ある番組で紹介されていて気になった「無電源スピーカー」。

そもそも、「スピーカー」なんて、アンプを内蔵していなければ「無電源」でしょ?

それで、上の画像の製品を調べてみました。

坂井工業の「PODS」と言う製品です。

一見すると「単なるカップ状の容器」に見えます。

「エアーブラシ用の塗料カップになれなかった規格外品」を再利用した「アイディア商品」です。

 

「iPhoneを入れてみたら、丁度良いサイズだった。」

 

当初はそんな事がきっかけだったんでしょう。

それを「製品化」するにあたり、更なる改良を施した、と言う訳なんです。

 

ただ、スマートフォンを入れておくだけなら、何だか味気ない。

「折角なら、充電スタンドとしての利用も出来ないものか」と考えた事でしょう。

ですから、その機能もちゃんと付いています。

私はスマートフォンを持っていないので、「どんな原理で音出し出来るのか」、参考になる画像を探しました。

 

上に紹介した画像がそれで、iPhoneの下部はこの様になっており、書き込みで示された部分が「スピーカー」になっています。

この小さなスピーカーの音を拾って、適当な容器や箱状の構造物の中で、その音を反響/共鳴させる仕組み(原理)になっているのです。

 

「木製のスマホスタンド」を進化させ、その下部に「共鳴箱」がある製品も、他社から多く発売されています。

 

この「PODS」は恐らく「金属製」ですが、「ガラス」や「陶磁器」の容器で、スマートフォンが収まるサイズであれば、同様の「無電源スピーカー」として利用出来ると思います。

 

ただ、この製品を見ると「脚」が付いています。

それも意味があるんでしょうね。

ただ丁度良い大きさのコップに入れても、それだけでは、音の鳴り(響き)が悪そうです。

(「金属製」なら、それなりに響きそうですけどね。)

 

アンプを通さず、スマホの小さい外部スピーカーの音を反響/共鳴させるだけですから、お世辞にも「迫力のある良い(素晴らしい)音」とは言えないでしょう。

「鳴ってくれれば良いだけ(気休め)」な代物です。

ある意味、「エコ」ですわなぁ…。

AD