2010-05-29 23:25:34

サプリメントの選び方/効果を最大限にする為のサプリメント品質をまとめてみよう。

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
雑な作りをしたサプリメントはいくらラベルに「ビタミンC」と書いてあっても

体内で全く働かないということが起こるので注意が必要です。

徹底的に品質を問え!!


<品質判断項目>

★ 以下の要素を満たせば、「体感率」はかなり高いと思ってください。グッド!

 ◎ 極力天然の栄養素で出来ているもの
 
 ◎ 原材料が安心出来るもの(非遺伝子組み換え作物等)
 
 ◎ 栄養素が死滅していない加工方法を採用しているもの
 
 ◎ 栄養に関係のない「乳化剤・ぞうねん剤」等の含有量が少ないもの
  
 ◎ 誰が摂っても活用されるよう代謝効率が考えられているもの
 
 ◎ 各種栄養素の相乗効果が考えられた成分バランスで配合されているもの

 ◎ 古い在庫品ではなく、常に鮮度の高い状態で手に入るもの




▼ 要注意! 以下項目に複数該当する製品は、体感をお約束出来ません。しょぼん

 × 熱処理を使ったもの
 
 × 製造方法が明確でないもの 
 
 × 化学合成で作られたもの
 
 × 錠剤の場合、お湯に漬けても30分以内に完全に溶けないもの
 
 × 増量剤、乳化剤を使っていてその含有量が記載されていないもの
 
 × 栄養素に関係のない成分含有量が50%を超えるもの
 
 × 大量生産、在庫により製造から何ヶ月も経過しているもの



目今のサプリをチェックしてみる目

サプリメント錠剤の見た目で判断してみよう。
サプリメント錠剤をお湯にとかしてみよう。
サプリメントが加熱処理されていないかチェックするには?
サプリメントの成分表示でチェックしてみよう


品質への無関心も、体感ということを考えた場合「大きな損」になります。

本物のサプリ(効果の出るサプリ)を選んで下さい。アップ 



全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-28 08:48:52

サプリメントの選び方/サプリメントの作り手と売り手は同じがいい。

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
鍋田川★サプリメント選びのポイント公開中です。


いまドラッグストアなどで売られているサプリメント

そのうちの多くの製品は


作り手と売り手が、それぞれ違う会社なんです・・・。


サプリメントの製造を外部の会社に委託して作らせ、

その作らせたサプリメントを自社で売りさばく、

もしくはドラッグストアなどに卸して売ってもらう、

さらには安い材料だけを卸す業者なんかも絡んできたりします。


もちろん、作り手と売り手が違っているだけで、

質の低いサプリメントだと決めつけているわけではありません。

誰が作っても、それほど品質に差が生まれないもの、

製品としてすでに完成されたもの、

そういった商品であれば、

製造コスト削減などを考えて

外部の会社に委託することは企業として正しい選択かもしれません。


でも、サプリメントは

『誰が作っても、品質にそれほど差が生まれない商品』ではありません!


「サプリメントの品質と安全性を確保するには、
すべて自社で行ったほうがいいんです!」


なぜなら、

1社ですべてを行うことで製品管理も隅々まで行き届くので、

何か問題があった場合、

問題の原因を特定しやすいし、

責任の所在も明確にできるからです。


これが、それぞれ別々の会社で行っていたとしたら・・・

必ずどこかで情報の欠落は生じるでしょうし、

責任の所在が明確でない部分も出てくるでしょう。


多くの会社が介在すればするほど、物事は複雑になるものです。


世間を騒がせた『コエンザイムQ10のニセモノ事件』も、

そもそもの原因は、

製造業者がアメリカの原材料業者から、

ニセモノのコエンザイムQ10の原材料を買ってしまったからだそうです。むかっ

原材料の仕入れに関わったのが、A社とB社。

サプリメントの製造はC社で、

販売はD社といったように、

4つの異なる会社が複雑にからんでいたそうです。あせる

仕入れた原材料がホンモノかどうかを、

どの会社もまったくチェックすることなく

製品化して販売していたというのですから、

製品管理もあったものじゃない。

本当にお粗末な話ですね・・・。むかっ


複数の無責任な企業が、

複雑にからみあった結果がこのありさまです。

儲けることばかり考えて、

わたしたち消費者のことはほったらかしでしょうか・・・。パンチ!


