プクッチ劇場

ギャンブル魂の真実

NEW !
テーマ:
 ああ、そうか。



 こういう枠順になったのか。

 昔は、運の強い馬がダービーを勝つ、と言われてた。

 それはまだ頭数制限がなくて20頭以上もエントリーする時代の話。

 それだけ出走する馬がおれば道中がゴチャゴチャして当たり前やから、実力通りには決まらんかった。

 だから、運の強い馬、が勝つと言われてたんや。

 しかし、現在ではフルゲートでも18頭やから、あんまり運は関係ない。

 実力通りに決まることが多い。


 それでもやっ!



 競馬に絶対はないから、多少の運は必要となる。

 その日、東京は晴れ、気温は30度前後プッシュ。→
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実


 まず、運とは何か?



 それは天候や枠順。

 こればっかりはどうしようもない。

 マカヒキ2枠3番、サトノダイヤモンド4枠8番。

 この二頭は運がある。

 特に3番を引いたマカヒキ。

 ここ10年で1~3番までを引いた馬の連対率は30%もある。

 しかし、リオンディーズ6枠12番。

 悪くはない。

 有力馬が内に集まったことを考えれば、外から競馬ができる有利さがある。

 でも、サトノダイヤモンドが8番におることによって、12番という枠順は不利になるんや。

 やはり、マカヒキとサトノダイヤモンドは外せない。

 リオンディーズは良くて3着くらい。






 3強の力関係はそれでええ。



 問題は1枠1番を引いたディーマジェスティ。

 実はここ10年で最も連対率が高いのは1番なんや。

 その確率はなんと60%。

 如何に内枠が有利なのかがわかる。

 普通、最内枠というのは馬場が荒れてるところを走らされるから不利になることが多いんやけど、東京2400mに限ってはそれが当て嵌まらない。

 マカヒキやサトノダイヤモンド以上に運があると思われるのが、このディーマジェスティの1番や。


 脚質を考えてもスッと前につけれる1番は有利。



 いや、ホントにこれは参った。

 他の枠だったらディーマはいらないんやけど、1枠1番に限っては無視するわけにはいかん。

 迷った場合は止めろが競馬の極意。

 ここ5年に限っては皐月賞馬は1年置きに優勝してる。

 今年は優勝しない年。

 しかし、そんなデータはアノマリーと一緒やから。

 皐月賞上位組が強いというのは根拠のあるデータやけど、1年置きなんていうのは単なる偶然でもある。


プクッチ劇場


 三強(マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズ)でリオンは要らないという結論は出た。



 残る2頭にディーマをどう扱うか?というのが問題。

 前走のようなハイペースになるとレースは荒れたりする。

 ディーマが連に絡むようだと、最初から構想を練り直さないといけない。


 でも、フロックやと思うんやけどね。



 そう考えればマカヒキーサトノの一点で大丈夫。

 しかし、やっぱり、無視するわけにもいかん。

 とすると三点ボックス?

 アホか。

 人気馬同士の三点ボックスなんてトリガミになる恐れ充分や。

 マカヒキの単勝?

 いや、待て。

 外国人騎手のG1での活躍は凄いからな。

 賞金が違うから目の色変えて勝ちに来る。

 すると、サトノか?

 サトノもある。

 でも、サトノが前で競馬をするとなると、ディーマにリオンも絡む。

 展開的にはマカヒキやろ?

 アカン。

 思考が迷路に迷いこんでまった。


プクッチ劇場


 まだオッズが確定してないから何とも言えんけど。

$プクッチ劇場

 マカヒキとサトノで決まる確率が60%くらい。

 ここにディーマを混ぜると80%くらい。

 でも、三点ボックスで買うにはオッズが低すぎる。

 ここは怪我せん程度に枠の2-4かな。

 千円くらい。

 千円程度ならやめとけって話やけど、一応、ダービーやから参加しておかないと。

 迷うな。

 迷った場合は基本的にはやめておいたほうええ。

 しかし、ダービーゆえ千円勝負。
 
 勝っても負けても嬉しくないし悔しくもない。

 それが今年のダービーや。

 ほなな。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 5月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
 プクッチメイン口座     森好二郎レポート        あると便利        
FXプライム   
-


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今秋にも7が出ると噂されているi-phone。



 この時期に6sや6Plusを買うのはお得ではない。

 但し、それはi-phone本体を実費で買う人だけ。

 ドコモ、ソフトバンク、auでは分割で払うから、それほど神経質になる差ではない。

 いや、ほとんど同じお金を払うなら、7が出るまで待ったほうがええけどね。


 問題はどこのスマホを使えばお得か?ということなんや。



 実はそれは、その人の性格によったりする。

 強気の人はキャッシュバックの大きいauプッシュ。→
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実


 ドコモに向いてる人はどんな人か?



