一昨日の夜、ビッグスワンへナビ杯の試合を見に行きました。

いつものカメラ(キャノンのG3X)を携え、試合終了後、カナールで「逆さビッグスワン」を撮影。

いつもお気に入りの場所でも撮りましたが、今回、一か八か、「ビッグスワンの真裏」、つまり、一番広く見える場所での広角撮影に挑戦しました。

案の定、「24mm」ですと、画角いっぱいに「ど~ん!」と言う感じで(ギリギリ)収まってくれました。
いつも以上にデカい。

でも、何だか、「迫力」ばっかりで、「屋根」が「裏側(下から)」しか見えないので、「らしくない」と言うか、「今ひとつ見れない」と言う印象でした。

正直、「何処か(今ひとつ)パっとしない」んですよね…。
AD