演劇・音楽で社会起業プロデュース

芝居演出×作曲×ファイナンシャルプランナー×PRプランナー


テーマ:
10代、20代と芝居にバンドにステージ人生を駆け抜けてきました。

33歳で我が子ができそれから今年3人目の子宝に恵まれましたが、その33歳で僕はステージを降りています。

それでも音楽はやめずにヴォイストレーナーとして、または作曲家としてミュージカルの楽曲をつくったり、ミュージカルの演出や歌唱指導をしてきましたが、自分自身がステージでマイクを握ることはほとんど無かった。

41歳にして、自主的にというよりもむしろ周りの後押しもあり再びステージに上がり始めている。

周りの後押し、つまり既にお客さんが集まってくれているわけだけど、やるからには満員御礼は目指したい。

そこでやっぱり、「集客の壁」というものにぶち当たるのです。

自分自身が、音楽や芝居、映像などを創っていると、自然に広い意味でアーティストの交友関係が多くなる。

すると舞台やライヴのお誘いがわんさかくる。

さすがに全部、イエスマンをやっていたら軽く土日は吹き飛んでしまい、僕の場合、子育て真っ盛りなのでそうもいかないのが実情。


もちろん、行きたい気持ちもあるけど、一度会ったきりでどんな芝居をするかわからない人からの一言メッセージでは、イマイチ、気分は乗らなかったりもする。


せまい社会、同業者どうしで、需要と供給が打ち消し合ってゼロを続けている世界がまだそこにあった。

かという僕も地元ではみこしに担がれてステージに上がってはいるものの、都内でライヴハウス復帰!ともなれば、同じようにお誘いをしてしまう運命(さだめ)なのですが…


やっぱりそうなる前に、この課題はある程度、クリアにしておきたい。
AD
いいね!(20)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
かつて僕は生意気だった。

20代の頃はややイケメンの部類に属すと思っていたこともあり。

大いなる勘違いなんだけど。

今や、四十も超えて、子供も3人いるし、妊娠何ヶ月?と妻におちょくられるほどにお腹も出てきて、第一印象はオッサン以外のなにものでもない。

若かりし頃は、

自分は自分なんで

っていう間違った精神で、「自分プロデュース」していて、一色で人と相対していたんだけど、嫌われるよね。

あれは完全なる間違い。

目上の人には失礼があってはいけないし、年下だからと言って威圧的な態度をとるのもアホだ。
失礼とフレンドリーは違うし、そこの使い分けができてなかった。

いや、さらさら使い分ける気がなかった。

ある程度、どこか変な自信があると、なんか、それはそれで許されてると感じてしまうシーンも多くて、それが更に勘違いに勘違いを重ねて、ダメな大人になっていった。
でも、それは許されているんじゃなくて、スルーされていたんだよね。

あの頃から今に至るまで、お付き合いいただいている方はホントにふところが広いんだろうなって思う。
あんな勘違い若造を見捨てなかったんだから。

そんなオッサンになっても芝居や音楽を続けていると、自然と、若い子たちとふれあう機会が多いのですが・・・

あ、あの頃のオレだ

なんて感じる子にときどき遭遇する。

一回痛い目みて、それからいい大人になれよって心でエールを送るんです。

でも!少しでも早く気付かないと、チャンスを逃すよ。

礼儀、マナー、更に言えば、フレンドリーにそれを使いこなせる人が成功する。

今はそれで仕事が順調に回っている。

回っている仕事は音楽や芝居ではないですけど、やっぱりマナーがしっかりしていて更に明るいやつは、何度も呼び出し、ご飯をおごる。

こっち側に立つとすぐにわかる。20代前半でそれができていると逆に尊敬する。
どんな生き方してきたの?って聞く。

できれば、ひねくれる時間が少なければ少ないほど良いと思う。
失敗から学ぶことも多いかもしれないけど、失敗してたら終わってしまうような賞味期限の短い世界もあるからね。
AD
いいね!(25)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は,久々にアメブロを書きますと同時にFPらしくお金のお話です。

この度、人生に1回、多い人でもおよそ2回くらいしか買わないもの、そう、家を買いました。

僕は経営者なので、お勤めの方よりも、収入が不安定な人種とされて、一般よりも3倍の収入があってはじめて、同等のローンが組めると言われています。

実際、どうだったか?

そんなこともなかったです。僕の収入がおかげさまで、実質、安定していたというのもあります。

あと、意外に、心象が良かった。

というのも、FP2級という資格。FPがお金にだらしないわけがないという部分。

それから、株やFXに手を出していない。(前にちょこっとかじってましたが…)

これをやってることは、利益を出していてもいわない方が良いそうです。

それから、消費者金融を使ったことがない。これもよかったみたい。

皆さん、いかがですか?FXやってますか?消費者金融からお金借りてませんか?

