みなさまおはようございます。

先日、アジア最大級の食品飲料展

「フーデックス」へ行って来ました。

 

たいへんな賑わいの中

輪をかけて、試食に長蛇の列が出来ていたのは

「ピッツァ」を提供しているスタンドでした。

 

ピッツァの歴史は意外にも古いイタリアでも

未だに多くの人達に愛され続け、日本でも

世界でも人気がある魅力的な食べ物だと思います。

 

今の時代で言えば、世界的には「Sushi」

に並ぶものでしょうか。

 

腕の良いピッツァ職人によって作られたピッツァは

本当に美味しいです。

 

家にはナポリの釜もないし、わたしには生地を

上手く成形する技もないので、他で工夫をしています。

 

天然酵母で生地を作り、味にもバリエーションを

付けています。

 

しかしながら、ピッツァを作るのには

「元気」が必要です。

 

まず、生地を捏ねるのにたくさんの力が要ります。

その後は、生地を発酵させるために寝かせて

350℃にオーブンを温めると同時に

トッピングの準備をしていきます。

 

焼き上がったら素早くカットして

テーブルへ運びます。

 

モッツアレラとソーセージのヨモギ入りピッツァ

 

 

 

 

 

焼く前はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

左:モッツアレラとソーセージのヨモギ入りピッツァ

右:さつまいも、りんご、レーズン、ゆずピールの重ね煮の

全粒粉のピッツァ

 

 

 

 

 

 

焼く前はこんな感じでした。

 

 

 

 

 

バジリコなしのマルゲリータ

 

 

 

 

 

 

手軽に頂けるピッツァの魅力は

インパクトのある味に加え、手軽に頂けるカジュアルさ

そして楽しさが感じられるからではないでしょうか。

 

美味しいピッツァにはピッツァ職人の心意気が

ぎゅっと詰まっているように感じます。

 

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

AD

みなさまおはようございます。

手打ちパスタの美味しい

ヴェッキョ・コンヴェンティーノへ行って来ました。

 

このリストランテのことを知ったのは今から1年半前

ぐらいのことでしたが、行った日はいつも満席で

ようやく、先日入店出来ました。

 

ランチメニューを選ぶと、シェフよりパスタのサンプルを

使って名称と形の説明が始まります。

 

こんなユニークなアイデア、他では見たことがありません。

 

 

 

 

 

自家製フォカッチャとパン。

 

 

 

 

 

各料理は、シェフより説明があります。

さて、わたしはどこまで憶えられるでしょうか・・・

 

前菜は下から時計回りに

相模産石鯛のカルパッチョにスペルト小麦と

カンパニョーロソース(ズッキー二とパプリカ)添え。

 

パンツォネッラ(パンに数種類の野菜を合わせて

塩とお酢で味付けした料理)

パセリのソースがかかっています。

 

菜の花とアンチョビのキッシュ

 

モルタデッラのピアディーナ

(ラードと塩を入れて焼いたクレープ風)

 

ホワイトアスパラガスのムース。

 

 

 

 

 

プリモの1つ目は、イカスミのタリオリーニの真鯛

プチトマト、プチベールのソース和え、香草パン粉がけ。

(夫とシェアしたので半分の量です。)

 

 

 

 

 

2つ目は、ホワイトラグーのカネロニ。

(夫とシェアしたので半分の量です。)

 

 

 

 

 

ドルチェは、トルタ・ディ・リーゾ(お米のタルト)

フルーツと蜂蜜入りパンナ添え。

(夫とシェアしたので半分の量です。)

 

 

 

 

 

 

エスプレッソとカントゥッチ

(ナッツの入った固いビスコット)

 

 

 

 

名前は、すべて憶えられました。

 

一品一品がとても丁寧に作られていて大満足でした。

 

イタリア各地の名物料理が書かれています。

 

 

 

 

 

また近いうちに行きたいと思っています。

次回は、どんな料理で驚かせてくれるか

とても楽しみです。

 

 

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

AD

義母の誕生日祝い

テーマ:

みなさまおはようございます。

毎年、義母の誕生日祝いは

家からわりと近いレストランへ行って

お祝いすることが多いのですが

今年は誕生日の週には、義母もわたしも外出が多く

夫もインドから帰って来たばかりだったので

わたしが作るので、家に義母を呼んでお祝いしよう

と提案しました。

 

数日前からぼちぼち準備を始めました。

まずは、デザートからです。

 

