堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

農水省もタクシー券使用停止=来月から2カ月間

10月24日13時0分配信 時事通信


 石破茂農水相は24日の閣議後記者会見で、タクシー乗車券の使用を11月1日から2カ月間、試行的に停止することを明らかにした。職員がタクシー運転手から金品を受け取っていた「居酒屋タクシー」問題を踏まえた措置。タクシー券をめぐっては、既に国土交通省が6月から使用を一時停止。環境省は11月から廃止する方針だ。 

【関連ニュース】
製造量の届け出対象を拡大=化学物質規制で法改正へ-環境省など
石綿肺患者への給付検討=救済制度見直しで初会合-環境省
浄化槽、23都府県430台未使用=補助金1億2000万円が無駄-会計検査院
税金の無駄排除で申し入れ=公明代表

最終更新:10月24日13時6分

以上日経新聞より引用

 石破茂農相は24日の閣議後の記者会見で、農林水産省の職員が深夜に帰宅する際のタクシーチケットの使用を一時的に停止すると明らかにした。11月から年内にかけて一部の部局で試行的に停止し、職員が料金を立て替えるようにする。農水省では一部職員が帰宅時にタクシー運転手から金品を受け取っていたことが判明していた。(12:01)


以下産経新聞より引用

農水省もタクシー券廃止 11月から試行

2008.10.24 11:56

 石破茂 農相は24日、閣議後の記者会見で、農林水産省の職員が深夜帰宅に使うタクシー券の廃止を試行的に実施すると発表した。国会対応の担当など利用頻度の高い部局が対象で、試行期間は11月1日から12月末までの2カ月間 。タクシー券の利用を見込んだ安易な超過勤務 の縮減につなげるのが狙い。

 中央省庁 では、職員がタクシー運転手からビールなどを受け取っていた居酒屋タクシー 」問題が相次いで表面化。これを契機に国土交通省がタクシー券の利用を停止している。


以下ヤフーニュースより引用

「居酒屋タクシー」運転手9人、組合が除名など処分

10月30日20時15分配信 読売新聞


 中央省庁の「居酒屋タクシー」問題で、東京都内の個人タクシー運転手約1万1000人が加入する「東京都個人タクシー協同組合」が、ビールや商品券を提供した運転手9人に対し、組合の賞罰規約に反するとして除名などの処分を決定していたことがわかった。

 9人は組合の調査に「行き過ぎがあった。申し訳ない」などとして提供の事実を認めているという。組合は金品提供の実態調査を続けており、処分者はさらに増える見通しだ。

 処分の内訳は、最も重い除名が3人、脱退勧告が3人、共通の表示灯の使用停止(30日~180日)などが3人。除名になると、無線配車を受けられず、チケットの換金もできなくなる。同組合は、9人が提供した金品の内容や頻度を明らかにしていないが、「処分は提供人数や回数などから判断した」としている。

最終更新:10月30日20時15分

以上引用

タクシーチケット問題・・ある意味ではま片付いていていないということなんだろう・・・

堺市の場合は゛うなんだろうか・・・はてなマーク

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

経済対策がでたと思ったら・・・

その尻から、こんな有様・・・よくわからん

以下時事通信より引用

「道路財源に」「交付税だ」=地方配分1兆円で思惑交差-国交・総務相

 道路特定財源の一般財源化に伴い1兆円を地方に配分するとした政府の追加経済対策をめぐり、31日の閣議後記者会見で鳩山邦夫総務相が「(使途を限定しない)地方交付税として1兆円と考えるべきだ」と述べた。一方、金子一義国土交通相は「地方の道路需要が非常に強い状況だから、それなりに道路財源に充てられる仕組みを年末にかけ模索したい」とし、従来通り道路整備にも使うべきだと主張。双方の思惑の違いが浮き彫りになった。(2008/10/31-13:06)



以下47newsより引用

 政府が追加経済対策で来年度からの道路特定財源の一般財源化に伴い1兆円を地方に振り向けるとした方針について、鳩山邦夫総務相と金子一義国土交通相が31日の記者会見で食い違う見解を示した鳩山氏が現行の交付金7000億円とは別に1兆円の交付税化を主張したのに対し、金子氏は「総額で1兆円」と話した。

 1兆円の中身は麻生太郎首相も明言しておらず、今後、政府内の調整が難航しそうだ。

 この日の会見で鳩山氏は「(現行の)地方道路整備臨時交付金の7000億円(本年度)とは別に、地方交付税として1兆円を配分すると考えるべきだ」と述べた。

 一方、金子氏は「来年度からの一般財源化に伴い7000億円は自動的になくなる。(地方に配分するのは)総額で1兆円だ」と述べた。その上で「地方の道路需要は強い。道路に充てられるような仕組みを模索したい」と話し、交付税化の動きを強くけん制した。



以下日経新聞より引用

対自治体金融、機構の検討要請 総務相が地財審に

 鳩山邦夫総務相は31日の閣議後記者会見で、追加経済対策に盛り込んだ地方自治体向け金融機構の創設について、地方財政審議会(総務相の諮問機関)に検討を依頼すると表明した。31日午後に神野直彦・地財審会長(東大大学院教授)に会い、機構の仕組みの検討を要請する。

 政府は道路特定財源の一般財源化に際し、来年度から1兆円を地方に配分することも経済対策に盛り込んだ。これについて鳩山総務相は「すでに地方に行き渡っている7000億円の地方道路整備臨時交付金とは別に、1兆円を交付税として交付できる」との認識を示した。一方で金子一義国交相は「(臨時交付金分も含めた)1兆円が地方に行き渡る」と述べ、1兆円は臨時交付金7000億円を含めた額との認識を示した。(15:04)

以下産経新聞より引用

地方配分1兆円めぐり思惑交錯 総務省VS国土省

麻生太郎

 鳩山邦夫総務相は31日の記者会見で地方道路整備臨時交付金 の7000億円とは別に、地方交付税として1兆円を配分すると考えるべきだ」と主張した。これに対し、国の道路整備事業費を確保したい金子一義 国交相は「来年度からの一般財源化に伴い7000億は自動的になくなる。(地方配分は)総額で1兆円だ」として地方道路整備臨時交付金 を含めるべきだと応戦した。

首相が10月30日に発表した政府の追加経済対策で道路特定財源の一般財源化 に際し、1兆円を地方の実情に応じて使用する新たな仕組みを作る」とした方針の解釈をめぐり、総務、国土交通両省が綱引きを始めている。

「省益」がぶつかり合っている構図で調整は難航しそうだが、河村長官は31日の会見で「一般財源化にあたり1兆円が確実に地方に行く仕組みを作る。そこまででとどまっている」と述べるにとどめた

以上引用

同床異夢?


心配・・・・。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日銀、0.2%利下げ 景気を下支え
 日銀は31日開いた金融政策決定会合で、政策金利の0.2%引き下げを決めた。無担保コール翌日物金利の誘導目標を年0.5%から0.3%に下げる。世界的な金融市場の動揺や円高・株安で日本経済の下振れ懸念が急速に増しているため、金融緩和を強め、景気を下支えする。
以上引用

効果は疑問なんだけど~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。