堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

豚インフルエンザ関連記事・・時系列に掲載 index

以下ヤフーニュースより引用

スペインの感染者10人に=新型インフル

4月30日1時20分配信 時事通信

 【パリ29日時事】AFP通信によると、スペインのヒメネス保健相は29日、同国での新型インフルエンザの感染者は10人となったと発表した。いずれも北東部のカタルーニャ州で見つかったという。
 このうち、同国で初めて感染が確認された1人は最近メキシコを訪問していなかった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕米で初の死者=新型インフル
〔写真ニュース〕マスクする母娘
〔写真ニュース〕メキシコ、死者159人に
〔写真ニュース〕韓国で5人感染か=新型インフル

最終更新:4月30日1時25分

時事通信

WHO緊急委再開へ=警戒レベル引き上げ議論

4月30日1時31分配信 時事通信

 【ジュネーブ29日時事】世界保健機関(WHO)のスポークスマンは29日、新型インフルエンザの感染がさらに拡大している事態を踏まえ、専門家による緊急委員会を再開する見通しになったことを明らかにした。当初は29日中に開く方向で調整が進められたが、30日午前(日本時間同日午後)以降にずれ込む公算が大きくなっている。
 WHOは27日の同委の会合で、新型インフルエンザの人から人への感染が地域レベルに広がったと判断し、警戒レベルを「フェーズ3」から「フェーズ4」に引き上げたばかり。ただ、米国で新型インフルエンザによる初の死者が出るなど、感染拡大は歯止めが掛からない状況となっている。
 このため、緊急委の会合を再度開き、世界的な大流行(パンデミック)の一歩手前の「フェーズ5」に警戒レベルを引き上げるかどうかを議論する見通し。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕米で初の死者=新型インフル
〔写真ニュース〕マスクする母娘
〔写真ニュース〕メキシコ、死者159人に
〔写真ニュース〕新型インフル感染を初確認=ドイツ

最終更新:4月30日1時35分

時事通信

<新型インフル>「フェーズ5に近づいている」WHO担当者

4月30日1時32分配信 毎日新聞

<新型インフル>「フェーズ5に近づいている」WHO担当者
WHOによる新型インフルエンザ流行段階の分類
 【ジュネーブ澤田克己】WHO(世界保健機関)のフクダ事務局長補代理(インフルエンザ担当)は29日、新型インフルエンザ問題で記者会見し「人から人への感染が各地で続いている。終息の証拠はない。我々はフェーズ5に近づいているが、まだそこまでは至っていない」と述べた。

【写真と図で解説】新型インフルエンザ 「フェーズ4」の脅威

 感染者は新たにドイツで3人、オーストリアで1人確認された。メキシコでは感染が疑われる死者数は159人に増え、感染の疑いがある患者数は2498人となった。

【関連ニュース】
新型インフル 知っておきたい対処法
新型インフル:エジプトの豚とばっちり 20万頭殺処分も
新型インフル:米で初の死者、家族旅行中のメキシコ人幼児
新型インフル:ウイルスは弱毒性 田代WHO委員

最終更新:4月30日3時15分

毎日新聞

「せき」「高熱」「倦怠感」=典型症状を自治体に通知-厚労省・新型インフル

4月30日1時50分配信 時事通信

 厚生労働省は29日、新型インフルエンザの症状について、せきや鼻水、突然の高熱や倦怠(けんたい)感とする定義をまとめ、都道府県や政令市に通知し、医療機関へ周知するよう求めた。
 同省は新型インフルについて、気道炎症に伴うせきや鼻水に加え、突然の高熱、全身の倦怠感、頭痛、筋肉痛などを伴うとした。
 これらの症状は通常の季節性インフルとほぼ同じ。同省は医師に対し、メキシコなどに最近滞在していた人については、迅速診断キットでA型インフルと診断されただけで保健所に届け出るよう義務付けた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕感染防護服やタミフル配布=東京都
〔写真ニュース〕成田空港に到着したメキシコ航空の乗客
〔写真ニュース〕亀田、メキシコから帰国=新型インフル
〔写真ニュース〕到着した親子連れ=新型インフル

