包み結び 櫻撫子のブログ

包み結びから知る和の伝統文化



和紙や水引、花結び、折形のデザインを取り入れたラッピング、風呂敷の新しい使い方など日本の「包む」ことと「結ぶ」ことを中心に、和の伝統文化を現代の暮らしに活かし、未来に伝えていけるようなアイディアを提案しています。



2014.09.19 ブログデザインをリニューアルいたしました。

🌸「包み結び 櫻撫子」について🌸
 「櫻撫子」は、私が大好きな花で、日本の国花でもあり、日本人の精神性を表す「櫻」と日本女性の美称で
 ある「大和撫子」を合わせた言葉です。
 「櫻」は、「桜」の旧字ですが、右の作りである「嬰」は貝の首飾りをした女性を表しています。

 「折形」や「結び」などの「包み結び」は、昔の女性のたしなみでした。
 身近な和の伝統文化は女性たちによって伝えられてきたのではないでしょうか?

 まずは、自分たちの文化を知り、誇りに思う事が、異文化を尊重できるような、国際人になる為の第一歩で
 はないでしょうか?
 女性の視点で考えていきたいと思います。

🌸ただ今受付中のレッスン(詳細は上記の「レッスンのご案内」からお入りください)

 ☆小津文化教室     
  ◎折形初級講座 暮らしを彩る「折形」 10月よりリニューアル
   毎月第3火曜日  
   10月期
   10月18日、11月15日、12月20日
   1年間12回の講座で折形の基礎をご紹介致します。
   どの日程からもご参加いただけます。
   
 ☆LaLa Club 
  不定期講座 
  ◎ふろしき講座
   11月18日(金)10:30~12:00
   クリスマスにもお正月にも使える「ふろしきのリース」

  ◎折形講座 暮らしを彩る「包み結び」 
   2017年1月20日(金)10:30~12:00
   節分を楽しむ折形「鬼の豆包み」

 ☆和の心      
  折形入門講座 美しい「和の包み」
  毎月第3土曜日 13:00~15:00
  1年間12回の講座で折形の基礎をご紹介致します。
  どの日程からもご参加いただけます。
  11月はお休みです。
  12月17日(土)お正月を迎える折形
         「鶴のお年玉包み」と「鶴の箸置き」 
  詳細はもうしばらくお待ちくださいませ。  
   
🌸ラッピング講座、ラッピング企業研修、風呂敷講座、折形講座、和の包み結び講座などの
  出張講座も行っております。
  お気軽にご連絡下さい。

須田直美へのお問い合わせ

テーマ:

師走に入り、なんとなく慌ただしくなってまいりました。

 

12月の折形のレッスンのお知らせです。

 

「お正月を迎える折形」小津文化教室和の心講習室で開催致します。

 

〜お正月を迎える「折形」〜

 

12月の折形のレッスンは、「お正月を迎える折形」

 

お正月に使って頂きたい折形をご紹介致します。

 

〜鶴の箸置き〜

山根折形礼法教室オリジナルの「鶴の箸置き」

 

四方紅紙で折った鶴の箸置きは、食卓の話題になること間違いなし。

 

お正月以外でもお誕生日や記念日などのおめでたいお席でお使い頂けます。

 

〜鶴のお年玉包み〜

 

赤と金銀砂子入りの白い「合わせもみ和紙」で丁寧に折られた鶴のお年玉包みは、新年を彩るのにふさわしい折形です。

 

この鶴は真ん中に縦の折り筋が入らない美しい形をしています。

 

小津文化教室のレッスンのご案内は、「月刊 日本橋」12月号にも、ちょこっと掲載されていますよ♪

 

〜「月刊 日本橋 12月号」〜

 

<小津文化教室>@日本橋

折形初級講座 暮らしを彩る折形

12月20日(火)12:30〜14:30

受講料 4000円(税・教材費込)

お問い合わせ・お申し込み先

小津文化教室

電話:03−3662−1184

   03−3663−8788

 

<和の心講習室>@日本橋、小伝馬町界隈

折形入門講座 美しい和の包み

12月17日(土)13:00〜15:00

受講料 4000円(税・教材費込)

お問い合わせ・お申し込み先

和の心

 

もしくは須田直美までご連絡ください

 

美しい和紙を折りながら、お正月を迎える準備をしませんか?

 

お正月にまつわるお話も少々させて頂きますね♪

 

 

ランキングに参加しています。

よかったらクリックしてくださいね♪

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)