 それはスマホ音痴で親切丁寧に教えてくれる業者がええと思う人。

 つまりは、あんまりネット関連のことについて詳しくない人。

 初心者丸出しの質問をしても、馬鹿みたいに丁寧に答えてくれるのがドコモ。

 この初心者に優しいというのがドコモの売り。

 いや、携帯音痴に優しいと言えばええのか?

 多少、値段は張っても、優しく教えてくれる業者がええと思う人はドコモを選べばええ。





 速度や音質に拘るのなら、実はドコモよりもauのほうが良かったりする。



 同じ1GBのスピードでも、実際はドコモよりauのほうが速く感じる。

 これは何故かといえば、回線のシェア率による。



 ドコモは割引が受けられるプロパイダが決まっているので、そこに加入する人がネットを利用すればするほど回線が込み合うことになる。

 結果的にauのほうがスピードが速くなってしまう。

 この先、auを利用する人が増えれば、それが逆転することもあるけど、多分それはない。

 何故なら、今のスマホ&ネット利用者はITに関して音痴だから。

 もし、auがドコモを逆転するほど利用者が多かったら、こんなにもキャッシュバックをくれるはずがない。


 
 最大6万円やで、6万円?

 6万円もらえて、スマホも割引が受けられて、それでもってスピードが速いというのならau
やろ?

 賢い人はNTTとKDDIを2年ごとに変えてキャッシュバックをもらう。

NTTフレッツ光

 これが一番お得になる。


 じゃあ、auとドコモを選べばええんですか?と思うたそこの君。



 基本、それで正解。

 それが最もお金がかからず(儲かる)、危険も少ない。

 縛りもあってないようなものだから、auでスマホを使ってKDDIでネット回線を使うのがネットに詳しい人の選択やと思う。

 しかし、ちょっと待て。

 2年ごとに配線工事をするのは面倒臭い。

 もしくは契約月を忘れて違約金が発生してしまったという人もいる。

 今のところ、auはそういう違約金を肩代わりしてくれるサービスをやってるから、安心といえば安心なんやけど、ドコモとソフトバンクは同じNTTの回線を使ってる。

 こちらのほうは工事が必要ないから、ついついNTTからソフトバンクに乗り換えてしまう人もいる。

 そのほうが料金的には安いし。

 ネットから申し込めば6万円のキャッシュバックもあり。





 但し、ソフトバンクを利用する人はよっぽどの強気の人でないとアカン。

 安いから、お得だから、だけではソフトバンクと契約してはいけない。

 ソフトバンクにはいろんな罠が仕掛けられてるから。(←お上に最も怒られてるのがソフトバンク)


プクッチ劇場


 まず、他の携帯会社ではあり得ないのが、ソフトバンクの契約時における無料サービス。



 最初の契約で映画見放題とか、ゲームやり放題とか、音楽聴き放題とか、月500円程度のサービスをセットで契約させるんや。

 そこで、「ひと月は無料ですから、使ってみて必要ないと思えば解約すればいい」という説明をする。

 大抵の人は、ああ、そうか、と思って聞き流す。

 下手をするとそんなサービスが付いていることさえ気が付かない人がいる。
 
 ネット音痴にとって携帯ショップの店員は魔神やから。

 まさか、ひと月以内に解約しなければ勝手に料金が引き落とされるという、まるでキャッチバーのような悪質な勧誘があるとは思わない。(←今では契約時に「不明瞭な契約、説明はありませんでしたか?」というアンケートに答えないと契約できない)

 携帯上級者はひと月ギリギリまでこのサービスを使って解約する。

 これ、王道。

 しかし、初心者は契約もしないのに勝手にサービスを使っては申し訳ないと思い込む。(←こういう人たちが、後になって消費者センターに駆け込むからソフトバンクの悪事がバレる)

 こういう思考をしてしまう人はソフトバンクを使わんほうがええ。

 ええ鴨に見えるから。

 ソフトバンクからすれば。


 そして、何も言わなければキャッシュバックも商品券も出てこないのがソフトバンク。



 事ある毎に文句を言うのがソフトバンクへの正しい対処の仕方。


 何っ!