最終更新:4月30日1時55分

時事通信

新型インフル、米が警戒強める…追加対策に1450億円

4月30日2時10分配信 読売新聞

新型インフル、米が警戒強める…追加対策に1450億円
読売新聞
 【ワシントン=山田哲朗】米国では、新型インフルエンザの急速な広まりに伴い、危機感が高まっている。

 米疾病対策センター(CDC)のリチャード・ベッサー所長代行は29日、米CNNテレビに出演し、「インフルエンザは非常に深刻な感染症だ。メキシコでの様子を見れば、今後も厳しい状況が続く」と述べた。

 カリフォルニア州ロサンゼルス郡検視局は28日、インフルエンザのような症状が出た後で死亡した男性について、新型インフルエンザが原因かどうか調査を始めた。メキシコ国境から遠い同州北部にも感染が拡大していることから、シュワルツェネッガー知事は28日、州内に緊急事態を宣言した。同州の感染者数は米国内でニューヨーク、テキサス両州に次いで多い。

 新型インフルエンザが、幼児や老人ではなく、青年層を狙うという見方は、テキサス州で1歳11か月のメキシコ人幼児が死亡したことから揺らいだ。米政府は「年齢にかかわらず手洗いの励行などの注意が必要」と呼びかけている。

 事態が悪化する中、オバマ大統領は28日、米議会の歳入委員会に補正予算の審議を要請する書簡を送り、インフルエンザ対策費として15億ドル(1450億円)の追加を求めた。

最終更新:4月30日2時10分

読売新聞

<新型インフル>中部空港に検疫官7人応援派遣へ 

4月30日2時38分配信 毎日新聞

 新型インフルエンザ問題で、名古屋検疫所中部空港検疫所支所は29日、中部国際空港(愛知県常滑市)の検疫官として広島、大阪検疫所から計7人の応援派遣が決まったと発表した。28日に5人体制で初めて実施した機内検疫は1時間15分かかり乗客の苦情も多かったため、増員で30分を目標に時間短縮を図る。さらに迅速化を図るため、同支所では名古屋検疫所へも応援派遣を要請する。【河部修志】

【関連ニュース】
パンダタオル作り:四川大地震の被災者励まそう--中部空港・日航社員ら /愛知
あちこち・あいち:空港署で護身術--常滑 /愛知
あちこち・あいち:23日にビール祭--常滑 /愛知
中部国際空港:中国の子供たちが見学 修学旅行で来日 /愛知
花巻空港:新ターミナル供用開始 国際便増加視野に /岩手

最終更新:4月30日2時38分

毎日新聞

新型インフル WHO緊急委員会「フェーズ5に近づきつつある」

4月30日2時51分配信 産経新聞

 【パリ支局】AP通信によると、世界保健機関(WHO)は29日、3度目となる緊急委員会をジュネーブの本部で開催し、現在「4」である新型インフルエンザの警戒水準(フェーズ)の引き上げについて協議する。フェーズ5は、世界的大流行(パンデミック)の一歩手前を示すが、WHOのフクダ事務局長補代理は同日の電話記者会見で、「(状況は)フェーズ5に近づきつつある」との認識を明らかにした。

 メキシコや米国のほか、各国で二次感染の可能性があるケースが増加していることから、緊急委ではフェーズ5への引き上げの是非が検討されることになる。

 WHOは27日の第2回緊急委員会でフェーズ4に引き上げたばかり。

【関連:新型インフルエンザ】
国内の判定は最短3日 新型インフル検体未着で仮診断のみ
米国は臨戦態勢 NYで「感染疑い数百人」 新型インフル
新型インフル、米国で1歳児が死亡 メキシコ以外で初
新型インフル 当初、なぜ「豚」の名称を使ったのか
新型インフル、潜伏期間は?豚肉大丈夫?

最終更新:4月30日2時51分

産経新聞

WHO、豚インフル警戒水準を「5」に引き上げへ=関係者

4月30日4時55分配信 ロイター

WHO、豚インフル警戒水準を「5」に引き上げへ=関係者
拡大写真
 4月29日、複数の関係者の話によると、世界保健機関は豚インフル警戒水準をまもなく「5」に引き上げる見通し。写真はマスクをつけた地下鉄の乗客。メキシコで撮影(2009年 ロイター/Daniel Aguilar)
 [ジュネーブ 29日 ロイター] 世界保健機関(WHO)は29日、豚インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)に対する警戒水準をまもなく上から2番目の「5」に引き上げる見通し。
複数の関係者が明らかにした。
 関係者の1人は「状況は急速に動いている」と指摘。
 もう1人の関係者は、警戒水準が現在の「4」から1段階引き上げられ「5」となる公算が大きいとした。
 「6にはならないと思う」と語った。