消費者置き去りのこの事件を通して、

わたしは強く思いました。

品質はもちろん安全性を求められるサプリメントだからこそ、

『作り手』と『売り手』は、同じ1つの会社であるべきだと。グッド!


自社でサプリメントの研究・開発~自社工場で製造~自社で直接消費者へ販売!!/鍋田川オススメサプリメーカー合格希少です!!




注意サプリは必ずコチラの条件を満たしたものを!!OK
携帯からはコチラ






















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-05 00:24:43

サプリメントの選び方/成分が全て公表されていますか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
製品に入っている成分が全て公表されているかどうかも重要なポイントです。

サプリメント企業には、本来成分を公表する義務があります。

あなたがサプリメントを買う目的は              $あなたのサプリは大丈夫!?

そこに含まれる「成分」であり、

そこにお金を払っているのですから

買った商品(成分)の内容を全て知る権利があるのです。

その製品に含まれる成分が全て明記されていれば、

あなたが判断出来ない場合でも、専門家の方やお医者さんに判断してもらえます。

特に、病院からお薬をもらっているような場合は、

必ずお医者さんに確認する必要がありますので、


全ての内容成分が公表されているかどうかは重要なことです。
 
一般的には、主要成分は記載されていても、

全ての成分が公開されている製品にはあまりお目にかかることが出来ません。ショック!

全成分の公開を必要と思っていないのか、

あるいは隠したいのか、

それは分かりませんが・・・。

良い商品を作っている会社にしたら、

本当は成分を公表する事で他社に真似されることは避けたいところでしょう。
 
しかし、

自社の利益よりも消費者のことを優先して考えてくれる会社は、

実際に成分を公表しています。


メーカー選びのポイントのひとつとして覚えておいてくださいね。ビックリマーク





注意サプリは必ずコチラの条件を満たしたものを!!OK
携帯からはコチラ
$あなたのサプリは大丈夫!?














AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-01 08:39:59

サプリメントの選び方/体内で働く成分バランスでできていますか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
成分量の多さだけをPRしている製品を見かけます。

しかし量と効力は比例しません。

なぜなら、一つの栄養素は単独で働くものではなく、

他の栄養素と協調しながら効力を発揮するものだからです。

バランス調整を行っていないサプリメントは体内で役に立たないかもしれません。叫び

あるひとつの栄養素に

◦血液をサラサラにする
◦老化を防止する
◦免疫力をアップする

といった効果があったとしても、その栄養素だけでは、

これらのちからを、十分に発揮することができないんです。

◦現代人はカルシウム不足だ!

◦女性の骨粗しょう症予防に、毎日カルシウムを摂ろう!


と聞いて、

カルシウム“だけ”を集中的に摂っても、意味がないわけです。

「そんなバカなー。うそでしょうはてなマーク

ってあなたは言うかもしれません。

確かに、骨粗しょう症予防にとカルシウムだけをとった場合、

血液中のカルシウム濃度は、一時的に高まります。

一時的に・・・ですよ。

でも、本来吸収してほしいはずの“骨自体”には、

カルシウム“だけ”では、取り込まれないんです!

「じゃあ、どうやったらカルシウムを骨に吸収させられるの?」

と思いますよね。

カルシウムを骨に吸収させるには、この時

他の栄養素がいっしょに働いてくれないと・・・ダメなんです。

その栄養素が・・・

“ビタミンD”

このビタミンDが、カルシウムといっしょに存在してはじめて、

カルシウムは骨に吸収され、骨粗しょう症の予防にちからを発揮してくれるのです。

だから・・・

骨粗しょう症には、カルシウムがいい!

