プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実

NEW !
テーマ:

 今年も日本のマカヒキが参戦する凱旋門賞。

 

 

 今年は何と凱旋門賞の馬券が買える。→日本式ルール

 

 買えるのはインターネット投票権を持ってる人だけだけど、これまで遠い外国での出来事と思っていたレースが日本で買える。

 

 

 JRAも。

 

 

 必死やな。

 

 マカヒキは二番人気プッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 凱旋門賞は英国ダービーやケンタッキーダービーと並んで、世界最高峰のレースの一つに数えられてる。

 

 

 ここで勝つこと、それ即ち世界最強馬の称号を得る。

 

 日本から過去18頭が参戦していて、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーブルが2着入線を果たしている(オルフェーブルは二回)。

 

 しかし、勝った馬はいない。

 

 あのディープインパクトでさえ3着(失格)だった。

 

 

 

 

 今でこそ世界最高峰のレースと位置づけされているけど。

 

 

 元々は競馬後進国であったフランスが、先進国であるイギリスに追いつこうとして始まったレース。

 

 最初の頃は海外から参戦する馬も少なく、英国の2流馬が簡単に勝ってしまうということもあった。

 

 しかし、年々賞金が上がり、世界各国のダービー馬が集まるレースになって、近年ではそこで勝つことが最強の証となる。

 

 まさに競馬のオリンピック、W杯に匹敵するのが凱旋門賞というレースや。

 

 

 その始まりは1920年。

 

 

 最初はフランス馬の優秀さ、外国の一流馬との対戦、という目的やったんやけど、英国の一流とはいえない馬が楽々と逃げ切ってしまう。

 

 カムラッドという馬やったんやけど、この馬はイギリスでは25ギニーで買われた安馬で、フランスの一流馬は簡単に英国の馬に負けてしまったんや。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 そんな感じで始まったから、凱旋門賞というのはしばらくの間、一流馬が集まらんかった。

 

 

 本格的に世界の名馬が集まるようになったのは1950年代の半ばころから。

 

 日本からは1969年スピードシンボリが初めて参加したけど、着外に敗れ去っている。

 

 この当時の日本馬と世界の名馬の間には明確な差があった。

 

 

 やがて、日本の競馬界は海外から優秀な種牡馬を買い求めて、世界と戦える血統を作り上げていく。

 

 

 1959年優勝のセントクレスビンをはじめ、1986年のダンシングブレーブ、大当たりだったトニービンと、日本の競馬界に黒船が来襲した。

 

 やがて、その産駒が次々と凱旋門賞に挑戦するけど、未だに勝てない。

 

 その原因は長距離輸送というのもあるけど、向こうのは芝はとても深いんや。

 

 日本の競馬場はレコードを出すためにわざと短くしたりするけど、向こうでは馬は大事にされてるから芝は深い。

 

 その分、馬力がいるから、日本の競馬場の芝に慣れた馬は中々、馬場に慣れず実力を出し切れずに負ける。

 

 が、元々は欧州の血統を持った馬やから、いず凱旋門賞を勝つ馬が出てくるやろ。

 

 というか、ナカヤマフェスタのように日本ではイマイチの馬が2着に入るくらいやから、凱旋門賞にあった脚質を持った馬を使ったほうが勝てるかもね。

 

 凱旋門賞を勝った馬が一度もジャパンカップを制してないのは、それと同じ理由や。

 

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 ある意味、日本から参戦する馬はハンディを背負ってるわけやけど。

 

$プクッチ劇場

 

 凱旋門賞は元々がフランス最強を求めて始まったレースやから、ここで勝つことは日本馬が欧州馬に負けないくらい強いという証明になる。

 

 過去優勝した馬はフランスが66回、それに続くのが英国の13回、アイルランドの7回、イタリアの6回、ドイツの2回。

 

 それ以外の国の馬が勝ったことはない。

 

 今年はJRAのサイトでレースが生で観れるし、馬券も買える。

 

 マカヒキの活躍に期待しようやないの。

 

 ほなな。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 9月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 かつて格闘技の中で最強は相撲だと言われた時代があった。

 

 

 しかし、相撲を引退した力士がガチ格闘技に出ると、ほとんど勝てない。

 

 横綱を張った力士でさえ、ガチ格闘技の前では秒殺されることも。

 

 

 しかし、もし、街で喧嘩になった場合。

 

 

 やっぱり、相撲取りが最強じゃないの?