最終更新:4月30日4時55分

ロイター

警戒度「フェーズ5」に=新型インフル拡大で引き上げ-世界的大流行迫る・WHO

4月30日5時15分配信 時事通信

 【ジュネーブ30日時事】世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は29日夜(日本時間30日早朝)、メキシコを中心に猛威を振るう新型インフルエンザへの警戒レベルをこれまでの「フェーズ4」から「フェーズ5」に引き上げたと発表した。
 最も被害が大きなメキシコに加え、米国でも人から人への感染が拡大していることが確認されたため。フェーズ5は世界的な大流行(パンデミック)の一歩手前の状態になったことを意味する。1968-69年にかけて発生した香港風邪(インフルエンザ)以来のパンデミックに発展する恐れが高まっており、WHOは世界に強い警戒を呼び掛けた。
 WHOは同日午後、今回の新型インフルエンザに関する科学的検証会合を開催。チャン事務局長は同会合での情報に加え、世界各国のインフルエンザ専門家による緊急委員会のメンバーとも対応を協議し、警戒レベルの引き上げを決断した。
 チャン事務局長は記者会見で、「(今回の)インフルエンザウイルスは急速に変異し、予測不可能な動きを見せている」と、懸念を表明。早急に多くの疑問点への解決策を見いだすのは困難だとの認識を示し、「すべての国がパンデミックに備えた計画を迅速に実行に移すべきだ」と訴えた。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕新型インフル「フェーズ5」に=WHO
〔写真ニュース〕米で初の死者=新型インフル
〔写真ニュース〕マスクする母娘
〔写真ニュース〕メキシコ、死者159人に

最終更新:4月30日9時51分

時事通信 復権」した特効薬=需要急増、供給大丈夫?-新型インフルに効果・タミフル

4月30日5時17分配信 時事通信

 耐性ウイルスの登場や服用後の異常行動で表舞台から姿を消しつつあったインフルエンザ治療薬のタミフルが注目を集めている。世界保健機関(WHO)が新型インフルへの効果を認めたためで、一躍「復権」した形だ。
 タミフルは、インフルエンザ治療薬として2000年に承認され、01年に販売開始。A型、B型インフルエンザ特効薬として市場を席巻した。
 しかし、07年冬季に耐性を持つウイルスが登場。昨年冬の流行シーズンでは、ほとんどの型のウイルスで効きが悪かったとされる。
 服用後の飛び降りなど異常行動との関連も一時取りざたされ、医師の敬遠に拍車を掛けていた。一方で、メキシコを中心に猛威を振るう新型インフルには効果があることが判明。世界的に需要が高まる中、日本政府も3300万人分ある備蓄をさらに増やす方針だ。
 こうした動きに、需要分が確保できるか懸念する声が聞こえてきそうだが、タミフルを国内販売する中外製薬の広報・IR部は「ほぼ全国民分を確保したスイスなど、各国では備蓄が進んでいる。需給がひっ迫する可能性は少ないのではないか」と話す。
 タミフルは、同社を傘下に収めるスイスの製薬大手ロシュが製造しているが、供給可能なのは年間最大で4億人分という。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕感染防護服やタミフル配布=東京都
総力挙げ感染防止を=麻生首相が指示
「国内発生に備え対策」=フェーズ5引き上げで舛添厚労相

最終更新:4月30日10時35分

時事通信

新型インフル フェーズ「5」に引き上げ決定

4月30日5時32分配信 産経新聞

 【パリ支局】新型インフルエンザの感染が拡大する中、世界保健機関(WHO)は29日夜(日本時間30日未明)、3度目の緊急委員会をスイス・ジュネーブの本部で開催し、警戒水準(フェーズ)を現在の「4」から、世界的大流行(パンデミック)の一歩手前で、複数の国で人から人への感染が進んでいる証拠があることを示す「5」へ引き上げることを決めた。

 メキシコや米国のほか、各国で二次感染の可能性があるケースが増加しており、緊急委員会は迅速かつ的確な対応が極めて重要との判断し、フェーズ5への引き上げを決めたものとみられる。

