冬花のLet it be 整体とスピリチュアルな日常

六本木で整体をメインとしたサロンの院長にとっては、3次元な身体も多次元なスピリチュアルも愛すべき日常のこと。みなさまには感じない目に見えない、スピリチュアルと3次元な世界をわかりやすくご紹介します。


テーマ:
続きです。

2016年3月6日成田空港。
フライトは22時早めに行って、ラウンジでのんびり過ごそうと18時半に到着。

19時からチェインだったので、ラウンジの場所を確認した後にチェックインカウンターに並んだ。

10番目くらいに順番が来た。
この時は後々の悲劇が待っているとは知らなかった。

カウンターでスタッフといつも通りのやり取りの後、予想外のアドバイス?が、
アイスランドまで2回乗り継ぎ。成田~ドーハ~ロンドン~アイスランド。

「ロンドンからは別の航空会社になるので、ロストバゲッジするかもしれません。一度ロンドンで荷物をピックアップされてはいかがですか?」

私は「え⁈そうなの⁇」と思いながらも、トランジットが2時間しかないので、「でもトランジットが2時間しかありませんが、間に合いますか?」と聞いた。

「2時間あれば大丈夫ですよ。荷物も確実ですし。」
「そうですか~荷物が確実ならそっちがいいですよね~」

と言うことで、トランジットのロンドンで荷物をピックアップすることになってしまった。
この後、ロストバゲッジとトランジットで一度荷物をピックアップした場合、ロンドン・ヒースロー空港の地図をみて、やはり2時間じゃ無理がありそうだと思った。

ロンドン・ヒースロー空港はハブ空港でとても広く、今回使ったカタール航空からアイスランド航空まで乗り換えも電車で一駅乗っての移動だった。

私は不安になり、もう一度チェックインカウンターに行き、先ほどのスタッフがいなかったので、別のスタッフに乗り継ぎ方法を確認した。

やはり、一度ロンドンで入国してから荷物をピックアップし、また出国という形になるという説明。私の募る不安を横にスタッフは「大丈夫ですよ。」と軽い。

私は2人の「大丈夫だ。」という言葉を信じて、出発した。

12時間のフライトでドーハ着、2時間トランジット。余裕があった。
7時間半のフライトでロンドン着、入国の列へと向かう。目の前に広がったのは長蛇の列。

え!!!これって無理じゃない⁉︎
少し並んだが、一向に進まない。
さすがまずいと思い、近くにいたスタッフに「トランジットでもう時間がないのですが、どうしましょう?」と声をかけたら、そのスタッフは慌てて、急いだ方がいいと列をスキップさせてくれたのはいいが、その後の別のスタッフの対応は急いでいるでくれず、私はだんだん頭が真っ白になって行く。

入国して、荷物をピックアップし、その後は走って電車まで移動したが、電車は遅れ気味。
冬のロンドン気温は6度。
焦って、走っての私は汗が流れて来た。
やっと電車が出て、隣駅に到着。
そこから、チェックインカウンターまで一生懸命走った。大荷物を抱えて。

やっと辿り着き、息を切らせ汗だくの私。
「すみません。遅くなりました。」
はい、遅くなりすぎました。

アイスランド航空のスタッフが
「え!10分前に締め切ったわよ。」

そこからの記憶はあまりないというか、言われる言葉も頭に全然入らず、英語がわからない人として、スタッフが最善を尽くしてくれるも、
「この便にはやっぱり乗れないから、手続きしに1時間後にカウンターに戻って来て。」

私はこの時どんな表情していたか想像もつかないが多分、「顔面蒼白」とは今の私ではないかと思った。

やっぱり間に合わなかったじゃない。
どうするんだー!
ボー然と1時間ベンチに座り、1時間後。

飛行機変更手続き開始。
男性スタッフが色々調べて変更手続きが安く出来ないか奔走してくれているらしい。
今回の乗り遅れは私のせいだから、正規料金を取ると85000円らしいかったが、引き続き顔面蒼白で英語もわからず可哀想な日本人のために電話したり、パソコンで何かを調べて、飛行機変更手続きは済み、無事に次の便に乗れるようにしてくれた。しかも40000円くらいで。

次の便は7時間後、40000円。
なんでこんなことに。

振り返れば、もう成田空港のチェックインで失敗していた。
スタッフを信じた自分がダメなのかどうかもわからない。
時間とお金を返して欲しいと思いながら、空港でただただ無事に着けるか心配になっていた。

そしてまた一つ不安が出来た。
夜になりアイスランド航空のチェックインの時に「いつここに戻るの?12日よね?」と言われ、
昼に手続きをしてくれた男性スタッフが
「12日にまたここに戻るんだよ。」
と何度も言っていたことを思い出した。
トランジットを失敗したのにまた同じことをさせるわけないと思っていたのに、また言われたので、帰国の時も同じことするの?
と少し思ってすぐ自分で打ち消した。

結局、8日の夜中の1時くらいにホテルに到着。
42時間の移動はさすがにきつかった。

旅のはじめにこんなことになり嫌な気分で始まった旅はどうなるのか?

