トリュフ・ラボ-アクマで4コマ-

イラスト描き、マンガ描きが趣味のトリュフのブログ。

こんにちは、トリュフです!
ご訪問いただき、まことにありがとうございます!
このブログでは主に趣味の産物のイラストやマンガの公開をしています。

★読者登録歓迎です!!こちらからも相互登録させて頂きたいと思います★
ただし宣伝や勧誘、販売が主目的のブログや、当ブログとはあまりにも接点が思い当たらないブログなどは、当ブログの運用方針にそぐわないため登録を解除させて頂くことがございます。まことに恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
(コメント、「ぺた」も内容により削除させて頂く場合がございます)


テーマ:

 こんばんは。

 今回の記事は雑談をお送りします。

 いきなり漫画のブログ記事が中断されましたけど、この後、テンポよく公開していく作戦です。

 雑談と言っても、今描いている漫画とは結構関連が深いと思います。

 

 

 今は亡き爺ちゃんの家で発見した、この漫画。


「のらくろ」という漫画です。

 作者は田河水泡さん(明治32年~平成元年) 

 

 初版は昭和6年から16年に雑誌「少年倶楽部」で連載。

 太平洋戦争開戦の直前に打ち切りとなり、戦後になってから昭和36年から56年まで「丸」という雑誌で連載されました。

 

 主人公は黒い犬の「のらくろ」

 「猛犬連隊」という軍隊に二等卒として入隊し、活躍を重ね、すごい勢いで昇進していくサクセスストーリー。

 ただし、描写は基本的にコミカル。

 戦争のシーンはありますが、残酷な描写はほとんどありません。

 

 

 爺ちゃんの家で発見した本は、昭和6年から16年にかけて連載された分(便宜上「第一期」と呼びます)を収録したものですが、もちろん当時の本ではなくて、昭和63年(1988年)に講談社から出版された「のらくろ漫画大全」といういわゆる復刻本です。

 

 この「のらくろ漫画大全」は爺ちゃんが買ったという保証はないのですけど、そうだったら興味深いなあとは思ってます。

 

 爺ちゃんは太平洋戦争当時に満州に軍人として派遣されています。

 ただし戦闘の経験はありません。

 昭和20年には東京にいて主計科に務めていたとのこと、最終階級は軍曹と聞いています(そんなに偉くないです)。 

 爺ちゃんからは、戦争の話はちょっとしか聞いたことはないのですが、そのうちブログでも話題にすると思います。

 

 今回はあくまで「のらくろ」がメインの記事です。

 

 今、ブログで描いている「ヨシノとミコト編」は昭和20年が舞台ですので「のらくろ」は第一期が打ち切られてしばらく経ってますが、ヨシノが読んだかもしれない漫画と(ほぼ)同じものを自分が読んでいる・・・と考えると感慨もあります。

 

 ※ただし、昭和63年に出版されている本は完全に原作と同じではないと思います。

 

 まずはメインタイトルと活字(写植)については「横書きの日本語」は左から右に読む現在の様式になっていますし、漢字も新書体になっていてルビが入っています。

 セリフまわしも改められているところがあるかもしれません。

 例えば戦前、戦中は「さようなら」を「さやうなら」と言う感じで古文のように筆記してましたが、本書は完全に今の仮名遣いにて書かれています。

 

 

 その一方で、背景の文字には「旧書体」や「右から左によむ横書き」が多く、初版発行当時の仮名遣いは、これがスタンダードだったのだろうと思います。

 

 

 さて、「のらくろ」第一期の初版の発行時期と当時の歴史的な出来事を並べてみると、興味深かったです。

 そして、作者の田河水泡さんの気持ちに思いを馳せてみたりしました。

 

 歴史的出来事と「のらくろ」第一期を併せて記すと以下のようになります。

 ※Wikipediaで「のらくろ」について断片的な情報があり、それを本書と照らし合わせて書き起こしました。

 ※赤文字は国内の政治経済の出来事

 ※青文字は国際的なニュース

 ※紫文字は戦争や紛争

 ※緑文字は国民生活に関わりの深い出来事

 

 (昭和2 昭和金融恐慌)
 (昭和3 特別高等警察の設置)
 (昭和3 張作霖爆殺事件)
 (昭和4 米ウォール街株大暴落(世界恐慌))
 (昭和5 昭和恐慌)