と聞いて、

カルシウム“だけ”を摂るのは、大きな間違い!汗

ということなんです。

ただ、ある特定の栄養素が、極端に不足している場合・・・例えば、

◦女性に多い、鉄分不足による“貧血”

◦ビタミンC不足による“壊血病”

などの症状がすでに出ている場合は、

「単一の栄養素を集中的に摂ることが望ましい」こともありますが、

通常は、

栄養素の吸収を助けるために、いっしょに働いてくれる、

他の栄養素が組み合わされたサプリメントを選ぶべきなんです。

カルシウムの吸収アップにビタミンD。

こういった組み合わせは、ほかにどんなものがあるのでしょうか?

それは・・・

各種栄養素の相乗効果について

◦鉄の吸収を良くする“ビタミンC”
◦ビタミンB群の代謝をスムーズにしてくれる“鉄”
◦ビタミンCの活性を助ける“銅”
◦ビタミンCの代謝に必要不可欠な“マグネシウム”
◦ビタミンB3(ナイアシン)の吸収アップに“リン”
◦ビタミンB群とともに代謝に大きく関わっている“硫黄”
◦最近流行の、コエンザイムQ10の吸収アップに“レシチン”


などがあげられます。

あなたが選ぼうとしているサプリメントには、

栄養素をより吸収しやすくしてくれるための“他の栄養素”はしっかり入っていますか?

パッケージボトルを確認して、内容成分のチェックをしたり、

ホームページで製品の詳細説明を調べれば、

栄養素の吸収力を、アップするための工夫があるかどうか?

を確認することができるでしょう。

ぜひ買う前に、これらの成分がいっしょに含まれているか、を確認してみて下さい!


体内で働く成分バランス、
つまり栄養素の相乗効果が見込めるサプリメントを選びましょう。
グッド!






注意サプリは必ずコチラの条件を満たしたものを!!OK
携帯からはコチラ



全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?












いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-04-30 08:19:20

サプリメントの選び方/添加物・不要なものが入っていませんか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方

●サプリメントの選び方/添加物・不要なものが入っていませんか?

サプリメントを選ぶときのもう一つの重要なポイントは

栄養補助に必要ないものがどれくらい入っているのか?

という事があります。

栄養補助に必要ないものの含有量が多ければ

それだけ栄養素が少なくなってしまいます。


栄養補助に必要ないものをゼロにするのが理想です。

これは通常、錠剤の製品では不可能に近い事なんですが、

ちゃんとやっているメーカーはあります。

味をよくしたり、見た目をきれいにしたり、腐らないようにしたり・・・$あなたのサプリは大丈夫!?

売れるための様々な理由で

食品添加物・防腐剤・合成着色料・香料・大豆抽出物・とうもろこし・塩・砂糖

といった本来栄養補助に必要ない成分が、

一般的には入ってしまうんです。

入れざるを得ないと言ったほうが正しいかもしれません。 

さらに、

錠剤を作る場合、栄養素だけでは固まりませんので、

増粘(ぞうねん)剤、乳化剤、といったものを混ぜ込んで錠剤の形を作ります。

「ショ糖脂肪酸エステル」などが代表的な合成物ですが、

粗悪品に至っては、7割、8割がぞうねん剤だという事もあるので、

そうなると高いお金を出してこのぞうねん剤を一生懸命食べているのと等しいのです。 

このぞうねん剤が2次的な副作用を引き起こす原因にもなるので、

お医者さんなんかが「健食なんて取らないほうがましだ!」と怒るのです。$あなたのサプリは大丈夫!?

「取ったって気休めですよ。」じゃなく、

「取ったら害になるから、取るな!」と言われる、

日本の健食を良く調べているお医者さんが健食を嫌う大きな要素です。


 

サプリメントはできるだけ食品添加物や不要なものが入っていないものを選びましょう!