 

 なんつっても重いからプッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 昔、ガッツ石松が飲み屋で力士と喧嘩になったことがある。

 

 

 喧嘩というか、力士はガッツのパンチをかわして羽交い絞めにしただけ。

 

 それだけでガッツが詫びをいれた。

 

 その力士は幕内力士ではなく、名もない幕下力士だった。

 

 いくら体重差があったとはいえ、幕下力士にこれなんだから、幕内力士は相当強いと思われる。

 

 

 

 

 変な話、あの怪力の前では関節技も決めれないと思う。

 

 

 

 リングの上でなら、倒せば決めれるかもしれんけど、街の喧嘩の場合、そんな悠長なことやってられないと思う。

 

 まして、街の喧嘩の場合、酔ってることが多いからな。

 

 酔ってる相手に関節って決めれるんか?

 

 物凄い力で暴れると思うで。

 

 もし、決めれんかったら、空いてる手で張り倒されて終わりや。

 

 

 例えば、武蔵丸の現役時代、張り手を計測したら1tの重さがあったらしい。

 

 

 1tやで、1t?

 

 普通の人なら耐えれん重さやろ?

 

 そして、武蔵丸はいくら飲んでも酔わない体質らしい。

 

 ある格闘家が、パーティーで一緒になった武蔵丸がお酒を飲まないんで、「お酒は飲まないんですか?」と聞いた。

 

 すると、武蔵丸は「いくら飲んでも酔わないんでやめました」と言ったそうや。

 

 その格闘家も相当飲むので、「どれくらい飲んで酔わないと気が付いたんですか?」と更に聞くと、ウィスキーをボトルで一気飲みして、しばらく待ってみたけど、全然酔わないんで水と一緒」と答えたそうや。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 格闘技において体重は武器になる。

 

 

 あまりに重すぎて動けんのは問題があるけど、普通に動ければ、あの巨体は相当脅威なはず。

 

 なんといっても力士は食べる。

 

 北の湖が入門時、ちゃんこでどんぶり飯8杯、うどん大盛2杯、お茶漬けを2杯食べて寝た翌朝、「空腹で眠れなかった」と言ったそうや。

 

 

 なんや、それ?

 

 

 食ったもの、どこに入れてるんや?

 

 大食い選手権で余裕で優勝できるわ。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 いつも不思議に思ってたんやけど。

 

$プクッチ劇場

 

 なんで、ああいう大食い番組に力士って出ないんやろ?

 

 別に幕内でなくてもいいから、たくさん食べれる力士っているやろ?

 

 下のほうでも。

 

 ああいう大食い番組って見た目が普通の人じゃないと出れないの?

 

 確かに細い人がぐいぐい食べる様は圧巻。

 

 ギャル曽根みたいな胃が拡張する得意体質みたいな人のほうがウケるわけ?

 

 しかし、相撲部屋が近くにある大食いするとタダとか、1980円飲み放題っていう店は、すぐにやめるんやって。

 

 何でなら、力士に来られたら、簡単に食べられちゃうし、店中のお酒が飲まれちゃうから。

 

 その凄さをわかってほしい。

 

 プロレスよりも相撲取りのほうが最強に近いと思う。

 

 それは力士の伝説が凄すぎるからや。

 

 いろんな意味で相撲取りは最強。

 

 減量の苦しみがない格闘技って相撲以外にあるんか?

 

 この一つの理由をみても相撲は最強。

 

 そこで全勝優勝するのはキングオブ相撲や。

 

 豪栄道は良かったね。

 

 カド番とはいえ、さすが大関。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 9月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 NASAが発表した「驚くべき」発見とは何だったか?

 

 

 その答えは大方の予想通り、吹き出す水、つまり、間欠泉だった。→200kmにも及ぶ

 

 そして、その論調はこれまた予想通り、地球外生命体の可能性、だった。

 

 

 2020年に向けて。

 

 

 NASAは予算確保に必死。→原文

 

 このタイミングしかないプッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 しかし、水は生命の源とも言われてるから。

 

 

 その水が吹き上がってるというだけでも大発見かもね。

 

 地球以外にも水があるってことは、いつかその水を地球に持ってこれることもできるわけやから。

 

 エウロパに在る水は相当やから、人類が水に困ることはなくなる。

 

 いや、どんな成分かわかってないから、迂闊に使うわけにはいかんけど。

 

 

 

 

 地球以外で水が発見されたことはない。

 

 

 多分、水があるであろうと予測される星はたくさんある。

 

 でも、直視できたものはない。

 

 そもそも水とは何か?

