かくしてわたしは ふかふかの絨毯の上に小惑星のようにひろがったチーズスフレをなんとかごまかそうと、原西一歩手前店長の目を盗み、手を伸ばしたわけで・・・・・






 椅子に座りながら、相槌を打つ店長と目をあわせつつ、右手を伸ばした。


 目指す場所は右手に座る、次女、長女の椅子の下。


 

 手を伸ばすと、必然的に顔全体もそちらに寄るわけで・・・


 右に揺れるたびに店長が ん?という顔をするので、慌てて元の位置に戻る。


 そしてまた右手を伸ばし・・・店長に見られ元の位置に戻る。


 しむらけんの変なおじさん、のダンスの右側だけバージョンである。



 それを何度も繰り返してる間に、


 まるでR&Bが好きな人、みたいになっていた。


 店長からはわたしの腕が見えないわけで、首をやたらうごかす、つまりは音楽がかかってもないのにめっちゃのってるサウンド中毒風である。


 目が合うたびに元の位置に戻り、笑ってごまかすのだからなおさら恐怖を与えていたに違いない。



 いたたまれない・・・


 嗚呼、いたたまれない・・・


 のびのびと広がるチーズスフレを苦々しく盗み見ていると、はた、と気が付いた。


 落ちているのは、体操服ズボンを履いた、見るからに頭のやわらかそうな子供たちの下である。


 彼女たちが  こぼさないわけがない


 


 わたしは、娘には悪いが、子供がこぼしたことにしようと思ったの。


 そう思ったとたん、心に余裕ができて、原西店長の なるほどなるほどなるほどねーの相槌に


 ええ。そうですの。おほほ。 とばかりにお上品ぶれたのであった。


 もつべきものは 頭の悪そうな子供たちである。


 


 だが、上品ぶれたのもわずかな時間だけだったのである。

 

 優雅な空間を引き裂いたのは 頭の悪そうな2号、次女のララであった。


 ええ、ええ、とほほ笑み、穴の空いたズボンをはきつつも上品ぶるのもなかなか板についてきたわたしに


「あー!ママ、こぼしてる!!」






 しばらく時間が流れるのをスローモーションで感じたね。


 無音で。


 ちが、ちがうの、わたしは・・・


 そう思って右を向くと、冷たい目をしたドアマンが、わたしを見下ろしている。


 左を向くと、峯ふじこがなにやってんのよというふうにあきれて見ている。


 私は椅子を蹴って立ち上がり、頭を抱え膝をつく。


 「いやぁぁあああああーーーーっ!!」




 なんていうドラマチックでもなんでもなく。


 冷や汗を垂らすわたしと


 悪びれた様子もなくしっかりと名指しした体操服ズボン2号。


 バカに見えて賢いのね。


 自分のせいにされてはたまらないとでも思ったんでしょうよ。


 親の顔がみてみた・・・ってあたしやん。


 ええ。知ってますとも。 A型のあなたたちが、B型のわたしより、キチンとさんだってことは。


 「す、すびばせん・・・」


 店内の視線が刺さるのを痛いほど感じた。


 お前の方かいっっ!!

 

 ふかふかな絨毯には極力、近づかないほうがいい、という教訓になった。


 そんなこんなで私の左薬指には指輪が光り輝いているのである。



 今考えたら、アーサーが一番、いたたまれないわよね?


 かっこつけて指輪を送ったら、食べ物をまき散らかされるという。




 今日も一日、何気なく平凡な時間を楽しもうぜっ!カフェオレでした。

 


AD

地球以外も青かった

テーマ:
たしかあたし、
ふかふかの絨毯と戦ってたわよね?


スフレに宇宙を感じてたわよね?

偉大なコスモでペガサスファンタジー、聖闘士聖矢だったよね⁈





てかね?

てかさ?

やっちゃったー‼︎


photo:01





足が震えた!!

ほっぺたがワナワナした!



うん!そう!

気づいたと思うけど

ただの自慢なの!キッパリ


放置してたくせに

友達がいないからここに刻む。ワラ


体調良くなってきたのでまた顔出します。

なんて自分勝手なやつ!

可愛すぎるから私!

