Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2014-05-04 00:00:00

【露出配線】築30年集合住宅で同軸ケーブルの老朽化によるテレビ映像不良が増えています。

テーマ:ブログ

2011年の完全デジタル化から2年以上が経過しました。


最近、築30年前後のマンションから「テレビの映りが悪い」というご相談を頂く機会が増えており、少々思い当たる部分がありますので、クローズアップしてみたいと思います。



地デジの改修工事の時に露出配線の提案があったのではないでしょうか?


当時は「駆け込み需要」も重なり、非常に忙しい時期で、私も含めて、弊社の営業マンは土日休日を返上して、マンション管理組合様の理事会や臨時総会に出席していました。


弊社ではどんなに忙しくても、工事部が必ず現地調査を実施させていただいた後に調査報告書とお見積書を作成していました。


もちろん管理組合様で数社の見積を比較されるケースもありましたが、同業であれば、ほぼ標準価格帯のお見積書であったと存じます。


ところが時折、弊社が「ダントツに高い!」とお叱りを受けるような現場がありました。


それは弊社が「外壁露出配線」のお見積書を作成し、他社が「既存ケーブル再利用」のお見積書を作成した場合です。


外壁露出配線工事は、既存ケーブル再利用の工事よりも2倍以上高い!!


この場合、弊社の方が約2倍以上高価となる上に、「足場が必要な場合の足場設置費用は別途」とまで書いてあるので、かなりお高い値段となります。


どちらも同じ結果になるなら、安い方がいい!!


という判断が金額だけを見て決定された場合には、弊社の提案は早々に敗北してしまいます。

ところが、


あれ?工事方法が違っているが、なんでだろう??


ということに気づいていただけますと、「高いのだけど、その理由を直接聞きたい」ということになり、理事会への出席の要請が来ることになります。


「既存ケーブル再利用」の見積書も欲しい


そして、理事会で他社と同じ、安い方の「既存ケーブル再利用」の見積書を作成することはできないかと打診されます。

しかし、弊社では「不具合が発生する可能性が高い工事の見積書は出すことができません。」と、他社と同様の工事方法を断ることとなります。


この後、弊社の熱意が通じてご発注いただける確率は50%でした。失注率50%、苦笑。

※失注してしまったマンション様が最終的にどのような工事をされたのかは不明なので、弊社が正しかったのか、他社が正しかったのか、管理組合様が正しかったのかはわかりません。


交換しない限り、毎年、劣化し続ける同軸ケーブル


30年目のケーブルを再利用すると、翌年から31年目のケーブルとの戦いが始まります。

「せっかく改修したのに、故障が減らない?!」

「せっかく改修したのに、地デジしか見られない?!」


次の10年間、さらには20年先を考えると、新しいケーブルを配線した方がいろいろお得です。

「故障が減り、メンテナンス費用も減ります。」
「地デジに加えて、BSデジタル・CSデジタルも見ることができます。」


地デジ後、2年。増えてきた「築30年のテレビが映らないマンション」。

テレビの映りが悪くなったので、当時施工してもらった会社に電話をしたら、テレビの保守はやっていないと断られたので、相談したいという依頼が最近増えて来ました。


共通事項は3~4年前に工事したばかり...

地デジの工事を実施しているので工事後3~4年しか経過していないマンションばかりですが、共通しているのは、築年数が30年前後で、地デジ改修時に「既存ケーブルの再利用」だったということです。


外壁露出配線で3デジタル放送対応!!

結局、築30年のマンションでテレビを見るためには最良の方法と思われます。


工事には数パターンあります。

ベランダ面横引き

隣りの部屋の工事が出来ないと、次の部屋の工事ができない欠点があるので、全室入室可能な場合と足場が全面にある場合に有効。最もポピュラーな工法。


ベランダ面縦引き

部分足場やセットバックなどに有効。


廊下面横引き

玄関側に貫通工事が必要であったり、廊下側に配線が必要だったりするので、美観について事前に話し合う必要がある。


増幅器はプラボックスに収めて保守しやすい場所にまとめます。

足場のある内に横引きなどやりづらい場所を先に施工します。


分配器や分岐器は足場が無くても保守が可能な場所に設置します。



部屋内に、テレビユニットを増設(左側2個口)。


非常に顧客満足度の高い工事です!!

確かにテレビの工事にしては、規模も費用も大きな工事ですが、効果はバツグンで、「思いきって、施工して良かった。ギリギリのレベルで地デジだけを見るのではなく、BSデジタルやCS110度もきれいに見えるのはうれしい。あんなに多かったテレビの苦情もピタリと無くなったし...」と喜んでいただける工事のひとつです。


足場費用節約のためにも外壁塗装などの大規模修繕工事と一緒に

足場が必要となることも多い工事ですので、外壁塗装などの大規模修繕工事と合わせて実施すると単独工事で足場を設置するよりもコストパフォーマンスが良くなるのでお勧めです。


大規模修繕委員会様に是非ご検討いただきたいです!!

そのためには、大規模修繕の計画に合わせて数年前から準備することが必要です。是非、大規模修繕委員会様のメンバーの方々には、テレビ工事も忘れずにご検討いただければと考えています。



「テレビがきれいに映ったよ、ありがとう。」と言われたい会社です。

テレビがきれいに映らずにお困りでしたら、ご相談ください。


↓下記ホームページもご覧ください。

築30年マンションのためのアンテナ工事導入ガイド

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/guide30.html


この記事は2013.12.27に作成した記事のタイトルを変更してリニューアルしました。(同様のお問い合わせをいただいたので、再掲しました。)


以下、東京スカイツリーファンクラブの会社、東京アンテナ工事(株)の宣伝です。よろしかったらご覧ください。



東京アンテナ工事(株)通信事業部

http://www.diginet.co.jp/


無線LANスポット・デジタルサイネージ・防犯カメラ

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/wi-fi-spot.html





待望の直販か?!世界最強の八木アンテナ、東京アンテナ三百号を29,800円で限定10基!!

東京アンテナ工事(株)テレベスジャパン事業部

http://ameblo.jp/tstfc/entry-11801575435.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

フェラーリみたいなアンテナ、ラジオライフの表紙を飾る!

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/televes-japan.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

テレビ電波障害調査のホームページ↓

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/denpa-chosa.html


東京スカイツリーファンクラブブログ
テレビ電波障害施設撤去工事のホームページ↓

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/tekkyo.html



Wi-Fiインターネットマンション:東京アンテナ工事(株)
http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/internet-mansion.html




Wi-Fi防犯カメラでセキュリティ強化
http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/camera.html


マンション太陽光発電


「屋上にアンカーを打たない」という正しい選択肢

http://ameblo.jp/tstfc/entry-11608835799.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

スカイツリーアプリ各種の開発・無料ダウンロード

東京スカイツリーファンクラブ会長としての事業?↓

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/sumaho.html


東京スカイツリーファンクラブ特集記事

六芒星(ダビデの星)からスカイツリーを見る研究(3部作です。)

http://ameblo.jp/tstfc/entry-11834633739.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

東京アンテナ工事株式会社ホームページ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

東京スカイツリーファンクラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■記

ふむふむ。
「老朽化。」 はい。

コメント投稿