 日本の厚生労働省は引き続き、水際での新型インフルエンザウイルスの侵入を阻止する作業を進めていく方針。

 新型インフルエンザの感染者は世界的に拡大する傾向にあり、最大被害国のメキシコでは約2500人の感染が疑われ、うち159人が死亡したとみられる。米国でも91人の感染が確認され、被害は計10カ国に広がっている。

【関連記事】
新型インフルに感染したら… 早期治療で重症化防げ
国内の判定は最短3日 新型インフル検体未着で仮診断のみ
米国で初の死者はメキシコ幼児 治療で滞在 新型インフル
新型インフル余波 “不浄な豚”エジプトが全頭殺処分へ
北朝鮮メディアが新型インフル初報道

最終更新:4月30日5時36分

産経新聞

WHO、豚インフルの警戒水準を「5」に引き上げ=事務局長

4月30日5時34分配信 ロイター

WHO、豚インフルの警戒水準を「5」に引き上げ=事務局長
拡大写真
 4月29日、マーガレット・チャンWHO事務局長は豚インフル警戒水準を「5」に引き上げたと発表。写真はメキシコ市の国際空港。(2009年 ロイター/Daniel Aguilar)
 [ジュネーブ 29日 ロイター] 世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は29日、豚インフルエンザの警戒水準を「フェーズ5」に引き上げたと発表した。
 事務局長は記者会見で「豚インフルエンザのパンデミック(世界的大流行)警戒水準を現行のフェーズ4からフェーズ5に引き上げることを決定した」と述べた。

最終更新:4月30日5時34分

ロイター

舛添厚生労働相が緊急記者会見へ 新型インフル警戒「5」引き上げ

4月30日5時43分配信 産経新聞

 世界保健機関(WHO)は日本時間30日未明、新型インフルエンザの警戒水準を「5」に格上げしたのを受けて、舛添要一厚生労働相は午前7時から、記者会見を開くことを決めた。

【関連記事】
新型インフル フェーズ「5」に引き上げ決定
北朝鮮メディアが新型インフル初報道
新型インフル WHO緊急委員会「フェーズ5に近づきつつある」
新型インフルに感染したら… 早期治療で重症化防げ
米国は臨戦態勢 NYで「感染疑い数百人」 新型インフル

最終更新:4月30日8時3分

産経新聞

新型インフルエンザをめぐる動き

4月30日5時53分配信 時事通信

3月18日~ メキシコで豚インフルエンザとみられる症例で60人前
4月23日  後が死亡                    
  24日  メキシコで豚インフルエンザの感染確認      
       米CDCがカリフォルニア州、テキサス州での感染例を確認。「人から
       人の感染」と発表        
  25日  WHOが緊急委員会。「公衆衛生上の緊急事態」と声明も警戒レベル引
       き上げは見送り         
  26日  カナダで感染確認                
  27日  スペイン、英国で感染確認            
       WHOが警戒レベルを「フェーズ4」に。新型インフル発生を宣言
  28日  ニュージーランド、イスラエルで感染確認。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕米で初の死者=新型インフル
〔写真ニュース〕マスクする母娘
〔写真ニュース〕メキシコ、死者159人に
〔写真ニュース〕韓国で5人感染か=新型インフル

最終更新:4月30日5時55分

時事通信

生徒の交流通じ感染拡大=NYで新たに2校休校-新型インフル

4月30日6時40分配信 時事通信

 【ニューヨーク29日時事】米国で最多の新型インフルエンザ感染者が確認されているニューヨーク市では、学校の生徒間の交友関係を通じた感染拡大の懸念が高まっている。地元メディアによれば、新たに2校が29日から休校になった。市内では生徒ら数百人が症状を訴えているとされ、感染者数は51人から増える公算が大きい。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕米で初の死者=新型インフル
〔写真ニュース〕マスクする母娘
〔写真ニュース〕メキシコ、死者159人に
〔写真ニュース〕新型インフル感染を初確認=ドイツ

最終更新:4月30日6時45分

時事通信

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新型インフルエンザが起こったら・・。どうなるの???

