地球にペタ

海中から空の上までを素敵な地球を案内するブログです。

NEW !
テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
 
ゲーテが甘酸っぱい青春を送った町は
世界のカメラ「ライカ」が生まれた町。
町の外れにライカファンの聖地のひとつ
「ライツパーク」があります。本社工場の一部が公開され
いつでも誰でも見学できるようになっています。
 
 
ヴェッツラーの駅からは徒歩20分。
駅前からバスが運行しています。
2014年に完成した本社ビル。35mmフィルムへの
オマージュ的なクールなデザインです。
 
 
自然光と白い壁でとても明るく洗練された社屋
テンションが上がります。
 
 
ライカが写してきた著名な作家による
ドキュメンタリー写真が並んでいます。
ここだけでも1時間過ごせる。
 
 
見学通路のガラス張りの向こうは工場
作業説明がムービーで映し出される仕組みになっています。
 
 
1913年の創設から今日までの歴史年表が壁に描かれています。
イラストもかっこいい。
 
 
歴代のすべてのライカカメラや
レンズが歴史順に展示されている
「ライカ博物館」でもあります。
工業先進国ドイツを見せつけられます。
 
屋上に出ると町を一望。
本社敷地内に研修施設やホテルを建設中です。
 
 
ライカ・ストアも忘れちゃいけません。
オリジナルのライカTシャツやトートバッグ
文具などお土産になりそうなものも販売しています。
もちろんカメラも。
日本で買うよりもかなりお得です。
 
 
楽しい見学が終わったらカフェで一息。
ここでも白へのこだわりが感じられます。
ケーキが美味しかった。
 
ヴェッツラーの街角にライカの案内板が掲げてあります。
 
 
一見マンホールに見えますがこの場所に立って
35mmフィルムを使用した一号機
「ウル・ライカ」の最初の一枚が写されました。
 
 
1913年当時のヴェッツラーの町の風景。
当時の服装などが時代を物語っています。
 
 
現在の町の風景。ほとんど変わっていません。
100年経った今でも家並みや道まで同じ。
市民がいかに町に誇りを持っているかが伺えます。
 
 
ドイツ観光局

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
 
フランクフルトから鉄道で北へおよそ1時間。
木組みの立派な家並みが素敵な小さな町ヴェッツラーへ
。ここは、ゲーテが23歳の時に叶わない恋に落ちた町。
そしてカメラ界のレジェンド「ライカ」が生まれた町。
町にはゲーテの足跡が今も残り
カメオタでなくても行っておきたいミュージアムがあります。
 
 
町を歩くあちらこちらにゲーテの面影をみることができます。
ゲーテの人生において、ヴェッツラーは甘く切ない青春の町。
失恋物語は「若きヴェルテルの悩み」のモチーフとなり
発売するとたちまち当時の若者の心をわしづかみにしました。
各国で翻訳されミリオンセラーとなったのです。
ナポレオンでさえエジプト遠征中に9回も読んだといいます。
 
 
食事中に小説の中で描写されたいで立ちで現れたゲーテ。
この服装は小説が大ブレイクした当時、ドイツ中に
青い燕尾服に黄色のチョッキと黄色のズボン姿が
町中にいたそうです。流行の現象はいつでも同じなのだな。
さて、この紳士もちろん本物のゲーテではありません。
町役場の人がゲーテの姿になって物語を演じてくれます。
 
石畳のコンマルクトの一角にある一
軒家の2階にゲーテは下宿していました。
現在はステーキハウス。
 
 
靴の修理屋さん。窓越しのお仕事風景も絵になります。
 
 
黄色の家の左手に立つ木組みの家は、恋の悩みから
ピストル自殺をしたゲーテの友人が住んでいた家。
友人がした行為は小説の中で主人公の結末になっています。
つまり小説は2部構成になっていて、半分はゲーテ
もう半分は友人の体験を元に書いているのです。
 
 
ゲーテが恋したシャルロッテが1753年の生誕から
73年の結婚まで暮らした家。ゲーテがここへ
足繁く通ったことも記録に残っています。
現在は「ロッテハウス」として保存され
博物館として『若きウェルテルの悩み』の初版や
史料を展示しています。
 
 
町を歩いていると時折
中世の服装をした人たちとすれ違います。
のどかな木組みの家の街並みを歩いていると
何だか小説の世界を旅しいてるみたいです。
 
ドイツ観光局
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。