元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ

ナンバー1ホステスになるための売上げアップノウハウをご紹介します!


テーマ:
多くのホステスさんが、勘違いしていることがあるようです。

それは、ホステスは嘘を吐くことが仕事と思っていること。

だから、根がまじめだったり、本来正直な性格の良い子は
この悪いことをしている感覚に苦しむことになるのです。

だから初めに言っておこう。

嘘を吐くと売り上げが上がるわけではありません。

むしろ、長く安定した売り上げを作るのは、
いかに正直でいるかが重要です。


では、視点を変えて、お客様の視点から見てみましょう。
自分が買い物をしている時の視点も同じです。

お客様は騙されたくないですよね。
買い物をする時は、納得した上で気持ちよく買い物をしたい。

デメリットがあるのなら、初めに言ってくれないと、
商品購入後自宅で知ったら、嫌な気分になります。
損した気分になります。

だから、正直で良いのです。

ただし、性格の良い、優しいあなたでいることが前提です。
「あのクソじじい!」
なんて心で思っていて正直に言ってしまったら、終わりです。(笑)

でも、私は知っています。
ほとんどのホステスさんが、人間的にまっすぐな優しい女性であることを。

そして、お客様に気に入っていただけると、心から嬉しくなることを。

努力や勉強はとても大切なことですが、
変に自分を作ろうとせず、自然のありのままで
お客様の人間として好きな(LIKE)な部分、尊敬できる部分を
探せるあなたであれば良いと思います。

お客様とは、男女である前に人間同士の付き合いです。

思いやりをもって正直に接すれば、きっとわかって下さいます。


でも、ホステス業はボランティアではありません。

デパートや一流ホテルで、上客が特別扱いされるように
水商売でも、一番大切なお客様はお金を使ってくださる方です。

お金を使ってくださるのは、そこに価値を感じていただいているからです。

全然お店に来て下さらない方に同じように時間を使ってしまうことは、
他のお客様にも、お店にも迷惑なことです。

『お試し無料体験』のような新規の方との外でのお食事などは
推奨していますが、2度目は二度とありません。


仕事としてのプライドと人間としての思いやりのバランスを大切に、
本来のまっすぐなあなたとして自然体で営業をしてください。

読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は、物事がなんでもうまくいく人、と思われがちであることに
最近気が付きました。

コンプレックスのない、自信満々な人生であると。

が、全くそんなことはなく、むしろその逆で、
失敗や壁を人より多く経験し、自分の無能さに悲しくなることが
多いからこそ、できない人の悔しい気持ちや、
できないところからができるようになるための方法に自信があるのです。

私だけじゃなく、結構皆さんそうなんじゃないかな。

まれに、生まれもっての美貌や、才能をお持ちの方もいますが
そういう方にとっては、「なぜできないのか、わからない。」
と口を揃えておっしゃるのです。

「いや、そうはいっても、できないんです!」という話ですよね(笑)


さて、そんなゼロスタートの得意な私ですが、
弊社のメール一括送信のアプリを駆使して、
売り上げをあげてくれるモニターさんを募集しています。

条件は以下の通りです。

①現状の売り上げを、ご報告してくださる方。
(一カ月に一度ヒアリングさせていただきますので。正しいものをご報告ください)

②週に一度、電話、またはメール、または面談にて
カウンセリングを受けていただける方。

③本気で売り上げを上げたいと思っている方。
(こちらが何を伝えても、実行していただけないと当然効果は出ないので)

※無料でも良いのですが、本気度をはかりたいので、
 アプリの月額料金(3000~6000円)だけお支払いいただきます。
 もちろん、カウンセリング料などはいただきません。

※無断でお名前やお写真などを使わせていただくことはございません。

※以上を踏まえて、Facebookページのメッセージhttps://www.facebook.com/omizuconcierge/
 にてお申込をいただきましたら、一度面談をさせていただきます。
 (遠方の方は、お電話でお話しさせてください。)
 その上で、選定させていただきます。ご了承ください。


モニター募集に至った背景ですが、
嬉しいことに、「売上上がった!」というご報告は多数いただけるものの、

なかなか、ご自身のリアルな売り上げ金額をご申告いただける方は少なく
実際の変化の数字を取りにくいのです。

そこで、営業資料のためにご協力いただける方を募集することになりました。
営業資料にするからには、必ず売上上がりますね(笑)