アナタガスキダカラァー!←言ってみたかっただけ


続きはwebで[みんな:01]












iPhoneからの投稿
AD

ふかふかのじゅうたんと戦うの巻

テーマ:

平凡な日常を大げさに擬音語で生きていこうカフェオレです。



かくしてトレンディ好きな彼氏アーサーと


穴の空いたズボンを履いたわたしと


紺に白のラインが2本はいった体操服ズボンを履く長女と次女は某ブランドショップの店先に降り立ったワケで・・・




どこに行くにも臆することなく凛とした物腰のアーサーは近所のスーパーに入る感覚でドアマンの前を通り過ぎた



オシャレなレストランにはドレスコードがあるのだがこういうところにドレスコードはないらしい


衣服に穴が空いているということでどっかから



ブー!!!カフェオレ、アウトォ!!


と言われてお尻を棒で叩かれないかひやひやしながらギロリと見下ろすドアマンの前を通り過ぎた


なんとか無音で入り口に入り、娘たちも人間を恐れるシマリスのようにドギマギしながら店内に入った



どう考えても店内に不釣り合いなおのぼりさん的なわたしたち


娘たちのスニーカーから伸びた中途半端な長さの靴下はゴムが弱まってルーズなソックスになっていた


うちの娘たちの頭の良さが、仮に全国トップクラスだったとしても、ゴージャスな店内で体操服ズボンをはくことによってドリフのコント、バカ兄弟のようにしか見えなかった。


奥のカウンターでは、峰フジコのようなスレンダーな女性が、いくつもの指輪をはめたりはずしたりしながら隣のお金持ちとしか思えない男性にどれがいいかしら、なんて耳打ちしながら嬉しそうに選んでいた。


ありえない数のダイヤがちりばめられたネックレスやイヤリングが美術館の様にケースに収められている。


表情が顔に出ない男、アーサーが堂々と店内に入り


「サイズを直してほしいんんだけど」


指輪を選んだ時に対応してくれたという店長らしき男性がにこやかに出迎える


さすがプロ。


「ちょwなんでwなんで体操服ズボンwwwww」


なんておくびにも出さないのである。


だが、指輪を選んだ時に、まさか、本気で穴の空いたズボンをはく女、という人物像は浮かばなかったに違いない。


もらった指輪を差し出した。はめてみせると「なるほど、なるほど」と頷いた。


峰フジコ方向からも「なるほどなるほど」と声が上がったのをみると、こういうお店では相槌をうつときは


なるほどなるほど、と答えるのが正解なんだと勉強になった。


なるほどなるほど、なるほどねー。まで言うと、FUJIWARAの原西になるわけで、上品にもてなすということは、ある意味、ギャグなんだな、とも勉強になった。


「では、こちらのサイズは」


と差し出された違うサイズの指輪には、値札が付いたままだったわけで、


そしてわたしは、その指輪の金額を知ることとなる。


もらったときに想像していた金額の6倍。


もっとカジュアルなお店で買ったと思っていた、庶民代表のわたしからすればドーンと衝撃を受ける金額なワケで。


ただ、指をぐるりと覆う、という目的であれば 101回目のプロポーズの武田てつやのように、缶のプルタブで代用可である。


もはやここまで来て、「右手にはめたいんだよね」なんて言えなかった。金額がギャグではなく、本気だと知ってしまったから。


かくしてそわそわと落ち着かないままに何度も原西一歩手前の相槌をうたれながらサイズを選びなおした。


少々お待ちください。


そういわれ、手持ちぶたさになったわたしたちは見るものなんてないのだが店内をウロウロした。


するとアーサーが「安い指輪ってばれちゃったね」と少しバツの悪そうな顔をして笑った。


そして、シャンパンをすすめられ、アーサーは車だからと断ったのに、「飲むー!」とタダに弱いわたしは張り切って手を挙げて。アーサーは「フライング!?」と言ってた。よくよくかんがえればこの日がクリスマスだったんだわ。しまった、フライングになるのか、と思ったが、「いいよ、いいよ。飲んで」とアーサーが折れた。 


娘たちにオレンジジュースが出され、どっかから取り寄せたらしき、チーズスフレまで出てきた。


美味しい


一口食べて、チーズスフレを見つめた


そして、残りをガバッと口に放り込んだときに悲劇が起きた。


わたしのくちからホロホロとこぼれ落ち、毛足が恐ろしく長いふかふかな絨毯の上にゴロンと落ちたのだ。


ゴキュリ・・・・(生唾をのんだ


小さな塊ならまだしも、結構な存在感な大きさで転がったチーズスフレは、毛足の長い絨毯に押され、浮いているかのように自分の存在を主張していた。


そして、その周りに宇宙に飛び立つロケットのように、いくつかばらけて広がったチーズスフレたち。そいつらまでもが絨毯に押されて浮遊感を表現していた。


 

まるでイリュージョン!