ということで少しマメ知識・・・。


以下ヤフーニュースより引用


 新型インフルエンザの被害が世界的に広がるなか、日本国内で感染の疑いがある人が出た場合、「感染確定」に3、4日かかることが分かった。確定に必要なウイルス検体が、米疾病対策センター(CDC)から到着していないためだ。

 政府が今回宣言した「新型インフルエンザ」はA、B、Cと3種類ある通常のインフルエンザウイルスのうち「A型」の一種だ。

 感染しているかどうか調べるためにはまず、通常のインフルエンザのときに使う簡易診断キットを使う。この検査は約15分。A型だった場合も、通常の季節性か新型なのか分からないため、遺伝子情報を増幅させるPCR検査を行う。この検査には4~7時間かかる

 しかし、最終確認には実際の「新型」のウイルス検体が必要になる。国内には「新型」のウイルス検体がないため、現在、国立感染症研究所はCDCから検体を取り寄せているが、感染国が広がる中、当初の予定より到着が遅れており、厚労省では「約1週間はかかる」とみている

 このため検体が届くのを待たずに、CDCがすでに公開している遺伝子情報をもとに仮の検査を行い、感染したかどうかを判断する。その判断に3、4日かかるという。

 国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「都道府県の地方衛生研究所でも仮の検査が行えるが、この段階では100%ではない」と確定までの難しさを指摘する。

           ◇

 新型インフルエンザの迅速な確定やワクチン、治療薬の開発に重要なのは、「新型」になる可能性があるウイルスなどの情報を共有することだ。世界保健機関(WHO)には「世界インフルエンザサーベイランスネットワーク」があり、SARS(新型肺炎)や鳥インフルエンザウイルスの検体を世界各地で共有して、感染確定やワクチン開発などに役立ててきた。

 しかし、鳥インフルエンザの人への感染が続いているインドネシア政府は2007年以降、「検体を無償提供しているにもかかわらず、途上国は開発されたワクチンを高く買わされる」として継続的な提供をやめている。事態を重くみたWHOは5月の総会で、インドネシアが求める「公平で平等な透明な仕組み」作るための会議を開き、解決を図る。

 WHO西太平洋地域事務局の葛西健さんは「パンデミック(世界的大流行)を起こさないためには、鳥由来であれ豚由来であれ、ウイルスなどの情報共有によるリスクの評価が重要だ。世界全体が協力しなければならない」と話している。

【関連:新型インフルエンザ】
新型インフル、米国で1歳児が死亡 メキシコ以外で初
新型インフル 当初、なぜ「豚」の名称を使ったのか
新型インフル、潜伏期間は?豚肉大丈夫?
警戒水準「5」に再引き上げも WHO田代委員
日本のほうが大騒ぎ? メキシコから成田に初の直行便

最終更新:4月30日0時38分

以上引用

ということで・・・現在のレベルは・・・A型かどうかで疑惑の判定・・・これが15分・・。

そして、さらにPCR検査で4-7時間ということである。そして結果の判定が3-4にかかるということである。

ということで・・・3-4日は・・・かかるということで・・・少し時間がかかる・・。

ということで・・。その間は・・経過観察を行うということであろう・・。

少しマメ知識・・

やきもきすることが続きそう・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

時間の問題だと思っていたのだが・・・。

いざ現実となると・・・びびってしまう・・。


以下ヤフーニュースより引用

インフルエンザ 成田空港で外国帰りの女性に陽性反応 
拡大写真
タラップで降りる新型インフルエンザ感染の疑いがある乗客=成田空港(写真:産経新聞)
 成田空港に30日午後到着した米ノースウエスト機内で行ったインフルエンザの簡易検査で、乗客の1人に陽性反応が出たことが分かった。乗客は25歳の日本人女性。

 乗客は救急搬送された。女性の周囲に座っていた乗客も隔離し、健康状態を確認する。

  [写真でチェック」警戒水準「フェーズ5」新型インフルエンザ

 厚生労働省成田空港検疫所から連絡を受けた成田赤十字病院は、患者の受け入れ準備を始めた。

【関連記事】
■特集 「新型インフル」発生」■
新型インフル 麻生首相、冷静対応を呼びかけ
新型インフル 松江市が備蓄マスクを住民配布へ
新型インフル 中国が米産豚の輸入禁止を拡大
在留邦人に退避検討を再度要請 在メキシコ日本大使館 新型インフル

