Tru Tones - Dancing

テーマ:

トロピクールなレアな曲を集めたコンピレーションから

1曲です~

 

イントロでそくし!

これ現場でも盛り上がるだろう~

 

 

 

 

Tru Tones - Dancing

 

AD
{ABB5B9FD-9549-4B26-9742-AD5062FC6CC6}
何ともタイムリーな1冊ですね。
 
目に見える世界は幻想か? 物理学の思考法 
 
先日NASAからとんでもない発表があったばかりですが
同時と言ってもいいぐらいのタイミングにこの本です!
 
タイトルが魅力的!
まずこれで目を引き、光文社新書!で手に取り
その光文社新書で、宇宙関連本をいくつもリリースしている先生!
ということで買い!です。
 
数式・図表ナシの物理学入門ということですが
一つ一つ理解しながらでは、年内読み終える事は無理なので
とにかくザックリでも読む!ことが大事!
ということを、このような難しい本の場合は毎回書こうと思います。。。。
 
 
 
目次
【第1章】物理学の目的とは何か
【第2章】天上世界と地上世界は同じもの
【第3章】すべては原子で作られている
【第4章】微小な世界へ分け入る
【第5章】奇妙な量子の世界
【第6章】時間と空間の物理学
【第7章】時空間が生み出す重力
【第8章】物理学の向かう先
AD
{32C3CB5A-00F8-4D88-9E4D-9B95172703DE}

超大型本をお借りしてやっと読み終えました。。。

 

ブロックチェーン・レボリューション ――

ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

ドン・タプスコット 著/アレックス・タプスコット 著

 

ブロックチェーンとは、フィンテック、ビットコインの金融においての

信用を担保できる技術・システムかと考えておりましたが

どうもその枠を超えるようです。。。

 

AI、ビックデータ、IOTなどのパラダイムシフトを

1つにまとめるプラットフォーム的な技術がこの

ブロックチェーンである。

 

さらに国家、領土、国民と言う概念を変える可能性がある。

 

1 ブルーオフオブワークという、人を評価する仕組みにより

信頼性が高い、嘘がないネットワークである。

2 中央主権型・権力からの脱却

3 不正が出来ないセキュリティー

4 個人情報のブラックボックス化

 

ただ、銀行破綻、国家破綻を誰が許すのか?

また責任を誰が取るのか?

 

既存のメガバンクがすでにこのブロックチェーンを

取り入れ初めているようですが

結局、既得権益側が支配するのでは?と言う懸念点がありますが

そうなると、貧困はなくならないだろう。。。

 

最後に、このブロックチェーンの前身である

ビットコイン発明者が、ナカモト・サトシと言う日系人らしいです。

が、日本人かどうかは不明とのこと。。

 

 

 

 

目次

PART1 革命がはじまる

SAY YOU WANT A REVOLUTION

第1章 信頼のプロトコル

インターネットに足りなかったのは「信頼のプロトコル」
ブロックチェーンとはいったい何なのか
世界中がいまブロックチェーンに注目している
テクノロジーが企業や政治家の嘘を暴く
インターネットの帰還
アイデンティティを自分の手に取りもどす
ブロックチェーンから見えてくる未来
本物のシェアリング・エコノミーがやってくる/ 金融業界に競争とイノベーションが生まれる/
財産権が確実にデータ化される/ 送金が安く、早く、簡単になる/
支援金が必要な人に確実に届く/ クリエイターが作品の対価を受けとれる/
会社の形態が進化する/ モノが自分で動くようになる/
小さな起業がどんどん生まれる/ 政治が人びとのものになる
未来型プラットフォームの光と闇
 

第2章 未来への果敢な挑戦

未来をデザインする7つの原則
原則1 信頼:嘘をつかないネットワーク
原則2 権力:力の集中から分散へ
原則3 インセンティブ:利己的な行動が全体の利益になる
原則4 セキュリティ:不正のできないプラットフォーム
原則5 プライバシー:個人情報のブラックボックス化
原則6 権利:スマートコントラクトによる明確化と自動化
原則7 インクルージョン:格差を解消するデザイン
ブロックチェーンは人間を守る技術
 

PART2 ブロックチェーンは世界をどう変えるのか

TRANSFORMATIONS

第3章 金融を再起動する

── 錆びついた業界をリブートする8つの指針

ブロックチェーンは金融業界をどう変えるか
1 本人認証・取引認証/ 2 価値の移動/ 3 価値の保存/
4 価値の貸し借り/ 5 価値の交換/ 6 資金調達・投資/
7 リスクマネジメント/ 8 会計
ストック・エクスチェンジからブロック・エクスチェンジへ
パブリックか、プライベートか
世界中の大手銀行を巻き込むコンソーシアム
画期的な変化は外からやってくる
会計業務は新たな時代に対応できるか
複式簿記から三式簿記へ
「評判」がお金を借りる力になる
ブロックチェーンIPO
予測市場はデリバティブの主要ツールとなるか
豊かさのプラットフォーム
 

第4章 企業を再設計する

── ビジネスのコアと境界はどこにあるのか

マネジメントの終焉
進化する企業
企業は何のために存在するのか
ブロックチェーンは検索コストをどう変えるか
ブロックチェーンは契約コストをどう変えるか
ブロックチェーンは調整コストをどう変えるか
何が企業の境界を決めるのか
インアウト・マトリックス/ 企業の本質を理解する9つの質問
 

