも一所懸命。一生懸命。それだけが僕の仕事の取り得なのだと思います。

 

主演の秋元龍太朗を、演劇界の最前線に連れてきます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

画像は箱根の彫刻の森美術館。霧の深い日でした。

幻想的に浮かびあがる、よくわかんない芸術たち。

 

2016年。ほぼ休み無くここまで来ました。・・・今年はまだ合計4日しか休んでなく。

(強制入院を入れると7日なんですけれど)

 

ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』の現場より脱出をしまして。

ちょっとだけ、お休み!しました。・・・ほ、本当にちょっとだけ。

 

 

劇団が紀伊國屋サザンシアターで3000人動員(客席率95パー超えました!)を達成できたのもとても感慨深いと振り返って思いまして。雑記にblog更新。

 

 

仕事、について沢山考えた、今年のこれまで。

結局のところ、自分のできることしかできないから、自分のやりたいことをできるようにしなければいけない。そのためにはインプットとアウトプットのバランスをしっかりとって。しっかり勉強。それで、いいものは、パクる(笑)、もとい、取り入れて自分の言語にする。

 

当たり前のことだけれど、なかなかやっていくのは難しいです。

 

今年であった、僕の尊敬する第一線の人達はとても気持ちのいい「ありがとう」という言葉を言うことに気付きます。ひとと何かを創るのは、ちゃんとやると、とても大変。ちゃんと、やるのは。

 

 

 

閑話休題

 

 

 

今日からもうワークショップの講師とかお仕事やるのですが。

今年は演出・演出助手でこれまで9本。

 

『DNA-SHARAKU』の演出助手から始まり。

ミュージカル『終わりのセラフ』演出

『KOHKI OKADA presents I LOVE MUSICAL』構成・演出

KREVAの音楽劇『最高は一つじゃない SAKURA』演出助手

オフブロードウェイミュージカル『FOREVER PLAID』演出助手

ミュージカル『魔界王子』脚色・作詞・演出

『ハッシャ・バイ』脚色・演出

『アイワズライト』脚本・演出

そして『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』演出助手

 

と走りまして。残り4カ月の2016年。まだ4本あります。なげえ、今年。

 

しかし新しい出会いや、ずっとお仕事をしたかった人との仕事。

自分の演出など、ずーっと勉強だなと強く思います。

 

演出も演出助手も、自分にできること、やりたいこと。良い芝居ができると嬉しいなー

週末には『弱虫ペダル』に合流。がんばるぞー。

 

 

 

 

あ、またアイワズライトのアトガキ書いてない・・・もう・・・

 

エムキチビートのショップで

『ハッシャ・バイ』『アイワズライト』のDVD予約受付中でス!

http://emukichibeat.cart.fc2.com/

エムキチビートの劇団員も募集中ですー

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




あとがき、一応台本に記したものではありますが。

色々な受け取り方をする、される本であるとは思います。ただ、社会的な問題を提起したいわけでも無く。立ち向かいたい訳でも無く。

現実がファンタジーを超えてしまったあの瞬間、だから存在できるお話なのかなぁと思います。

お客様の好きに受け取ってもらえたら幸せです。

それは感動も哀しさも優しさも喜びも不愉快もはたまた誤解も。演劇はお客様の中にしか本当はないので。




あ、あとがき書いたみたいになった!
いや!書くつもりはまだ無いけど!笑



さて、ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA入りしました。

あ、劇場名変わったんです。

柿落としですよね!やったね!ゴッホ。

演出助手として参加しています。
演出は河原雅彦さん。

惚れますわ。本当に尊敬できる演出家であり、俳優であり、干支が同じな大学の先輩でもあります。


ぜひ、劇場いらしてください。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホにて、元吉の夏はおしまいです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。