全国の皆様、多数のご応募お待ちしております。m(__)m

読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私のホステス現役最後のお知らせのお手紙がふとパソコンから見つかったので、共有します。

 

お客様にこんな内容を送るなんて!(なんて失礼な!?)という衝撃もあるかもしれませんね。(笑)

 

私は、今でも親しくさせていただいている、望月明美ママのお店『ル・ジャルダン』で

働かせていただいておりました・・・

そんな背景もお伝えしつつ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

527日。   私の30歳のお誕生日。

そして、5月末日。   私のジャルダン退店の日。

 

退店の日は、入店前から決めていた。

30歳のお誕生月に今までで一番輝いた状態で辞めるんだ。

それは、必ず次へのステップの原動力になる。

 

ただ、

辞めると最終的に決めてから、銀座のネオンがやけに明るい。

大好きなジャルダンを卒業する日を想像しては、勝手に涙が出てくる。

この街にそしてこの店にこんなに愛着が湧くなんて、入店当初は想像もできなかった。

私の大きな計算ミスだ。

 

 

今から約2年半前、20071228日。年末最終日。

私のジャルダン入店初日

今ならわかる。この街が誰も歓迎なんてしないということを。

毎日沢山の面接に訪れる女の子と、すぐに辞めて行く女の子を見てきた今なら、

わかる。ある種の部活動のような

――やる気がないなら、今すぐ辞めちまえ!

というような、試練が一番初めは必要だ。

でも、あの頃はそんなことはまだわからなかった。

大混雑の店内に、ド新人の私が放りこまれ、役に立っているのか、いないのかさえわからぬまま、最初から最後までおどおどしていた。

いきなり連れて行かれた忘年会で、初めてお会いする銀座のお姉さま方の迫力と、これからここでやっていくんだという決意と不安で、私は朝方のカラオケBOXで泣きだしてしまった。

 

ここから、私のジャルダンの物語が始まる。

 

20081

初めての同伴。右も左もわからない私は、シャンパン、ワイン白・赤、と3本のボトルをお客様に言われるがまま一人で飲みほし、入店。

必死だと、お酒まわらない。

 

2008915日。

アメリカ大手証券会社の経営破綻、いわゆるリーマン・ショックの日。

当然私の目にも入った。携帯電話を流れるニュース速報。営業前に携帯電話を開いた時に、見た。金融業界に疎い私は、リーマンブラザーズかぁ、アメリカは大変だな。くらいにしか思わなかった。遠い世界の話。

次の日のテレビの画面で、段ボール箱を抱え、エリートサラリーマンだった社員たちが、次々と会社を出ていく姿が印象的だった。

 

まさか、この遠いアメリカの事件が、銀座の運命を変えてしまうほどの深く大きな傷を作るのだとは、私には想像もできなかった。

 

リーマンショック後、すぐに、すぐ隣のウォータータワーの水が止まったことに気がついた。

ウォータータワーは、その名の通り、10階の最上階から一番下まで壁づたいに水が流れ落ちてくるデザインが象徴的。銀座でもポルシェビルと並んで1,2を争うほどの有名なビルだ。

ポルシェが飾っていなければポルシェビルではないように、水が止まっては、ウォータータワーではない。

 

しかし、その頃私は仕事に入って9カ月。やっと顔見知りのお客様も増え、仕事が軌道に乗ってきていた。毎月上がり続ける給与明細に、水商売の最高峰、銀座のすごさに有頂天になっていた。今思えば、経済の翳りは見えていたにも関わらず、自分には関係のないこと、という根拠のない自信が、私の羅針盤を狂わせていた。

 

一方、徐々にお店の経営を支えるベテランのお姉さま方の売り上げが下がり始めていた。

口々に、お客様の反応が変わったと言っている。

それと反比例するように、新人の私の売り上げが伸びていく。私は次第に、不健全なプライドを持つようになった。数字を追う毎日。

 

 

200812

この月、初めてナンバー1を経験した。最終日まで最後の時間まで繰り広げられた聖子ママとのデッドヒート。水商売の持つ新たな一面を見た。

 

2009年早々、

大会社が相次いで、●億円の赤字という巨額赤字が短信で発表された。・・・

それに伴い、大規模なリストラ。ごひいきにしてくださっていたお客様の会社も、日経新聞一面の報道で、現状を知ることになる。

お休みの日にお食事をしながら、ご本人からも厳しい状況を聞いた。どんな大企業でも、容赦なく、景気の波は襲い掛かる。

 