 SEの入荷に一か月もかかるっ!?


 何っ!



 事務手数料に3000円もかかる?

 無料やないんかっ!


 何っ!



 ドコモなら紛失保険も万全やでっ!(←ソフトバンクは紛失・盗難の場合、保険に入っていてもほぼ実費)


 と、あーだこーだとごねてると。



 どこからともなく商品券が出てくる。

 お上の通達でキャッシュバックは基本禁止やけど、実損を訴えればそれを補填するだけのものはくれたりする。

 しかし、この技を使えるくらい豪胆の者でないと、ソフトバンクは使わないほうがいい。

 最も回線速度が遅いのはソフトバンクだから。

 ただ、安いだけが売り。



プクッチ劇場


 そういうわけで今更ながら6sを購入。

$プクッチ劇場

 SEで良かったんだけどね。

 まあ、月200円ほどしか変わらんから、6sにしといた。

 もうスマホなんか、この歳になるとどこのを使っても同じ。

 値段や、値段。

 FXトレードしてるとスピード命になってくるから、そういう人はauをお勧め。

 最低でもドコモ(NTT)を使ったほうがええ。

 ソフトバンクは正直、品質でいえば一番悪いと思う。

 サービスも最悪。

 ただ、ソフトバンクからお金を引っ張れんようじゃ人生の負け組、と思う人だけソフトバンクを使えばいい。

 大手3社で言えば、au>ドコモ>ソフトバンク、の順だと思う。

 でも、これはその人の性格によって変わる。

 安心を選ぶならドコモ、品質を選ぶならau、戦いを選ぶならソフトバンク。

 あんたはどこ?

 ほなな。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 5月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
 プクッチメイン口座     森好二郎レポート        あると便利        
FXプライム   
-


AD
いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 携帯大手4社と言えばドコモ、ソフトバンク、au、そしてワイモバイル。


 
 ワイモバイルを大手に数えるかどうかは微妙だとしても、比較サイトでは大手に数えられている。→価格.com

 普通に安くスマホだけを使いたいというのなら、大手3社よりワイモバイルのほうがお得。





 更にお安いスマホというのなら、格安スマホを使ったほうが安いに決まってる。











 探せばいくらでもあるで。

 キャッシュバックもバンバン。

 
 しかし、問題はそんな単純ではないっ!



 今やスマホ単独で使ってる人って、ほとんどいないから。

 キャッシュバックはなくなったプッシュ。→
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実


 実はプクッチは今までドコモの携帯を使ったことがない。



 東海Jフォンと言われた時代から、ずっとソフトバンク。

 途中、一回だけauに乗り換えたことがあるけど、なんか声の通りが悪いなと思ってソフトバンクに戻した。

 何でドコモを使ったことがないかというと、基本的に高いから。

 ドコモって古くは電電の流れを汲んでるから、お役所的商売してるんや。

 言葉を変えれば大名商売。

 別にドコモの品質が良いから高いわけではない。

 お大名様だから値段を高く設定しても、下々の者は使ってくれるから高いだけ。

 JALの料金って他の航空会社に比べると高かったけど、じゃあ、それだけ質の高いサービスをしてくれたか?というと、そうではないやろ?

 バックが親方日の丸やから、適当に料金設定してても全然構わんかっただけや。

 JRだってそうや。

 古くは国鉄やけど、同じ距離なのに値段が高いやろ?

 名鉄で名古屋から豊橋まで行くと1110円。

 JRなら1320円。

 この210円の差は何?と問われれば、お殿様だから、と答えるしかない。





 同じ理由で、料金だけ高くてサービスが変わらんなら、ドコモを使う必要ってなかったんや。



 だから、ずっとソフトバンク。

 ソフトバンクって評判が悪いけど、ずっと使っててそれほど悪いとは思わんかったで。

 確かにショップ店員の態度は悪いかもしれん。

 その点、ドコモは社員教育をしっかりしてるから、店員の態度は3社の中では断トツにええやろ?

