元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ

ナンバー1ホステスになるための売上げアップノウハウをご紹介します!


テーマ:

現在募集中の、キャバ嬢・ホステス専用手帳『Club Diary』の川野剛志先生の物語です。

(講座のお申込はこちらから→http://omizudaigaku.jp/

 

私も、苦労や努力をしてきたつもりでいましたが、私とは違う意味で(?)川野先生は壮絶です。

本当に、尊敬します。

 

今回の講座、帰り道にはきっと冷たい北風が心地よく感じることと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

就職後、4年で警察官を辞め、退職金も尽きて極貧な生活をしていた。
その頃は、日々食つなぐために、日雇いの土木と運送を昼と夜中、かけ持ちで働いていた。

 

それでも貧乏な理由は、警察官はローンが組みやすく返済だけが残っていたことと、
「警察官になって偉いね」と近所から言われていた親に会わせる顔がなく、近所にも退職がバレないよう実家には住まず、無理をしてアパート暮らしをしていたから。

このままでは、体がもたないと仕事を一本化。

将来、バーを経営することも実現しようと、選んだ道がホスト。

ところが、ホストになって更に極貧。

売上50万に届かない者は日給6,000円のみだったから。
食事は数十円のモヤシと米ばかり。

味噌汁は具無しのことが多かった。

レトルトカレーは3度に分けて使うなど...。

その頃の唯一のご馳走は先輩に牛丼をおごってもらうこと。

本当の意味でのハングリー精神でとにかく我武者羅に努力はした。

だから客数や売上はそれなりに上がっていった。

努力しているからこそ、初指名のお客さんが2万円近くのコートを買ってくれた。
コートをくれた理由は、冬に入店したので、雪が降る日でもコートを着ずに(買えずに)外でキャッチをしていたからだ。

一刻も早くNo.1になることを目指していたが、在籍していた店はNo.2、3でも大抵300万は売上げていた。

No.1となると4~500万は売上げなければいけない。

しかもホストを始めてまだ間もない...

しかし、入店して半年でNo.1を獲得。

その大きな要因になったのが今回話す「マインドセット」の内容に、頭を切り替えたことだった。
このとき同時に4人中の1人の幹部に昇格。

半年の経験だけで指導にも回ることに…

ただそれでも、No.1を守るのは難しく、No.2に陥落したり、返り咲いたりを繰り返した。

とあるきっかけから「記録」を始めることに。

その決断が功を奏し、不動のNo.1になった。No.1の継続は11~12年。

水商売はただでさえ心身に負担のかかる仕事。

そこへ加えてNo.1を続ける負担と重圧。

少しでも軽減して仕事を上手く運ばすよう、「効率」を重視した仕事を行ってきた。

 

そして今がある。

 

自分の経験した苦労と、文字通り死にそうな思いでしてきた努力と工夫を「効率化」し、

できるだけ多くの人に知ってもらうことが、自分の使命と考えている。

 

一人でも多くの人の努力が報われますように。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

受講希望のお問合せをいただきました皆様、

お待たせ致しました。

 

今月29日 16時〜18時の講座の募集を開始しました!

 

今回はなんと、あのキャバ嬢ホステス専用手帳の「Club Diary」の川野剛志さんとのコラボです。

元ホストで11年間トップで居続けた彼の講座は面白いに違いない!...
しかも、Club Diaryさんは累計購入者1万人以上ですって!!

 

すごーーー( ゚д゚)

 

地方からのご参加もしやすいように今回は東京駅周辺の会場です。

 

下記URLより、お早めのお申し込みをお待ちしております!!

 

http://omizudaigaku.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
飛躍した話のように聞こえるかもしれないが、
私は、機械は人間の心を凌駕しないと思っている。
 
メール一斉配信のシステムを提供する私にとって、
それはとても大事なことだ。
 
システムだけ売るのは簡単かもしれないが、私はこれを正しく使ってほしいと考えている。
だからこんな風に、「想い」や「ノウハウ」と共にお届けしている。
 
「水商売向けにメール一括配信のシステムを作っています。」
と自己紹介をすると、相手は大抵「ニヤリ」とする。
「悪いことやってるねぇ」のような「ニヤリ」だ。
そんな時私はいつもさみしい気持ちになるものだ。
 
悪意を持って、システムを作ってなんかいない。
ユーザーだって、悪意を持って使ってなんかいない。
 
このツールは、楽をするためでも、ズルをするためでも、騙すためでもない。
自分の心をできるだけ多くの方の心に届けるものだ。
 
大体、水商売自体を悪く言う人もいる。
一部、おかしなことをやっている輩がいるもの知っているが
ほとんどのお店は善なる心で営業をしている。
お客様と心が通じることに純粋な喜びを感じる、ホステスとはほとんどが善人だということを私は知っている。
 
それに、当然ながら、お客様は首に縄をつけられて無理矢理引っ張られて来るわけではなく、
何らかの自分の意思で来店をするのだ。
悪く言われる理由などない。
 
従来通り関係性の近いお客様との一対一のメールは基本であり、
それで届けきれない、思いをシステムで補うという使い方を推奨している。
 
日本人の特色なのだろうか。
心の中ではたいてい、思いやりや優しさで溢れているのに、
なぜかそれを表現しない。
 
素敵と思うなら素敵と言えばいいし、
仲良くなりたいけど恥ずかしいと思うのならそう言えばいい。
人生を迷いながらも一生懸命生きているのに、
なぜかそれを隠して、ひょうひょうと生きている顔をする。
 
人が共感するのは、素の部分なのだ。
頑張っている人の背中をさりげなく後押しするし、
微笑んでくれるかもしれない。
 
そして、あなたの顔も覚えていなかったけれど
そんな人間的な魅力のあるあなたと話したいと思ってもらえれば
一括配信の役割は終了だ。
 
あとは一対一の信頼関係を築いてくれれば良いと思う。
 
真心を届けるメールが日本中に溢れますように。
 
読者登録してね
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。