 

 それは気温や水素といった地球と同じような環境が必要で、そういう条件がそろっていないと存在できない。

 

 

 今回の間欠泉が大発見とされてるのは、そうした水が確認できたということや。

 

 
 地球には水が溢れてるから、それがどんな凄いことかはわかり辛いと思うけど、水があるのなら酸素もある。
 
 人類が住める環境にあるかもしれないということになる。
 
 といっても、この間欠泉が水という液体だとは証明されてない。
 
 
プクッチ劇場

 

 

 エルロパは木星の衛星ながら大きな星なので、双眼鏡でも観察することができる。

 

 

 既にガリレオの時代に発見されていて、ギリシャ神話の王女エウローペーから名前が用いられている。

 

 エウロパの表面上が氷に覆われていることはわかっていた。

 

 問題はその下に、液体の水があるか?ということだった。

 

 今回、液体があることはわかった。

 

 

 そして、その液体が水であるのなら。

 

 

 

 大量の酸素がエウロパにはあることになる。

 

 それは木星の磁場から放たれた荷電粒子が氷にぶつかった時に生まれたと考えられ、その酸素レベルは地球の海に匹敵することになる。

 

 この条件下において、生命体が存在しないほうがおかしい、と考えられる。

 

 つまり、地球外生命体の存在の現実味がかなり増したということなんや。

 

 

プクッチ劇場

 

 というわけで。

 

$プクッチ劇場

 

 この発見が如何に凄いことか、わかった?

 

 木星だったら今の科学技術でも十分に到達できる位置にあるので、科学者たちはこの発見に多いに興奮してるというわけや。

 

 因みに、昔からエウロパには生命体の存在が噂されていて、映画や小説題材にもなってる。

 

 興味のある人は見てみて。

 

 

 

 地球外生命体か。

 

 夢のある話やで。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 9月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本時間の午前3時。

 

 

 NASAがエウロパについて「驚くべき」発表を行うと明らかにした。→エイリアンではないよ

 

 エウロパとは木星の第二衛星であって、内側から二番目の軌道を回っている。

 

 表面は少なくとも3kmに及ぶ氷で覆われており、地球の海洋深海部に存在するのと同じような生命体がいるのではないか?と思われている。

 

 

 一体、NASAはどんな発表をするのか?

 

 

 東スポは大盛り上がり。→思わせぶり

 

 NASAは宇宙人を否定してるってプッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 

 エウロパの表面は内部の熱によって、一度は割れて海状になっていたことがガリレオ探査機によって確認されてる。

 

 

 かつてNASAはエウロパに非常に強い関心を持っていたが、予算上の都合で調査がとん挫していた。

 

 しかし、ESA(欧州宇宙機関)との共同ミッションによって、07年EJSM計画を発表。

 

 2020年にはNASA単独で次期惑星探査ミッションの第一候補にエウロパを選定していて、ロケットを打ち上げる。

 

 その後、2025年~26年にかけて木星に到達、4つの衛星をフライバイして、28年にはオービターがエウロバの周回軌道に入る計画を立てている。

 

 

 

 

 エウロパは地球の南極ボストーク湖に近い環境であると推測されている。

 

 

 1970年代まで生命は太陽のエネルギーに完全に依存してると考えられてた。

 

 しかし、その後の調査で深海に棲むジャイアントチューブワーム等の貝類、甲殻類などのブラックスモーカーと呼ばれる生物は、太陽エネルギーに頼らない独自の食物連鎖を形成してることが発見される。

 

 近年では水とエネルギーさえあれば、生命は生存できると考えられている。

 

 

 そのため、氷に覆われた木星衛星エウロパは生命の存在が最も期待されている星の一つ。

 

 

 そのエルロパについてNASAが「驚くべき」発表をするというから、世界中の天文ファンは大騒ぎ。

 

 その大騒ぎを予測するかのように、NASAは「エイリアンのではない」と最初から地球外生命体の存在を否定した。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 しかし、じゃあ、どんな発表なのか?ということに期待が高まる。

 

 

 ハッブル宇宙望遠鏡で確認された情報というからには、地球外生命体の発見ではない。

 

 何故なら、ハッブル宇宙望遠鏡で生命体を直視確認することは不可能だから。

 

 ということは、表面上の問題ということになる。

 

 そこから推測すると、今回NASAが発表するのは、間欠泉(プリューム)が確認された、ということではないか。

 

 間欠泉とは、エウロパの内部の熱によって吹き出した水のことをいう。

 

 

 何故、それが驚くべき発表なのか?

 

 

 それはエウロパと同じような土星衛星エンセラドゥスにも内部海があるとされていて、そこでは何度も間欠泉の証拠が発見されている。

 

 しかし、エウロパにおいてそれが確認できなかった。

 

 間欠泉があるということは水蒸気が存在すること。

 

 水蒸気が存在するということは生命体が存在してる可能性が格段に高くなる。

 

 NASAはこの「驚くべき」発表によって、予算が獲得しやすくなる。

 

 こうして考えるとNASAの発表は、「水蒸気を確認したから、エウロパに生命体がいる可能性が高い。だから、もっと調査費を出してください」というアッピールである可能性が高い。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 

 多分、この予想は当たる。

 

$プクッチ劇場

 

 というか、これ以外考えられない。

 

 東スポ愛読者やUFO信奉者には悪いけど、生命体が発見されたというニュースではない。

 

 もし、そうだったらサプライズやけどね。

 

 人類は地球外生命体といつか出会う日が来るんやろか?