 でも、だからっつって、料金が安くなるわけでもないし、サービスが多いわけでもない。

 御愛想だけもらっても一銭の得にもならんわけやから、ソフトバンクのように社員の態度は横柄でもその分料金が安ければええと思うてたわ。


 それは今も変わらん。



 ドコモはi-phoneを扱いませんと強気の勝負に出たけど、結局は惨敗。

 キャッシュバック競争だって最初はソフトバンクとauが札束攻勢をかけたけど、最後はドコモが一番高かったからな。

 確か、現金で5万円くれるという話やった。

 でも、毎月の料金が2千円くらい高かったから、2年も経てば他の携帯会社使ってれば2万4千円の得やろ?

 ソフトバンクが4万円くれるというから、そっちにしたわ。

 何をやるにしてもドン臭いのがドコモ。

 ゆえに今まで一度もドコモユーザーになったことがない。


プクッチ劇場


 しかし、今回ばかりはソフトバンクにやられた。



 2年縛りがなくなったという話だったから、7が出る秋まで5sを使い倒してやろうと思うてたんや。

 7が出れば6や6sの値段なんて暴落するから。

 SEでも良かったんやけど、どこも在庫がないと言うんや。

 やっぱり、安いからどこの携帯会社もSEは売りたくないんかな?と勘繰るほど。

 取り寄せるまで一か月以上かかると聞けば、じゃあ、7が出るまで待ちましょうかという話になるやろ?

 5sでも十分な機能なんやから。


 しかしやで?



 そこに罠があった。

 ソフトバンクと契約した時にテレビをもらったんや。

 小型の。

 で、2年までは無料(ほとんど)という説明だったから、3台もらってきた。

 ほとんど使うことはなかったんやけどね。

 2年縛りがなくなったから、当然テレビもずっと無料だと思ってたら、一台につき890円取られてた。

 あんなショボいテレビに毎月890円やで?

 そんな金払うくらいだったら、映画見放題のサイトに登録するわ。



 クレジットカードで払ってたから、その請求って二か月遅れで、それに気が付いたのが2年縛りが終わって二か月経った今月。

 何で3千円近くも料金が上がってるんやろ?と不思議に思ったら、テレビ使用料だった。

 普通、ああいうのって契約解除月が来れば連絡するのが良心的な業者やと思うけどね。

 請求された料金見てから気が付くって、おかしくないか?

 で、解約したいと言ったら、解約料(一台につき)10900円払えだって。

 えげつないな、ソフトバンクは。

 だから、みんなからボロクソ言われるんや。

 頭来たから、3台とも解約したった。

 3万2700円払って。
 
 無駄な金や。

 しかし、だから、孫正義って一代で財産を築けたんやなとも思った。

 悪代官みたいな面してるけど、そこまで業突く張りじゃないとお金って貯まらんのやと感心したりもした。


プクッチ劇場


 じゃあ、ソフトバンクやめるの?と言われると、それがそうでもないんやな。

$プクッチ劇場

 NTT光からソフトバンク光に乗り換えると月に千円以上の差が出るんや。

 それもスマホの料金も契約形態に依るけど、1000~2000円の差が出る。

 トータル3千円の差やから、やっぱり、ソフトバンクを使ってしまうんやな。

 auは回線をNTTからKDDIに戻さんとアカンから面倒臭いゆえ、最初から論外。

 これって自分で申し込めばアフィ代入るわけやから、得なんとちゃうか?





 オマケにキャッシュバックもあるし。

 ここで契約してから、ソフトバンクショップに行く。

 これ、一番賢い乗り換えの仕方。

 アリ地獄にハマってるだけとも言える。

 でも、ドコモユーザーは無駄にお金使ってるだけ。

 ほなな。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 5月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
 プクッチメイン口座     森好二郎レポート        あると便利        
FXプライム   
-


AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ダービーウィーク。



 一年の計はダービーにあり。

 ここを獲らんくて今後の競馬の予想は出来ない。

 まだ枠は決まってないけど、日曜追い切りを見た時点で候補の馬は3頭に絞れた。


 他の馬はっ!