デザートは、さつまいもとりんごの重ね煮入り

パウンドケーキです。

 

こちらは、デザートに加え

プレゼントで1本渡す予定です。

 

さつまいも、りんご、レーズンとゆずピールの

重ね煮作り。

 

 

 

 

 

 

出来上がった重ね煮をカットしてパウンドケーキの

生地に混ぜていきます。

 

 

 

 

 

焼き上がりは、上々です。

 

 

 

 

 

ラム酒をかけて、ナッツのトッピングをして

数日寝かせます。

 

 

 

 

 

数日後、カットしてみました。

オッケーです。

 

 

 

 

 

メインになる豚肉の詰め物焼きを作ります。

 

 

 

 

 

自家製リコッタとほうれん草を豚肉でぐるぐると巻いて

凧糸で縛って焼いています。

 

 

 

 

 

そして、人参と白インゲン豆のスフォルマート

を作っていきます。

 

 

 

 

 

 

イタリア版茶碗蒸しです。

ふわふわの出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

下準備はここまでで

当日のテーブルです。

 

 

 

 

 

アンティパストは、人参と白インゲン豆のヴェルッタータ。

お口が柔らかさと塩気を感じると

食欲がアップして来ます。

 

 

 

 

 

鮮魚のカルパッチョ、キャビア風魚卵のオリーブオイル漬け

プチトマトとプチヴェール添え。

 

 

 

 

 

 

自家製パン。

 

 

 

 

 

プリモは、菜の花とカラスミのスパゲッティ。

 

 

 

 

 

 

セコンドは、豚の詰め物焼き

スペルト小麦と白インゲン豆のサラダ

人参のスフォルマート添え。

 

 

 

 

 

 

デザートは、さつまいもとりんごの重ね煮入り

パウンドケーキとジンジャーティーです。

 

 

 

 

 

そして、お持ち帰りのパウンドケーキのプレゼントです。

 

 

 

 

 

義母は28歳になったそうです。

どんどん若くなっていきます。

いつまでもお元気で〜。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

AD

パスタトリコローレ

テーマ:

みなさまおはようございます。

 

イタリアの国旗をイメージした

パスタトリコローレを作ってみました。

 

 

 

 

 

先日のコラキャンダを作った時の「青汁」が

ちょっと余っていたので、強力粉に混ぜて

オレキエッテにしています。

 

 

 

 

 

 

緑色を活かすため、白い強力粉を使っているので

セモリナ粉と比べて、食感はよりもちもちです。

 

 

 

 

 

 

トマトソースとパルミジャーノと緑のオレッキエッテで

トリコローレです。

 

ひとりの食事も、時にはこんな遊び心のある一品で

食卓を楽しく装います。

 

 

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

糖質控えめのお昼ご飯

テーマ:

みなさまおはようございます。

 

わたしのお昼ご飯の内容は、たいてい決まっています。

沢山頂くと午後眠くなるので、体を軽く保つために

出来るだけ小食にしています。

 

外で仕事の時は、持参した玄米おにぎり2個とお味噌汁。

家で仕事の時は、ごま塩をふりかけた

玄米ご飯をお茶碗一杯にお茶。

または、大きい皿に前の晩の余り物などを載せて

ワンプレートを作ります。

 

この日のワンプレートはこんな感じです。

 

・春菊のサラダ

・プチトマトとコリアンダーのサラダ

・スペルト小麦、白インゲン豆

 とブロッコリーのサラダ

・ビーツのサラダ

・自家製リコッタチーズオリーブオイルがけ

・とうもろこしのガレット

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、保守的なイタリアは、格調高いリストランテは

もちろんのこと、居酒屋でも、食堂でも

昔からの決まりで、前菜→パスタ→メインのコースで

オーダーしないと「この人貧乏人?」というような目で

見られる風潮が強くありましたが、最近のミラノでは

そういうのもなくなりつつあり、いろんな料理を少しづつ

ワンプレートでお出ししてくれるお店も多くなりました。

ハッピーアワーやエキスポが大きく影響しているのでは

ないかと感じています。

(注:リストランテではもちろんコースが主流です。)

 

また、グルテンフリー、ヴィーガン、ベジタリアン

ローフードなどに対応する飲食店の数は

日本より明らかに多いです。

一般市民の食文化に関する意識の高さに

関係していると思っています。

 

やっとインターナショナルになって来ました。

(ちょっとイヤミ(笑))

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

読者登録してね