わたしは、カウンター越しに「何年生ですか?なるほどなるほど」と原西一歩手前に相槌を打つ店長にばれないように、そっと腕を伸ばして拾おうとした。



無駄につづく


AD

カフェ家に立ちはだかるドアマンの巻

テーマ:

 平凡な日常を おおげさに擬音語で書き綴るカフェオレです。



 無駄にひっぱってみたクリスマスに指輪を贈られた話ですが、ここからが本題なワケで・・・・





 彼氏、アーサーに指輪を贈られた。


 その指輪は私が寝ている間にティッシュでこよりを作り計ったというものだったが、


 その話を疑いたくなるほどにサイズが合わなかった


 左手薬指にはめてほしいと願う、トレンディ思考のアーサー40代、バツイチと、社内のおばさま連中から噂を立てられたくない、現実志向のわたしとの攻防戦は続くのであった・・・





 カフェ家メンバー もうすぐ中学生になる長女、クラスのジャイアンな次女、と私、の三人は、三駅程度離れたアーサーが一人暮らしする、お風呂がガラス張りというトレンディなマンションに泊まりに来ていた。

 

 年末が近いことと、スノーボードに行こう、ということになっていたのもあって、服装はできるだけ緩く楽に、がコンセプトなカフェ一家



 わたしは、自転車でこけて穴が開いた、黒のズボンをはいていた。

 オシャレな穴の開き方、ではなく、本気で、なぜそこに穴が開いているんだ!?と突っ込みたくなること間違いなしなズボンであることを重ねて申し上げておこう。


 アーサーは一人だけ、どんな時もきちんとさんで、 一人トレンディなので気にもしなかったが、そういわれてみれば気合を入れていたかもしれない。


「指輪を直しにいってくるわ


と言うと。


いつもなら、テレビでも観て待っとくわ、となる、キキとララが、珍しく、一緒に行くと言ってついてきた。


わたしは、ショッピングモールか、かしこまっていたとしても、百貨店のフロアのある一角だろうと思っていたのだが、着いたのは、繁華街の大通り。


 ブル○リの、向かい側に鎮座する建物であった。


 ブランド名を見ても ??? となる、超庶民なわたし


 アーサーがここ、と降り立つので車を降りると、何段か上った先に立っていたドアマンが私たちをギロリと見下ろす。


 で、軽い気持ちでついてきた、娘たちも降り立ったのだが、


 彼女たちは、学校の体操服のズボンを履いていた。


 紺のズボンには 2本の太いラインがあしらわれている。


 

 全く、何も臆することなく、階段をのぼる、アーサーに、ドアマンがドアを開ける。


 穴の空いたズボンを履いた、わたしは階段を前にして



 ゴキュリ・・・(生唾をのんだ


  

 そんな母親の背後で、体操服ズボンをはいた、小学生2人も、なんとなく場違いなことだけは察しがついていたのであろう


 かくしてカフェ家は、ギロリと見下ろすドアマンを前にしてライオンに睨まれたウサギ状態に陥ったのであった。



無駄に続く

 

ホワイトデー

テーマ:
今年は会社の男性陣から

これあげときゃ、まぁ、大人しくすんだろ?な

GODIVAと

ピンポ~ンと宅配便が来て

出張中のアーサーから

VANILLABEANS

が届いた。


なんか、普通にホワイトデーしてるやんアップ

photo:01




これだけチョコがあれば

rakugaki:01



rakugaki:02





iPhoneからの投稿

心機一転②

テーマ:

そう、そう、そうなのよ。


四角くて、赤いリボンのかかったその箱。


魔法の国から届いた封筒とかによくついてる、赤い、血の刻印、みたいなシールをはがし、開けてみるとそこから出てきたのは


もちろん指輪だったわけで。


キラキラと輝く指輪と、まだ、柳沢信吾状態から戻れないでいるわたし。



ガビーン!


なんてこと!全くの不釣り合い!!



あ、ありがとう


ここで、可愛い女子なら


わーい♪ありがとう♪ってルンルンするんだろうけど。


とりあえず指にはめてみたの。


サイズがちょっぴり大きくて、右手の薬指でいいかも?状態。


「サイズ、なおしてくれるって」


なぜか左手にはめてみて、大きいなあ、とかつぶやくアーサー。


寝ている間にティッシュでこよりをつくり、わざわざ輪っかを作って買いに行ったらしい。


なんてトレンディ!


なんてキムタク!


ゴキュリ・・・(唾を飲みこむ音


何が狙いなんだコヤツ!