雑誌「少年倶楽部」昭和6年1月号にて「のらくろ」連載開始

昭和6 のらくろ二等卒
 (満州事変)
 (柳条湖事件)

昭和7 のらくろ一等兵
 (満州国建国)
 (五・一五事件)

昭和8 のらくろ伍長
 (国際連盟脱退)

昭和9? のらくろ軍曹

昭和10 のらくろ曹長

昭和11 のらくろ少尉(小隊長)
 (ニ・ニ六事件)

昭和12? のらくろ中尉~大尉
 (盧溝橋事件、日中戦争勃発)
 (日独伊防共協定)

~昭和16 のらくろ、退役して資源探索のため大陸を探検
 (昭和13 国家総動員法)
 (昭和14 ノモンハン事件)
 (昭和14 第二次世界大戦勃発)
 (昭和15 食料品、生活用品等の配給制)
 (昭和15 日独伊三国同盟)
 (昭和15 大政翼賛会結成)
 (昭和16 ABCD包囲網)
 (昭和16 日本軍、フランス領インドシナに侵攻)
 (昭和16 金属類回収令)

昭和16年10月号で「のらくろ」の連載中止

 (昭和16 東條英機、首相に)
 (昭和16 真珠湾攻撃、太平洋戦争勃発)

 

 

 「のらくろ」の連載が始まった昭和6年は満州事変が起こりました。

 その後、数年のうちに日中間の緊張が高まり、国内では軍の発言力が増大し、昭和12年には日中戦争が勃発します。

 この間、「のらくろ」は愉快な軍隊生活を送りながら、山猿、チンパンジー、カッパ、蛙、熊といった「敵」の軍隊と戦争をし、毎年のように昇進していきます。

 

 興味深いのは昭和12年か13年か(特定できませんでした)・・・その辺りで、のらくろは軍隊を退役して「大陸」へ資源を探索に探検に行くお話になります。

 それまでは軍隊生活と戦争の描写がほとんどだったのが、がらっと変わります。

 

 現実の出来事の方も、国家総動員法、配給切符制度、金属回収など、日本の国力の低さを補うための政策が実施され国民生活にも影響が現れるようになってきます。

 田河水泡さんの気持ちは想像することしかできませんが、このような国の現実に対して何か思うところがあって、のらくろを退役させて資源探索の冒険に出させたのかな?と思いを馳せます。

 

 その「のらくろ」第一期も昭和16年10月号をもって連載中止。

 田河水泡さん自身の解説によれば「印刷用紙統制令」に基づいて執筆が禁止されてしまったということです。

 

<引用元>

 本記事の図は次の書籍から引用しました。

 田河水泡 著 「のらくろ漫画大全」

 1988年 講談社Super文庫

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヨシノ編タイトル

 


(No.ym-056)

<次へ← ・ →前へ   最初から  人物紹介

 

 本ブログのメインコンテンツの4コマ単位マンガは昭和20年の物語を描く「ヨシノとミコト編」を公開しています。

 

 今回は第二部第4幕「堕テンシ、目覚める!」を第6回めをお送りします。

 

<ここまでのお話のまとめページ>

 

★第一部★
 第一幕「あの人との出会い」
 第二幕「運命へのプロセス」
 第三幕「動員学徒の日常」

 第四幕「動員学徒の放課後」

 第五幕「座敷童の帰宅」

 

★第二部★

 第一幕「バンブーランス・前」

 第二幕「優しき軍神」+インターミッション

 第三幕「バンブーランス・後」

 第四幕「墮テンシ、目覚める!」(前半)

 

 

<とりあえず一言>

 ブランクがあいてしまいましたが、何とか再開しました。
 先日のブログで「まとめ」をアップしてますが、平常運転時は、このように4コマ単位でブログを更新しております。

 ストーリーをお伝えする上では、かなりテンポの悪い方法だとはわかっておりますが、ブログの更新頻度を維持することも意図してます。
 それの埋め合わせとして(埋め合わせになってないときも多々あるとは思いますが(^^;)、解説やメイキングなどの記事を併記してます。

 この記事なのですが、後日追加するつもりです。
 (マンガ先行で記事を後日追加するスタイルもすっかり「通常運転」になりました)

 改めましてよろしくお願いいたします。

 

ここから1月15日追記

 

<軍刀のうんちく>

 