関連記事

サプリメントの成分表示でチェックしてみよう
サプリメントに使われる添加物/賦形剤(ふけいざい)
サプリメントに使われる添加物/滑剤(固結防止剤)
サプリメントに使われる添加物/コーティング剤(光沢剤)
サプリメントに使われる添加物/甘味料・香料・保存料
サプリメントに使われる添加物は安全?本当に必要!?
サプリメント「無添加」表示の裏側。。要チェックです。




全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK/栄養素以外の成分ナシ!!添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010-04-29 09:32:43

サプリメントの選び方/速やかに錠剤が分解されるようにできていますか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
サプリメントが胃の中で確実に溶け、腸でしっかり吸収される

あたり前のことだと思われるでしょうが

この消化・吸収をないがしろにしている、

質の低いサプリメントが、当たり前のように売られているのが現状です・・・。しょぼん


非常に残念なことですね・・・


そもそも食べ物を消化する能力は、人それぞれ違うので

同じサプリメントを飲んでも、


丈夫な胃を持つAさんはしっかり消化できるけど、

胃が弱いBさんは十分消化しきれない・・・。


そんなことは多々あるわけです。

また、年齢を重ねるにつれて、人間の消化能力はどうしても低下していきますし、

その日の体調によっても、消化能力は違ってきます。

となると、消化吸収する能力が低い人は、困ってしまうわけです。$あなたのサプリは大丈夫!?


サプリメントが溶けなきゃ、栄養素も吸収できない・・・

わけですからね。


吸収されないまま、栄養素をからだの外に出してしまったら・・・

栄養素は吸収されないまま、からだの中を通過しただけ!

これじゃ、サプリメントを飲む意味がありません。


あまり知られていませんが、

“崩壊基準”という基準があります。


これは、サプリメントが胃の中で

ある一定の時間内に溶けるように作りなさい!

と定められた基準なんです。


“酵素”を入れたりして、

消化吸収を高める工夫をし、$あなたのサプリは大丈夫!?


なおかつ一定時間で確実に溶けるように工夫して作られた

サプリメントなら、わたしたちの胃の中で確実に溶け、

そして腸を通して細胞へ、

その豊富な栄養素を吸収させることができるわけです。



ちなみに、この“崩壊基準”ですが・・・

どれくらいの時間で溶ければいいのでしょうか?

一般的には、

およそ30分以内に溶けるように

作られているサプリメントが理想的だと言われているそうです。


このくらいの時間であれば、消化能力がちょっとばかり弱い人であったとしても、

サプリメントは胃の中で、確実に溶けるでしょう。

あなたが選ぼうとしているサプリメント・・・。

※消化を助けてくれる酵素を使っているかどうか?


※どのくらいの時間で溶けるか?(崩壊基準はあるか?)



について、わたしたちは具体的にどうやって確認したらいいのでしょう?


一番かんたんな方法は、

サプリメントを“口に含んでみる”ことです$あなたのサプリは大丈夫!?

口に含んで、唾液に浸す感じです。

サプリメントの種類によっては

「にがい」と感じるものもあるでしょうが、

口の中に含んだサプリメントが

なかなか溶けないようでは、

当然、胃の中で30分以内には溶けてくれませんからね。

30分以内に、そのサプリメントが溶け始めていれば、

胃の中でも十分溶けると思っていいでしょう。



買う前にきちんと調べておきたい、そういった場合はどうしましょう?



そんなときは、

そのサプリメントに“酵素”が入っているか、

“崩壊基準”が設けられているか

直接メーカーに問い合わせるしかありません・・・。


「内容成分のように、ホームページには載ってないの?」

と思うかもしれませんが、


日本のサプリメントメーカーの場合、

酵素の有無は内容成分表に書かれていたとしても、

崩壊基準の有無については、おそらく書かれていないでしょう。


日本では“崩壊基準”が設けられているのは“薬”だけ

だからです。


栄養学の分野で、日本より10年以上先を進んでいるといわれるアメリカでは、

薬はもちろん、サプリメントにも“崩壊基準”っていうのがあります。


なのに、


日本のサプリメントには・・・崩壊基準はありません。苦笑い

どうして“崩壊基準”がないんでしょうか?