左手につけると社内のおばちゃんの噂の的にしかならないじゃないか。


おしつけない性格なのにめずらしくサイズを直せるんだということを主張してくるアーサー


「左手の方がいいとか?」


コクリと頷くアーサー。



なんて強制的な!!


恋人に指輪をプレゼントしたら左手にはめさせれるっていう、ルール!


わたしはそれでも、やっぱり人の目とかあるしさーと言って抵抗してみた。


その指輪はどうせ、ショッピングモールとか、百貨店でも専門店じゃないようなところで買ったんだろうと思っていたわけで。



つづく。


心機一転だってさ

テーマ:

お久しぶりでございます。


至って普通の日常を 大げさかつ擬音的に綴っていきますカフェオレです。


もはや以前からの読者ともだちは皆無に等しいと思いますし、何を書いて何を書いてないのかさてはてなので、書きたいことを書いていこうかな。



さかのぼること二年前のクリスマスイブ。


可愛い、新田ちゃんと飲みたいがゆえに参加したイケメン。イケメンと飲みたいがゆえに参加したみっちー。

みっちーを応援しているふりをしてイケメンを狙うはらちゃん。


そんな飲み会、もちろん、参加したくないけど、「クリスマスイブはやっぱり彼氏が大事なんだ?」というわたしとサーフィンとどっちが大事なの的なジョブを打たれ、サーフィン!と言いたいところをぐっと堪え仕方なく参加。


彼氏であるアーサーに話すと、娘であるキキララとともに、俺んちでご飯食べとくよ。とのこと。


三秒で帰りたいぐらいつまんねえの、イケメン。いえーい。しかいわねえんだもの。

高島忠雄って時代の先取りなの?どうせならジェット浪越のが好みなんですけどー?状態よ。


我慢強くなんとか暴言を吐かず飲み会を終了。なのに、最後の最後に、イケメンに、「自分とは気が合わねえ」と宣言された。柳沢信吾バリの捨て台詞ーーーー!!!


あ・ば・よーーーー!!!


怒りながら、アーサーの家にハムスター並に自転車の車輪を回転させて到着。

寝ているアーサーを夜中に叩き起こした。


「気が合わないとかギャバジ△■」→言葉になっていない


殴られたぐらいの大げさぶりで身振り手振りで騒ぎ立てたよっぱらいのあたいに


起こされたのに 「よかったやん」と優しいアーサー。


「よかったやんって何?」「いや、そんな奴と気が合わなくていいんじゃないの?」


そして、もぞもぞと何かを取り出した。



そ、それはもしやーーー!?


わたしでも知っていた。


ドラマでよく見る四角い箱。


中から出てくるのはあれですよねーーー!?


わたしは ごきゅり・・・  


生唾を飲み込んだわけで



つづいてみる。



去年

テーマ:

イライラしてテンション下げ下げなりに時間が微妙に空いたので、最近の事を書き留めておこうかな。



さかのぼること去年の冬。


甘いものをあまり食べないアーサーが甘いものに走り、呼吸が相撲取りのインタビューぐらい息が上がり始めたころ。


冬季うつ病ではないかと思った。


発言は常にマイナス。


ありがとう、も嬉しい、楽しい、も言わないし笑わない。


俺はみんなに嫌われている。仕事が嫌だ、俺なんか・・など。


爽やかに「ははっ」とほほ笑む王子は一体どこにいってしまったのだろう。


一人暮らしを始めたので、栄養が偏った結果かもしれない。


とりあえず、体を温めよう、と、薬局で お風呂に入れる入浴剤の効き湯を買わせ、風呂に入るべきだ、と延々説明。


今まで、病気と無縁だった人って、体にいいこと、の知識がなさすぎるんだよね。


で、テンション低かったアーサーが心配だったあたしは、次の日、筑前煮を炊いた。


根菜類が不足しているからかなと、めんどくさいなりに愛情込めて煮た。


そして寒空の下、筑前煮を背負って自転車を走らせ、アーサーのマンションに。


合鍵を使い、マンションの前まで行く。


するとどうだろう。


防音がバッチしなドアの向こうから何やら騒々しい音がする。


中でパーティーが行われているかと思えるほどの騒々しさ。


浮気w?