 一束なんぼっ!

 ワイドなら確実に獲る自信があるプッシュ。→
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実


 皐月賞で負けて強しの印象を残したマカヒキ。



 今回もその脚質から中心に考えたい馬なんやけど、本命はサトノダイヤモンドで行きたい。

 前走を叩いてのダービー。

 元々はここを狙ってたんやないか。

 この馬のええところは気性が素直なところ。

 大崩れしないという印象がある。

 悪くても連に絡むんやないか?

 枠次第だけど。





 マカヒキも調子は悪くなさそうやから、基本的にはサトノダイヤモンドとの一点でもええくらい。



 ワイドなら完璧。

 三番手はリオンディーズだけど、この馬は気性に難がある。

 そういう馬ってバビューンッて飛んでくることもあるけど、ズブズブと馬群に沈むことも多くて信用できない。
  
 例えるなら切れ味の鋭かったウィニングチケットのよう。

 勝つなら強い勝ち方をするだろうけど、オッズ的にも買いたくない馬。

 デムーロが皐月賞前、今年は(自分が乗る)リオン、サトノ、マカヒキ、アドマイヤダイオウが強い、と言ってた。

 アドマイヤの馬は御愛想だとしても、サトノ、マカヒキの力は認めてる。

 勝負は3頭の戦いになると思う。

 
 皐月賞を制したディーマはどうか?



 普通なら、展開に恵まれた馬で済ますところやけど、この強い世代でフロックと言えど勝ったのは凄い。

 思い出すのはサニーブライアンや。

 皐月賞はフロックと思われたんやけど、人気薄のままダービーを迎えたからそのまま逃げ切ってまった。

 人気薄の逃げ馬というのは怖い。

 サイレンススズカやメジロブライト、シルクジャスティスも出てたレースやったんやけどね。

 


 展開の綾というんかな。

 メジロブライトが後ろから行く馬やったから、前で好きに逃がしてしまった。

 どんなに末脚が素晴らしかろうと、33秒を切っても届かんくらい前に馬がおったらどうしようもないわ。


プクッチ劇場


 まだ枠が決まったわけではないから決定ではないけど。

$プクッチ劇場

 マカヒキ、サトノの一点勝負。

 馬単で行くならマカヒキが先。

 でも、馬連かな。

 何でか大きいレースでは馬単を裏表買うのと馬連で買うのとでは馬単裏表のほうがオッズがええ場合がある。

 素人が多数参加するレースにはそういうオッズの妙がある。

 直前まで馬券は買わないけど、今週はこの二頭を中心にレースを読む。

 その中でどっちかの調子が悪かったり、リオンやディーマの状態がええという話が出てくれば考えるけど、基本的には二頭の調子次第。

 どっちも万全なら大外、際内を引かない限り一点勝負やね。

 ワイドなら1.1倍くらい?

 ディーマがおるから1,3くらいつくか?

 1,3なら勝負してもええね。

 まあ、基本、馬連。

 勝負は日曜日。

 ほなな。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 5月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
 プクッチメイン口座     森好二郎レポート        あると便利        
FXプライム   
-


いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 リオ五輪世界最終予選。



 日本はフルセットの末、オランダを振り切って3位でフィニッシュ。

 五輪切符は手にしたものの、その内容は褒められたものではなかった。→このままじゃ、メダルは無理

 1次リーグも過酷な組み合わせ。→ブラジルは実質1位

 
 予選では開催国特権があっても。→勝つために最善を尽くすのは悪いことではない



 本番では、こうはいかんで?

 木村や長岡だけでは・・プッシュ。→
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ



               ギャンブル魂の真実


 日本は最終戦、セッターに田代を使って、移動攻撃を何度も決めた。



 高さで劣る以上、日本が勝つにはああいうバレーしかない。

 しかし、そうした動くバレーも何回もやれば、ブロックの餌食に。

 やっぱり、バレーにおいて身長というのは絶対的なアドバンテージなんや。





 今回の大会でアジア最上位の順位を確保した日本。



 しかし、韓国には負け、タイにはフルセット。

 既に出場を決めている中国が出てきていたら、日本は勝てたかどうか。

 荒木の186cmが最高身長の日本人選手。

 中国には199cmのユアンはじめ190cmを超える選手がゴロゴロいる。

 リベロとセッターを除けば180cm以下の選手はホァンだけ。

 エース木村(184cm)に続くスパイカーが長岡(179cm)では、とてもじゃないけど世界相手には戦えない。



 男子と同じようにパワーがモノを言うようになった女子バレー。

 果たしてリオでメダル獲得はなるのか?