日本では法律上、サプリメントは

“単なる食品”としか、とらえられていないから

なんです。


薬は病気を治すためのものだから、一定時間内に胃の中で確実に溶ける必要がある。

それはもちろん納得できますよね。



サプリメントは薬ではないから、崩壊基準を設ける必要はない。

というのです。・・・どうも納得ができないと思いませんか?シラー


サプリメントは確かに“薬”ではありませんが、

サプリメントが胃の中で確実に溶けなければ、

ビタミンやミネラルなどの栄養素は、わたしたちのからだに吸収されないわけです。

溶けずにからだの外に排泄されてしまっては・・・

サプリメントを飲む意味なんて・・・ ないですよね?竜巻


だったら“薬”と同じように、

“崩壊基準”をサプリメントにも適用すべき

だとわたしは思うんですが。。。

あなたもそうは思いませんか?


胃の弱い人、子供やお年寄りといった、消化能力の低い人たちにも対応できるよう、

酵素を入れたり、崩壊基準を設けるなど、


確実に溶けることまで考えられ、工夫されたサプリメント

をぜひ選んでください。
グッド!


今のサプリメントをチェック!!
簡単なチェック方法はコチラ




崩壊基準はもちろん全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-27 22:54:03

サプリメントの選び方/新鮮ですか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
驚愕の事実をご存知でしょうか?

日本で売られている多くのサプリメントは、

原材料を入手してから、製品のかたちとなって、

わたしたち消費者の手に届くまでに、かなり多くの時間を要している・・・ことを。

 

“製品ライフサイクル”という言葉をご存知でしょうか?

 

収穫した野菜や果物、植物などの原材料が製品になり

流通経路に乗ってお店で売られ、私たちの手元に届くまで

 

・・・この一連の流れを“製品ライフサイクル”といいます。

 

サプリメントはさまざまな野菜や果物、植物などから、

いろいろな種類のビタミンやミネラルなどの栄養素を抽出して作られています。

だったら

原材料となるそれら野菜や果物、植物は、より“新鮮”なほうがいい!

に決まっています。



製品ライフサイクルが、長いか? 短いか?

によって、

サプリメントの“質”に、大きな差が出てくるのです。


残念なことですが、

日本で売られているサプリメントの中には

“製品ライフサイクル”が・・・

なんと、1年以上!

のものがザラにあります。


原材料となる野菜や果物、植物などが収穫され、

それが加工されて、サプリメントのかたちとなって流通し、

お店で販売され、最終的にわたしたちの口に入るまでに、

これだけの長い日数が経っていることが多いのです!


「どうして、そんなに時間がかかるの?」

って思いますよね。



その原因は・・・

大量生産・低価格サプリメントを、企業がひたすら追求すること

にあります。


低価格を実現するためには、

原材料を少しでも安く仕入れ、たくさん製品を作る必要があります。

その原材料を安く仕入れるには、

原材料そのものを、大量に買い付ける必要がありますよね。

原材料供給業者はいくらでもありますから、

値引き合戦が行われるのは他の産業と何らかわりません。

「まとめて買えば何割引ですよ!」の世界です。

大量に買い付けた原材料は

すぐにサプリメントの製造工程へと回したいところですが・・・

それでも大量に買い付けているのであまります。



・・・そうです!



大量に買い付けた原材料は、倉庫にストック(保管)する

必要があるわけです。

倉庫にストック(保管)すると

酸化や腐敗、カビなどの発生を防止しなくてはなりません。

そこで防腐剤を使ったり、いろいろな混ぜ物(酸化防止剤)を加える

ことをする企業が出てくるのです。


あなたのサプリに防腐剤、酸化防止剤が使われていたら

鮮度の面で疑問をもつべきです。



安さ追求の大量一括仕入れではなく

できれば原料を一つ一つ単独で仕入れ

新鮮な原材料を、いち早く製品のかたちに加工し、

そして日を置かずになるべく新鮮な状態で、わたしたちのもとへ提供される、

そんな製品ライフサイクルの短い、


生鮮食品のようなサプリメントを選んでください!



関連記事  なぜ、サプリメントの鮮度にこだわるのか?
