ちょっとドキドキしながら(やはり不幸好き)よおく聞いてみると、ミスチルの音楽が流れていた。


そしてそれに合わせて


「ちゅーいんぐガム君に♪」


なんとアーサーのノリノリの歌声。


ピンポンを押すと、「え?」と驚いた様子のアーサーが玄関のドアを開けた。


「どうしたん?」→テンションが高い


「来てくれたんや♪」


「・・・筑前煮もって」


「うそーうわーありがとう♪」


あたし、新喜劇ぐらいドテ、ってこけた。


たぶん、レンコン、一回転半はしたと思う。


そして全身、白の防寒でもこもこのあたしをみて「なんか、かわいいなっ♪」と言った。


聞けば、前日に買った、効き湯の効果が絶大だったらしく、調子がいいらしい。


筑前煮を渡して、じゃあ、と帰った。


それが去年の冬、冬季うつ病疑惑の出来事である。


ピーでティーでえええ!?

テーマ:

恋愛系アプリ?


で気になる紹介文


相手が神だろうが俺はお前を渡さねぇ!


やばいw


スケールがでかすぎて気になりすぎるwww




どうも。万年喧嘩番長カフェオレです。


イライラするっ




前々から募集のあったPTAの行事に参加した。


特に何の役というわけではなかったが、学校で催されるイベントに、人手が足りなくてお手伝いのスタッフが募られていたのだ。


娘たちも楽しみにしている行事で、朝の旗振りや平日の手伝いはできないため、娘のためにも、と思い参加した。


仲のいい人はもちろん皆無である。



本番の前日であるこの日は屋台で出される食べ物の仕込みが毎年恒例。


事前に参加者募集のプリントに書かれた日時を携帯に入れておいて、その時間に参加。


行くと、会長とその助さん角さん的なメンバーと、後は力仕事に駆り出されたおっさん連中が5.6.人。


「何すればいいですか?」


聞けば食事の仕込みは昼からの作業らしい。


そんな事、身内だけで決めて身内だけで情報流すなら、もとから募るなよ、とオモタ。


「今年は昼からにしようと思って。あれやったら昼から来て


わし、どんだけ暇やねん、と。今来たから今したいんですけど状態。


雨が降ってもいいようにとドアを拭いておこうと説明され拭く。→完成形が不明。


「一応拭いたんですけど・・・」と言うと、「一応、いいかな」と言われる。


「やってもらうことはなんぼでもあるんやけど、ここを片付けないことには始まらなくて」


と言われるがその部屋の片づけの完成形も不明。


そして、ゴミはここに捨てるの?とか話しながらその部屋の片づけをしている。


「何かすることは?」 「景品詰めてほしいんやけど」と、仕方なく、無理やり仕事を作るために景品を探し始める会長。


物が溢れすぎて見つからず、断念。


何のしるしもつけずにまた、かたづけ始めた景品たちにガムテープで「これはあれ、これはあれ」と勝手に書き込み貼り付けておいた。


「やることはいっぱいあるねんで、ほんまになんぼでもあるねん


と忙しい主張するものの、今ではないらしい。


・・・と手持ちぶさたでキレぎみなあたしを疎ましく思ったんやろうな


あっちで荷物運ぶの手伝ってきてと倉庫に行くように指示され行くがそこの人たちも


「何するか手探り状態やねんけど」と倉庫前でたちんぼ。


そして不要な物を捨てるか捨てないか話してだらだらと時間が流れてゆく。


倉庫の中に何があるか把握しているのは所詮、毎年の会長や役員のみ。


来年の為にリストを作ればいいのに。


カセットコンロを運んでいると、男の集団が「それ、おでんに使うやつちゃうの」と声をかけてきて 声をかけられた人は、立ち止まり、「違うよ、これはやきとりに使うねん」とかのじゃれあい。


荷物を運び終わると、わたしだけ、「今日はこれで」と言い渡される。


したことは、ドアの拭き、とカセットコンロを運ぶ1回、景品を体育館に運ぶ、4回、で終了。


「何のお役にも立てず、すいません」


「いや、こっちもうまく指示できなくてごめん。明日は来てくれるんやね?お店の手伝い、お願いします」


「何時ですか?」


わたしらは九時やけど」


「わかりました九時ですね」


「遅くても三十分前には来てくれたらいいから」


これからも会長は忙しいアピールをし続け、仲のいいメンバーで固めた組織の中、だらだらと物事を進めていくのだろう。


リストを作って効率よく、だとか、会長は指示だけ、とかではなく、会長にいちいち、お伺いを立てながら和気あいあいと楽しむものらしい。


親しくなく、会話のないあたしが行っても手伝えることなどない、ということだ。


わたしより若い人は見たことがない。


だから、誰も参加しないのか、と納得できた。



せっかくの週末がイライラしっぱなしやんけーーー!!!(爆