最終更新:4月30日21時55分

 ロサンゼルス発ノースウエスト機乗客の日本人女性(25)が30日午後、成田空港の到着後に検疫所でインフルエンザの簡易検査を受けたところ、A型の陽性反応が出た。厚生労働省は詳細検査を行い、新型インフル感染の有無を調べている。空港で検疫が強化されて以降、A型の陽性反応が出たのは初めて。
 同省によると、女性にはせき、鼻水の症状があり、A型インフルの感染を調べる迅速診断キットで陽性反応が出た。この時点では、季節性インフルとの判別ができないため、女性を近くの病院に搬送し、遺伝子診断「PCR検査」を実施している。検査結果が判明するのは5月1日未明になるという。
 最終的な感染の有無は、米国から新型ウイルスの資料を入手した後、さらに検査を行い、確定する。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真ニュース〕ウイルスは弱毒型=新型インフル
〔写真ニュース〕厚労省、水際対策徹底へ=新型インフル
〔写真ニュース〕緊急会見に臨む厚労相=新型インフル
〔写真特集〕ミクロの世界

最終更新:4月30日21時30分

<新型インフル>成田着の日本人女性からA型陽性反応
簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出た機体から出る検疫の係官ら=成田空港で2009年4月30日午後9時8分、石井諭撮影
 成田空港に30日到着したロサンゼルス発のノースウエスト航空機の乗客1人から、機内検疫の簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出たことが分かった。厚生労働省によると、遺伝子検査で新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)に感染している疑いがあるかを調べており、結果が出るのは5月1日未明になる見通し。乗客は成田赤十字病院に運ばれた。

【特集】写真・図説も 広がる新型インフルエンザ

 成田国際空港会社によると、乗客は日本人女性で高熱を訴えていた。

 厚労省によると、女性から半径約2メートルの範囲にいた約10人については、遺伝子検査の結果が出るまで待機してもらっている。女性が新型インフルエンザの疑い例だった場合、この約10人は空港近くの施設に10日間ほどとどめ、健康状態を観察することになる見通し。

【関連ニュース】
新型インフルエンザ:知っておきたい対処法
新型インフル:NY2次感染拡大…警戒レベル引き上げ一因
日中首脳会談:新型インフル対策、密接協力で合意
新型インフル:国内流行なら総選挙延期? 影響の可能性も

最終更新:4月30日21時26分

ロスからの到着便、日本人女性が新型インフル感染の疑い
拡大写真
飛行機から救急車で搬送される、簡易検査で陽性反応が出た女性(30日午後8時8分、成田空港で)=立石紀和撮影
 厚生労働省などに入った連絡によると、30日午後3時半過ぎに成田空港に到着した米ロサンゼルス発のノースウエスト便の機内検疫で、発熱を訴えた日本人女性が簡易検査で陽性反応を示した。

 女性は新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)を含むA型インフルエンザに感染している疑いがあり、午後7時ごろから遺伝子検査を実施。同検査は最大約8時間かかる見通しで、周辺座席にいた乗客ら約20人は空港周辺に留め置かれた。28日に機内検疫が始まってから、簡易検査の陽性反応は初めて。新型インフルエンザ上陸阻止に全力を挙げる同省や空港などの関係者に緊張が走った。

 成田国際空港会社によると、同機は到着後、21番スポットにとどまり、発熱した女性と周囲の席の客が機内に残された。午後7時半過ぎ、青い防護服にマスクとゴーグル姿の検疫官2人が機内から出てきた。同8時ごろ、救急車がノースウエスト機に横付けされ、布を頭からかぶった乗客1人が検疫官に付き添われてタラップを降り、救急車に乗り込んだ。救急車は赤色灯をつけ、サイレンは鳴らさずに走り、病院に着くと、女性は検疫官に支えられ、新型インフルエンザ患者の専用口から歩いて入った。

 簡易検査は迅速診断キットを使い、結果は約15分で判明するここで陽性が出ると、A香港型、Aソ連型、新型インフルエンザのいずれかのA型インフルエンザに感染している可能性がある。遺伝子検査はA香港型かどうかを調べるもので、遺伝子検査でも疑いが晴れない場合、Aソ連型か新型インフルエンザに感染していることになり、厚労省ではここで初めて新型インフルエンザの「疑い症例」として扱うことになる。