 

 ある意味、「知的」のつかない生命体を発見する日は近いかもしれない。

 

 NASAも10年以内に発見(遭遇)できると言い切ってるしな。

 

 そんな日を待ってる。

 

 ほなな。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 9月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大阪杯がG1に昇格。

 

 

 表向きの理由は、中距離路線の充実、海外を意識した距離適性の強化、ということになるらしい。

 

 確かに大阪杯に出てくるメンバーはG1に相応しい。

 

 レーティング値も下手なG1よりも高い。

 

 

 しかしや。

 

 

 なんでもかんでもG1にするってどうなの?

 

 価値がなくなるプッシュ。にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実

 

 

 G1レースを増やせばファンの注目も集まるし、賞金も上がるから競馬関係者にも歓迎される。

 

 

 しかし、何故、大阪杯なのか?

 

 次のG1昇格レースは札幌記念か中山記念だと思われていた。

 

 もしくは毎日王冠。

 

 確かに時期的に中距離の有力馬は使うレースがないので、近年では海外のレースに参戦する馬が多かった。

 

 でも、どうなんかな~。

 

 こんなことやってたら、ステップレース云々の話が出来なくなってしまう。

 

 

 

 

 世界的な視点でいえば、長距離はもう時代遅れだから、中距離に力をいれるのは自然な流れだと思う。

 

 

 有力馬が回避するから春天や菊花賞のレベルの低いこと。

 

 参考になるレースが少ないから、馬券を当てるという妙味も薄い。

 

 長距離レースを勝っても種牡馬としての格が上がるわけでもない。

 

 かつてのメジロは長距離が得意だったけど、今ではその血統は駄目駄目やからな。

 

 ゆえに2000mのレースをG1化させることに異論はない。

 

 

 ただ、開催時期がこのままだと仮定した場合。

 

 

 ステップレースが京都記念や中山記念になるの?

 

 そして、その祭のローテを考えると、益々夏の祭典、宝塚記念のメンバーが薄くなりそう。

 

 逆説的にいうと、G1レースを増やすことによって、質の低いG1レースが増え、結果的にファンの競馬離れを助長する結果になるんではないか?

 

 こうした事態を防ぐには、思い切って春のG1路線を大幅に変更する。

 

 秋のG1戦線と同じく、天皇賞→大阪杯→宝塚記念、と古馬G1路線を変えてしまえばいい。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 確かに各距離の王者を決めるためにG1を創設するのはいい。

 

 

 古馬の2000mG1って秋の天皇賞しかないもんな。

 

 春に2000mのG1があってもいいと思う。

 

 でも、じゃあ、1800mは?

 

 牝馬の2000mは?

 

 関東・関西以外では中京しかG1はないわけで、他の競馬場のG1は?

 

 そうしたレースを作ったほうが、競馬の活性化には効果があると思うんやけど。

 

 

 そして、G1を乱発して競馬ファンを取り込もうとするんじゃなくて。

 

 

 もっと払い戻し率を下げたら?

 

 今は大体25%くらいやろ?

 

 これを10%くらいまで下げたほうがええと思う。

 

 そうすれば香港みたいに、競馬のために日本に来る観光客も増えると思う。

 

 香港の場合、単勝や馬連、枠連といった人気のある馬券の控除率は17,5%。

 

 これくらい下げないと、競馬をやって儲かった、とは思えんと思う。

 

 

プクッチ劇場

 

 

 競馬は一時期の人気が嘘のようにファンが離れていってるからね。

 

$プクッチ劇場

 

 バブルの時代ならまだしも、今は経済的に苦しい人が多いと思うから、当たってもトリガミ、外れればもうやらない、という人が多いんじゃないか。

 

 そういう人は競馬から離れていく。

 

 昔のように競馬にロマンを感じる人って、そんなにいないと思う。

 

 だから、女性騎手がちょっと活躍すると大騒ぎする。

 

 それは競馬の本道からは外れた話。

 

 でも、そういう話題でしか競馬が取り上げられないところに問題があると思う。

 

 いくらG1を増やしても競馬人気は上がらないんとちゃうかな?

 

 寧ろ、質の低いG1を見させられれば嫌になるわ。

 

 そうじゃないか?

 

 G1を新しく作るのはええけど、その代わり人気のないレースや実力が伴ってないレースはG1から降格させたほうがええ。

 

 今現在でも24個もあるんやから、月平均2回G1レースが行われることになる。

 

 いくらなんでも多すぎるわ。

 

 10個くらいあればええ。

 

 あとはG2G3で十分。

 

 そうじゃなければG1の価値が下がるわ。

 

 ほなな。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 9月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
プクッチメイン口座    森好二郎レポート   あると便利                   
       
FXプライム   

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。