みなさまおはようございます。

一昨日帰宅しました。

 

家へ着くなり庭のエキナセアの花が出迎えてくれました。

今年はヨモギに席を譲ったと思っていたので

思いがけず嬉しかったです。

 

 

 

 

 

ミラノのキッチンで作ったもの第3弾は

今が出盛りのサクランボを使ったチェリーパイです。

 

日本では、サクランボは高価なので

思う存分にパイのフィリングにするのには勇気が要りますが

イタリアでは、手頃な価格で購入出来ます。

 

願望のままに1200gのサクランボを買って来ました。

 

 

 

 

 

 

洗って、種を抜いて白ワインとグラニュー糖少々で

煮ていきます。

 

 

 

 

 

 

パイシートは、スーパーに売ってある

OEMのものを使いました。

 

イタリアのスタンダードのパイシートを使うと

どのように仕上がるのか試してみたかったからです。

 

型の直径が予想以上に大きく、パイシート1枚では十分

ではなく、急遽もう1枚を追加で炎天下の中

買いに走るというエピソードがありました。

 

 

 

 

 

その甲斐あって、立派なチェリーパイが完成しました。

 

 

 

 

 

この大きさだったらちょうどミラノ入りしている夫にも

友達にも召し上がってもらうことが出来ます。

 

 

 

 

 

チェリーのフィリングがたっぷりと入った

カリカリの「クロスタータ・ディ・チリエージャ」が

とても美味しく出来ました。

 

 

次回から、イタリア旅行記を書いていきます。

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね!

AD
みなさまこんばんは。
ミラノのキッチンでの第2弾は
豚のリコッタチーズとチーメディラーパ
詰めのローストです。

{1394D1A5-3C08-4076-8F03-75C7EDE93690}

{9BC85FC6-DAC3-46A1-A0A1-E89F81448276}

{9D5934AB-D093-4E83-9AC5-815096B3D7D0}




イスタンブールから到着した
知人も加わり久しぶりの再会を
祝います。

{06BFA73A-FA5A-45EE-B6D3-B44FEB74BDA6}




日本で焼いて持って来たヨモギパン
と良く合います。

{55C504C9-0660-4EA6-91E9-AF47B9383354}




ズッキーニのスカペーチェ
トマトとバジリコのサラダ
を添えています。

{6416E148-E461-4109-8C3A-A602BD938176}




友達作ブラックベリー、マンゴジュース
バナナジュースミックスです。

{86F36F6E-3948-42E2-A794-532787642F23}



いつも読んで頂きありがとうございます。

AD
みなさまおはようございます。
先週からイタリアへ来ています。

イタリアでの楽しみのひとつは
日本では手に入れるのが簡単ではない
食材を使って料理をすることです。

今回の第1弾は丸ズッキーニを使った
料理です。

{A436A7F9-37D4-4DEA-AB60-85A73A270703}




ズッキーニの中をくり抜いて
軽く塩茹でして詰め物をしています。
詰め物は、炒めて味付けした
ズッキーニの中身のペースト
フレッシュトマトと
スカモルツアチーズです。

オーブンで焼いても良かったのですが
気温に合わせサラダにしました。

{F4C492BC-4491-40CF-AECE-AAC7682BBF46}

{D223BD95-45BF-443A-883A-9D3C1BBB861E}




ズッキーニの花は、オリーブオイルで
ソテーしてアンチョビで
味付けしています。

{77791FBF-AF42-439C-ACB7-696D30D7ECA3}

{2A9CCE60-DB81-4576-90C2-2BC0FADCEFB8}




鱈とジャガイモサフラン風味の煮込みは
先日addu mammaで教わっ作った
野菜ブイヨンを使っています。

{546B080A-6DB2-48F9-A5BA-ECEF89980A11}




いつも読んで頂きありがとうございます。



AD

addu mamma 6月のレッスン

テーマ:

みなさまおはようございます。

今月のaddu mammaでのレッスンの課題は

今が美味しさ真っ盛りのズッキーニを使った3品でした。

 