2016年3月12日帰国中
やはり、またロンドンで荷物を受け取りになった。気分が重い。

時間はどうにもならないけど、お金を返して欲しいと思い続けた7日間。

ロンドンでうまく乗り継げますように。

旅の内容はまた。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、森冬花です。

しばらく体調不良でお休みしていました。
そんなこんなで、今年に入ってから気になりだしたアイスランド。ネットの記事で綺麗な街並みランキング1位だったのをみて、寝正月を送っていた私は興味を惹かれるとともに、アイスランドについて調べだした。

北極圏に一部入っているのに、海流と地熱の関係で気候は日本の秋田くらい?と他の北欧よりも暖かい。

で、防寒着を着なくてもオーロラが見られる⁉︎それは面倒じゃなくていいなぁ。

一部が氷河に覆われていて、そこに洞窟があり、冬3月まで洞窟探検ツアーをやっている。

ユーラシアプレートと北アメリカプレートの境目が隆起して見ることができる。
日本とはプレート繋がっているし、同じ火山国。

オーロラ見たいし、氷の青い洞窟も探検したい!ちなみにアイスケイブはアナと雪の女王のモデルらしい。

調べれば調べるほど行きたくなるが、日程が取れるのか?
という思いを抱きながら、1月が過ぎ、2月も下旬、いよいよ決断の時。

ツアーか個人かなどはざっくり調べていた。
個人だともう時間がないので計画を練れないし、ツアーより少し安上がりになるくらいなので、目星をつけていたツアーにした。
私が行きたいところが全部詰まって7日間、1人から催行。
日曜日に出発して翌土曜の夕方に戻れる。土曜日は案外忙しいので、予約が入っても受けられて、クライアントさんへの迷惑かけ率が低いと思った。
がしかし、ツアーに申し込んだのが10日前だったため、「日曜日の夜か月曜日の夜出発で5泊8日の旅になります。」と言われて、いつ出発するのが最善か?はたまたこんな無謀なことはやめた方がいいかと頭によぎる。
入金(申し込みから1ヶ月以内だと現金払いのみだった。)は翌日13時まで、2パターンの日程と値段を出してもらって、考えることにした。

日曜日夜出発はロンドン経由で、空港税が高いため16000円upだが、帰国は翌日日曜日の夕方。
月曜日夜出発はストックホルム経由で少し安いが、月曜日の夕方帰国。

すでに、1人申し込みでプラス料金がかかり、どうしようかと思う値段になっているので、安い方を選びたい。
日付けだと3月6日出発か7日出発。

最終手段はタロットカード。
6日、7日、行かないの三択で占った。
「6日」は良い結果、「行かない」も悪くはないが、変化なしというそのままの結果。「7日は」悪そうな感じ。タロットの言う通りに6日に決定した。

6日出発は私用のアレンジになっていたので、ツアーだけど、添乗員なしの1人旅行だと察しはついた。
1人で海外は卒業旅行のバックパック、ヨーロッパ以来。ことの時は入念に計画を練って決行したので、案外不安はなかったが、今回は自分の中でしっかりリサーチ出来ていない感が不安をあおる。

翌日、本申し込みと入金。
出発まで時間がない。
この時期は確定申告で忙しい。出発前までに仕上げて、旅行の準備に入れたのは3日前。
調べられる範囲でさらに疑問点を調べたり、旅行会社の人に聞いた。

2016年3月6日、いよいよ出発。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{EF017C8D-5660-4DD4-8BB3-22CE70A2E0F6:01}

こんにちは、森冬花です。

今日の日本の神様は「天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)」がいらっしゃいました。

天之御中主神のお言葉は「去とてまた廻り逢う。」と。

天之御中主神は宇宙そのものと言える神様です。
創造し、すべてのエネルギーを包括しています。人間はこのエネルギーで天之御中主神と繋がっているとも言えます。

ということは、人は誰しもこのエネルギーを内に秘め、宇宙や神、他人とも繋がっていることがわかります。

己も他もない集合意識を想像してみましょう。そこの世界には恐れや別れは存在しません。

別れること、捨てられること、失うことは人生にはつきものです。
このつきものは人の心を傷つけます。
誰もが傷つきたくないですから、普段から慎重にこのよくある出来事が起こらないように行動してしまいます。

しかし、天之御中主神の御心を信じ繋がっているならば、傷ついてもそれはより良い自分へ近づくためのステップだと気づけますね。

自分の概念を壊して、有るものがあると思わず、無いものがないと思わずにエネルギー自体の存在を感じれば、別れも一時、再び廻るという感覚が手に出来るのではないでしょうか。

あなたは常に廻りめぐっていると。

一人のようで一人でないのが人間です。

年の瀬に出たカード、新しい年を迎えて、新しい自分や人との関係を築くのに良いタイミングです。
目に見える関係ではない目に見えない繋がりも大切に、痛みが喜びに変わるように、一年を振り返ってみましょう。

柚子湯でリラックスし、思うままに心をほぐす時間を取ってみてはいかがでしょうか。

台風一過がのような気候になっていますが、足元を気をつけて、今日も良い1日をお過ごしくださいませ。

{8D4C3316-74B4-4419-B2B6-214E311D1449:01}


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。