 前回、日本は予選ラウンド3位ながら、一回戦中国に勝ってベスト4確定。



 2回戦でブラジルには負けたものの、3位決定戦で韓国を破って銅メダル。

 セッター竹下の変幻自在のトスワークでアジア勢を撃破した。

 しかし、世界相手となるとどうか?

 いや、アジア相手でも韓国のキム・ヨンギョンクラスの選手になると止められない。

 ロンドン五輪でもキムは4位のチームながらMVPを獲得したから別格だとしても、普通にオープンに上げられたら止めれないのが日本の実力。

 これでメダルも何もないと思うけどね。


プクッチ劇場


 かつては日本男子も金メダルを獲ったことがあるけど、近年は低迷してる。



 それは一重に身長とパワーの差。

 技術的に同じであれば身長が高いほうが勝つし、パワーのあるほうが勝つ。

 いくら石川が頑張っても2mを超える選手が二枚ブロックにつけば簡単に決めることはできん。

 ようやく日本もそのことに気が付いたのか、中国選手を帰化させて今回の予選に臨む。

 女子も段々と男子と同じようにパワー主体のバレーになりつつある。

 こうなってくると小柄の日本人は勝つのが難しい。

 イタリア、オランダとデカい相手を向こうに回して今大会は健闘したけど、ブラジルや米国といった技術も兼ね備えた国に勝つのは、まず無理やろ。

 基本的な身体能力が違いすぎるんや。


 前回ロンドン五輪銅メダルの時でも木村とダブルエースと言われた江畑は176cmしかなかった。



 それでも3位になれたのは相手が同じアジア勢だったこともあるし、技術的にも日本が優位だったから。

 しかし、キム・ヨンギョンは日本のJTマーベラスで竹下と組んで日本バレーの良いところを学んでいったし、中国は元々の身体能力が違う。

 前回のようにはいかんと思うで。

 勝つには、そうやね、バックアタックかな。

 星城の石川を止めようと大阪かどっかのチームがバックアタックで攻めてきたことがある。

 結局は返り討ちにあったけど、かなり競り合う展開になったんじゃなかったかな?

 所詮、バックアタックや移動攻撃なんていうのは格下のチームがやる攻撃やけどね。


プクッチ劇場


 実際にバレーをやってるとバレーの見方も変わるね。

$プクッチ劇場

 綺麗にセッターに返すなとか、ここでバックを使うのかとか、移動攻撃や速攻の息があってるなとか。

 それには物凄い量の練習が必要やから、選手が相当努力してるというのはわかるで。

 でも、その努力も身長やパワーといった身体能力の前には霞んでしまうんや。

 どれだけ練習しても超えられない壁というのはある。

 いくら凄いスパイクが撃てても身長が180cmもなければ、ブロックの隙間を抜くかコースを狙うしかないんや。

 ドーンっと来てバーンっと行くという攻撃にはならん。

 真鍋監督もその辺のことはわかってるやろね。

 同じ実力なら気持ちの強いほうが勝つ。

 しかし、元々の実力が違い過ぎれば精神力がいくら強くても勝てはせん。

 どんな剣の達人でも竹やりでB29を落とすことはできんやろ?

 それと同じ。

 今回も組み合わせに恵まれれば銅メダルもありえるけど、その可能性は低い。

 負けても誰も責めをせんで。

 どうせ負けるなら日本らしいバレーで散ってほしい。

 真正面からぶつかって勝てる相手やないんやから。

 頼むで。

 ほなな。



にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
 気に入ったバナーを1プッシュ

 5月業者紹介←見てね

 プクッチがネタ、パクってる業者
 プクッチメイン口座     森好二郎レポート        あると便利        
FXプライム   
-


いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。