ズッキーニのパルミジャーナ

 

 

 

 

 

 

 

ズッキーニのスカペーチェ

 

 

 

 

 

無添加野菜のブロード

 

 

 

 

 

 

そして、ちょっと大きくなったズッキーニを使って

マンマがバルケッタを作ってお出しして下さいました。

バルケッタとは、イタリア語で「小舟」と言う意味です。

種の部分をくり抜いたズッキーニが小舟のようだからで

そう呼ばれ、そこに詰め物をして焼いています。

 

 

 

 

 

 

 

ズッキーニとミントの組み合わせはナポリではよく使う組み合わせだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

時間内で完成しなかったブロードは

家での宿題となりました。

 

家のオーブンで引き続き焼きます。

 

 

 

 

 

長時間焼いていくので、この機会を利用して

ミックスナッツもローストします。

野菜の香りが少々ついても

フレーバーとしてOKでしょう。

 

 

 

 

 

トータルで7時間後、自家製ブイヨンの素が完成しました。

ミキサーで細かく挽いて瓶詰めして保存します。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいへん良い味に仕上がりました。

 

レッスン中にマンマが言われていた

「例えば、タラとジャガイモの煮込みに少々を入れる

だけでぐっと美味しくなります。」の言葉を励みに

完成させました。

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

 

 

*イタリア語の通訳翻訳承ります。

詳しくは、こちらから→

お問い合わせ下さい。*

IVY PLACE でランチ

テーマ:

みなさまおはようございます。

先日、代官山のIVY PLACEで友達とランチをしました。

友達の愛犬「ルルちゃん」の

レストランデビューの日でした。

 

リードが好きではないルルちゃん

でも、バッグの中は大好きだそうで

「中に入れてお外に連れて行って〜」

という感じだそうです。

 

おかげで友達は常に2.5kgのバッグを肩にかけて

歩いているそうです。

 

はじめまして。

 

 

 

 

 

都会の中でも、緑に囲まれた空間に身を置くと

即時に体がリラックスしていくのがわかります。

 

 

 

 

 

ついさっきまで、コンクリートの建物、人と車の多い

通りを歩きながら、息を上げていたのにも関わらず

緑の側に寄ると、呼吸がすーっと楽になりました。

 

 

 

 

 

週末に家庭菜園の手入れをしている時に、手がかかって

楽しい気持ちに慣れなくて、もう来年はやりたくない

などと不平を言ってしまったことを反省しました。

植物は、わたしに多くのことをもたらしてくれます。

 

 

 

 

 

緑に囲まれてのランチは

「人参と生姜のペースト」とパン

 

 

 

 

 

スライスズッキーニ、ほうれん草、フェタチーズ

モッツアレラチーズ、ディルのピッツァ

 

 

 

 

 

エビのレモンクリームソースのパスタ

 

 

 

 

どれも典型的なイタリアの味とは違っていて

新たな美味しさを体験しました。

 

 

 

 

隣りのテーブルに居た犬です。

サーロインステーキがテーブルに運ばれると

2本足になって勢いよくテーブルに身を寄せていました。

 

 

 

 

 

でも、何も頂けないことがわかると

諦めて寝ていました。

 

 

 

 

 

テラス席が気持ちのよい日でしたが

中のインテリアも素敵でした。

 

 

 

 

 

帰りは TENOHA BONDOLFI BONCAFFE

へ立ち寄りました。

 

 

 

 

 

 

ミモザのショートケーキがあります。

 

 

 

 

 

カンノーロも

 

 

 

 

 

スフォリアテッラも

 

 

 

 

 

アラゴスタのソフトクリームも

 

 

 

 

 

バッグデザイナーをしている元クラスメートの

アトリエにも立ち寄り、素敵なバッグにも

出会うことが出来ました。

 

 

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

どくしゃになってね…

 

 

*イタリア語の通訳翻訳承ります。

詳しくは、こちらから→

お問い合わせ下さい。*