お店での会話は通常は、明るいものだけに絞るところだが、お客様から辛い状況を聞くことが多くなった。

 

 

20083

東京マラソンで、初めてのフルマラソンに挑戦。完走できなかったら、退店の覚悟で臨んだ。ジャルダンに来ることがなかったら、マラソンは一生「いつかはやりたいもの」で終わっていただろう

私にできることは、何かに挑戦し続けて行くことだと感じた。

やろうと思えば何でもできるということを証明したい。

 

20095

入店後2度目のお誕生日。ジャルダン初のシャンパンタワーをやらせていただいた。

人は好調な時に、反省をしないものである。

ことさら、私のような若輩者は、上昇気流は永遠に続くような錯覚に陥る。

 

それでもこの街は正直で、タクシーは、空車車両で大渋滞。

超一等地である銀座並木通りのブランドショップ、が閉店し、テナントが空きの状態が続いた。

飲食店は、いつでも予約が取れるようになった。

 

小さいところから、持ちこたえられずに倒れていく。

まるで、サバイバルゲーム。

 

ホステスの募集案内を見て、以前に増して面接が増えた。月間100名を超える。

 

年末ジャンボ宝くじの売り上げは、例年より好調。藁にもすがる思いなのだ。

 

 

私も次第に苦戦を強いられるようになる。

今更、焦っても、もう遅い。

でも、苦境に立って見て初めて、自分が見えてくる。お客様の思いやりが見えてくる。

この時期は、本当の意味で仕事が楽しい1年間だった。

 

 

そして、20105

とうとう、自分で決めた銀座最終月がやってきた。

私の人生計画

20代 向き不向き、できるできない、は考えず、自分の能力よりも少し上のことに挑戦する。

30代 自分にできる目の前のことで起業をして、何でもいいから収入を得る

40代 社会的貢献度の高いもので、起業をする

50代 発展途上国に10校以上学校を作り運営をする

 

それぞれに、語り尽くせぬ想いがある・・・

 

正直、沢山迷い、今でも後ろ髪引かれる思いである。

今の環境に不満なんて何もない。

むしろ、ママやスタッフや、女の子たちが大好きで、お客様も大好きで、

毎日会えなくなると思うと寂しくて寂しくて、泣きそうになる。

 

 

毎日3時には銀座にいた。

スタッフとくだらない冗談を言い合いながら、パソコンに向かうあの時間が好きだった

お仕事前に、恋愛話に一喜一憂する女の子たちとのおしゃべり。

お客様と行った沢山の素敵なお食事の場所。

週末のママの自宅でのヨガ。ついでに色々な事を沢山教えてもらった。

 

運命というものは、本当に存在するかもしれない。

そうじゃなければ、この偶然重なりは説明し難い。

この店と、そして、大好きなママと個性的な女の子と出会えたこと。

 

何もかも居心地のよい、この環境を、なぜ自ら去らなければいけないかと思うと、

自分の信念も揺らぎそうになる。

もう少し、いいかな、と思いたくなる。

 

でも、自分で決めた最終納期。

これを変更してしまえば、自分への自信が揺らいでしまう。

 

 

私は、どんな人間関係も、割り切ることができない。

客観的には単なる仕事仲間かもしれないが、利害関係を遥かに超えた信頼関係で結ばれた人間関係。ただ、誠実にいようという思いを貫いてきたつもりだ。

子供じみた話に聞こえるかもしれないが、仕事のつながりはなくても、心のつながりは途絶えない、途絶えさせたくないと、強く思う。

 

 

 

 

気がつけば、ウォータータワーの水が戻っている。

壁伝いに流れる水はないが、下に水がたまっている。

きっと、景気が戻るのはもうすぐだ。

 

19時半の銀座。

美容室でセットした髪の女の子たちが携帯電話を片手に早歩きで、どこかへ向かっていく。

私は、これからどこへ向かうのだろう。

 

並木通りでふと上を見上げると、ネオンがいつより輝いているように見えた。

 

―――おはよう、香織ちゃん!

振り返ると、いつもと変わらない章子ちゃんの声。

 

 

よし!

あと、ひと月。

やってやろうじゃないの!

 

私の2年半が集約されたこの20日間。

私に待っているのは、どんな物語だろう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。