 最終診断には、国立感染症研究所(東京)でさらに詳しい検査が必要で、3日程度かかる見通しだ。

 遺伝子検査の結果が出るのは1日未明とみられ、ここで「疑い症例」と判断されると、女性の周辺座席の乗客や同行者らは「停留措置」となり、成田空港周辺の施設に最長10日間留め置かれて経過を観察される。

 厚労省では30日午後9時20分過ぎから、塚原太郎・大臣官房参事官が記者団に説明を行い、「PCR(遺伝子)検査を行っている。明日(1日)午前7時から会見する。初めてなので慎重を期したい」と述べた。

 米国の新型インフルエンザの感染者は10州で91人と、世界でメキシコに次いで多く、29日にはテキサス州で1歳11か月の幼児が死亡したことが明らかになっている。現地時間29日午前11時現在の米疾病対策センターまとめによると、女性が搭乗していた便の出発地・ロサンゼルスがあるカリフォルニア州の感染者は14人に上り、米国ではニューヨーク、テキサス州に次いで3番目に多い。

最終更新:4月30日21時41分

<新型インフル>成田乗客「A型」陽性 新型疑い例か検査
高熱を訴えた乗客を乗せ病院へ向かう救急車=成田空港で2009年4月30日午後8時9分、須賀川理撮影
 新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の警戒レベルが「フェーズ5」に引き上げられた30日、各地の空港などでは検疫態勢が一層強化された。このうち成田空港では、到着した米国機の機内検疫で、日本人女性の乗客1人が新型インフルエンザと同じA型のインフルエンザに感染していることが判明。新型インフルエンザの疑い例かどうか判明するのは5月1日朝の見通しだ。

【特集】写真・図説も 広がる新型インフルエンザ

 成田国際空港会社によると、女性を乗せた米ロサンゼルス発のノースウエスト便(乗客199人、乗員13人)は、予定より約1時間早い午後3時45分ごろ成田空港に到着。厚生労働省成田空港検疫所が機内検疫を実施した。この際、女性が高熱を訴えたため、検疫官が鼻やのどの奥から粘液を採取。約15分で判定できる診断キットで検査した結果、A型インフルエンザと判明した。遺伝子検査でさらに調べている。

 関係者によると、女性から半径約2メートルの範囲にいた約20人については、遺伝子検査の結果が出るまで待機してもらっている。女性が新型インフルエンザの疑い例だった場合、この約20人は空港近くの施設に10日間ほどとどめ、健康状態を観察することになる見通し。

 女性は午後8時10分ごろ、検疫官に腰のあたりを支えられながら階段をゆっくりと下り、検疫所の救急車に乗り込んだ。救急車はサイレンを鳴らさずに空港を出発、空港から約10キロ西にある受け入れ先の成田赤十字病院に向かった。

 救急車は成田赤十字病院に午後8時半すぎに到着。同病院によると、検疫所から受け入れの要請があったのは午後7時35分ごろで「A型のインフルエンザの陽性患者が出た」との内容だった。救急車到着後、女性は自力で歩いて病院内に入り、直ちに感染症病床に入院したという。現在は感染症の専門医1人と看護師1人が24時間体制で健康状態を観察している。同病院によると、接触の機会を減らすため、限られた要員でローテーションを回すという。

 女性が救急車で運ばれた後、同機からは残されていた100人前後の乗客が降りた

 米国に出張していた東京都文京区の男性会社員(29)は「機内検疫が始まって4時間くらいは、詳しい事情が分からなかった。最終的に『熱のある患者がいたが、病院に搬送したので降りていい』とアナウンスがあった」と話した。降機する際、検疫官から「感染している可能性があるので、厚生労働省から指示があった場合には従ってください」と言われたという。

【関連ニュース】
新型インフルエンザ:知っておきたい対処法
新型インフルエンザ、帰国者への診断手順と対応
新型インフル:患者封じ込めへ 医療機関、応援態勢も着々
新型インフル:発熱外来の設置 市民病院が拒否 埼玉

最終更新:4月30日22時22分

以上引用

さぁ・・ちゃんと手洗い・うがい・・・。

けど・・。こんなに早く・・・。危機が来るなんて・・・。

連休明けだと思っていたのだが・・・・。

ということは・・・アメリカでは・・・相当広がっているということなのか???

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。