第5章 ビジネスモデルをハックする

── オープンネットワークと自律分散型企業

AirbnbからbAirbnbへ
未来の企業を読み解く4つのモデル
1 スマートコントラクト/ 2 オープンネットワーク型企業(ONE)/
3 自律エージェント/ 4 自律分散型企業(DAE)
オープンネットワークがもたらす7つの革新
1 ピアプロデューサー/ 2 スマート著作権管理/ 3 シェアリング・エコノミー/
4 メータリング・エコノミー/ 5 プラットフォーム・ビルダー/
6 ブロックチェーン・メーカー/ 7 エンタープライズ・コラボレーション
ビジネスモデル・イノベーション
 

第6章 モノの世界が動きだす

── ブロックチェーン・オブ・シングズ

IoTとブロックチェーン
マイクログリッドとリアルタイムの電力マーケットが実現する
街に溶け込むコンピューター
ブロックチェーンがIoTに命を吹き込む
創造的破壊の12のエリア
1 交通/ 2 インフラ管理/ 3 エネルギー・水・廃棄物/ 4 農業/
5 環境モニタリングと災害予測/ 6 医療・ヘルスケア/ 7 金融・保険/
8 書類や記録の管理/ 9 ビル管理・不動産管理/ 10 製造・メンテナンス/
11 スマートホーム/ 12 小売業
ブロックチェーンIoTは全員を勝者にする
UberからSUberへ
変化をチャンスにつなげるために
 

第7章 豊かさのパラドックス

── 資本主義とインクルージョン

資本主義はなぜ迷走しているのか
金融サービスから取り残された人たち
デジタルIDで個人の評判をグローバル化する
富の再分配から新たなチャンスの分配へ
移民たちを食い物にする送金ビジネス
スマートフォンをATMに変える技術
ブロックチェーンによる対外援助と災害復興
マイクロファイナンスの現状と未来
役人の不正をブロックチェーンで解決する
誰もが希望を持てる未来のために
 

第8章 民主主義はまだ死んでいない

── 選挙、法律、政治

ブロックチェーンは政治への信頼を取り戻せるか
効率的で高品質な行政サービスの実現
情報連携による業務効率化/ 公共サービスにおけるIoTの活用/ グローバル行政サービス
個人やコミュニティによる自主的な予算管理
ラディカルな情報公開/ 成果報酬型の公共プロジェクト/ スマート・ソーシャル・コントラクト
テクノロジーとデモクラシーの気まずい関係
1 意見の分裂と対話の消滅/ 2 でたらめや陰謀論の流布/ 3 政策の複雑化
ブロックチェーン民主主義
ブロックチェーンは選挙をどう変えるか
E2E検証可能投票システム/ ニュートラル投票連合/「投票を守れ」運動
民主主義の新たな形を考える
ランダム投票権で不正を防止/ 価値に投票し、意見に賭ける
ブロックチェーン裁判
21世紀型民主主義を実現するツール
デジタル・ブレインストーミング/ 賞金つきチャレンジ/ オンライン陪審/
審議型世論調査/ シナリオ・プランニング/予測市場
 

第9章 僕らの音楽を取りもどせ

── アート、教育、ジャーナリズム

音楽業界とフェアトレード
肥大化したビジネスと搾取の構造
新たな音楽エコシステムをデザインする
バリュー・テンプレート/ 公平な利益配分/ お金の流れを透明化する/
リアルタイムのマイクロペイメント/ データ連携のスムーズ化/ 音楽利用データの活用/
デジタル著作権管理(DRM)/ 動的な価格管理/ 利用者相互の評価システム
ブロックチェーンがビジネスモデルを書き換える
ミュージシャンたちの新たな挑戦
ブロックチェーン上の著作権登録/ 権利マネジメントのプラットフォーム/
新人をサポートするコミュニティの育成
アーティストとパトロンをつなぐコミュニティ
ブロックチェーンで発言の自由を取りもどす
MITメディアラボと教育業界の新たな試み
豊かな文化が豊かな世界をつくる
 

PART3 ブロックチェーンの光と闇

PROMISE AND PERIL

第10章 革命に立ちはだかる高い壁

課題1 未成熟な技術
大量アクセスに対するキャパシティ不足/ 洗練されたツールの必要性/
長期的な流動性に対する懸念/ 処理時間の問題/ ユーザーの過失をどう防ぐか/
社会との関わり/ 法的トラブルの可能性
課題2 エネルギーの過剰な消費
課題3 政府による規制や妨害
課題4 既存の業界からの圧力
課題5 持続的なインセンティブの必要性
課題6 ブロックチェーンが人間の雇用を奪う
課題7 自由な分散型プロトコルをどう制御するか
課題8 自律エージェントが人類を征服する
課題9 監視社会の可能性
課題10 犯罪や反社会的行為への利用
ブロックチェーンは闇を照らす光になれるか
 

第11章 未来を創造するリーダーシップ

ブロックチェーンが真価を発揮するために必要なもの
ブロックチェーン・エコシステムのプレイヤーたち
ブロックチェーン業界の先駆者/ベンチャーキャピタリスト/金融機関/
ブロックチェーン開発者/大学・研究機関/国と中央銀行/非政府組織
ブロックチェーンを率いる女性の力
新たな技術には新たなルールが必要だ
ビットコイン先進国をめざすカナダ
中央銀行はデジタル通貨にどう対処するのか
適切なガバナンスは深い理解から生まれる
ブロックチェーン時代のガバナンス・ネットワーク
1 ナレッジ・ネットワーク/ 2 オペレーション・ネットワーク/ 3 政策ネットワーク/
4 アドボカシー・ネットワーク/ 5 監視ネットワーク/ 6 プラットフォーム/
7 標準化ネットワーク/ 8 ステークホルダー・ネットワーク/
9 移住者ネットワーク/ 10 ガバナンス・ネットワーク
新たな社会は対等なつながりから生まれる
ブロックチェーン時代のリーダーたちへ

AD