今回、住宅ローンを借りることになってその、金利を下げる条件で、信金のローンカードを作りました。

その年間利息はなんと、6.8%。

安い!

皆さん、クレジットカードでリボってませんか?

リボるくらいなら、銀行や信金で扱っている低金利のカード作って払えない分を現金で借りて支払った方が利息は低くなります。

カードは金利のつかない一括か2回払いがおすすめ。

クレジットカードの利息は、およそ年間15%くらいなので、仮に30万円使って、やばい、今月、払えない!という時に、24万円を後からリボにしたとする。

リボの月々の支払いを2万円に設定して約1年で返済すると、利息で3万円以上する計算になります。(更に利息分の支払いで2ヶ月続く)
これを、信金ローンカードで現金を借りて引き落とし日にちゃんと払って、信金カードの月々の返済を2万円に設定しておくと、そちらの利息は1万5千円くらいかな。

およそ2万円くらい変わってくると思います。


というわけで、リボっちゃならん。ならんのだ。

最近、リボリボって宣伝が盛んだから、お金は計画的に!

さぁ、僕はこれから住宅ローン35年払うぞ!いや、繰り上げ繰り上げで目標15年だ!
無理がある?

利息なんて、空気みたいなものにお金を払うのイヤだもの。
AD
いいね!(37)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
役者さんやミュージシャンに人生相談されることがある。

その中でも、チケットノルマ文化に関する相談がけっこう多い。

僕も苦しんだチケットノルマ。

舞台に出演するには、およそチケットノルマとして、10人とか20人とかにチケットを売ってくださいというチケットノルマがある。

ミュージシャンの場合もライヴハウスから科せられるチケットノルマ。

もちろん、売れなければ自腹になるわけです。

思いつくのが、どうせ自腹になるならば、ご招待してしまえという流れ。

結局、お金を払って努力の成果を発表する。これは「趣味」ではないか?とさえ思ったりする。

ミュージシャンはあまりやらないけど、役者文化では、「行くから来てね」ということで、回っている。

つまり小劇場の客はほとんど役者なのである。

同業者同士でぐるぐる回っているので、進歩がないのだ。

客として来ないくせに自分が出演する舞台のDMだけよこす役者は嫌われていく。

それもどうかと思うんだ。

DMもらったって、行きたくなければ行かなければいいだけの話。

気にしなければいいんだよ(笑)


このチケットノルマ文化、これは日本独特らしい。


僕がアジアをギターを担いでバックパッカーをしていたとき。

何か唄って盛り上げてよ!てな具合で、レストランや酒場で歌を歌っていました。

ギャラはいただかなかったけど、タダでお酒やつまみをいただいて、森山直太朗のさくらをよく歌っていました。
(特にベトナムの女の子が「さくら」好きだった。2005年くらいか?)

お店やイベント運営サイドがお客を持っているので、僕自身がお客を呼び込む必要はなかった。

僕はギターを持って散歩しているタダの日本人だもの。お客がいるわけがない。



話を日本に戻すと・・・



チケットノルマ制だと、客がゼロでも、満員でも、ライヴハウスの売り上げはほとんど変わらないわけで、そんな商売をしていると、店として努力をする気になるのだろうか?と心配になる。

ライヴハウスにとっての「顧客」はオーディエンスではなく、もはやアーティストなのだ。

というわけで、「お客さん」に「ダメだし」するわけにも行かず、ダメなアーティストでも平気で歌い続けていくのだ。

こういうライヴハウスの経営ってコインパーキング運営とどうちがうんだろう?

もっと企画力をあげて、企画側もお客さんを呼んであげないと、アーティストが自分の身内呼ぶだけじゃ疲弊しちゃう。

僕自身は企画側で動くことが多いのだけど、だからこそ、がんばらねば!と思うのだ。

とはいえ、、前回のイベントは、企画サイドとしてほとんど、集客できなかった。

こっちも苦労するけど、がんばるので、アーティストも一緒にがんばろう。


そして、チケットノルマ文化をぶちこわしてやりたい。

たしかに、今は、それに従わないと、公演なんか打てないんだけどね。
いいね!(27)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
創刊号から2週間。

神奈川県央から発信するフリーマガジン「クリエイターズ!エンタテインメント」の第2号の会議を昨日、近所でしてきました!

偶然、僕らを密着してくれている記者の方もいたりして、「あれ?打ち合わせですか?」

なんて狭い街だ。

さて、次号は、映像を担当します!

んで、入稿まで20日間なんですけど、果たして何を撮るか・・・

神奈川県央アリアで活動しているアーティストや働く方の方のインタビューと活動風景を情熱大陸風に撮りたいなと思っています。

自薦、他薦あれば、連絡ください。

カメラ持って駆けつけます♪

連絡先は、僕の個人サイトの問い合わせページか、お知り合いの方はfacebookでも、直メールでもtwitterでもどうぞ。

よろしくお願いします。


いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。