 ウンチクと言ってもWikipediaなどを中心にネットで調べられる範囲に過ぎません。
 さらに言えば僕の理解は正しくないかもしれません、その点はご容赦下さい。
 話題にもなるかと思いまして、書かせて頂きます。


 太平洋戦争当時の日本の軍人は一定身分以上であれば軍刀の佩用(はいよう)が認められていました。

 

 この軍刀ですが制定や製造された時期によってバリエーションが大変に多いです。

 松井中尉の軍刀は昭和10年に制定された九五式軍刀をモチーフにしています。
 柄の先につけられている房の着いた紐は元来は手首を通してすっぽ抜けないようにするためのパーツが付いているのではないかと思われますが(?)、松井中尉の刀からは外されてます(なので単なる装飾となっています)。

 

 「刀身」はいろいろな種類があります。
 歴史ある日本刀そのもの、あるいは伝統的な製法で作られた刀身もありますし、工業製品として製造された刀身もあります。

 

 一つ言えるのは、基本的に当時の軍刀はれっきとした刃物であり、「切る性能」は持っています。
(現在の自衛隊が儀礼で用いているサーベルの刀身は青銅にメッキを施した装飾品で「切る性能」は基本的にはありません)

 ・・・ということを踏まえて、本作では竹の棒だのズック靴だのを切ってます。

 

 このように書くと何だか実践的な武器のように思えてきますが、近代戦において武器としては、おそらく出番はほとんどなかったのではないかと思います。
 銃火器を相手にできるものではないでしょう。
 もっぱら身分(権威)を示すためや指揮をとる用途だったろうと思います。


 重さは厳密にはわかりませんでした。
 ただし、一般的な日本刀が1.5kg程度とのことですので、同程度の重さだろうという認識でいます。
 女の子でも片手で持ち上げることは余裕だと思います。
 ただし、振り回すとなると全く話は別です。
 たとえば金属バットは1kg前後ですが僕は片手でスイングはできません。手首を壊してしまいます。

 日本刀は本来は両手で使う武器です。

 松井中尉は作中で少なくとも二回は片腕で振り下ろしていますので相当な豪腕です。

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヨシノ編タイトル

 現在の当ブログのメインコンテンツの4コママンガは、「4コママンガのコマ割の普通の漫画」になってしまっています。
 ブログ更新頻度の維持のため、そしてネタ振りのために4コマ描くごとにアップしていますが、一段落したら、今回のように一気にまとめて再アップをすることにしてみました。
 ストーリーものですので、こうした方がわかりやすいかと思います。


 今回アップする「堕テンシ、目覚める!」は物語の第二部第4幕です。

 なお、この4幕は完結していません。

 アクション的な場面展開でしたので、ここでひとまず一気にお見せしたいと思ってまとめました。

 第4幕の完結後には完全版のまとめ記事をアップし直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

<ここまでのお話のまとめページ>

 

★第一部★
 第一幕「あの人との出会い」
 第二幕「運命へのプロセス」
 第三幕「動員学徒の日常」

 第四幕「動員学徒の放課後」

 第五幕「座敷童の帰宅」

 

★第二部★

 第一幕「バンブーランス・前」

 第二幕「優しき軍神」+インターミッション

 第三幕「バンブーランス・後」

 

 

<一言>

 

 

 このブログの4コママンガ(カナエとムジャ子)は当初は「まんがタイムきらら」とかに載せられそうな「萌え4コマ」を志向して描き始めました。

 

 ・・・萌え4コマのヒロインがやっちゃいけない顔だよね、これ。

 

 もちろん、成り行きで描いているのではなくて、こういう表情で表したかったということです。

 カワイイとかカッコイイのベクトルで描くには相応しくない行為を描いていると思ってるからです。

 

 とか言ってますけど・・・このレベルの怖い顔を描くのは嫌いじゃなかったりします。

 (もちろん、限度ってものはあります。グロテスクなのはダメです)

 

 

 さて、まとめページをアップするたびにお願いしようと思っていることがございます。

 拙作をできれば多くの人にご覧いただきたいと望んでおります。

 もし差し支えなければ、ご紹介等していただけると大変ありがたく思います。

 

 記事をアップした旨はツイッターでも発信しますので、リツイートして頂くことは大歓迎です!

 

 図々しいお願いとは存じますが、なにとぞよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 
にほんブログ村 
ランキングに参加しています、ぜひクリックをお願いします!

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。