投資信託のリターン

テーマ:
投資信託のリターンには、大きくは2つあります。
リターンのひとつは、基準価額が上がることによる値上がり益、もうひとつのリターンは分配金です。

基準価額とは、1口あたりの投資信託の価値(値段)です。
投資信託の運用が好調で基準価額が上がっている時点で解約や売却することによって値上がり益のリターンを手にする事ができます。

もうひとつのリターンである分配金は、株式で言えば配当にあたるものです。
持分(口数)に応じて受け取れる利益です。

投資信託の商品によって分配方法、分配金の金額、分配される時期などは異なります。
また、分配金がない投資信託もあります。

分配金が自動的に再投資される投資信託もあります。
MMFなどは分配金が自動的に再投資される投資信託になります。

連続増配銘柄の増配率
株式投資で儲からない
米国株 高配当銘柄
学費負担の軽減方法
リストラからの再就職
おすすめの株式投資
ワンルームマンション投資
AD
外国債券投資に関心はあるけれどなかなか投資に踏み切れないという方は、最大の悩みは為替変動リスクがあることではないでしょうか。
長期運用でも償還時(満期)に円高になっていれば為替差損を受けるからです。
この為替リスクを緩和する方法はあります。
償還金(満期金)をすぐに円に戻さずに、外貨のまま受け取りそのまま別の外貨建て金融商品で運用を続けることができます。
その受け皿になる商品が外貨建てMMFという金融商品です。

外国債券が満期を迎えたときに、その償還金を外貨のままで同じ通貨の外貨MMFを購入するという方法です。
外貨MMFは、通貨の種類も多様です。米ドル建て、ユーロ建て、豪ドル建て、ニュージーランドドル建てもあります。この方法は外国債券の利子の受け皿としても活用できます。

株価が上がらない株式銘柄
米国株 配当利回り
教育資金 負担軽減
40代50代の再就職
サラリーマン株式投資
不動産投資は真似ることが成功への早道

AD

債券価格の変動要因

テーマ:
債券の価格と金利

債券の価格は、一般的にその時々の金利の水準に応じて変動します。金利が上昇すると、債券の利回りも上昇し、債券の価格は下落します。反対に、金利が低下すると、債券の利回りも低下し、債券の価格は上昇します。
このように債券の利回りと債券価格の関係は、互いに逆の方向に動く関係にあり、債券の利回りが上昇すれば債券価格は下がり、利回りが低下すれば債券価格は上がります。


金利の変動要因

金利とは、お金を借りる際の対価のことです。お金を借りたい人が増えれば、金利は上がる傾向にありますが、お金を借りたい人が減れば金利は下がる傾向にあります。
つまり、金利は、資金の需要と供給の関係により変動しますが、資金の需給関係に影響を与える要因として、特に「国内景気」「国内物価」「海外金利」「為替」といったものは重要です。一般に、これらの要因と金利とには、次のような関係があります。


低収入でも貯蓄強迫性障害即日キャッシング
AD