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-26 19:36:50

サプリメントの選び方/栄養素を壊さない低温処理加工をしていますか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方

●サプリメントの選び方/栄養素を壊さない低温処理加工をしていますか?

栄養素は熱に弱いということをご存知でしょうか?

サプリメントは、栄養素を固めるときに“熱を加える”のですが、

日本で販売されているサプリメントの中には、

このとき“高い温度”の熱を加えているものもあるそうです。

$あなたのサプリは大丈夫!?


熱と言っても露骨な100度とかで固めるところはありませんが、

栄養補助の世界では40度以上の熱を加えれば熱処理と言える、

極めてデリケートな世界なのです。

どんなに良質な天然食材からサプリメントを製造しても、

その過程で熱を加えてしまうと栄養素が減ってしまいます。

ビタミンC 〇〇mg と書いてあってもそれが熱処理されたものなら・・・

意味ないですね。。プンプン

これも安いからこそ普及している方法です。

栄養補助食品産業ですから、

ここでは効率化がすでに、図られているわけですね。 

当然なのです。産業ですから。。。

 

とはいえ、

 

少ないですが、ちゃんと製品品質にこだわって低温処理している会社はあります。

栄養素を熱で壊さないよう、


低温(37度以下)で処理されたサプリメントを選びましょう!




注意サプリは必ずコチラの条件を満たしたものを!!OK
携帯からはコチラ





全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-04-23 18:14:40

サプリメントの選び方/天然の栄養素でできていますか?

テーマ:効果を最大限に上げるサプリメントの選び方
結果が出やすいサプリメントの大きな特徴の1つに

天然成分というのがあります。合格

ワシントン大学のマイケル・マレー博士という栄養学の大家も、

「天然成分なければ栄養素は体内で仕事をしない。細胞にある受容体が合成物をはね除けるので、仮に血液中に運ばれたところで意味がない。これは自分自身を守る為の自己防御本能である。」

というような事を言ってます。目

合成された栄養素は、細胞が受け付けてくれないのです。

今日では、ビタミンCなどの化学式の単純なものは合成でも問題ないという事が分かってきていますが、分子構造の複雑なものになるほど、天然栄養素でなければ意味をなさないそうです。

$あなたのサプリは大丈夫!?

残念なことに、 日本国内においては、合成品が主に使われています。あせる

しかも石油からの・・・叫び

商売としての合理化、「安く仕入れて利益を得る」必要があるのです。
 
それは、こういうことです。

「サプリメント市場が大きくなるほど競争が起こる。
→ 同時に原材料業者も増える。
→ 原材料業者同士の競争も起こる。
→ 原材料業者も競争に勝つために
  「安い原材料を作る」という選択肢が出来る。
→ サプリメント製造会社も競争に勝たなければならない。
→ 価格を抑えて商品を作りたい。
→ 理念を持たない企業はこうした原材料業者から原料を買う。」




 産業構造が目的を見失っている例ですね。パンチ!
(サプリメント業界だけでなくこうした方程式は社会に起こりがちです。)

 「安い」ということはありがたいことですが、

「目的」を無視して作られた安い商品を、あなたは見抜いて下さい。

消費者が賢くならない限り、こうした製品が幅を利かせ続けるでしょう。


では実際にどうやって見分ければいいかお伝えしましょう。。

ぜひ、サプリメントのパッケージをチェックしてみて下さい。

市販のサプリなら原材料表示がありますね。

天然成分が使われているサプリメントなら

ここに野菜・果物など食品や天然素材名が書かれています。


逆に、合成の栄養素を使っている場合、

原材料名にビタミンやミネラルなどの名前が直接書かれています。

ビタミンの名称は、

省略形(ビタミンC→VC、ビタミンD→VD など)

で書かれている場合もあります。






注意サプリは必ずコチラの条件を満たしたものを!!OK
携帯からはコチラ





全条件をクリアしたサプリはコチラ/天然・添加物ゼロ・低温処理のドクターズサプリメント★鍋田川オススメOK添加物ゼロは希少ですOK
$あなたのサプリは大丈夫!?














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。